人気ブログランキング |

吉祥寺 いぶきうどん

いぶきうどん@吉祥寺駅西口向かい側

ときどき無性にうどんが食べたくなる。この日は吉祥寺でお昼時なのでうどんを検索すると駅西口の公園通りを挟んだ向かい側ガード下に人気のありそうな立ち食いのお店を発見する。以前千年葡萄家というレストランのあった場所。丸亀製麺の系列のようだ。

お昼ちょっと前の時間帯に行ってみると、立ち食いのカウンターはまだ半分ほど空席がある。
苦手の券売機でもたもたと注文する。混みあってる時間帯でなくてよかった。注文したのは釜揚げ温玉うどんと牛蒡天だ。
カウンターの中の従業員さんに券を渡して出来上がりを待つ。待ち時間は面を湯がいててんぷらを揚げなおして加熱するだけの時間だ。

製麺機の前に場所を確保する。うどんの麺は別の場所である程度打ってのしたものを目の前の製麺機でのばして切っている。
牛蒡天は九州スタイルのスライスした牛蒡ではなくごろんとしたボリュームのある姿だ。出汁醤油をかけようとしてふと見ると、うどん出汁がテーブルのポットから自由にいただけるようなので、どんぶりに注ぐ。つまり、ぶっかけスタイルのかけうどんということか。
麺は讃岐うどんらしくもちもちしているが、小麦粉の風味はあまり感じられない。好みからいうと、もっと小麦粉を感じられる麺が好きだ。出汁はいりこでとってあると謳われており、いい香りだ。テーブルには出汁を取ったいりこのから揚げがどんぶりに山盛り置いてある。さくさくしておいしい。

五反田のおにやんまの店をふと思わせるところもあるが、チェーン店らしく熱気や猥雑さは削ぎ落されている。客の側もうどんを食べるというよりもラインに乗っかって消費していくという雰囲気だ。
また行って食べたいかというと、どうだろうというところ。

釜玉うどんは360円、牛蒡天は100円。かけうどんやぶっかけうどんは310円。
ワンコインでそれなりのものがいただけるPCのよさ、安価さが人気の秘密なんだろうなあ。




by e3eiei | 2019-06-05 10:23 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://e3eiei.exblog.jp/tb/27632139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 吉祥寺 サロン アダム エ ロペ 武蔵境 餃子の王将の天津飯と餃子 >>