人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

品川 サルマ ティッカアンドビリヤニのビリヤニ

サルマ ティッカアンドビリヤニ (SALMA Tikka & Biryani)@品川駅高輪口

友人と品川の原美術館に遊びに行き、お昼をここでいただく。
原美術館のカフェというてもあったが、ネットで検索してここの一押しのビリヤニを食べてみたいと思う。
品川には駅横の昭和なビルにDEVI DHABAという南インドのお料理を食べさせるお店があり、そこのウタパムをもう一度いただきたいと思ってきたが、どうやらデヴィフュージョンとなり、名前もスタンスも変わってしまったようだ。残念だ。

サルマ ティッカアンドビリヤニは国道を渡ったプリンスホテル側。駅を背に左側に3~4分歩き高層ビルが終わるあたりの路地を入ったところにある。
この日は1時半を過ぎていてちらほら空席もあるがにぎわっている。入り口側のサンデッキのようなフロアと奥のちょいとゴージャスなフロアに分かれていて奥に席を取る。

連れはサベラランチ(カレー3種にサラダとナンとサフランライス、ドリンク)のシーフードカレーを、わたしは野菜・ラム・チキンと3種あるビリヤニからチキンビリヤニを注文する。ビリヤニにもライタ、豆カレー、サラダ、ドリンクが付く。ほかにおかずが付くセットランチが何種類かと充実したビュッフェもある。

しばらく待って運ばれてくるビリヤニはぎょっとするほど山盛りに盛り付けられている。玉葱とトマトにオレンジがトッピングされていておしゃれ。バスマティライスがパラパラしてスパイスの香りも高くて味付けもしっかりしている。もっとパラパラさらさらしているものかと思っていたよりオイリーである。「インド風ヘルシー焼き飯」と謳ってあり油でいためるのかしら??食べ進めるとライスの山の中からチキンがごろごろと出てくる。ホールのスパイスもあれこれと出てくる。
友人曰くバスマティライスは日本のごはんほど水分を含んでないから軽くて見た目よりも量を食べられるという。日本米でこの量は無理よね、などといいつつ、多少がんばりはしたが最後までおいしく完食する。
食後のティーもたっぷりとおいしくいただく。

このお店の特筆すべきはCPのよさだろう。そこそこおいしいし惜しみなくおかわりを提供している。

ビリヤニランチは1200円、サベラランチセットは980円。


by e3eiei | 2019-06-26 10:59 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

大久保 ベトナムちゃんのランチ(フォー)

ベトナムちゃん@大久保駅北口

友人と大久保駅でランチをすることになる。友人の推薦でベトナム料理かネパール料理。しばらく行かないうちに大久保はネパール料理屋が増えた気がする。

駅から近いのでベトナム料理のベトナムちゃんに行く。路地を入ってぐるっと曲がった少々わかりづらい辺りにある。
ネットで人気があり混みあっているということだったが、この日は1時を過ぎた遅い時間帯でたくさんあるテーブル席は空席がちだ。白い壁にはアオザイを着て自転車をこぐ人々のイラストがドローイングで描かれおしゃれな感じも漂う。
ランチは3種類、日替わりと牛肉フォーと鶏肉フォー、いずれもセットメニューだ。日替わりを注文しようとするとこの時間はすでに完売終了である。それではと、鶏肉フォーのセットを注文する。

しばらく待つとトレイに乗せて運ばれてくるのはフォーのどんぶりと、大きな生春巻き、それに小ぶりな揚げ春巻きの小皿、そして生のモヤシである。もやしはフォーに入れるのらしい。
フォーは無色透明のスープが美しい。蓮華ですくって味わうとかなり濃厚な出汁と塩味もしっかりして見た目とのギャップがすごい。浮き身の鶏肉も濃い味わいで柔らかくて食べでがある。麺は思たほどにはもちもちしていないが、かなり量がある。1/16に切ったレモンが付いてくるのでこれを絞りつついただくのもいい。好みからいうともっとレモンを!というところである。

大きな生春巻きは味噌だれをつけながらいただく。これはさっといただかないと春巻の皮が水分を吸ってねっちりしてしまう。揚げ春巻きは小ぶりで2本、しっかり味付けしてあってサクッとしている。酸っぱいチリソースもついてくる。これもさっさといただかないと皮がねちっと油っぽくなってしまう。
ここはおしゃべりを楽しみつつランチをというよりも、おいしいベトナム料理をささっといただくのに向いている。

テーブルの上にはポットに入ったベトナムのお茶と小さなジャーに入った唐辛子。黄色いお茶は何のお茶だろう、刺激が少なく柔らかくてたいへん飲みやすい。

ランチセットは1000円。1時過ぎに行くと900円のようだ。



by e3eiei | 2019-06-16 10:20 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

吉祥寺 サロン アダム エ ロペ

サロン アダム エ ロペ@吉祥寺アトレ内

親しい友達と久しぶりに会う。ゆっくり話をしたいので静かなところ、と思っていたところ、アトレ正面のここのお店がガラガラにすいていたので幸いと入った。広いフロアに夕方前の時間帯はほとんどお客もいない。

しばらくしてスタッフが奥の席にどうぞと指さしてくれる。隣のテーブルは後片付けがしてないなあ、と思いつつ着席してドリンクを注文する。
ブレンドコーヒーはマグカップで供される。焦げっぽい作り置きのコーヒーである。

アルバイトで回しているおしゃれなチェーンカフェという印象で、夕方前の静かさが一番の取り柄だった。
わたしたちのあとから見えた高齢の少し体の動きが不自由なお客が、片づけられた隣のテーブルにとても座りにくそうに着席される。ほかにゆったりした席もあるのだからそちらに案内したらよかろうになどとちらと思う。「アルバイトで回していそうな」という印象は、そういう客を見て働かせるさまざまなホスピタリティが感じられないところからきているかもしれない。マニュアルに書いてあることはそつなくやるが、それ以上でもないしそれ以下でもない。

あとでサイトを見ると、ここはJUNやROPEを展開していたJUNのカフェなのだった。

ブレンドコーヒーは500円ちょっと。



by e3eiei | 2019-06-12 10:13 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

吉祥寺 いぶきうどん

いぶきうどん@吉祥寺駅西口向かい側

ときどき無性にうどんが食べたくなる。この日は吉祥寺でお昼時なのでうどんを検索すると駅西口の公園通りを挟んだ向かい側ガード下に人気のありそうな立ち食いのお店を発見する。以前千年葡萄家というレストランのあった場所。丸亀製麺の系列のようだ。

お昼ちょっと前の時間帯に行ってみると、立ち食いのカウンターはまだ半分ほど空席がある。
苦手の券売機でもたもたと注文する。混みあってる時間帯でなくてよかった。注文したのは釜揚げ温玉うどんと牛蒡天だ。
カウンターの中の従業員さんに券を渡して出来上がりを待つ。待ち時間は面を湯がいててんぷらを揚げなおして加熱するだけの時間だ。

製麺機の前に場所を確保する。うどんの麺は別の場所である程度打ってのしたものを目の前の製麺機でのばして切っている。
牛蒡天は九州スタイルのスライスした牛蒡ではなくごろんとしたボリュームのある姿だ。出汁醤油をかけようとしてふと見ると、うどん出汁がテーブルのポットから自由にいただけるようなので、どんぶりに注ぐ。つまり、ぶっかけスタイルのかけうどんということか。
麺は讃岐うどんらしくもちもちしているが、小麦粉の風味はあまり感じられない。好みからいうと、もっと小麦粉を感じられる麺が好きだ。出汁はいりこでとってあると謳われており、いい香りだ。テーブルには出汁を取ったいりこのから揚げがどんぶりに山盛り置いてある。さくさくしておいしい。

五反田のおにやんまの店をふと思わせるところもあるが、チェーン店らしく熱気や猥雑さは削ぎ落されている。客の側もうどんを食べるというよりもラインに乗っかって消費していくという雰囲気だ。
また行って食べたいかというと、どうだろうというところ。

釜玉うどんは360円、牛蒡天は100円。かけうどんやぶっかけうどんは310円。
ワンコインでそれなりのものがいただけるPCのよさ、安価さが人気の秘密なんだろうなあ。




by e3eiei | 2019-06-05 10:23 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)