人気ブログランキング |

タグ:カレー ( 130 ) タグの人気記事

Khanaの豆カレー

Khana@馬場下町交差点。てんやの二階。

久しぶりにカーナに足を運ぶ。
日替わりカレーはほうれん草とチキンということでちょっと心が動いたが、豆カレーを注文する。
豆カレーはできますか、と尋ねると、「はい」というお答え。
ええと、とメニューをみてると
「ターメリックライス? 半分? 辛口?」
と注文が自動化されているではないか。思わず店員さんの顔をみる。にこにこされているが、こちらは覚えがない。。。すごい。。
たぶん去年の夏以来行ってない気もする、その程度にしか行ってないのだが。プロだなあといたく感心する。

食後にホットチャイをいただく。

消費税増税分が上乗せされているようだった。




by e3eiei | 2014-10-10 01:35 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのメーヤウのグリーンカリー

メーヤウ@馬場下交差点そば

とても久しぶりにメーヤウに行く。
どれだけ久しぶりか、このブログの記録では前回は2012年3月となっている。おそらくその後何度か行ってはいるはずだが、、、

1時過ぎでほどよい空き具合だ。訪ねてみても満席で入れないということが少なからずあった。カウンターに席をとる。
久しぶりに来たので原点のグリーンカリーをいただくことにする。さて、ここでごはんをどうするか、という問題だ。これまで何の躊躇もなく普通(270g)をいただいていたが、このところの「ごはん少なめ」傾向からすると少なめ(200g)にしたほうがいいか、と路線変更を試みる。

待つほどもなくごはんと、そしてカリーが運ばれる。
ブリックナンプラーのブリックを、とボトルの蓋を開けると、何とブリックが数片しか浮いていない。あらら、前客は余ほど辛いのがお好きだったのかしら。浮いてるブリックをいくつかごはんに散らしてカレーをかけていただく。ああ、この味この味!!ごはんに少し芯の残る炊き方になっているのはこのように変わったのかたまたまなのか。カレーにはよく合っている。カリーの具は千六本にした筍と大根、赤ピーマンといんげん、それにずいぶん遠慮がちになった豚肉と茹で卵が半分。バイマックルーは髪の毛のように細く芸術の域で千切りにされている。もっとバイマックルーを!としばしば思う。
懐かしくもおいしくて夢中のようにいただく。

最後の一口を平らげて、とても満足する。
ああ、普通盛りをもりもりと平らげていたわたしの健啖の季節は終わってしまったのか。。かなしい哉。

グリーンカリーは750円。

以前の訪問の記録
カントリーカリー
グリーンカリー
インド風チキンカリー
インド風ポークカリー
タイ風カントリーカリー
インド風野菜カレー
キーマカレー
レッドカレー
レッドカレー




by e3eiei | 2014-04-24 17:09 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

東京らっきょブラザーズの野菜スープカレー

東京らっきょブラザーズ@馬場下町 早稲田駅そば

入れ替わりのけっこうあったこの場所でこのお店ももう何年にもなる。きっとおいしいんだろうなあと思い、入ってみる。遅い時間だったがにぎわっている。
奥行きのある広い店内にはテーブルと二つのカウンターがありおひとり様はカウンターに案内される。

メニューを検討して野菜スープカレーを注文する。からさは店員さんに辛いのはけっこう大丈夫な方ですと伝えると、5が普通の辛口くらいだというので5にする。ランチにはドリンクがついているのでメニューからカフェラテを食後に注文する。チャイがないのが残念。

お客さんは女子率が高く、チェックのひざ掛けなんかもあってかなりオシャレ度も高い。紙エプロンを勧めてくれる。おじさんのグループもいたりして人気があるんだなあと思う。

あれ、どうしたのかしらと思うくらい待ってようやくやってくる。
5センチ角の焼のりを乗っけたたっぷりのごはんと、彩りのいい揚げ野菜をたっぷり乗っけたカレー汁。これはお皿のごはんに汁をかけるのか、お汁にごはんを入れるのか、おねえさんにどうやっていただくのか尋ねると、スプーンに乗せたごはんを汁に浸しながら食べるといいと教えてくれる。
つまり、クッパだ。

カレースープは出汁が効いている。それほどスパイスが際立っているわけではない。出汁と塩味と辛みがおいしい。野菜は大きなままゴロンゴロんと入っているので、ナイフとフォークで切る。
食器が表面のざらざらした陶器なので、ナイフが陶器の表面をこすって不快な音を立てる。これはいけなかった。

ごはんはたっぷりあってお腹いっぱいになる。
食後のコーヒーもたっぷりいただく。



野菜スープカレー ランチのドリンク付きで980円。
by e3eiei | 2013-10-26 00:21 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

Khanaの豆カレー

Khana@馬場下町交差点。てんやの二階。

暑いし、食欲もないし、時間もあまりないので、久しぶりにカーナでカレーを食べよう。

少し早めの時間帯だとまだそれほど混んでいない。
そんなに頻繁にいくわけでもないが、覚えてもらっているのだろうか、注文のたりないところを「ターメリックライス?」「辛口?」と補ってくれる。ごはんは少なめでちょうどいい。

小ぶりな割にはみっしりと盛られた野菜サラダ、細切り沢庵様のアチャールそれにドリンクがつく。炭水化物の基本の量は多く、おかわりもできる。

すぐに来るのでさっといただく。辛口のカレーはまっとうに辛く、スパイシーだ。食べているとホールのカルダモンなんかが潜んでたりする。

食後には熱々のスパイスチャイをいただく。
暑い日の暑気払いにはいい。


ランチのカレーはマトン、チキン、野菜、日替わり、頼めば豆カレー。一種類で725円。ほかにセットなどももちろんある。
by e3eiei | 2013-07-15 10:33 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

Khanaの豆カレー

Khana@馬場下交差点角

久しぶりにカレーを食べたくなって、Khanaに豆カレーを食べに行く。
お昼時はたいへんな賑わいようだが、1時を回ると潮が引くように静かになる。

豆カレーをサフランライスごはん少なめ、辛口で注文する。

最初に小さなサラダが来る。キャベツやレタスの千切りにドレッシングがかかっている簡単なもの。野菜が乾きがちなのは仕方があるまい。
サラダを食べ終えてしばらくすると、カレーのプレートが来る。ここはごはんの量がものすごく多いので少なめで注文する。カレーには生クリームが垂らしてあっておいしそう。

カレーをすくって黄色いサフランライスと混ぜていただく。ココナッツミルクとクミンシードの香りと思ったよりも辛いからさが食欲をそそる。レンズ豆のもっさりした味わいもいい。ごはんはややべたついていてそこが残念。アチャールは、細切り沢庵のゴマ炒めみたいなの。
またも最後にカレーが足りなくなりそうになってしまう。どういうわけか。

食後にはホットチャイをいただきながらしばしくつろぐ。


レジで振り返るとお客は2組になっていた。


カレーとアチャール、小さなサラダ、チャイが付いて、725円。


以前の訪問の記録
豆カレー
きのことチキンのカレー
豆とチキンのカレー
by e3eiei | 2013-04-24 00:08 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

インド料理レストラン アダルサの豆カレー

アダルサ Adarsha@武蔵境駅北口

ここにインド料理屋ができたのはもう何年か前になる。一度行ってみようと思いつつなかなか機会がなかった。ドーサやウッタパムなんかも出すようだった。

間口の狭い何となく過剰な感じのする入口の扉を開けると、奥行きがあって思ったよりは広く、何席もあるテーブルはほとんど埋まっている。案内されるままに奥に進む。

ランチメニューを検討すると、よくあるインドカレー屋のそれと同じような、カレーの種類とライスかナンの選択の組み合わせになっている。
豆カレー、辛さ4(5段階)、ライスで注文する。

ほどなく小さいサラダが来る。キャベツの千切りの上にコーンがのってちょっと甘めのドレッシング。それが済んだころにカレーが登場。ターメリックライスはたっぷり、それにこれもたっぷり目のオレンジ色の豆カレー。

カレーは塩味はかっちりしているが、ニンニクが勝った香りで思ったよりスパイシーではなく、思ったより豆の風味が乏しく、しゃぼしゃぼしている。辛さはほどほど。辛さ5(激辛)でもよかったかも。

学生さん、ビジネスマン風、子どもたちとお母さんたち、おばあちゃまと孫の小学生などのお客さんで、地元密着のくつろげるお店だ。

レジのお店の方の対応も「辛さはいかがでしたか」とか。夜に来るとウッタパムがいただけるのか尋ねてみると、もうやってないんだそうだ。ドーサやウッタパムはあまり食べる人がいないのでと。ああ、それは残念。
インド風お好み焼きとかなんかで売り出すといいのに。

豆カレーは680円。
by e3eiei | 2013-01-08 00:54 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

Khanaの豆カレー

Khana@馬場下交差点角

久しぶりに豆カレーが食べたくなり、食べられるところを考えてみたが、カナかターリー屋しか思いつかなくてカナに足を運ぶ。豆のもっさりした味わいとスパイスが無性にコイシイ。

少し遅い時間だったがほぼ満席でにぎわっている。
ここのランチメニューは、チキン、マトン、野菜、日替わりの4種類を載せてあるが、豆カレーも頼めば作ってくれる。豆カレー「辛い」を選び、ターメリックライスを今回は忘れないようにごはんを少なめにしてもらう。

文庫本を5ページほど読むと運ばれてくる。確かにライスはいつもより少なめだが、これで標準的なの量だろうと思うよ。レンズ豆のもったりしたカレーは適当に辛くてスパイスが効いている。
もくもくといただく。
ごはんは少なくなったのに、どういうわけか、またもや最後の3口はカレーが足りなくなる。

カレーとアチャール、小さなサラダ、小ぶりのチャイが付いて、725円。



以前の訪問
きのことチキンのカレー
豆とチキンのカレー
by e3eiei | 2012-12-19 23:47 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

Khanaのきのことチキンのカレー

Khana(カナ)@馬場下町(馬場下交差点)

久しぶりにカナに行ってみる。
急な階段を上って引き戸を開けると、いらーさいませ~と元気のいい挨拶で迎えられる。

広いお店はがらんとしている。客席よりも厨房のなかの方が圧倒的に人口密度が高い。4~5人の男性が和気藹々とやっている。

ランチはチキン、マトン、野菜と日替わり。日替わりのきのことチキンを辛口で、サフランライスで注文する。
ちょっと待つとステンレスの丸いプレートにボート型で抜いたライスとしずく型の白い磁器に入ったカレーと漬物がやってくる。ごはんの量がうわぁというほど多い。減らしてもらおうにも、きれいに型を抜いてあるのでやむを得ない。
これに小さなサラダと飲み物がつく。

カレーは思ったよりもまっとうに辛く、当たり前にスパイシーでココナッツミルクの風味もほのかにしてなかなかおいしい。こんなにまっとうでしたっけ、と思う。きのこはほとんどえのき茸。チキンがごっろごろっと沈んでいる。
沢庵の千切りのような、エキゾチックな漬物もおいしかった。ごはんは結局かなり頑張ったが食べてしまう。

食後には小ぶりのカップでシナモンの効いたチャイをいただく。


久しぶりにちょーがつくほどお腹がくちくなってそろそろ歩いて帰る。


ランチのカナセットは725円。(表示は690円。カレー一つとライスかナン、サラダと飲み物。ナンとごはんは一度だけおかわり可。)


以前の訪問
豆とチキンのカレー
by e3eiei | 2012-09-08 02:18 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ターリー屋のキーマカレー

ターリー屋@グランド坂 図書館斜め前

9月に入っても昼間の蒸し暑さは変わらない気がする。少々ばてているのか暑さがこたえる。
なのでカレー。  え、、

ターリー屋の道向かいの古いお寿司屋さんかお蕎麦屋さんかのあとのような2軒続きの建物が解けて更地になっている。

ターリー屋も大学が休みなので空席を見つけることができる。
で、きょうのカレーからキーマカレーを注文する。きのこが好きなのできのこカレーと迷うが、、ここで食べなくてもいいかな、などとオーソドックスなカレーの選択に至るのだ。
ナンでいいですか、と言われ、ああ、ここはナンが標準なんだなと思うが、もちろんごはんだ。

キーマカレーはしゃばしゃばしたカレーのスープにひき肉が浮いているスタイルだ。メニューカードには豚肉と鶏肉とか書いてあったと思う。食べやすいひき肉カレーだ。中辛と書いてあったがちっとも辛くないので卓上の赤いパウダーを20振りまで振り入れるがそれでも辛くない不思議。たっぷりのターメリックライスの真ん中にオクラが半分。

刻んだ缶詰のフルーツが入ったヨーグルトが付いてくる。

空席があるとは言い条、賑やかなことこの上なくにぎわっている。ささっと食べて出てくる。


単品の本日のカレー(4択)は650円。


以前の訪問
アルマタール
ジンガマサラ
いろいろ

以前にキーマカレーを食べた時は鶏挽肉のそぼろごはんのようだったと記録しているので、レシピを日々検討されているのだろう。
by e3eiei | 2012-09-06 00:16 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

サイのツノのレッドカレーと薬膳スープカレー

サイのツノ@東小金井南口商店街

夏はカレー。
で、久しぶりにサイのツノに行ってみる。

入った時はおじさまが独りカウンターでお食事中でがらんとした感じで、お盆かなあなどと思ったが、すぐにほぼ満席になる。さすがに硝子戸は閉めてあり、クーラーが効いている。

カレーは欧風カレー、インド風レッドカレー、グリーンカレー、薬膳スープカレーの4種類。と、2種類チョイス、3種類チョイスなどがある。インド風レッドカレーと薬膳スープカレーの2種類にしてみる。前にグリーンカレーを食べておいしかった記憶があるので、期待する。2種類チョイスはごはんが1.2倍とあるので、1.0のサイズでお願いする。

しばらく待つとお皿にごはんが形よく盛られて空いた所にレッドカレー、そして別のボウルにスープカレーが供される。どちらもたっぷりしている。プラスティックボトルに入ったピクルスも。このピクルスは酸っぱくなくておいしい。

薬膳カレーは大ぶりの夏野菜が入った澄んだ赤いスープで、辛さがじんわり効いてたいへんにおいしい。強く吸うとちょっとせき込むくらいの辛みだ。ちょうどクッパのようにごはんを浸しながらいただくというスタイルもたいへん好みに合っている(笑)。一方レッドカレーは、トマトの赤みでみじん切りの玉ねぎや鶏のひき肉などが入っていて、さわやかで食べやすい。最初はそう思っていたが、二口三口と食べるに連れて甘みが気になりだす。野菜の甘みだろうか、かなり強い甘みで、これは最後は頑張って食べることになってしまう。が、いずれもスパイシーでおいしいカレーだ。

さて、周囲のお客はみなさんサービスドリンクがもれなくついてくるのだ。あれはなんだろう、とあとでHPを見てみると、どうやら秘密の合言葉なる遊びが仕掛けられていたようだ。こんどは覚えておこう(笑)。


カレー2種類チョイスは720円。
単品カレーは600円前後~700円。


自分の部屋に戻ると服が猛烈にカレーのにおいを発していた。こんな経験は初めてだ。


以前の訪問の記録
グリーンカレー
by e3eiei | 2012-08-15 23:18 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)