人気ブログランキング |

2019年 03月 21日 ( 1 )

五反田 旬八青果店の日替わり弁当(鰯の甘露煮)

旬八青果店@大崎広小路駅向かい側

お昼時なので何かさっと済ませようと思うが、五反田駅周辺の飲食店は大変な賑わいで、どこも勤労者の男女がお店の入り口付近にあふれている。お目当てだったおにやんまのうどんも路上に10人以上の行列ができている。

さて、どうするかなあと何となく飲食店が立ち並ぶ裏通りを歩いていると、お弁当ののぼりが見える。そうか、お弁当というてもあるなと思って寄ってみる。
自転車屋(というよりバイクショップという言葉がぴったりなこじゃれた自転車ショップ)と隣り合わせた八百屋の中に広めのワゴンを作ってお弁当がずらりと並んでいる。八百屋さんのお弁当というので一気に期待が高まる。12時半くらいでもう売り切れたのがいくつもあるから人気のお店なんだとわかる。
よくあるタイプのお弁当と、煮たり焼いたりした魚をごろんと乗っけたいかにも素朴な手作り風のお弁当と、カレーや汁物のお弁当というだいたい3つのタイプがありそうだ。

イワシの甘辛煮のお弁当を買ってみる。
丸々したイワシがごろんと一匹ご飯の上に乗っかっているビジュアルも素晴らしい。
お弁当らしくしっかりした味がよく染みたイワシは骨を抜いてあってたいへん食べやすい。蒸した野菜は人参、長芋、じゃがいも、ブロッコリで、これといった味付けもしてないが野菜がおいしい。何よりごはんがおいしい。
蒸し野菜の下に鶏のから揚げが一つ潜んでいたが、これはあまり好みではない。ほか、赤かぶの漬物ともやしと小松菜のやや筋張った炒め物。
ごはんが少なめに見えていたが、女性にはちょうどいい量だ。これで550円はたいへん満足。
近くにあったらりぴーと確定のお弁当である。
d0000059_09225639.jpg
お弁当は550円が主。


by e3eiei | 2019-03-21 10:20 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)