人気ブログランキング |

タグ:カレー ( 130 ) タグの人気記事

東小金井 サイのツノ2.0のワンコインお弁当

サイのツノ2.0@東小金井駅南口商店街

サイノツノのお隣の「美味萬福」のあったところに壁をぶちぬいてサイのツノ2.0というテイクアウト専門店ができたのは去年の夏の終わりごろだったか。
どんなものか一度食べてみようと思いつつなかなか機会がなかった。

たまたまお持ち帰りの機会が訪れたので行ってみる。
ごはんとカレー、それに手羽元煮か豚角煮のおかずと、お店のピクルス。ごはんは大盛り無料だそうだ。
基本は欧州カレー、+10円でレッドカレー、+20円でグリーンカレーにしてもらえる。
そういうことをお店のおねえさんと話しているとマスターが壁の向こうから現れて、例の「おぅ!」みたいなごあいさつ。

しばらく店頭のベンチで待ってるとほかほかのお弁当ができてくる。
持ちやすい袋で、蓋もしっかりしていて帰りつくまでに汁もれも全くないのがいい。

お弁当のカレーは、当たり前だが、まさにサイのツノのカレーで、これはなんだかうれしいぞ。
おかずは角煮にしてもらったが、これは和風に大根と一緒にほろほろと柔らかく甘辛く炊いてあって、ほっこりした気持ちのなごむお味だった。あそこのお店は基本的にやさしい味わいなのかもしれないという思いを強くした。
ご飯の量は普通盛で女子向けにちょうどいい量だった。

容器をもっていってもいいらしい。カレーだけというのもある。

お弁当はグリーンカレーで520円。





by e3eiei | 2016-03-07 01:16 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

秋葉原 ジャイヒンドのランチカレー

ジャイヒンド@秋葉原、神田練塀町

秋葉原でお昼の時間になったので、そのあたりで手っ取り早く済ませることにする。前にカレーでしくじったことがあったので、無難にインドカレーがいいかと思い、ちょっと下調べをしておいた。

ヨドバシの前を数分北に向かって歩き、町が昭和チックになるあたりにある。
ドアを開けるとインド系のお店の方がナンの窯の前で準備しておられる。
お店の中は年季の入った仄暗さで、2人掛けや4人掛けのテーブルがぎっしり。ピークを過ぎた時間帯だったけど、次々とお客さんが来て人気なのがわかる。
店内は”おかあさん”みたいな日本人女性とインド系の男性で、インド音楽の鼻歌を歌いながら無駄なくちゃちゃっと手際がいいことこの上ない。

ランチは4種類のセット(カレー1種・カレー1種におかず、カレー2種・カレー2種におかず)からまず選んで、3種類の本日のカレーから組み合わせるらしい。この日のカレー3種の筆頭はチキンバターマサラで、人気No1!!と書いてあるのでそれにする。ライスで、というと、ライスとナンと両方ついているんだそうだ。ライスだけもできますといわれるのでそうしていただく。奥で「ナンいらない!」と呼ばわっておられた。スミマセン!

カルキ臭いお水を一口飲むとすぐにカレーが運ばれてくる。すごいはやさ。
ライスはたぶんサフランライスで、ちょっとベタっとしてる。
カレーはトマトベースと謳ってあるが、甘くて家庭的な味わいだ。鶏もも肉がごろごろっと入っている。とても食べやすくて確かに人気なのがわかる。
ステンレスのプレートにはキャベツの千切りサラダと小さなココットに入ったヨーグルトも添えられている。
量も女性向きにちょうどよく、おいしくいただく。
なんというか、挑戦系ではなく、なごみ系の構えずに食べられるひょっとすると貴重なお店なのかもしれない。


あの一帯の街並みは昭和のまま取り残されたような2階建てが並び、いい感じの哀愁が漂う。荒物屋さん、「パーマ」と書いた美容室、印刷所、神保町の裏通りもこんな感じだったか。
神田練塀町という町名も奥ゆかしい。地図で見ると町境が入り組んでいるのも、江戸から東京市から23区への変遷を何となく示唆しているようでもある。


Aセットは800円。



by e3eiei | 2015-11-03 11:33 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

東小金井 サイのツノの欧風まろやかカレー

サイのツノ@東小金井駅南口通り商店街

この日はまたもカレー日和で、もう迷わずサイのツノに向かう。
サイのツノはカレーが4種類あり、そのうちの欧風まろやかカレーは一度も食べたことがない。お店の説明書きは「欧風のとろみのある、スパイシーさを抑えた、大人はもちろん、野菜やフルーツの具材は形がなくなるまで煮込み 、お子様やお年寄りの方にも楽しんでいただけます。深いコクと旨みの王道の味です。」とある。あまり私の好みではなさそうな気がしていたのだ。でも食べてみたい。

まろやかカレー、辛口でできますか、と尋ねるとできますよと。それで注文する。
そしてアイスティーはレモンティーにしてもらう。

カウンターの上の扇風機に額を向けて涼をとりながら待つ間、テーブルに置いてあるメニューをひっくり返すと裏メニューみたいなことやスパイスの知識なんかが書いてある。下のほうまで読むと、このお店をこよなく愛する人がどれだけ熱心に通い詰めているのかの記録まで書いてある。1年に290何日(営業は300何日)通ってきた人や、1週間に10何回通った人や。すごいなあ。

ほどなくカレーが運ばれてくる。片側にごはんの山、そのふもとまでカレーの湖になっていて、湖面には彩りのいい揚げ夏野菜がトッピングしてある。よく煮込まれた豚肉もころころと転がっている。

カレーは、最初に甘みが来る。これはレッドカレーと同じ甘みだがさほど強烈ではない。甘みのあとに甘酸っぱさとカレーらしい辛みも追っかけてくる。ごはんとよく合うカレーだ。よくあるカレーのようではあるがコクがあっておいしい。豚肉もいい味だ。
ここでカレーをいただくときは、専念する。ついつい熱心に食べるのだ。気持ちよく平らげる。


欧風まろやかカレーは580円。




by e3eiei | 2015-07-24 00:58 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

東小金井 サイのツノのひき肉とほうれん草のグリーンカレー

サイのツノ@東小金井駅南口商店街

焼け付くような日差しのカレー日和だ。
カレーの豊かな商店街でちょっと迷ったふりをしてみるが、気持ちはサイのツノのグリーンカレー一択で決まっている。

お店の引き戸を開けると、マスターの例の「おぅ!」みたいなささやかながら温かい歓迎。

グリーンカレーを辛口で注文する。ドリンクはアイスティー。そう、ちりちりするような光の中を歩いてきて、薄く切ったオレンジを浮かべた大瀧詠一のアイスティーが頭の中でリフレインしている。

グリーンカレーは豚と牛の合挽き肉のキーマカレーだ。少し緑がかっているのはほうれん草のペーストをベースに混ぜてあるからだと説明には書いてある。トッピングのカイワレ大根がさわやかなビジュアルだ。

これはたいへん好みのカレーだ。フルーツの甘酸っぱさとチーズのコクとカレーのスパイスの三位一体がうるわしい。ごはんととても合う。
そうだ、ここのお店はナンなんか焼かないで日本のごはん一本でやっておられる。それがまた私の好みに合うのだ。
レッドカレーの前面に突出した甘さではなく酸味とバランスのとれた甘みでスパイスを引き立てる。
ほうれん草の風味はほとんど感じないが、色味からするとずいぶん入ってるんだろうなあ。

ピクルスをポリポリつまみつつカレーを食べ終えるとお皿が下げられてアイスティーが登場する。レモンかミルクをつけるか聞かれたが、ストレートでお願いする。アールグレイの風味の紅茶だ。
氷の浮いたまだ冷え切っていないアイスティーだ。見ているとカウンターの中では淹れたての熱い紅茶でアイスティーを作っておられて、さらにまたいいなあなんて思う。
驚くのはこの氷が紅茶の氷なのだ。熱い紅茶を注いだときに、また食事の途中で水っぽくならないように配慮されているんだろうなあ。
ただ、このアイスティーはわたしには濃かったのでピッチャーの氷水で割っていただく。今度はレモンティーを注文してみよう。

カレーもアイスティーもおいしくいただく。

ひき肉とほうれん草のグリーンカレー 640円。



by e3eiei | 2015-07-15 16:30 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

東小金井 サイのツノの薬膳スープカレー

サイのツノ@東小金井南口商店街

風はさわやかだが、ちりちりするほどの日差しで汗が出る。
こういう日はカレー日和だ。東小金井はカレー屋さんを選択できる恵まれたカレー街なので、と思ったが、またもサイのツノに向かう。前にドリンクサービス券をもらってたのを2~3日前に見つけたのだ。

引き戸からのぞくとカウンターに空席があるので入る。
ご主人のびっくりしたような目が人懐こそうな眼差しになって迎えられる。

薬膳スープカレーを注文する。
とても辛いので調整しましょうか、みたいなことをきかれるので、辛いの大丈夫ですと答える。サービス券でドリンクを注文する。券は期限まで何度も使えるんだそうだ。

しばらく待ってスープカレーが運ばれてくる。
スープボウルよりもう少し深い鉢に野菜がたくさん浮いた赤いスープカレー、平皿にごはん、ご飯をボウルのカレーに入れて食べるように教えられる。
スープをスプンですくっていただくと、これはこれはたいへんおいしい。さらっとしているのにコクがあってこれはいい。脂分はなく、甘みも抑えてある。トッピングに焼き野菜と茹で卵が乗っている。ゴーヤ、カボチャ、エリンギ、パプリカ、トマト。パプリカとトマトはきちんと皮を湯むきしてあって、これには感動さえ覚える。スープには引き割り豆みたいな緑色の粒粒が入っていて、これもうまい。
辛みは普通の大辛程度だ。黙々ともりもりといただく。チゲのようにお汁にごはんを入れていただく。お汁ごはんが好きな身にはうれしい。最後まで飽きることなくいただく。
ピクルスもポリポリとおいしくいただく。

途中で早くもコーヒーが来てしまったのはご愛嬌だ。
コーヒーは可もなく不可もなく。小さなピッチャーで提供されたのはクリームではなくて本当にミルク(牛乳)のようだった。


薬膳スープカレーは700円。


以前の訪問の記録


by e3eiei | 2015-06-24 23:26 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

東小金井 サイのツノのインド風レッドカレー

サイのツノ@東小金井駅南口商店街

道を歩くと汗が流れる暑さになる。
こうなるとカレーだ。この街はカレー屋さんのレベルが高く選択肢も贅沢だ。

サイのツノはいつも涼しげにお店をやっておられる。硝子戸からのぞくと空いているので入ってみる。
カウンターのなかの厨房で作業をしておられるご主人と目が合う。こういう「いらっしゃい」はいいなあと思う。

4人がけのテーブル3卓にカウンター。カウンターに席をとってインド風レッドカレー(辛口)を注文する。
カレーは4種類。辛さは注文に応じてもらえるようだ。この基本の組み合わせでいろんなバリエーションがあり、トライアングルという3種のカレーが人気のようだ。さらにデザートだのトッピングだのサラダなどもある。飲み物とアイスは+100円だそうだ。

などとメニューを眺めていると割合すぐにお皿が運ばれてくる。
カレーはこうでなくっちゃね。

大きめの平皿に山にしたごはん、その周りにしゃぼしゃぼしたカレー。湖のなかの小島のごとき景色だ。
レッドカレーの赤はトマトらしい。さわやかな酸味と謳ってある。クミンのいい香り。
カレーは思ったより甘い。これはなんの甘さだろう。
スパイスが効いたカレーは猛然と食欲をそそる。
ホロホロするまで煮込まれた鶏肉が口のなかでほどけてトマトの柔らかい旨みと絡む。
リンゴのかわいい容器に入ったピクルスをポリポリとつまむ。長くご無沙汰してる間にピクルスのポットがかわいらしくなった。
運ばれてきたときは多いかなあと思ったごはんもいい具合にお腹に収まる。

汗の出る暑い日にスパイスの効いたおいしいカレーをもりもりいただくしあわせ。

インド風レッドカレーは620円。
そのほかのカレーも単品で600~700円くらい。


以前の訪問の記録

以前の記録をみると、やっぱりレッドカレーは甘いと書いている。忘れてたんだ。今回は甘かったけど、おいしくいただく。



by e3eiei | 2015-05-27 16:32 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

カレーの市民アルバのビーフカレー

カレーの市民アルバ@秋葉原(外神田)

秋葉原でお昼の時間なので、エスニックなものを食べようと思って歩いてみる。
下調べもせず、タブレットも持たずにあてもなく歩く。

いい感じに混んでるカレー屋がある。表の看板でみると黒いカレーでおいしそうだ。加賀カレーと書いてあって面白そうなので入ってみる。メニューの一番はオムカレーで、二番がビーフカレーだ。ビーフカレーを注文する。
L字のカウンターが10席ほど、テーブルがいくつか。にぎわっている。

ビーフカレーは案外すぐ来た。看板のように黒くはない普通のカレーのビジュアルだ。ステンレスのボート型のボウルに盛られ、千切りキャベツが一つかみ添えられてる。それを先割れスプーンで食べるのだ。一口食べると塩味がわかるほど塩からい。これはしんどいカレーだ。辛みと風味が乏しいのも残念だ。テーブルにはチリパウダーの小瓶が置いてあるのでこれを振りかけて補う。ふと、たーリー屋のカレーを思い出す。

しばらくして両隣りのおにいさん達の注文もやってくる。それぞれカツだのコロッケだのが乗っている。そこで正解がすとんときた。たぶん加賀カレーというのはカツやコロッケを盛るのが流儀なのだ。

千切りキャベツはしお味を中和するのにちょうどよかった。

テーブルに置いてあるピッチャーから水は自由に飲むようになっている。2杯飲みほし、帰りに駅のホームの自販機で酪農ハイ・カフェオレを買って飲み、それでもまだのどが渇いていた。
d0000059_11454335.jpg
ビーフカレーは570円。


あとでネットをみるとここは一大チェーン店だった。なんだつまらん、とひとりごちてみる。


秋葉原の猥雑な雰囲気はすごいなあと思った。その通りの真ん中あたりにキリスト教会があってちょうどどなたかのご葬儀があり入口に霊柩車が止まっている。その「○○儀告別式」と書いた立て看板の脇に牛かつのお店に並ぶ人の列があり、先頭の人は「牛かつはここから並んでください」みたいな札を持っている。その手前には、まだあるんだなあ、メイドカフェの案内の女子たち。こういう日常の食欲物欲性欲の渦の中でこの世に別れを告げていくのも悪くないかなあと思ったりする。



by e3eiei | 2015-02-25 00:13 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

大崎 更科のカツカレー

大崎 更科@山手線五反田駅、東急池上線大崎広小路駅のそば

その日はささっとお昼を済ませることになり、友人の行きつけというお蕎麦屋さんに向かう。山手通りからすぐなのになんだか下町の路地の雰囲気の漂う通りのいい感じのお店だ。

引き戸を開けて入ると遅い時間帯だがそこそこお客さんでにぎわっている。

寒いから温かいお蕎麦かなあ、と思っていると、誘ってくれた友人がここのカレーもなかなかだとのたまう。
ああ、お蕎麦屋さんのカレーもいいかなあと思い、しかもおなかもすいてたのでカツカレーを注文する。

お客さんが引ける時間でかつはさくさくと揚がり素早く出てくる。
サラダなんかが添えられたプレートにたっぷりで、ご飯少なめとお願いしそこなったのを軽く悔む。

カレーは思ってたお蕎麦屋のカレーとはちょっと違い、すっぱ辛くてありがちだけどスパイシーというふうでおいしい。たぶん野菜をよく煮込んであるんだと思う。カツも悪くない。
ボリュームあるね、と言いながらそれでも完食する(笑)。

お店の方たちも気さくでお店の佇まいのとおり、気取らず懐の深いお店だ。

カツカレーは1000円くらい。



by e3eiei | 2015-02-23 01:17 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

ERICKの豆と野菜のビリヤニ

ERICK@渋谷東急東横店FoodShow

渋谷通いが終わり、しばらく来ないかもしれないので帰りにデパ地下に去年の秋に入ったエリックでビリヤニを買って帰る。

ビリヤニは長いパスマティライスのカレースパイシーピラフみたいなもので、もっと油の回っているものを想像していたら思いのほか油分が少なかった。スパイスが効いて、ホロホロした食感も素敵で、おいしい。
豆は大粒のひよこ豆で、これもまた香ばしい。
ライタという塩味ヨーグルトに生野菜を刻んだものを混ぜたソースがついていて、これをかけていただくとそれもまたおいしい。
d0000059_01214501.jpg

ビリヤニ単品は、ライタつき(カレーはつかない)で790円。


前にヒカリエの地下にある”ムンバイマルシェ”でカレーをテイクアウトしたことがあった。
あちらは普通のカレーだったが、あれもインドらしい濃密にスパイシーな味がしておいしかった。
700円くらいだったと思う。




by e3eiei | 2015-01-29 01:25 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

メーヤウのレッドカリー

メーヤウ@馬場下交差点そば

久しぶりにメーヤウのカレーを食べに行く。1時半過ぎはまあまあ空いてる。
レッドカリーにしよう。
2時からのタイムサービスになってるが、30分のフライングは仕方がない。注文を取りに来たおねえさんも、注文を聞いてちらと時計を見てた(笑)。
前回ごはん「少なめ」にして腹七分目の感じだった。かといって「普通」はもう無理のような気もする。ちょうどお客さんも少ないときだったので「少なめ」と「普通」の間ってできますかと聞いてみると応じていただけた。

ブリックナンプラーをまじめにご飯に振りかける。
レッドカリーは期待を裏切らずおいしい。辛くてまろやかでスパイシーで。
この日のカリーはしかし、バイマックルーがほとんど見当たらなかった。これは感心しないなあ、どうしたのだろう。あの鮮烈なさわやかな香りは必須だと思う。

ご飯の量もぴったりで、食べ終える頃には後頭部に汗がにじむようでもあった。
おいしいカリーだ。

レッドカリーは750円。

以前の訪問の記録


by e3eiei | 2014-11-14 02:25 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)