<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

野中広務・辛 淑玉『差別と日本人』を読む

野中広務・辛 淑玉, 2009『差別と日本人』角川oneテーマ21(新書)

性別、年代、国籍、思想背景、全く方向性の違う二人の対談である。2編の「まえがき」と2編の「あとがき」を持つほどに「対談」をしながらも二人は異なるものを見てもいた。二人は「差別される側の属性」という一点のみで交わる。これはたいへんおもしろい本だった。とりわけ辛氏の相手の懐に入り込んで話をひきだすインタビューは感動的ですらあった。野中は「あとがき」で述べる。
「気がついたら、誰にも話さなかったようなことをつい口にしてしまっていたりした。「やられた!」という印象だ。とくに対談の最後の部分は、初めて話したことがほとんどだ。これは辛さんが御自分の体験や心情を包み隠さず話してくださったことが大きく影響している」。

強面の策士という印象の野中のもうひとつの側面、差別と闘ってきた姿を前面に出す野中本である。辛による解説も適切で読みやすい。

本書のテーマ「差別」について辛の文章を引用しておく。

決めるのは差別をする側だからだ。そこに合理的な判別基準はない。差別したいとき、人々はその時の差別に都合のよい基準をもっともらしく設けて差別を繰り返す。まず、差別をするという実態が先にあり、それから「部落民」がつくられ、「被差別部落」という空間が形成される。逆ではないのだ。差別する側があいつは「部落民」だと決めればそこから差別が始まる。ようするに関係性の問題なのだ。
自分は他者より優位だという感覚は「享楽」そのものであり、一度その享楽を味わうと、何度でも繰り返したくなる。とくに人は、自分より強い者から存在価値を否定されたり、劣等感を持たされたりしたとき、自己の劣等意識を払拭するために、より差別を受けやすい人々を差別することで傷ついた心のバランスを取ろうとする。(70)

差別は、古い制度が残っているからあるのではない。その時代の、今、そのときに差別する必要があるから、存在するのだ。差別の対象は、歴史性を背負っているから差別されるのではない。
差別とは、富や資源の配分において格差をもうけることがその本質で、その格差を合理化する(自分がおいしい思いをする)ための理由は、実はなんでもいいのだ。部落だから、外国籍だから、朝鮮人だから、沖縄だから、女だから…。自分たちの利権を確保するために資源配分の不平等を合理化さえできれば、その理由などなんでもいい。(168)

d0000059_10250394.jpg


[PR]
by e3eiei | 2018-03-31 10:25 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

「ちいさな哲学者たち」を観る

「ちいさな哲学者たち」(2010年)監督:ジャン=ピエール・ポッジ、ピエール・バルジエ

フランスのドキュメンタリー作品。幼稚園で4~5歳児を対象に行われた哲学授業が記録される。教師たちのチーム、そして家庭の親たちも巻き込んで子どもたちが哲学に取り組み、「死」、「愛」、「自由」、「差異」といった抽象的な概念を「考える」ようになっていくプロセスを観ると、「子ども」の可能性がどのように引き出されるかを思わされる。

フランスでは幼稚園教諭は修士学位が必要である。映画冒頭で教育相の「修士資格がただ子守りをするだけの職員に必要か」という発言が紹介される。子どもを育てるという社会の根幹事業は日本だけでなくかの国においても誰でもできる子守として低く見られている。

哲学の授業は教師の問いかけによる問答で進んでいく。先生は子どもの発言を否定しないが、テーマに沿って、なぜ?質問とどう関係がある?と問いかけ、わき道にそれるのを軌道修正しつつテーマを掘り下げるように導く。


頭の中を働かせることをなんと言う?
考えたことは目に見えるかしら?
考えたことをほかの人に知らせるにはどうする?
 ――口から出す。話すんだよ。言葉を出して話すんだ。

きょうは哲学をします。哲学をするってどういうこと?


では質問よ、リーダーって何? 幼稚園の中にリーダーはいる?


哲学授業に取り組む教諭たちは語る。
“最初に哲学をやると決めたとき、考える訓練になると話を。-それを超えたかった。

友達とは?
友達と恋人の“好き”は同じ?

下校時親の迎えの場面では、子どもたちは子ども「たち」ではなくひとりひとりの子どもとして大切に預かられていることが見える。ひとりずつ親を確認して子どもを引き渡す。「ヤニス、お迎えよ」「ジョナタン!」「イネスのお迎えですよね? ――イネス!」

頭がいいってどういうこと?
どうして?
質問とどう関係があるか説明してみて。


恐怖とは?


死とは何かしら?


テーマは変わる。わたしたちを取り巻く世界について考えるの。
今日のテーマは愛よ。愛って?

 ――恋人は男の子じゃなきゃ。法則さ。
法則って?
 ――交通法みたいなもの。愛の法則。
 ――恋人二人は同じ意見じゃないとダメなの。恋人たちはごめんなさいを言えないとダメ。謝れないと愛はおしまい。


死とは
 ――ぼくたちは自殺しちゃいけないんだ
 ――死んだ人は息をしてない、動かない。
 ――死ぬと神様のいる天国に行く。皮膚じゃなくて魂がいくんだ。
ママが死んだらみんなは何を?
 ――ママが死んだら自殺を
どう?
 ――彼のパパがさびしくなる。あなたのことが恋しくなるわ。
 ――ヤニスには反対。ママもヤニスも死んだらもう学べなくなる。過ぎていく人生。
 ――ヤニスには反対。ママが死んだらパパと一緒にいてあげなきゃ。ママは心の中に残るからいつでも思い出せる。


違いとは?


 ――知りたいわ。なぜ貧しい人たちは貧しいの?
いい質問ね


少年が意見の対立した女子を叩く。教師は少年を教室に残して目線を合わせ、懇々と説く。
ヤニス来なさい。彼女を叩いて解決になるの?どう?
 ――わかんない
ほかの子を叩く以外に問題を解決する方法は?ないの?どう?わたしを見て。答えられるでしょ。叩けば解決するの?“はい”なの?“いいえ”?ではどう解決を?考えて。叩く前に何を?ここで一緒に何を学んでいるの?哲学で意見が合わなかったら相手をたたくの?何をするの?
 ――なにも。
話すんでしょ。話し合わない?ほんとうのことを言って、哲学の授業ではどうしてる?
 ――わかんない。
ヤニス。言葉で話し合うんでしょ。人と意見が違うこともある。だからって叩くのは解決にならない。まず話すの。
 ――うなずく。
行って。

教師たちはこのプログラムの継続を訴える。”優先教育地区(ZEP)の中で2つの幼稚園においてこのプログラムが行われてきた。ここの子どもたちに必要と考えられたからよ。中止されれば教育面でも経済面でも子どもたちにとって損失になる。彼らの環境を第一に考えて。”

自由とは。
わたしは自由かしら?
 ――そう。生徒に質問するから自由。

お腹に子どもがいると違う?何が自由の邪魔に?
 ――お腹の子ども
子どもに決定権が?
 ――違う、決めるのは先生よ。
答えて、イネス。
 ――ニンシン?妊娠してるの?
 ――男の子。
わかるの?
 ――双子だ。すごい、男がいい。
 ――子どもたち大興奮。
(唇に指をたて)静かに、口を閉じて。集中しましょう。いまの意見を掘り下げて。“大人は自由”これに反対の人もいたわね。先生は自由?パパやママは自由で何でもできるかしら?
キリアが最後よ。自由とは?
 ――自由とはちょっとひとりになれること。息抜きができて優しくなれること。
 ――外にひとりで行くこと。


いつも考えてるわけじゃない。考えるのは好き?
 ――いいえ。
どうして?
 ――だって長くかかるから。
 ――好きよ。だって、あとで何かするときに役に立つ。
ほかの人もきかせて。
 ――わたしは考えるのが大大大好き。夢を見るのと考えるのは同じだから。そして夢を見るのはすてきだから。
 ――ぼくは嫌い。無理強いされるから。
誰が無理強いを?
 ――先生。
どう無理強いを?
 ――いつも哲学する。
無理に?
 ――女の子たちが無理強いする。“考えて!”
答えを強制されるのがいやなの?
 ――ぼくのからだの中にいるみたいに指図しないでよ。男の子は“考えなくていい”と言うぞ。女にはうんざりだよ。
 ――幼稚園を卒業して小学校に入ったら哲学の授業がなくなってみんな考えられなくなる。この幼稚園を卒業したら、
 ――なくなる!
 ――来年はここにはいないけど僕は哲学やりたい。哲学やりたいのは、考えるのが好きだから。

 ――お砂場でアビとヌディクーとわたしと、ルイーズとレアと話をした。最初は3人で話してた。死と愛について話をしたの。






[PR]
by e3eiei | 2018-03-29 10:54 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

『1984年』を読む

ジョージ・オーウェル, 1949=高橋和久 新訳, 2009『1984年』ハヤカワepi文庫.

2018年3月の日本でこの小説を初めて/改めて読んだ人は多いだろう。日本社会のマスメディア統制、特定機密保護法による言論の統制など、徐々に進行する全体主義のベールが剥がれ落ちようとしているときに、まさに全体主義権力がつきすすんだ社会を描いたこの小説が読まれることは必然的であると思われるし、意義深い。

小説は大部で全体主義社会を描くテーマは輻輳しているが、わたしは過去の改竄が強く印象に残る。それは歴史の修正にとどまらず個人の心性にまで踏み込む改竄となるように描かれているのだ。

作品はこの時代の3大国のひとつとされるオセアニアに住むウィンストン・スミスという39歳の男性「党員」を主人公として進む。

ウィンストンの住む国家では「ビッグ・ブラザー」と呼ばれる神秘的存在による独裁と信じ込まれており、党政府はイングソックと呼ばれるイデオロギーに基づいて人々を統治する。「真理省」(党の不可謬性・真理性を守るために過去のあらゆる記録を改竄する)、「愛情省」(思想警察による拷問、洗脳、処刑)、「平和省」(戦争遂行)、「潤沢省」(再配分を行い、人々は常に貧困)で行政が行われることになっている。
党のスローガンは「戦争は平和である/自由は屈従である/無知は力である」という二重思考に基づくもの。

「党員」たちは二重思考を植え込まれる。保身や忖度のために白を黒と表明するのではなく、白は白であり同時に黒である、2+2=4であり同時に2+2=5であると信じていること。党員たちはそのような思考に馴致される。また、「ニュースピーク」による言語統制も厳しく、語彙は極力統合されて減らされ、言葉のないところに思考は成立しないことになる。文学、芸術、美・醜、性愛に至る個人のアイデンティティを構成するような感情レベルまで管理が行き届いている。「党員」の各部屋には双方向送受信のテレスクリーンが設置されて私生活も24時間監視される。教育を受けた子どもたちは親を密告する。

ここでは過去は可変的で、ウィンストンの仕事は真理省で過去の記録を改竄することである。データは常に政府の都合に従って書き換えられ、現在の書き換えデータが「真理」であるように過去の数字、写真、報道に至る一切を改竄するのが彼の部署の仕事である。
過去ばかりではなく現実さえも可変的構築物であるように描かれる。「憎悪週間」のフェスティバルのさなかに政府が交戦国はユーラシアではなくイースタシアであると発表するや否や、それは既知の事実となり、街中を埋め尽くしていた「敵はユーラシア」という「間違った」ポスター・横断幕・演説は書き換えられ、過去の書類、新聞、書籍に至るまで大急ぎで作り直される。

二重思考は個人の記憶さえ書き換え、人は過去のことなどどうでもいいと思うようになっている。「党員」たちの感情は毎日の「二分間憎悪」によってファナティックに発散される。毎日その時間に従業員は一室に集められ、テレスクリーンに従って足を踏み鳴らし声の限りに憎悪を叫ぶのだった。さらに街のフェスティバルは「憎悪週間」としてここでも憎悪がかきたてられる。つねに「敵」を作り出しては叩き続けるのだ。人々は自国が長年戦争状態にあり、常にきわどい戦いに勝利し続けていると信じている。だが「戦争」すら作り上げられたもの、真実らしく見せるために随時市中で爆弾を炸裂させ憎悪を掻き立てさせていることが暗示される。

問題はこういう世界でウィンストンが二重思考をとれないことであった。そのため彼は記憶をたどろうとし、不安を覚え、懐かしい気持ちや愛情さえ抱く。3部構成でこのくたびれた中年男の1984年的行く末を描く。
d0000059_11541683.jpg





[PR]
by e3eiei | 2018-03-23 12:12 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

東小金井 まるえ食堂の貝そば(薄口醤油味)

まるえ食堂 @東小金井駅北口駐輪場横

くじら食堂の昼間バージョンで、同じご店主が別様のラーメンを提供されている。貝の出汁が売りなのだそうだが、去年の夏は行ったときは暑さに負けて冷麺をいただいた。
この日、1時過ぎだったがのぞいてみるとがらんと空いてたので幸いと入ってみる。

券売機で食券を購入し席に着くと女性スタッフが濃口醤油か薄口醤油かを尋ねられる。薄口醤油を注文する。

ちょっと待つな、と思ったころに提供される。
ビジュアルがめっぽう美しい。澄んだ黄金色のスープに細めん、青菜と赤く染めたチャーシューと細切りメンマ。
このスープがおいしそうなのでレンゲで一口。貝の出汁とか鶏の出汁とか素材を主張させずにまろやかな旨みの十分に乗ったスープがからだに染み透る。塩味はけっこう強いが醤油の味は主張せず、これもまた調和がとれていて、食味の語彙の乏しいわたしは「おいしいスープ」としか形容できない。

麺はくじら食堂とは打って変わってストレートの細麺で心持ち硬めに茹でてあるがこれもまたいいあんばいにおいしい。コシはあるがパラパラした感じだ。硬い麺は好みではないと思っていたがこれはいい。チャーシューは鶏胸肉のようにしっとりあっさりしている。

高いところに据え付けられたテレビではワイドショーが森友学園をやってる。ぐずる赤ん坊をあやしながらラーメンをすする若いカップルや、二人連れのサラリーマン、ひとりでやってきて券売機の前で固まってる青年、昼下がりのひなびた駅前中華を活写したような瞬間である。

おいしいラーメンとのどかな時間と、いいお昼である。

貝そばは800円。

以前の訪問の記録


[PR]
by e3eiei | 2018-03-20 13:10 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)