人気ブログランキング |

江古田 ペドラムのランチ(ゴルメサブジ)

Pedram ペドラム 江古田 @江古田駅南口江古田銀座商店街

先日行ってみておいしかったペドラム(→❏)にもう一度行ってみる。今度は筆頭メニューのゴルメサブジをいただいてみたかったのだ。
正午前のちょっと早い時間帯で、一番乗りである。11時半開店だがお店も何となくのんびりした空気が漂っている。

ゴルメサブジを注文してしばらく待つ。
ゴルメサブジはメニューによると濃い緑色の汁気の多い煮込み料理のようで、ラム肉と香草と豆と書いてある。

初めに大麦のスープとサラダが運ばれる。どちらもたっぷりした量だ。トマトベースの粘度のあるスープに潜む麦のむちむち感がいい。サラダは新鮮なリーフレタスにドレッシングをかけたシンプルなものだが沢山盛り付けてある。

それらを食べ終えるころにゴルメサブジが運ばれる。大きなプレートに煮込みの入ったスープボウルと型抜きしたバスティマスライスが盛られていて、ボリュームがある。メニューにはラムと野菜とハーブの煮込みという説明があったが、レッドキドニーがたっぷり入っていて、香りもまず豆の香りがする。豆に野菜トラムの香りが複雑にまじりあって滋味郷愁の味わいである。スパイシーでもなく塩分が強いわけでもなく、家庭料理の懐かしいお味。パラパラに炊きあげられたライスとの相性もとてもよい。ほろほろになるまで煮込まれたラム肉もたっぷり入っている。ところがこれが食べても食べてもなかなか減らない。最初のスープの麦で下地ができているところに大量の豆とライスでかなりな満腹になる。

食後はイランチャイがふるまわれる。サモワールで淹れた小さなガラスのティーグラス入りのチャイはお代わりを注いでくださる。

お話し好きのマスターはサモワールの説明をしてくれ、さらにイランの家庭料理も紹介してくださる。あとでネットで検索すると「アーブグーシュト」というらしい。一人用の壺型の土鍋にラムとジャガイモと豆を入れて何時間もオーブンで煮込み、食べる時は最初に液体部分をパンに浸して食べ、次に固体部分をひたすら突いて潰してペーストのようにして食べるんだそうだ。これがおいしい懐かしい母の味だとおっしゃる。

ゆったりたっぷりしたいいお昼である。最後まで私一人だったのが少々気がかりではあるが。

ゴルメサブジの定食(ドリンク付き)は980円。

以前の訪問の記録


by e3eiei | 2019-03-30 12:20 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://e3eiei.exblog.jp/tb/27529310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 武蔵境 餃子の王将の天津飯と餃子 五反田 旬八青果店の日替わり弁... >>