エチオピアのカレー

エチオピア@神保町

夏休みの日曜日とあっては、どこもかしこも閉まっている。チェーン店か観光客のお店か。
あのあたりに来ると漂うカレーの香辛料のかおり。ふんふん、クローブを炒めるとてもいい香りに引き寄せられて、有名なエチオピアへ、角を曲がると、キッチンスパイス、エチオピア、オオドリーと3軒カレー店が並んでいる。ほんとうに神保町はカレー店が多いんだなあ。

2階は階段の上に待っている人が見えたので1階に入る。食券を買うシステムなのだ。一人待ち。5分くらい待ったところで、席に着く。どういうわけか、カレー屋なのに文庫本を読んでる人が多いのは不思議だ。程なくお水と小皿にふかした小さなジャガイモが供される。周りを見ると、だれもカレーを食べていない。ということは、まだわが順番には遠いということ?ふと目を上げると、壁には「注文を受けてから一皿ずつ作るので多少お時間がかかります」と書いてある。あらま。。カレー屋なのに。。しかも、馬場にあると書いてある。。。

まあ、しゃあないと早くもジャガイモは食べてしまい、ジャガイモはおかわりどうぞと書いてあるけれども、そうそういただけるものでもない。読むものを何ももってこなかったことを激しく後悔しはじめる10分経過。隣の人にビールが来る。ぼおっと頬杖をつく20分経過。隣の人にカレーが来る。30分経過。。。半ば怒りを覚える。ひとはおなかがすくと怒りやすくなるのだ。それから程なくカレーがやってきたが、「お待たせしました」も何もない。こちらも何の感興も湧かない。失われた30数分を悔やみつつ、惨めな気持ちで食べ始めた。

カレーは普通においしかった。自分ちでいろいろ香辛料を工夫しながら作ってみるカレーの味に似ていた。嫌いじゃないお味だ。でも、このカレーに30分以上無為に待たされるのはやっぱり納得がいかなかった。
観光地のお店だからと自分に言い聞かせた。
暴力的待ち時間だった。

野菜カレー 930円だったか? シメジやマイタケのきのこも入っててそれはそれでよかったんだけど。
[PR]
by e3eiei | 2009-08-17 00:00 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://e3eiei.exblog.jp/tb/10111578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アンゴロのスパゲティ キッチングランの定食 >>