タグ:麺 ( 63 ) タグの人気記事

高木やのつけめん

高木や@地下鉄早稲田駅近く

辛いことで知られているお店である。ムンクの絵をデフォルメして「カライ!! ひー」とせりふを付けた立て看板を置いてある。お昼時とあって扉の外に少し列がある。満席のお客は全員学生風で男子率が高い。

メニューはつけ麺の「辛し」「合わせ」「マイルド」など。「合わせ」にしてしゃぶしゃぶ肉をトッピングにする。周りをみると滝のような汗を流しつつ食事をしている方も少なからずである。全員寡黙。

お冷のグラスがかなり大きい。
そして運ばれてきたのは異様に太い麺と、赤く油の層の張った小丼の付け汁。麺の上にはしゃきっとした茹でもやしが少しと半熟卵が半分、湯がいた豚バラ肉が何枚かのっている。付け汁にはよく炊かれたスライスニンニクがたくさん浮いていて、肉片も観察できる。
少し緊張しつついただく。まず、これはすすると危険なのでそろそろと麺を食むことになる。しかしながら麺は太くてかなり固めに湯がいてあるので赤い油が飛び散る危険もあり、食べ進むのに難航する。付け汁は下の方まで麺をくぐらせると温かいのだが、それほどあったかくもない。少し食べ進むとようやく味わう心地になり、食べ物の温度が大事だということに気づく。

麺を食べ終えて少しスープを飲んでみる。確かに辛いのは辛いが、もっと旨みとこくがあるといいように思う。

いただいているときはむやみに緊張もし高揚もしていたのだが、けっきょく味の記憶はあまりないのだ、麺もスープも。。

つけ麺としゃぶしゃぶ肉のトッピング 780円。

More
[PR]
by e3eiei | 2011-01-28 00:18 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

博多うどん はち屋のごぼ天うどん

博多うどん はち屋@福岡空港第2ターミナル

いつもは空弁にしているが少し時間があるのでおうどんでもいただこうと思い入ってみる。ロイヤル系のちゃんぽんは時々いただくが、ここははじめて。「当店人気ナンバーワン」のごぼ天うどんとかしわおにぎりを注文する。お茶ではなく氷の浮いたおひやが出てくる。

ほどなくトレイに載せて運ばれる。九州のうどんらしく淡いうどんつゆで青ネギがたっぷりのっていていい香りに期待が膨らむ。ごぼ天はゴボウを薄い斜め切りにしたてんぷらで思ったよりたくさんのっている。おつゆも汁を吸ってやわやわになったごぼ天もおいしい。やわやわ九州うどんは大好きなのだが、ここのうどんはぼそぼそするくらいにやわらかく、短く切れてしまったのが多数あって、なんだか昔懐かしいうどんだ。以前JR佐賀駅の寅ちゃんうどんでごぼう天うどんをいただいたことがあるが、あちらはやわやわうどんでありながらつるつるしてやや腰もあり、おいしかった。かしわめしはとりたてて言うほどのこともないが、あっさりしたうどんとはいい取り合わせだ。

こういう「おうどんでも食べようか」と入るごくごく普通のうどん屋はいいなあと思う。


ごぼ天うどんは480円。かしわおにぎりは一皿にお2個で220円。


空弁
鯛めし弁当
天草大王弁当
音羽寿司のレタス巻き
音羽鮨のレタス巻き
玄海炙り鯖寿司
[PR]
by e3eiei | 2010-12-23 23:19 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

東京麺珍亭の油そば

東京麺珍亭本舗@西早稲田

今年の春に早稲田通りのお店が開店した。勧めてくれる人があり入ってみる。
お店は新しくシンプルで清潔感がある。お店のなかで席のあくのを待つ。

券売機で油そば大盛りとお勧めに従い半熟卵を購入する。
カウンターの上の壁には食べ方の注意書きが貼りだしてあり、それによると、とにもかくにも麺の熱いうちに躊躇することなく酢とラー油をたっぷりかけまわし、麺の底に潜んでいるたれと十分に混ぜ合わせることが大切らしい。

席についてしばらくして注文のお丼がやってくる。麺の上に刻みのりとめんまとねぎ、それに後で気づいたのだがささやかなチャーシューが載っている。注意書き通りの作法で調理の最終段階を完了する。
食べてみるとそれほど脂っぽくなくなかなかおいしい。さらにお酢を追加する。考えてみれば、卵とお酢と油を混ぜ合わせるとマヨネーズなのだ。コクのあるラードで作るマヨネーズ麺というわけで、大盛りは最後は少々持て余しつつではあるがおいしくいただく。
さすがに夜になるまでお腹は空かない。

油そばはうんと前に武蔵境の珍々亭でいただいてみて文字通りの「油」に、もういいなと思った記憶があったが、「お酢」と「卵」の追加でイメージが変わる。



油そば大盛り600円(普通盛りも600円)、温泉卵100円。
[PR]
by e3eiei | 2010-12-12 00:55 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

さどのカレーうどん

さど@西早稲田アバコ近く

とてもわかりにくいところにひっそりとあるお店だけど、いつもお客さんがおおい。
カレーうどんをいつかいただいてみたいなあと思っていたので、今回はうどんを注文する。半ライスを付けてもらう。ここはごはんもおいしい。

しばらく待つと小ぶりの鍋の器にぐつぐつたぎってやってくる。カレーの香りがいやがうえにも食欲を刺激する。紙エプロンが提供されるのでそれをつけて食す。カレーの上には彩りよく野菜が並べられていて見た目も美しい。ちょっと火を通したきゅうりなどもおいしい。小さな取り鉢で少しずつさましながらいただく。カレーはうどんによくなじむ和風の味付けでなかなかおいしい。季節のカキや小さなホタテの貝柱なども入っている。うどんもつるんとしていい。
ごはんには浅漬けまでつけてくださる。最後にカレーご飯にしていただくと、これがおいしいこと。蕎麦屋のカレーというのはこれだろうなあ。カレー丼というか。

カレーうどんは900円だったか。



これまでの訪問の記録
さどご膳
さどご膳
[PR]
by e3eiei | 2010-12-02 00:12 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ラーメンほづみのトマトラーメン

ラーメンほづみ@南門通り商店街

ずいぶん前にご店主が変わられたとかで、いろいろと変わったメニューを出されている。「トマトラーメン」というのが気になっており、消えないうちに一度いただきたいものだとは思っていた。

お昼時を外したためか、誰もいない。で、券売機だ。。お金を投入するが落ちてきてしまう。何度か投入を繰り返しているうちに、ご店主が奥から出てきて、壊れているからこちらでもらうと。

トマトラーメンは、トマトスープにラーメン玉が入っているが、これをラーメンと呼ぶかどうか。。おいしいにはおいしいが。麺は少なめで、キャベツが2~3枚、それに鶏ハムみたいな肉が2~3切れ。麦ごはんはきょうから玄米を2割入れたのでよく噛むようにと言われる。パルメザンを振りかけたごはんは、最後にこれをスープと合わせるとおいしいと教えられ、そのとおりにすると、ラーメンよりもこのほうがおいしい。よくよくお汁ごはんが好きなのだ。

前にモス系のラーメン屋でトマト入り塩ラーメンというさっぱりしたラーメンがおいしかった記憶がある。あのさわやかさのほうが好みだ。




それにしても何とも落ち着かない雰囲気になっている。





以前の訪問の記録
醤油ラーメン

More
[PR]
by e3eiei | 2010-09-15 00:30 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

日高屋の野菜たっぷりたん麺セット

日高屋@恵比寿南 駒沢通り

この手のチェーン店って入ったことがなかった。
日高屋もあちこちで見かけはするが、これまで入ってみることもなかった。

野菜たっぷりたん麺と餃子のセット。もやしを中心にした野菜がたっぷり入っている。かなり塩辛いが、こういうものだろう。だしはそれほどこくがあるわけでもないが。たぶん、麺がもっとおいしいといいのだろう。ささっと食べられるところがいい。カウンターにひとりおきに座ってみんなささっと食べていく。
コショウはかなりたっぷり振ってやる。この日はお酢をくわえてみる。これも目先が変わっていい。


たん麺は490円で、餃子のセットで700円弱。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-28 00:48 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのペスカトーレ

ぷらんたん@南門通り商店街

前を通りかかるとペスカトーレとでている。はじめてお目にかかるメニューなので入ってみる。

大学の休暇中はこのお店は学期中とは別のお店のように落ち着いて静かだ。この日も。

ペスカトーレはもののWikiによると漁師風ということだ。Google先生に画像を出してもらうとムール貝だの手長えびだのタコだのイカだのそれは豪華なものだ。
だが、ここは我らがぷらんたん風。アサリだのこえびだのイカだのささやかな帆立て貝だの豊かなシーフードミックスの幸をトマトソースで和えたものだ。でも、麺はタリアテッレというのかフェットチーネというのか、細めの平打ち麺でもちもちしておいしかった。粉チーズをたっぷりかけていただく。
なごみの滋味パスタである。

例によってコーヒーをおかわりしてゆっくりいただく。


ランチは680円。


以前の訪問の記録
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ


そういえば、隣の、以前オーダーメイドの靴屋さんだったところにしばらく前から工事が入っている何かになるのかしら。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-19 23:56 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

DONDONDON 旧ホルモン商事の冷麺

豚豚豚(DONDONDON)@大隈通り商店街

暑いので冷麺第二弾。旧ホルモン商事でも冷麺はいただいたことがない。楽しみにしていく。

おかずは例によってカクテキとモヤシのナムル、それにチヂミ。どれもおいしい。おかずをつまみつつ待っているとステンレスボウルが運ばれてくる。テーブルの上で、麺にはさみを入れて食べやすい長さにしてくれる。
白いスープが張ってあり、氷が浮かんでいて、とても涼しげ。具は二つに割ったミディトマトがいくつかと、かまぼこのように見えるごく薄切りの林檎。それにいた白ゴマがたっぷりかかっている。これだけである。潔いまでのシンプルさ。見た目も涼やかでいい。

スープはやや甘酸っぱくて、きりりと冷えていておいしい。麺もスープの味がなじんでいる。コシが強くもちもちとした独特の食感である。ママになにで作るのか尋ねてみると、韓国蕎麦粉他いろんな粉を混ぜて打ってあるそうだ。それは麺メーカーのオリジナリティによるものらしい。

食べ終えて、もうちょっと何か食べたい気分もあった。が、何とか夕方までもった。案外腹もちがいいのかもしれない。


800円。


以前の訪問の記録
豚カルビ定食
例のビビンパ
デンジャンチゲ
さらにビビンパ
純豆腐チゲ
またビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
三段バラ焼き
[PR]
by e3eiei | 2010-07-22 23:37 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ママキムチの冷麺

ママキムチ@大隈通り商店街

夏到来! で、冷たい麺を食べようと、食べたことのない冷麺を食べに大隈通りに行くと、ホルモン商事はお休み。ニューエコーもお休み。何か別のものにしようか、と思ってもみるが、ままよ、とママキムチに行ってみることにする。確か夏の間は冷麺があったような気がする。

店員さんに冷麺ありますか、と聞くと、あるというので注文する。大盛りにするかと聞かれるので、普通にしてもらう。

しばらくすると冷麺とおかず(レタスサラダ、白菜キムチ、韓国海苔)と冷麺のどんぶりが運ばれる。冷麺は赤身がかったスープをたっぷり張ってあり、上に荒い千切りにしたきゅうりと、くし切りのトマト、牛肉の甘辛煮(ビビンパの上にのっかっているの)と白菜キムチが雑に載っている。スープは少し酸っぱい。

麺は韓国風で、どこかでドングリ粉を使うようなことを読んだこともあるが、それは分からない。春雨とかこんにゃくのように半透明で、もちもちと腰が強い。

おいしいと言えばおいしいのだが、取り立てて言うほどのこともない。
キムチは甘ったるい。


何と、900円!



以前の訪問
デクータン
豆腐チゲ
クッパ
サムゲタン
ビビンバ
豆腐チゲ
[PR]
by e3eiei | 2010-07-19 23:48 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

南天の南天ラーメン

南天@江古田千川通り 武蔵大学前

春から工事に入っていたお店がしばらく前に開店し、こじゃれたラーメン屋になった。
店の前にはいつも黒い調理服を着た呼び込みの人がたっている。歩道を歩いていると「煮卵・めんまサービス券」をくれる。看板の写真をみるとちゃんぽんとかたん麺とかのように野菜がたっぷりのったラーメン。おいしいかも、と入ってみる。

お店は広いけれども席は少ない。カウンターが数席にテーブルが一つ二つ。ピークを過ぎた時間帯とあって、サラリーマンふう2名と別に男性が1名食事中。呼び込みの人が、入ってすぐのところにかけてあるメニュー札を選んでとるように教えてくれる。それを持って着席し、サービス券の煮卵も一緒に注文する。

カウンターのテーブルには常滑焼のアメ秞の壺にさっとゆでて味のついたモヤシがぎっしり入っている。ほかに、液体に浸ったニンニクの粒とそのクラッシャーとか、ミルに入ったホワイトペッパーとか、ゴマ、ラー油、それに「髪止め」の小箱まで置いてある。カウンターの上には冷水ポット。中に木炭とレモンの輪切り。

ちょっと待つなあ、と思うころにラーメンはやってくる。野菜はキャベツ、にんじん、インゲン、モヤシ、そして豚肉のコマは味をつけて片栗粉でコーティングしてある。それになるとがのっかる。スープはしょうゆ味だが、これは何のだしなのだろう、さっぱりしてうまみがあっておいしい。麺はかなり太くて平たくて、とてもコシが強くてもちもちしている。ラーメン麺の味がしっかりしていて具やスープとうまく合っている。煮卵は芯まできちんと火の通った卵に塩味の勝った味付け。ラーメンを食べ終えて、卓上のモヤシをいただいてみる。味がついていてしゃきしゃきして思ったよりおいしい。ラー油を垂らして見るが、おいしそうなラー油なのにこれは今一つピンとこない。
珍しいラーメンだが好みだった。

帰りがけに呼び込みの人が「暑いから」とビニールチューブに入ったアイスキャンデーをおまけにくださる。。嬉しいが。。なにゆえわたしに??


650円。

メニューはほかにつけ麺とざるラーメン。帰りにまた煮卵めんまサービス券をもらう。
[PR]
by e3eiei | 2010-07-09 00:10 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)