人気ブログランキング |

タグ:洋食 ( 29 ) タグの人気記事

東中野 ドナルドのCランチ

ドナルド @東中野銀座商店街

何度も前を通っていつか入ろうと思ってた。1972年創業と書いてある。街になじんだ洋食屋さんなのだ。

この日はかなり遅い時間帯で、CIROのピザを目指して行ったがもうお昼の営業は終了していたので、思いついてドナルドに入ることにする。
店内は手前に4卓、奥にもいくつかテーブルやカウンターがある。2~3組の方がお食事中で、人気なのが分かる。
メニューを見ると、筆頭「A 若鳥のカツレツ」2番「B ハンバーグステーキ」3番「C おすすめ ハンバーグステーキと若鶏のカツレツ」と並ぶ。「おすすめ」に従ってCをごはん少なめで注文する。待つ間にも新たにお客が入ってこられる。

しばらく待つ間に壁の張り紙などを見ていると、食品ロスをなくすためにごはん少なめは申し出てくださいとか、ミックスベジタブルやパスタのいらない人は申し出てくださいと書いてある。
そうこうするうちに、小皿にライス、お椀にわかめと玉葱と豆腐の味噌汁、そして鉄板のステーキ皿にハンバーグとカツレツ、パスタの付け合わせとミックスベジタブルである。ナイフとフォークが添えられる。ナイフとフォークでランチをいただくのは久しぶりの気がする。

ハンバーグには強烈に黒くなったデミグラスソースがかかっている。
このハンバーグは、残念ながらわたしの好みではなかった。もう少し柔らかくて玉葱の甘みの効いたのが好きなのだ。まあ好きずきだ。チキンカツはさっくり揚がっていて肉も程よい薄さでお昼にはちょうどいいあんばいだ。
ごはんは新潟の農家に注文したお米だと、テーブルにチラシがはさみこんであって、このごはんはおいしかった。わたしのセオリーだとごはんのおいしいお店はおかずもおいしいということになる。
お味噌汁をフォークでいただくのは初めてで戸惑ったのはご愛嬌にしておく。
全体のバランスがよかった。お客さんのほとんどはこのCランチを注文されているようだ。

ドナルドのママは70代かしら、キッチンは威勢のいい声の大きな男性、年代から見ると息子さんかもしれない。わたしはふと1970年ごろの木下恵介の「二人の世界」を思い出す。あのドラマのなかで新婚の二人は商店街に小さなレストランを開く。ドナルドのママが劇中の栗原小巻に重なる。ドラマはレストランが開店してしばらくのところで終了したが、そこから50年後の姿とぴったり重なるような気がしたのだ。

これまでの半世紀がそうであったように、いつまでも地元のお客さんに愛されるお店を続けられますように。

若鳥のカツレツとハンバーグステーキのランチは820円。

メニューの裏を見ると、ステーキのランチもある。


by e3eiei | 2018-07-14 19:32 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

佐賀市 ビーフ食堂のハンバーグ

ビーフ食堂@ 佐賀市高木瀬公民館向かい角入る

飲み屋さんのあったあとに明るいレストランができたので入ってみようと母が言う。

けやき並木の通りに面したきれいに磨かれた大きなガラス窓からは、オープンキッチンで調理をするスタッフが見える。
盛花がたくさん並んでるのでオープン間もないようだ。

ガラス扉を入ると大きなオープンキッチンとカントリー調の内装の明るく清潔な室内がまず印象的だ。
キッチンに面してカウンターが7席と4人掛けのテーブルが3卓の小ぢんまりとしたしつらえになっている。
11時半に行ったらすでに大方席は埋まっていた。人気なのだ!

メニューはハンバーグが数サイズとロービー(ローストビーフ)丼が数サイズ、それにライス、スープ、サラダというごくシンプルなものだが、すべて阿蘇赤牛100%と謳ってある。
ハンバーグの小さいサイズとサラダを注文する。

ハンバーグは小さいサイズのが2個、青葱の小口切りをちりばめられ、熱い鉄のプレートに乗ってレア状態でやってくる。それをプレートの上の熱い鉄塊に乗せて焼くのだ。
肉の臭みとくせが全くなくて、旨みだけがよく引き出されている。これはびっくりするほど簡潔においしい。お肉を率直においしいと味わうレストランっていいなと思う。
鉄塊やプレートの余熱でいいあんばいに火も通る。
2個で150gくらいだろうか、高齢女性の軽いお昼にはちょうどいい。
もちろんいちばん大きなサイズだとお肉は1パウンド(450g)で、「がっつり」系のお食事にもうってつけなのだ。
数量限定のパウンドステーキもあるようだ。

定食にすることもできるようで、スープ、ライス、ソフトクリーム食べ放題と書いてある。

食後にコーヒーのサービスもある。
ああ、お肉があまりにもおいしいのでサラダは全く印象にない。キャベツの千切りを主体とした特徴のないものだったようだ。


あとでネットで見ると、熊本が本店のチェーンレストランのようだ。それで阿蘇赤牛なのだな。
当地の農協のレストランよりこちらがシンプルに肉のおいしさを味わうことができるように思う。
ごはんは食べなかったが、お米はどうだろう。


阿蘇赤牛・神のハンバーグ(小)はランチで850円。サラダは200円。



by e3eiei | 2016-10-04 10:50 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

早稲田 フォレスタのオムライスと、当たりくじ!

Foresta@夏目坂

このところフォレスタでオムライスの昼ごはんをとることが重なった。
ピークを過ぎた時間帯に行き、美しい黄金色のオムレツの中の麦ごはんのむつむつした食感がいいオムライスをいただき、食後にコーヒーを飲みながら少しの時間本を読む。
ここのオムライスはトマトソースというところもポイントが高い。

この日はレジで新宿なんとかのくじをくれた。
席に着いて言われたように10円玉でごしごしやってると、予定とは異なる文字が出てきた。なんだろうと目を凝らすと、なんと300円の当たりくじだった!!
らっき~~!

じつはこの新宿なんとかのくじは、くじ運のないわたしにはたいへん相性のいいくじで、過去に何回か当ったのだ。ふふふ。
■←これとか
■←これとか
■←これとか!


プレーンオムライスは520円+ドリンク100円



by e3eiei | 2016-06-02 22:19 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

東中野 itoのボンボーヌ

ito@東中野駅西口

久しぶりに駅の横の通りのほうに行ってみる。インドカレー、中華、コリアン、、選択肢はたくさんある。パスタブラーノという選択肢も捨てがたい。早い時間帯で、itoをのぞくとまだ空席がたくさんあるのでここにする。

久しぶりなのでボンボーヌをいただくことにする。
ここのご主人の調理は見惚れるほど手早く無駄がない。ことにこの日は厨房に一人で立っていらっしゃって、調理、盛り付け、サーブ、片づけ、会計すべておひとりだ。
音楽はブラッド・メルドーのような雰囲気のソロピアノのジャズ。
きれいなグラスに冷たいお水が入ってくる、そうこうするうちにオニオンスープがやってくる、ふーふーしながらおいしくいただいているとサラダが来る。サラダのトマトはきちんと皮をむいてあるのだ。わたしのボンボーヌはどの時点で作られオーブンに入っただろう。サラダを食べ終え一息ついていると、熱々のボンボーヌが運ばれ、追いかけてごはんもやってくる。素晴らしい。

ボンボーヌはお約束のおいしさです。ハンバーグにホワイトソースにチーズにドミグラスソース。もうどれをとってもみんなの大好物なんだから。それが結集してるんだもの。そしてここはごはんも当然おいしい。
まじめにきちんといただく。ご主人のお仕事ぶりをみているとなんだかこちらもちょっと背筋が伸びるようである。

メニューにはないがハンバーグを注文された方がいて、みていると薄く延ばして焼いていらっしゃる。ここは、ボンボーヌもそうだが、チキンカツも絶妙の薄さなのだ。そうすることで調理時間を短縮されているのだろう。


カウンターだけの狭いお店はあっという間に満席になり帰っていく方も。礼儀正しくさっと食べ終え、レジで800円ちょうどをご主人の掌に乗せようとすると、そこにはお釣りのための100円玉が2枚。脱帽である。


ボンボーヌはサラダ・オニオンスープ・ごはんで800円。消費税増税で値上げされなかったのだ。


以前の訪問の記録


by e3eiei | 2015-06-26 01:26 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

久々のForestaでチーズオムライス

Foresta@夏目坂

ランチは2時まで、ぎりぎりの時間に入る。

何にしようか注文で迷ってはみるがやっぱりオムライスよね、というのでチーズオムライスにしてみる。

ピーク時間を過ぎていたので待つほどもなくすぐにやってくる。

張った紡錘形の黄金色のたまごにオレンジがかった赤いトマトソースの実に美しいオムライスだ。いっときたまごに焼き色が付いていたが、やっぱり黄色のほうがおいしそうに見える。やや小ぶりになった気もするが、ちょうど食べよいサイズだ。
中の麦ごはんも変わっていない。
チーズは、よくわからなかった。でも、シンプルにおいしくて満足する。

野菜とベーコンをとろとろに煮込んだカップスープがつく。

奥に近い席だったのでたばこの煙が容赦なく流れてくるのが残念だった。寒いけど入口近くの席のほうがよかったかもしれない。

チーズオムライスは600円とか630円とかそれくらい。

以前の訪問の記録


by e3eiei | 2014-12-20 01:14 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ふたたびitoのチキンカツ

ito@東中野駅西口

東中野で途中下車して、気持ちは洋風に傾いていて、パスタブラーノかitoにしようと西口に向かう。
ロムアロイは玄関ドアは開いていたが厚いカーテンが下りていて中は暗い。やっぱりランチはやっておられないのだろう。

itoをのぞくと空席が見えたので入ることにする。

そしてチキンカツ。あっさりしたチキンとホワイトソースとチーズとデミグラスソースの渾然一体となった洋食マジックを今一度。
この日もキッチンは二人体制でやっておられる。お客さんは赤ちゃんを抱っこした三世代家族とか、ビジネスマンや、ご近所のシャチョーさんみたいな殿方や、カップルや。いつも思うけどほんとうに老若男女幅広い客層だと感心する。

お料理はいつもどおり丁寧でてきぱきと見惚れるほど手際がいい。
待つ間見るともなく見ていると、もう一人の方は夜の仕込みなのだろうか、たいへんな下準備をされている。鶏を丸ごと一羽かたちを調えて縛ったり、でろーんと大きな牛タンはこれから下処理をされるんだろう。大きな片手なべには何かのソースの準備もされているもよう。
ああ、ここは夜にはさらにディープなめくるめく洋食の世界が展開するのだろうなあ、と妄想する。

チキンカツは期待通りにおいしくいただく。満ち足りた気分。

チキンカツ定食は、とても新鮮でシャキッとしたサラダのついたプレートにごはんとオニオンスープがついて800円。


以前の訪問の記録



by e3eiei | 2014-07-03 21:55 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

itoのチキンカツ

ito@東中野駅西口

またまた東中野で途中下車してお昼にする。
梅雨寒で、東中野銀座商店街の中ほどにある中華屋さんで熱い麺類と思って行ってみると閉まっていた。

それではといつもの西口の通りに戻ってitoの窓をのぞくと空席が見えたのですべり込ませてもらう。
この日はご主人ともう一人初老の男性と二人体制のようだ。調理はご主人一人で切り盛りされる。
注文はチキンカツに決めていた。前に行ったときにチキンカツを召し上がっているおにいさんがいて、それがとてもおいしそうだったのだ。

チキンカツは薄く伸ばした肉にパン粉をまぶしたカツをフライパンでソテーして、それにベシャメルソースとチーズを乗っけてフライパンのままオーブンで焼いてある。
先に供されたオニオンスープをいただきつつ、待つ間、キッチンの中のてきぱきとした無駄のない手さばきを見ているのが楽しい。

チキンカツは白いお皿にサラダとカツが一緒に乗ってくる。
みずみずしいレタスと千切りキャベツ、きゅうりとトマトはその都度切られるので新鮮。それに紫玉ねぎ。ドレッシングはサウザンドレッシング。お皿の半分空いた所にカツを配して、そこにドミグラスソースと生クリームで作った洋食ソースがた~~~っぷりかかる。
うわぁ!!これはもう見るからに、the 洋食のごちそうだ。ナイフとフォークでいただく。ナイフもよく切れてストレスがない。

期待にたがわず、期待以上においしい。チキンカツのチキンをいただくというより、全体のバランスでいただく一皿だ。おいしいごはんにもとても合う味付けになっていて、ボンボーヌとはまた違って甲乙つけがたい。

とてもおいしかった。ごはんの量も顔を見てぴったりと決めて盛ってくださる(笑)。

チキンカツ定食はスープとごはんもついて800円。

以前の訪問の記録

この日もお客さんは老若男女さまざま。入れ替わり立ち替わりの繁盛だ。ほとんどの方はボンボーヌを召し上がる。



by e3eiei | 2014-06-13 00:09 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

itoのボンボーヌ

ito@東中野西口

先日パスタブラーノに行く とき、パスタ屋さんに曲がる路地の道向かいにitoというひっそりとおしゃれかわいいお店があるのに気づいた。えんじ色の日よけと、白っぽい壁と、横長の硝子窓そして重そうな木の扉。かわいいんだけど木の扉がちょっと入りにくい雰囲気でもある。
通りから硝子窓をのぞいてみると席が空いているので入ってみる。

小ぢんまりした空間の中央のキッチンを囲むように全く仕切りのないカウンターがL字にしつらえてあり、10人も座ると満員になりそうだ。礼儀正しい初老の御主人がひとりでてきぱきと切り盛りされている。落ち着いた光の店内にはアート・ブレイキーみたいな古いトランペットジャズが流れている。

カウンターの空いてる席に座るとすぐに丈の高い曇りのないグラスに氷水を出してくださる。

ランチメニューは黒板によるとボンボーヌ、チキンカツ、鉄板焼き、ハンバーグ、ビーフストロガノフだ。スープ、ライス、サラダがつくと書いてある。
トップのボンボーヌというのを注文してみる。店先の看板にテレビに出たことが書いてある看板メニューなのだ。
仕切りが全くないので御主人の手元どころか冷蔵庫の中まで見通せてしまう。。。

ボンボーヌはハンバーグの種を常滑焼みたいなお皿にべったりと伸ばし、その上にベシャメルソースとデミグラスソースをかけてシュレッドチーズをのせ、薄切りトマトを添えてオーブンで焼いたお料理だ。手際良くちゃちゃっと整えてオーブンに入れる。スープはオニオンスープ。あんばいがよくておいしい。サラダはレタスと千切りキャベツときゅうりと薄切りトマトにサウザンドレッシング。作り置いてないのでみずみずしく、何よりトマトは皮をむいてある!!すばらしい。

5~6分も待っただろうか、オーブンから取り出してぐつぐつたぎっているまま運ばれてくる。見た目は何というか家庭のおかず的な姿だが、熱々を注意深くふうふうしていただくと何とも正統的な洋食屋さんの味わいだ。洋食屋さんの味わいの要素が全部詰まっているものね。おいしいごはんとも実によく合う。スープもおかずも塩辛過ぎないところがいい。
こういうごはんがおいしくてごはんによく合うおかずの定食って、ほっとする。こういう滋味郷愁漂うのが好きだ(笑)。

お客さんも入れ替わり立ち替わりで人気のお店なのだ。初老のサラリーマンの3人連れ、女性のおひとり様、高齢の女性の二人連れ、ネームプレートを首からぶら下げた近所の若いサラリーマンみたいな感じの二人連れ、リュックを背にした中年の男性。
ごはんの量はたぶんお客を見て加減されていると思う。高齢の女性は「ごはんは少なめに」と、リュックの男性は「ごはん大盛り」と注文しておられる。私は何も言わなかったがちょうどよかった。

お客のほとんどはボンボーヌを食べる。チキンカツを注文した人がいて、それもおいしそうだった。カツは揚げないでパン粉の衣をつけたお肉をフライパンで両面ソテーし、上にベシャメルソースとチーズを乗っけてそのままオーブンで焼いていた。こんどはこれをいただいてみよう。

ランチはボンボーヌをはじめ800円。ビーフストロガノフだけは1500円。
コーヒー150円と書いてあるが、棚の上のコーヒーポットにコーヒー色の液体が入っているあれは何だったろう。

東中野、おもしろい。
パスタブラーノへの曲がり角にタイ国旗を掲げたお店があって、連休のころに一度のぞいたら暗い中で女性が仕込みをされていて、お休みですか?と聞くと、ごめんなさいね~と言われたことがあった。それから通りかかるとのぞくのだがいつも暗く扉が閉ざされている。張り紙もないのでちょうど定休日に当たるのだろうか。タイ料理なら一度行ってみたいと思う。



by e3eiei | 2014-05-16 00:50 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

キッチンぶんのオムライス

キッチンぶん@大隈通り

久しぶりにオムライスを食べたくなってキッチンぶんに足を運ぶ。

注文して壁に貼ってあるメニューを眺めると、ここはハンバーグやフライ類、ライスものパスタとオムライス以外のメニューもいろいろ充実しているのであった。こんどはメンチカツなんかもいただいてみたい。

男子っぽいお店のイメージとは裏腹にここのオムライスはふんわりやわらかい姿をしている。

しばらく待ってきちんとした印象のサラダと塩っ辛いカップチキンスープが来る。それを食べ終える頃合いにオムライスが来る。濃いめの味付けの正統のチキンライスにふわふわの半熟卵がきれいにかかり、ドミグラスソースが裾に広がる。
チキンライスはケチャップのとんがった味が際立ってアクセントになっていて、たっぷりのふわふわ卵と一緒にいただくとおいしい。


オムライスは750円。



以前の訪問の記録
オムライス
オムライス
オムライス


まりもは改装中でした。アリカのあとは別のお店になっていた。よく見てこなかったが大勝何とか?和食のお店?
by e3eiei | 2012-05-21 23:26 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

キッチンおばさんの鶏のトマト煮

キッチンおばさん@江古田練馬税務署前

秋になってきたので、そろそろカキフライの季節も近く、そういえばオバサンにもしばらく足を運んでいないので行ってみる。開け放ったドアの横手に蚊取り線香が炊かれている。少し遅めの時間帯で席もそこそこ空いている。

メニューを検討して、マカロニグラタンと迷った末に、鶏のトマト煮というのを注文する。
最初にサラダ(大根、キュウリとレタス)が来る。
サラダを食べ終えるころに、大皿に盛られたトマト煮が来る。これは、ごはんにトマト煮がかかっている、トマト煮ライスになっている。ウィングが2本、よおく炊かれていて身もほろりと外れる。汁は小麦粉か片栗粉かでとろみがついている。極めてやさしい味わいになっている。やさしい味わいだが、いささかパンチに欠ける。テーブルのコショウを挽き、タバスコを振りかけてコクを出していただく。久しぶりにたっぷりお汁ごはんをいただく。
これに実だくさんのみそ汁がつく。

鶏のトマト煮ライスはサラダとみそ汁がついて890円。


追記
五十三家隣のムンレだったところは黒っぽい外装の居酒屋になっていた。
by e3eiei | 2011-10-29 21:42 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)