タグ:定食 ( 160 ) タグの人気記事

ワセダ菜館の豚冷しゃぶとか

ワセダ菜館@早稲田通り

暑くてかなわん。
豚肉の冷しゃぶ定食にする。
前にいただいたときはガラスのボウルにぎっちり詰まって食べにくかった記憶があるが、このたびはガラスの深皿に変わっていて盛り付けも普通でした。

豚肉、おいしかった~。サニーレタス、もやし、千切りのきゅうりとわかめ。ちり酢とささやかなもみじおろしでいただく。さっぱり美味しくいただくが、味付けが単調でちょっと食べ飽きるような気もすると贅沢なことを思う。

定食は、これにわかめともやしのおみそ汁とごはん。辞退するがきゅうりのQちゃん的なお新香もつく。

680円でしたっけ。


前にここのコロッケがおいしいとコメント欄でおすすめいただいていたので、先日のサービスランチでアジフライとコロッケ定食をいただく。
コロッケはすかっと揚がっていて、さっくりほっくりしてよかった。じゃがいもは少々甘め。アジフライはやや小ぶりながら、いつものおいしさで、これはいい。辛子を付けながらいただくとおいしい。大山盛りのキャベツの千切りとスパサラ付き。

アジコロは半ライスで580円だったかな。


以前の訪問
鮭フライなど
オムレツ定食(それ以前の度重なる訪問の記録は←このオムレツ定食のページに。)
[PR]
by e3eiei | 2012-08-23 00:39 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のB定食(鮭フライ&メンチカツ)などなど

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

しばらく前に鮭フライを初めていただいた。あっさりほっくりしていておいしかった。

記録には残さなかったけれども、ほぼワセダ菜館とDONDONDONを振り子のように行き来しては、カツカレーだの、オムレツだのフライだの、はたまた、ビビンパだのクッパだのをいただいていた。

DONDONDONは、ランチタイムにご主人の姿が消えて久しく、お味は前よりしっかりついてきた気がする。肌寒い日に黒胡椒をたっぷり引いたカルビクッパはごちそうだ。


DNDONDONの向かい、ニューエコーの下のパンダとかいう名前の中華料理屋は名前が変わっていた。喫茶まりももバルかなんかこじゃれたしつらえになっていた。
[PR]
by e3eiei | 2012-07-24 00:07 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

季楽のステーキランチ

季楽@佐賀市

先日の覚えのためい書いておこう。季楽の佐賀牛ステーキランチ。
ランチはかなりの種類を設定してある。お肉の種類と調理法の組み合わせ+α。

土曜日のお昼時だったが、ほぼ満席で、電話をしていったのでちょっと区切られた席を取ってもらっていた。

せっかくなので、という母の言葉に甘えて佐賀牛のステーキランチをごちそうになる。
小鉢(筍と忘れたが何かの胡麻和え)、サラダ、牛肉(150g弱くらいか、4つに割ってある)、牛肉と一緒に焼く生野菜(白菜、椎茸、マイタケ、グリーンアスパラガス、カボチャ等々種類も量も豊富)、ごはん(佐賀県上場産米)、みそ汁(おいしい出汁)、デザート(呼子の甘夏ゼリーとイチゴヨーグルト)、コーヒー。煎茶。お土産に農協産の小さなお菓子。
牛肉は切ってあるのをテーブルの鉄鍋で自分で焼く。煙もにおいも気にならず、いい具合に焼けるのがいい。二種類のたれが用意されているので、野菜とお肉はそれにつけていただく。

農協直営と言うだけあって、お肉はもとより、野菜もごはんもお茶もたいへんおいしくいただく。お茶までおいしいのはさすがね、などと話す。唯一の残念はコーヒー。これはいったい、、、な味だった。

量もほどよく、ごはんはおかわりもできるようだ。母は野菜とお肉でいっぱいでご飯を食べられなかった。
夜行くかどうか迷って、たぶん夜は食べきれんよね、でお昼にしたが、正解だった。


佐賀牛ステーキランチは4800円。

お店のページ
[PR]
by e3eiei | 2012-07-15 11:24 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

VIAの生姜焼定食

VIA@早稲田通り西早稲田(「かわうち」と「紅梅」の路地を入る)

早稲田通りを歩いていると電柱に手書きのチラシが張りつけてあり、矢印の方向をみると「日替わり定食」ののぼりがはためいている。あれ、こんなところに喫茶店があったっけ、と近づいてみる。いかにも古めかしい、開店当時はこじゃれていたのかなあと思わせるような店構えだ。店頭の看板には日替わり定食について情報があふれていてよくわからないことになっている。ドアのガラス越しに見ると男子学生と思しき人影が複数見える。

ドアを押して入ってみると、カウンターとテーブルが3つくらいで、テーブルはすべて喫煙者でふさがっている。高齢の店主夫妻はなかなか気づいてくれない。3回くらいこんにちはと言いながら近づくとやっと気付いてくれる。そして、こちらへどうぞ、と奥に案内される。奥は20人くらい入る宴会スペース兼物置のようなあいまいな場所になっている。煙草のやにで茶色くなった壁にいろんな額がかかっているがどれも水平を保っていない。

ご店主がオーダーをとりにみえるので、日替わり定食は何ですか、と聞くと、「マグロは終わっちゃったので、生姜焼と、ええと、カレーと、もつ煮込みと、それからやまかけ定食です」と説明される。あまり魅力的なラインナップじゃないが生姜焼定食を注文する。

カセットテープ式のすすけたカラオケセットとブラウン管テレビとかダイヤル式の黒電話とか、昭和昭和したインテリアを鑑賞して待つ。向こうからジャーと肉を焼く音がする。

運ばれてきたのは、なかなか魅力的な定食だった。生姜焼のお皿のほかに小鉢が二つとみそ汁、ごはんと香のものという豪華なものだ。
生姜焼は玉ねぎ、ピーマン、いんげんと一緒に炒めてある。味付けは濃くてケチャップのような味があるが、お肉は箸で切れるように軟らかいロースが3枚たっぷり。付け合わせはスパゲティのケチャップ和えとレタスと緑の葉っぱとトマトのサラダ。サラダはドレッシングがかかっていないのがありがたい。小鉢1は小松菜ともやしの湯がいたの。これも何も味を付けていないので好みで醤油をかけるなりしていただく。小鉢2はキャベツとピーマンのバターしょうゆ炒め。みそ汁は豆腐となめこと小葱で、このみそ汁がなかなかおいしかった。香のものは大根の浅漬け、ごはんは新潟産コシヒカリとうたってありふつうにおいしい。ごく控えめによそってあるのは、たぶん客を見て加減しているのだろう。
全体的に味のメリハリがあり、野菜も積極的に使ってあってバランスの取れた健康的な食事ができると思う。

のんびり食べていると、予約の団体と思しき人々が次々奥の間に入ってくる。一様に異物をみるように一瞥され、お互いに最高に居心地の悪い思いをする。きっちりいただいて席を立つ。居心地悪いながらも食べながらその人たちの話が耳に入ってきたところでは、どうやらここは途中で一度経営者が変わったのだが、店のたたずまいは昔ながらなのらしい。
ご主人は、わたしが入ってきたときは表の部屋でみな喫煙していたから、と恐縮してたいへん謝られた。


日替わり定食は840円。

新目白通りのcafe de Sunぽみちをちょっと思い出させた。
[PR]
by e3eiei | 2012-07-10 01:52 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のオムレツ定食

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

梅雨寒のような、何となく気持ちも体も不活発のような気がする日に、大隈通りで熱々のチゲにするか、ワセダ菜館でほっこり和みのオムレツにするかちょっと迷ってみる(笑)。
こういうときにおいしい天ぷらうどんという選択肢でもあればなあ、などと思いつつ。

で、このときはオムレツに足を向ける。

ワセダ菜館の入り口の引き戸が右開きに変わっている。前に来た時に左が開きづらく、人がぶつかって開かなくなって、とおばさんがこぼされ厨房から息子さんまで出てきてガタガタする扉をなだめておられたことがあったが、その影響かしら。

ともあれ、オムレツ定食半ライスを注文し、何となくテレビを眺めつつ待つ。

オムレツはいつもどおりとてもほっこり和んでおいしい。まるっといい形に仕上がっていて、中はふんわり半熟で、玉ねぎとひき肉炒めは卵液に最初から混ぜて焼きあげられている。赤いトマトケチャップもいうまでもなくいい。
ここのオムレツ定食は、ポテトサラダもまたおいしい。マヨネーズ味がかなり強いが、山盛りのキャベツの千切りと一緒にいただくとこれまたなごみ系の滋味のサラダだ。・・・とお決まりの記述だけど、ほのぼのおいしくていいお昼をいただく。

おみそ汁はもやしと豆腐。


午後に向けて体も気持ちも充実する。


オムレツ定食(半ライス)は680円。


以前の訪問の記録
アジフライとハンバーグ定食
A定食(オムレツ、メンチカツ、ソーセージ付き)
B定食(串カツ&アジフライ)
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-06-23 00:55 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

中華料理北京のランチ弁当

中華料理北京@鶴巻町

何となく鶴巻町のほうに歩いてみる。そうだ、この辺に中華料理があったと思いだす。秀永がなくなってから中華料理をとんといただいていない。

北京は割と大きなお店で、割と本格風のお料理が出てくる。店頭にランチの案内が出ている。日替わりランチ、麺と半炒飯のセット、お弁当の3種類。この日の日替わりは鶏から揚げの中華丼、お弁当はピーマンの肉炒め、回鍋肉、茄子味噌から選ぶ。

ピークの時間を過ぎているけれどもお客さんの足は絶えない。勤労男性がほとんどだが、学生さんや近所のおばあさんなんかもいて活気のあるお店で、雰囲気がしっかりと鶴巻町なのがおもしろいと思う。

回鍋肉のお弁当を注文する。しばらく待つと、お盆に塗り風のプラスティックの長方形のお弁当とスープがのってくる。お弁当のふたをとると、回鍋肉のほかにねぎの入った中華風スクランブルエッグ、鶏の唐揚げ、そしてごはんだ。ごはんは少なめに盛ってある。きっとお客をみて量を塩梅されるのだろう。

最初はスープもおかずもえらく塩からく感じる。でも、それが中華料理のおいしさでもあるのだろうなあ。少しピリ辛の油ギッシュなキャベツと豚肉もおいしく、卵もほんわりとやさしい味だ。鶏からは揚げさましで少し硬くなっていたが、ご愛敬だろう。ザーサイは舌がしびれるほど塩辛くてこれは断念する。卓上にも漬けもの2種類をポットに入れておいてある。

量もちょうどよくてさっといただく。


ランチはどれも680円。


ついでに鶴巻町をちょっと通り抜けてみる。キッチン・オールド・バザールは、店構えはそのままに「HIMALAYA」という名前に変わっていた。たぶんメニューもそのままらしい。オールド・バザールは大隈通りに一瞬出てきたときもすぐに名前が変わった。何かコミュニティでもあるのだろうか。

とんかつ長谷川は、立派な看板はそのままだが、長谷川精肉店もぴたりとシャッターが下りてしまっていて、とても再開しそうな雰囲気はない。残念だ。大通りを渡ったところに赤い暖簾のコーヒーの焙煎店ができている。さかいちだったかな。お店でもいただけるようだ。

鶴巻町は路地に印刷機の音が響く町で、ちょうど神保町の裏通りと同じように出版社と印刷工場が並んでいる。働く人びとの町の活気がある。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-18 23:32 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のアジフライとハンバーグ定食

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

先日の串カツがおいしかったのでもう一度いただいてみたくなり足を運ぶ。注文しようと思って壁のメニュー札を探すのだが、「串カツ」の字が見えない。おばさんは注文を待っていられるので次善の策としてこれまで食べたことのないハンバーグをいただくことにする。

待ち時間にもう一度メニュー札を検討するが、やっぱりない。あれは日替わり定食用のまぼろしの特別メニューだったかもしれない。

そうこうするうちにアジフライ&ハンバーグが登場する。付け合わせは大盛りキャベツとポテトサラダだ。辛子が添えられている。そういえば、付け合わせのポテトサラダとスパゲティサラダの規則性もまだ見出していない。

さて、アジフライはいつも通り美味しい。大きめのハンバーグはたっぷりソースがかかっている。残念なことにこのソースがアジフライの領分を侵し、半分がハンバーグソース味のアジフライになってしまっている。
ハンバーグは、練りもの指数が高く肉のにおいがして好みではなかった。


お隣の方が日替わりの「豚肉ベーコンとメンチカツ」を注文されたのでどんなものかちらりとうかがってみると、薄切りベーコンを3枚ほどソテーしたものとメンチカツだった。豚肉のベーコンということなのかしら、おもしろい料理名だ(笑)。もう一人は「鶏肉焼き肉定食」で、これは鶏肉を1センチくらいにそぎ切りしたものを焼き肉のたれで焼いてあると思われる。



以前の訪問の記録
A定食(オムレツ、メンチカツ、ソーセージ付き)
B定食(串カツ&アジフライ)
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-05-15 00:12 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(2)

ワセダ菜館のA定食:魅惑のメニューの穽

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

で、この日のA定食は「オムレツ、メンチカツ、ソーセージ付き」いうことなしの魅惑のメニューだ。来る途中の頭の中では串カツに矢印が向いていたが、さっさと方針転換。

さて、やってきたお皿を見て、「ぁ、、」と心の中で呟き、すぐにこれはデジャヴだと思い当たる。他のおかずと組み合わせになると、オムレツは卵1個の小さな型のものになる。そうするとふんわりとはいかなくなるのだ。よく火が通ってしまい、お弁当のおかずのようになってしまうのだ。残念。オムレツはオムレツだけで注文すべきであったのだ。
メンチカツはラードで揚げてあるのだろう、揚げ油が重いが香ばしい。
スパサラダと山盛りの千切りキャベツを混ぜながらおいしくいただく。

テレビを見ながら、マイペースで食べられるのがうれしい。

A定食(半ライス)610円。


以前の訪問の記録
B定食(串カツ&アジフライ)
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-05-09 00:06 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

大隈通り 静は閉店していたのかもしれない

静@大隈通り商店街

大学が始まればお店も開くだろう、と何度か通りかかってはみるが、結局いつもシャッターが半分開いて暖簾は出ないのだ。

そうこうするうちに、ネットに2011年9月に閉店、という小さな記事を見つける。

そうであれば、この1年のあいだに静、アリカ、まりもの三店が閉じられたことになる。
日本中の、個人商店のいまのありようをこの小さな商店街でもまざまざとみる。


静にはずっと前に友達に誘われて行き、鯖の塩焼き定食をいただいた。残念ながら味の記憶はない。
まりもではカジキマグロの照り焼き定食をいただいた。切干大根が少々冷蔵庫のにおいがしていて、昭和っぽいカップボードに雑に積まれた書類と相俟って、何というか、お店に茶の間が浸食してきているような雰囲気を感じた。


2012.5.9追記
まりもは後日ガラス扉に「準備中」のプレートがかかっていた。
早まったことを書いてしまったかもしれない。ごめんなさい!!

[PR]
by e3eiei | 2012-05-03 22:24 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のB定食(串カツ&アジフライ)

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

串カツがとてもおいしかった。

玉ねぎと豚肉が2切れずつのたっぷりしたカツなのだ。この玉ねぎが、よぉく熱をとおしてありねっとりと柔らかく甘くて、これはこれはというほどおいしい。豚肉も適当に脂が入り甘くて美味。ソースを垂らして辛子を添えていただく。
アジフライはぷっくりしたハート型のほどよく脂の乗ったおいしいフライ。
プレートはこれにウィンナーソーセージとスパサラ、たっぷりのキャベツの千切り。
おみそ汁はわかめと豆腐。ごはんは半分にしてもらう。Qちゃんは辞退する。

テレビを何となく見ながら、おいしい昼ごはんをいただく。


日替わり定食。半ライスで610円。


以前の訪問の記録
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-04-11 00:03 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)