タグ:麺 ( 64 ) タグの人気記事

東小金井 くじら食堂の塩ラーメン

くじら食堂@東小金井駅北口

2年前の夏の終わりにこのお店ができてから、あれよあれよという間に高い評判を得て、複数の受賞、ちょー有名店となりカップラーメンの監修にまで至った。
なかなかお店に行く機会が訪れず、一度は食べてみたいものだと思ってきた。

ちょうど夕方に行ける機会があって通りかかりにのぞいてみると、いくつか椅子が空いている。これはチャンスと、やや建てつけの悪い引き戸を開ける。
「いらっしゃいませ」とバイトらしいおにいさんと店主らしい男性が、二人とも目を合わせて挨拶される。

わたしはネットで予習をしたとおりに券売機を探して、塩ラーメンの券を購入する。ああ、スムーズだ。
券を渡し、3段階ある麺の量を150gと注文する。通常の普通サイズだそうだ。

ちょー有名店なので、信徒のようなお客さんや常連さんや写真を撮影するお客さんがわさわさしてるかなあと少々おじていたのだが、そんなことはなく、普通のラーメン店のようにまったりしたものを食べる空気が流れていてホッとする。一組声高に「おいし~!」「ああ、おいしいねえ~!」と掛け声をかけつつ召し上がっているグループがいたが、それもほどなく聖地巡りの話になった。
お客さんは女子率3割というところか。6時前にこのお店を通りかかると女性が一人で開店を待っていたりする。年配の男性や、サラリーマンの兄さんや、学生さんの二人連れや、いろんなお客さんが気軽にやってきてラーメンを一杯、テレビを見上げつつ黙々と食べて帰っていく、そんなお店のようだ。

以前ここがFFだったころに来たことがあったが、そのころとお店のしつらえは変わっておらず、カウンターや奥の上のほうにテレビがついているのもそのままだ。テレビがついているのがラーメン店らしくて敷居が徒に高くなくていいなあと思う。

ほどなくラーメンがやってくる。澄んだスープの表面にうっすら透明の脂が張っている。桜色の二切れのお肉はネットの写真で見たより小さく感じる。
蓮華でスープをすすってみる。なるほどおいしい。カツオだしの香りがけっこう印象に残るがやや塩からい。でもこの塩辛さはすぐに慣れてしまうので味覚は不思議だ。
評判どおりここのラーメンの麺はおいしい。むちむちした弾力があり、小麦粉とかんすいの香りがラーメンを食べてる充実感を上げる。150gで普通の食欲の女性には適量。男性は200gとか250gを注文する方が多い。
お肉はどうやって調理してあるんだろう、一切れは鶏の胸肉でもう一つは豚肉。とりわけ豚肉はホロっとするほど柔らかくて風味がいい。

厨房のなかは、動作の端々が慌てず騒がず無駄のない静かな、でもフレンドリーな空気が流れていて、みていて心地よい。店主は注文があるたびに箱から麺を取り出しては体重をかけて麺を揉んでいる。それが平べったい縮れ麺を生むんだろう。

暑い日で、来客で表の引き戸が空くたびに涼しい夕方の風が流れ込んでくるのも心地いい。

ごちそうさま、と言ってお店を出るときに「ありがとうございました」とまた目を合わせて挨拶される。

塩ラーメンは720円。麺を増量しても同じお値段のようだ。

麺はくじら食堂がおいしい。



[PR]
by e3eiei | 2015-06-06 01:00 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

東中野 十番のタンメン

十番@東中野銀座通り

先日お休みだった十番に行ってみる。
正午にはまだ少しある時間帯で、お店はぽつぽつとお客さんがお食事中である。
4人がけのテーブルが4つにカウンターというシンプルなつくりだ。おひとりさまはカウンターへと案内されて奥の方に座る。

このお店のタンメンというのを聞いたことがあったのでタンメンを注文する。

カウンターのなかでは初老の男性が麺の担当、あとから登場した若い男性が餃子の担当。麺担当のご主人の奥さんと思しき女性がホールの担当である。正午近くなって餃子担当のおにいさんと同年輩の女性が登場された。
奥の席の目の前で餃子が焼かれる。3人前をフライパンで一気にひっくり返すパフォーマンスなんか見ていると、タンメンが運ばれてくる。

じつはタンメンというのはあまり食べたことがないのだ。食べたにしても印象が薄い。つねにちゃんぽんの記憶で上書きされてしまう。

運ばれてきたタンメンは、美しい。
澄んだスープに白菜やニラの緑、人参、きくらげそしてささやかな豚肉と、野菜たっぷりの彩りの美しさが新鮮だ。澄んだスープもまた、はっとする。
蓮華でスープを飲んでみる。見た目のとおり澄んだ味わいだ。熱々で澄んで淡く柔らかい。「中華料理」のガツンとしたイメージの対極にありそうな味わいである。なんのスープだろうか。淡いうまみは鶏ガラかと思ったが、鶏の風味はあまり感じない。豚肉かな?動物系の出汁より野菜出汁の旨みがおいしい。塩味も控えめで好みの味。

彩りのいい野菜もおいしい。下の方にちょっとまとまっちゃってる太めの麺をほぐしつついただく。ああ、これはまたしっかりした中華麺だ。こんな淡いスープに、と思うが、程よく調和していていい。

食べている間にお店も満席になる。男性が多いが、高齢のグループの方、小さな子どもと一緒の方もいて町の中華屋さんなのだ。子どものために奥さんがプラスティックの小さなお椀とスプーンを配っている。
なんだかタンメンのお味そのもののように、あったかくて柔らかくて包容力のあるお店だ。

タンメンの量は女性向きだ。あとでおむすびを一つ食べた(笑)。
お店では餃子も人気で、今度は餃子も食べてみようかと思う。勤労者のおじさま方はタンメンと餃子を注文されている。
もうタンメンの記憶がちゃんぽんで上書きされることはないと思う。


タンメンは630円。



[PR]
by e3eiei | 2015-05-08 00:22 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

五反田おにやんまの天ぷらぶっかけうどん

五反田おにやんま@五反田駅西口ガードの横。

前にここを通ったときに、同行の人にここのおうどんはおいしかったと教えられたことがあって行ってみる。
まだお昼には間がある時間だったけど前の歩道には3人おじさまが並んでいる。

先に食券を買いなさいとあるので食券を買うのにもたもたして、顔がみえたお店の人に券が出てこないとか言って教えてもらい、ちょっとはらはらする。だから食券の券売機は嫌いだ。後ろに誰もいなくてほんとによかったよ。

お店の前にはうどん玉が箱に入れて積み上げてあり、店の人が出てきては玉をつかんで中に持って行っててすごい戦闘モードが漂っている。なんだかまずいところに来ちゃった雰囲気で並んで待つ。
お客は次々と入れ替わるので、さほど長く待つことはない。

小屋掛けのようなところで、中央の調理場ではうどんを湯がく、てんぷらを揚げる、盛り付けるという作業をすごい勢いでやっている。
その周りをカウンターが囲み、10人ほどが立ち食いで各自のおうどんに取り組んでいる。
前の人が出てきたので中に入ると、前の人のどんぶりとか布巾がそのままになっていて、給茶器からお茶を汲んでいる間にそれらが下げられる。食券を差し出ししばし待つとささっと出てくる。このあたりは時間の無駄もなくていい。

注文は天ぷらぶっかけうどん。冷たいうどんに冷たいだし汁がかかり、熱いてんぷらが乗っけられている。天ぷらは海老、人参と鶏天が二つ。

うどんはクニュクニュもちもちと腰があってつややかで食べ応えがある。出汁も濃すぎず甘すぎず辛すぎず、あんばいがいい。九条ねぎの小口切りが散らしてある。うどんはとても長いので途中で噛み切らざるを得ない。天ぷらもそつがない。鶏天は鶏肉に味がついていて柔らかくて食べやすい。人参の天ぷらとは珍しいなと思う。
黙々と食べるが、好みから言うと、うどんはもっと小麦粉の味がするのが好きだ。かなり洗練された上品な味だと思う。

食べてると調理場の真ん中の天井から梯子が降りてくる。なにごとと見ていると、天井からうどん玉の入った箱を下ろしては店の外に積んでいく。そしてうどんもとになる小麦粉を捏ねた粘土状のものを二階に持ち帰っている。天井裏が製麺場になっているらしい。

さっさと食べ終えて挨拶をして出る。

あとでネットでみると大変有名なお店であった。おいしかったが、そんなに絶賛するのかなあと思う。
ただ、なかで食べている最中には、待っているときにびっくりしたほどの戦闘モードは感じられず、確かにすごい勢いで調理はしているが、居心地は悪くはなかった。女子率は2割ほど。

天ぷらぶっかけうどんは470円。
だいたい500円前後。この場所でこの価格はすごい。




[PR]
by e3eiei | 2015-05-03 01:15 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

タンヨージンのオーノーカウソエ

タンヨージン@グランド坂上(実の里跡)

実の里がどうなったのか気にもなったので行ってみる。お昼時はほぼ満席に近く繁盛している模様だ。
メニューが少し変わってるかもという気もして、オーノーカウソエというひよこ豆のラーメンというのを注文してみる。実の里の時は確かモヒンガーだった気がする。

ちょっと待ってお客さんが空いたころにキャベツサラダとカウソエがトレイで運ばれる。
見た目はラーメンというよりもクリームパスタという感じだ。麺をココナッツミルクたっぷりのすりつぶしたひよこ豆のどろっとしたクリームでたぷたぷとと和えてありトッピングに麺状にスライスしてあげたジャガイモをほわっと飾ってある。そして二つ割りにした茹で卵。
これは食べたことのない甘い味わいだ。どちらか言うと辛くないココナッツカレーに近く、ごはんとも抜群に合いそうだ。レンゲが添えられているのでレンゲとお箸でいただく。小さめの鶏肉もコロコロと入っていて、なかなかおいしい。シャンツァイがあればいいのになどと思う。

女将さんに聞いてみるとお店はオーナーが変わったんだそうだ。
タンヨージンというのは「絆」という意味なんですって。

オーノーカウソエ 700円。

カチン丼やダンパオなど実の里当時のメニューもあるが、味は変わっているのかもしれない。



[PR]
by e3eiei | 2014-06-07 00:50 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

パスタ ブラーノ (Pasta Brano)のボロネーゼ

パスタ ブラーノ (Pasta Brano)@東中野西口

東中野で途中下車してitoでチキンカツ、と思って向かったら満員だったのでパスタにする。この前マスカルポーネとトマトのソースがおいしかった。

お店はまたも誰もいなくてしんとしている。
ボロネーゼか野菜トマトソースか迷ってボロネーゼにする。「挽きたて」と書いてあるコーヒーも食後にお願いしますと注文する。
すぐにトマトのサラダとお水とグラスが来る。

厨房ではラジオが流れている。
d0000059_22590215.jpg



たっぷりミートソースが絡まった上に惜しみなく削られたチーズがかかっているおいしそうなお皿が運ばれてくる。
丁寧に作られていて、やさしい味わいがいいなと思う。ガツンとメリハリの利いたここ一番の味付け!というのではなく、家庭料理のようにくつろいでいただけるお味がいい。塩味もきつすぎず麺もアルデンテというよりはもう少しやわらかい。のんびりいただいて食べ終えるころに厨房でコーヒーミルを使う音がする。

コーヒーは期待したほどには香り高くなかった。ゆっくりいただいてくつろぐ。

マスターに、このお店は以前リモーネといっていたのか尋ねてみた。一瞬間があり、そうですと簡素に答えられた。やっぱりずっとこのお店だったんだ。いまもお店の扉には「La Trattoria」という小さなプレートが埋められている。

この日も最初から最後までわたし一人だったのは気がかりだが、大事にしよう。
d0000059_22591684.jpg




ボロネーゼ 600円。
挽きたてコーヒー 200円。


以前の訪問の記録




[PR]
by e3eiei | 2014-06-05 23:00 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

笠置そばの天玉うどん

笠置そば@西荻窪駅南口

西荻で用を済ませたあと駅南口の評判の高い中華ラーメンに行ってみる。2時を回っているのに6~7人の行列ができている。
この辺はやきとりだのエスニックだのお店が軒を連ねていて、ウィークデーのお昼にもう店先でジョッキを傾けておられる。何か麺類の気分になっているのでそのあたりを見回してみると手打ちうどんののぼりが見える。のぞいてみるとカウンターだけのお店で2~3人の男性が食事中だ。

店先の看板にメニューがいろいろある。カウンターに腰かけて天玉うどんを注文する。すると、うどんがねえ、いま切れちゃってて、あと15分くらいでできるんだけど、細ーいうどんならあるけど。とおっしゃる。せっかくならなんかそのあと15分でできるのを食べてみたくなり、じゃあその辺ぐるっとして来ますと出直すことにする。ぐるっとしてる間にいいところが見つかるかもしれないし。

で、このぐるっとは西荻の魅力を十二分に発見できて楽しい街歩きになった。
モイスェン(Maeuschen)というとてもかわいいケーキ工房でおいしいタルトをお土産にしたり、インドカレーの香りをあたりにまき散らしている料理スタジオの入った古いビルの1階がおもしろかったり。とてもおしゃれな住宅街のそこここに雑貨店やこじゃれた食堂やカフェがあってすてき。少し前まで吉祥寺もこんなふうに立ち寄ってみたくなるわくわく感や親しくおしゃべりしたくなる雰囲気が横溢していたなあ、と西荻の虜になる。
小一時間も歩いてけっきょく最初の笠置そばに戻る。

再びカウンターに座るとおじさんが、ああ、うどんね、と言われる。奥の席では店のおばさんと客の男性がどこかの花火大会の話で盛り上がっている。
カウンターのガラスケースに何種類も天ぷらが置いてある。切れてるのもある。で、天玉うどんというのは、熱いおうどんに野菜かき揚げと生卵、それにたっぷりの刻みネギが乗る。おじさんが実に手際よく調理される。
うどんはいかにも手打ち手切りの平べったい麺。おつゆは少し甘くて、最初うわと思う。でもこれがすぐに慣れてきて生卵にも合うのが不思議。
おじさんにお店で打ってるんですかと聞くと、ええ、と。きしめん?と聞くと、少し暑くなってきたでしょ、それでちょっと平べったくしたんです、寒い時は煮込みなんかで太い麺にしてたんだけどと言われる。細いのもあるそうだ。稲庭みたいなの?と尋ねると、まあそう、ここで打って切るのはこっちは機械だけどと言われる。おもしろいものだと思う。平麺はそれほど強いコシを感じるのではなく、かといってつるつるでもなくふにゃふにゃでもない。でもおいしい。

後で来た人の注文の仕方を見ていると、「海鮮、そば」という。つまりあったかいおつゆのうどんか蕎麦を決めて好みの天ぷらを入れるのだ。これいいなあ。天ぷらは揚げたて、持ち帰りもできると書いてある。

天玉うどんは440円。(460円だったかな?)

うちに帰ってネットで検索してみると、笠置そばというのはチェーン店らしい。ずいぶん自由度の高そうなお店にみえる。
(天ぷらケースにはタラの芽など山菜の天ぷらまであった)


[PR]
by e3eiei | 2014-04-26 22:20 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

めん屋 平右衛門の生醤油ラーメン(味玉つき)

めん屋 平右衛門@東小金井駅南口

東小金井にはおいしそうな評判のラーメン屋がいくつかある。一つはこの平右衛門、そして9月にオープンしたくじら食堂。くじら食堂は夜しかやってない。
ラーメンはほとんど食べないが、とてもおいしそうな評判を聞くとひとつ食べてみようかという気になる。

平右衛門は少し遅い時間帯だったせいか、席は空いてた。入口に券売機があり、そこに学生さんがたまっている。
券売機、苦手なんだなあ。でも、のんびりした土地柄ゆえに、ゆっくり落ち着いて買うことができてまずはよかった。醤油か塩か迷うが、醤油が代表の座にあるのでそれにする。

お店は細長く、カウンターだけで14席ある。若い男性とたぶんお母さんらしい女性と二人でなさっている。カウンターは白木で背の高い丸椅子、うしろの壁にはコート掛け、音楽は低くジャズ。すっきりと清潔感が漂っていてお店に流れる空気も穏やかで再びほっとする。ラーメン屋さんは雰囲気も強くてお店の人もいきり立ってる風なところが苦手だったりするのだ。その点お母さんの方はもとより、お兄さんも穏やかで居心地がいい。

食券を渡すと麺は大盛りにできますが、と言われる。ふつうでお願いしますと言う。
女性には大判のペーパーナプキンが渡される。
カウンターの中では気持ちのいい手際の良さで調理が進む。

ラーメンは見かけはあっさりしている。味玉は切ってなくてゴロンと乗ってきたのがビジュアルとしては残念(笑)。細切りのめんまと白髪ねぎと、チャーシューが2枚。
ついてきたレンゲでスープをいただくと、やっぱりガツンと強い。お醤油の味も強いしかつお節ではない、ソーダ節のような強い出汁だ。これはたいへん、、と思いつつもだんだん慣れてくる。麺は、ラーメンの香りの強いコシのある麺。チャーシューも豚肉らしくておいしい。

めったにないラーメン体験、気持ちよくいただけてよかった。


生醤油ラーメンは700円、味玉は100円。

お客さんは次々入ってくる。ほぼ男性。仲間同士だったり一人だったり。女性はカップル連れとわたし。



[PR]
by e3eiei | 2013-12-18 01:15 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

浅野屋のもり

浅野屋@大隈通り商店街

何となくお蕎麦の気持ちになり、行ったことのない長岡屋を目指してみた。ちょうどお昼時で、お店の中で待っておられる。仕方がないので大隈通りの浅野屋に向かう。実は、ここはずいぶん前に一度温かいお蕎麦をいただいて、ぅぅ、、これは。。と思った記憶がある。

ここも男性客で満席だったが、ちょうど一卓空くところでよかった。
何にしようかなとメニューをみているとうしろの方で「盛り1枚」という注文の声が聞こえ、ああ、おとなっぽい注文!なんて思って真似てみる。

しばらく待つと運ばれてくるが、大盛りだ。
蕎麦の香りがよくて、蕎麦つゆも甘くなくてでもコクがあって、普通のおいしいお蕎麦だ。ああ、おいしいなあと思いながら食べ終えるとけっこうな量だった。昔の記憶はなんだったのだろう。蕎麦湯をもってこられるときにもう一つ蕎麦猪口をもってきてくださる。これはとてもうれしい。
最後に番茶も持ってきてくださる。

会計のときにミルク飴をいただく。

お店は老夫婦でやっておられるのかしら、ホールは愛想のいい笑顔のかわいらしいおばあさまが一人で切り盛りされている。


盛り蕎麦 450円。
[PR]
by e3eiei | 2013-10-18 00:11 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

某のかき揚げうどん

寒いし、何となく気分もからだもどんよりな気がして、あったかい汁ものを食べようと思う。
で、某店のメニューに確かうどんがあった、と思い足を運ぶ。

かき揚げうどんください、と注文すると、うどん、きょう全部出ちゃって、これから茹でると20分くらいかかりますけど、と言われる。そこでさっさと方針変更すればよかったのだ。そこがどんよりのなせる技で、いいですとか言っちゃって。。
本気で20分待つことになり、まあ、内職ものもってったからよかったものの。

ようやく運ばれてきたのはどーーんとかき揚げののったすごい丼。ちょっと硬いわかめと麩も乗ってる。
汁は薄い透明のでほっとするが、要するに定食のすまし汁と同じ出汁だ。わかめとねぎを掘り進んで麺を引っ張り出す。ああ、これがよく言えば素朴な麺だ。コシがあるわけでもなく、ぽそぽそしていてつるっとしたのどごしがない。力づくでひっぱり出しながら食べ進める。
一方のかき揚げは下の方からどんどん浸食されて溶け始めている。

熱々で汗が出る。そうそう、寒いのでうどんだったのだ。所期の目的は果たした。
どよんとした胃の腑にはかなりの負担だった。最後は頑張ってというよりも我慢して食べた。

おいしいかまずいかというよりも、好みではなかった。残念なり。
[PR]
by e3eiei | 2012-11-05 23:44 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

深蕎人の鴨南せいろ

深蕎人@武蔵境南口

「しんきょうと」と読むのらしい。以前はここにフランス国旗とイタリア国旗を掲げたお店があったように思う。
ひっそりと構えた雰囲気の和食屋のようなたたずまいだ。「蕎」の字が入っているから蕎麦屋かなあと思って、のぞいてみると、薄暗い。

店内は落ち着いたというよりさらに照明を落としてある。テーブルとカウンターはゆったりとしつらえてあり、奥のガラス張りの中には大きな電動石臼がある。ホテルのBGMのようなうす甘いギター音楽が流れている。先客はビールの男性二人とカウンターの男性一人。

冷たいお蕎麦はちょっと寒いような気もして、冷たいそばに熱いつゆはできるか聞いてみたところ、鴨南せいろが熱いつゆだと言われるのでそれを注文する。運ばれてきたお茶は蕎麦茶だ。

しばーーらく待つとカウンターの男性のところに蕎麦が運ばれてくる。さらに待つとビールの人のところに卵焼きが来る。カウンターの人は食べ終わって帰っていく。さらに、待つなあ、と思っていると、ようやくお蕎麦が運ばれてくる。

お蕎麦は端正なたたずまいで少なめに盛ってある。香りはあまりたたないが、南蛮つゆにつけていただくとなごむ味わいだ。蕎麦つゆは鴨と焼いた南蛮ねぎ、三つ葉、それに柚子が忍ばせてある。蕎麦つゆの味というより冶部煮の味がしてあったまるしこれはこれとしておいしい。鴨がこれでもかというほどたくさん入っていて、筋が少々硬いので難儀するし、これでお腹がいっぱいになってしまう。いや、実は鴨はそれほど好きじゃなかったりするのだ。粉山椒が添えられているので、少し汁に加えてみたりする。

鴨南蛮もおいしかったが、ふつうのきりっとしているであろう蕎麦つゆも味わってみたい気もした。

少しすると蕎麦湯を持ってこられるが、ちり蓮華ととりわけ用の蕎麦猪口が添えられる。わが意を得たりだ。このたっぷりしたつゆにはどんなに蕎麦湯を足したところでのめるところまで薄まらないのだ。
蕎麦湯はさらりタイプで、南蛮のつゆを蕎麦猪口にとって蕎麦湯を加えていただく。おいしい。ごちそうさまのあとに、蕎麦茶を差し替えてくださり、甘い蕎麦ぼうろが付く。


鴨南せいろは1500円。ふつうのせいろは700円と、少々お高め。
[PR]
by e3eiei | 2012-07-23 00:12 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)