人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

武蔵境 餃子の王将の天津飯と餃子

餃子の王将@武蔵境駅北口スキップ通り商店街

武蔵境でささっとお昼を済ませたいときは手軽なお寿司屋さんに行くことが多い( →❏)。値段なりにおいしくて、何より職人さんたちのさりげない気遣いとアットホームなお客さんとの対話がお昼のひと時を気持ちのいいものにしてくれる。

このお寿司屋さんのちょっと手前にチェーンの餃子屋さんがある。店頭にメニューが出され、ウィンドウのなかにもサンプルが並ぶ。ある時それとなく見ていると天津飯という卵焼きにあんをかけたごはんがあるのに気が付く。

いただいてみるとこれが素朴においしいのだった。白いご飯に卵2個分くらいのふわふわ卵をのっけてアンをかけただけ。注文の時にアンは甘酢、塩、京風の3種類といわれて塩にする。中華スープ味のあっさりしたアンがかかっていて卵の味が引き立つ。生姜風味の卵スープもついてこれはとても気に入った。

さらに後日店頭のあれこれポスターを見ると「ジャストサイズメニュー」という、少量メニューがあるのを発見する。餃子の王将と謳うくらいなのでやっぱり餃子も食べてみたいのだ。にんにくなしの餃子(ゼロ餃子と呼ばれているようだ)と天津飯のジャストサイズを注文する。
ジャストサイズはレギュラーサイズよりも多少待つ。ちょうどごはん茶碗一膳分くらいのごはんにふわふわ卵とアンがかかっている。中華スープはつかない。餃子一人前6個と小サイズのどんぶりでちょうどいい分量だ。餃子はカリッと焼かれて癖のない熱々のおいしい餃子、さすがに餃子屋さんだ。

お店はかなり広くてテーブル席とカウンターで、お昼時はたいていちょっとだけ待つ。老若男女、家族連れ、ビジネスマン、学生さん、いろんなお客さんでにぎわう。ぎすぎすピリピリしたところのない、でも活気のあるいい雰囲気でさっと気持ちのいいお昼をいただく。

天津飯(単品、スープ付)は480円。ジャストサイズは267円。
餃子は240円。




by e3eiei | 2019-04-10 10:16 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)