萬年家の一文字焼塩大福

萬年家@福岡空港

夏の間のがめの葉麩餅に代わって「一文字焼塩大福」が登場した。豆大福を油を引いた銅板で上から片面だけぎゅっと焼いてある。見た目の印象としては梅が枝餅に近いのだけど、大福の餡ははとても上品な漉し餡で、蔵出しのお煎茶にとてもよくあう。
包みがおしゃれだったので写真を撮ってみると、ピンボケ。。。
d0000059_032116.jpg

追記 3個入 260円、  6個入 510円。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-09 00:34 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://e3eiei.exblog.jp/tb/10433953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< AMAとメーヤウのレッドカレー girasole (ジラソーレ... >>