タグ:定食 ( 161 ) タグの人気記事

西早稲田 浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)のオムレツ定食

浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)@西早稲田バス停前

オムレツやってるかしらと念のために足を運んでみると、この日は店前の黒板の3定食は筆頭が「オムレツ定食」になっている。これは入らねばなるまい。暖簾をくぐって引き戸を引くと、正午前の1番客だ。カウンターの中にはご亭主ともう一人店員の男性が並んで立っている。

ご亭主にオムレツをごはん少なめでお願いしますと注文し、席に着く。ほかの定食はチキンカツとフライ、それからカレイの煮つけだ。揚げものもやや心惹かれるがが、とりあえずはオムレツの定点観測をしておかねば。

テレビを眺めながら待つとご亭主がフライパンでオムレツをかき混ぜながらとんとんとやっておられる。楽しみ。

渡されたトレイの構成は、オムレツのプレートはトマトケチャップのかかった少し小さめのオムレツと千切りキャベツ、小鉢は茄子とピーマンの味噌炒め、それに白菜主体のお新香と豆腐の味噌汁それに少なめごはん。
いただく前にあちゃーと思ったのは、オムレツの付け合わせのポテサラが消えてたことだ。ひき肉オムレツはこの味の濃いポテサラと組み合わせて絶品だったんだと気づく。

気をとりなおしていただく。オムレツは悪くない。文字通り悪くない以上でも以下でもない。こうだったのかなあと、いちいち過去の味わいをりファーしてしまう。この日はごはんが炊きたてでよかった。茄子炒めの小鉢もいい。ごはんを減らしてもらったのでちょうどいい量でいただく。

オムレツ定食、半ライスは20円引き。

以前の訪問の記録


古い味噌蔵には長いこと住み着いて発酵を続ける酵母菌が独特な味を作りだしていると聞いたことがある。引き戸をガタガタいわせて暖簾をくぐる往時のワセダ菜館にも、長い年月をかけてすみついていい味を出す酵母菌みたいなナニカがあったんだなあ。



[PR]
by e3eiei | 2017-10-28 12:10 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

早稲田 麻の葉のカキフライ定食

麻の葉@早稲田通り穴八幡石垣横

浅ちゃんちにオムレツが出てたらそこでお昼にしようと足を向けるが、この日は「牛すじ丼」「豚バラ生姜焼」「フライとコロッケ」の定食なので進路変更する。

ひそかに麻の葉のカキフライを狙っていたので道路を渡って行ってみると、玄関前の黒板にはカキフライ810円と書いてある。
引き戸を引くと、そうそう、ここはこれが苦手だったとすぐに思い出す店内をそこはかとなく覆っている規範的な秩序。カキフライはできますかと尋ねてOKをいただいたのでカウンターの指定された席につき、指定された場所に荷物を置き直す。改めてカキフライ定食でいいですか確認されてごはん少なめで注文する。

お昼時も混雑していて、正午を過ぎると満席で引き返す方や店の前で待つ方が出る。
3組ほど待ってカキフライのお皿がやってくる。見た目が美しいワンプレートだ。これに出汁のかかったおぼろ豆腐と熱々のお吸い物とごはん。熱いものは熱く冷たいものは冷たく、作りたてのごまかしのないおいしさがいい。
牡蠣フライは中くらいの大きさのが5個、くし切りレモンと、卵味の勝ったタルタルソース、中濃ソースが添えられる。
早速レモンを絞って、熱い揚げたてをいただく。これがまたおいしいのだ。黒板には広島の牡蠣と書いてあった。牡蠣のおいしさもさることながら軽く揚がっていてどちらか言うと家庭料理に近い仕上がりで実にいい。ことしの牡蠣フライ初めは豪華に幕が切られた。
大きなプレートの野菜のおかずは、ほかにグリーンサラダや菜花の胡麻和え、蒟蒻の梅和えなど数種類で、こちらも手抜きがない。少なめのごはんはホントに少なかったけど、これまたおいしいごはんで、しかも食べ終わるとジャストサイズだ。

カウンターの中ではコンロの前でおかみさんが次々とフライを揚げたりハンバーグを焼きたり休む間もない。ご亭主は全体を差配しつつプレートを盛り付ける。
苦手だけどおいしい。たまに行くといいお店のひとつだ。

牡蠣フライ定食は870円。お値打ちだ。
黒板には810円と書いてあるが、そばに小さく税金8%と注記あり。

以前の訪問記録


[PR]
by e3eiei | 2017-10-21 10:45 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

西早稲田 浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)のC定食

浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)@西早稲田バス停前

先日再開を確認した旧ワセダ菜館に足を運んでみる。
正午前の早い時間帯で一番客である。お店はカウンターだけ7~8席でランチは3種類の日替わり定食のみ。
先日リサーチに行った(→❏)のを覚えてくださってたのか「今日はオムレツはないですけど」とマスターに言われる。いえいえ、それは出会いを待ちます。

この日は「カレイの煮つけ」「豚バラ生姜焼」「アジフライとメンチカツ」の三種。
アジフライをごはん少なめで注文する。
カウンターの上のテレビをぼんやり眺めつつ、手持ちの本をぱらぱら読んでいるとトレイに一式のってカウンターの向こうから手渡される。
揚げもの2種と山もりのキャベツの千切りのメイン。それにおでんの小鉢はこんにゃくとがんもどきと厚揚げ。お新香は白菜の浅漬け、それにわかめのお味噌汁とごはんという構成だ。

さてさて、といただくが、お箸を進めるごとにわたしは何をそんなに入れ込んでいたのだろう、という思いが湧く。
フライの衣はこんなにバリバリだったっけ。メンチカツこんなに味が濃かったっけ。味噌汁の出汁が変わってる、やけに鰹節臭くなっている。極めつけはごはんだ、炊いてずいぶん時間たってる。
こんなだったっけ、こんなこともまるっと丸ごとまったりした時空間の中に溶け込んでたのかなあ。
すっかり新しくなった居酒屋カウンターでいちいち味の品評を出してる自分がおかしくもある。
オムレツとの再会を楽しみにすることにしよう。

昼の定食は750円だったか780円だったか。
ごはん小盛り割引はなくなった。

以前の訪問の記録
オムレツ定食(ワセダ菜館)




[PR]
by e3eiei | 2017-10-17 13:24 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

江古田 福道(ひょうたん)江古田店のパッタイ定食

ひょうたん江古田店@江古田駅南口江古田コンパ先

暑いのでエスニックを食べようと、先日見つけたタイ料理屋さんに向かう。
ピーク時間を過ぎていて、お店も空いてる。

お香くさいのは相変わらずだが、2回目にして慣れた(笑)。
さて、頭の中はグリーンカレーだが、新しく写真を撮り直してあるらしいメニューを検討する。
麺類もいいなあと思い、パッタイを注文する。

そうだ、ここは待ち時間があるんだと手持ちの本など読んでるとやがてトレイに一式乗せて運んでくださる。

パッタイのプレートと、トムヤムクンと、胡麻ドレッシングのかかった野菜サラダ、デザートはパイナップルのシロップ煮、そしていちごだ。タイ式4種の調味料のポットもおっかけてやってくる。
見た目はこの前の方がごちそうだった。
パッタイはくし型レモンが添えられているのでそれを絞っていただく。
あれ。。麺の風味がちゃんぽんの麺のように若干中華麺の香り。こんなだったかしら、あるいはパッタイは初めて食べるかしら。
まあこんなものだと思っていただくことにする。モヤシやエビ、卵やニラなんかの具と、トッピングは刻んだピーナツや小さな干しサクラエビ。
お酢や唐辛子を掛けながら、またはナンプラーを加えながらおいしくいただいた。

ちょうどお腹いっぱいになる量(@女子)だ。

パッタイ定食はたぶん750円(700円だったか?)。


以前の訪問の記録


[PR]
by e3eiei | 2017-05-11 22:44 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

佐賀市 ビーフ食堂のハンバーグランチ・再び

ビーフ食堂佐賀店@佐賀市高木瀬公民館斜め前

いつも開店前から満席だが、たまたまのぞいてみると空席があったので母と入ってみる。母はここがお気に入りで、空いてたら行ってみようかという。
お気に入りの理由は、まずお肉がおいしいこと。それから少ない量を選べること。そしてソフトクリームがおいしいこと(笑)。

母はハンバーグ小(150g)をお料理だけ、わたしはハンバーグと、ソフトクリームをゲットするためにごはんセットをつける。
メニューをみると焼きカレーとかステーキ丼とかが加わってる。徐々に慣れてこられて選択の幅も広がってきたのだろう。
ごはんとソフトクリームはお店の方が盛り付けてくれることになってた。

お肉はおいしい。紙エプロンを貸していただけることになった。
そういえば、開店から半年たって店内がどことなく脂っぽい感じになってきたかもしれない。

食後にソフトクリームを頼むと、スプーンを二つ差してくださる! 細かいことだけど気を配ってもらってるという感じがいいよね。

前にもらってたソフトドリンク券があったのでコーヒーもいただく。券は1グループに1ソフトドリンクなんだそうだ。また次のとき見せてくださいね、「そでたら」換えますって。


以前の訪問の記録




[PR]
by e3eiei | 2017-05-01 15:25 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

江古田 ひょうたん江古田店のカオマンガイ

ひょうたん江古田店@江古田駅南口江古田コンパ先

そういうわけでこの日は江古田でビビンパと思い、久々に江古田コンパの方に足を運んでみた。ら、チェジュが見当たらなくなってた。確かこの通りの右側と思ってたあたりは見知らぬことになってる。
ああ、そういえば、パーラー江古田も音大近くの確かこの通りのこのあたりとおぼしきあたりに見当たらなくなってしまってる。どこかに移転されたのかなあ。まさか閉じられたわけではないと思うが。

あらら、と思い通りを見渡すとタイの国旗がひらめくのが目に入る。ああ、それもいいなと思って寄ってみると、「奥に席あります」みたいな張り紙がある。入口からすぐはカウンター席で、奥がテーブル4卓の小部屋になってるのだ。あとで店名も見ずに吸い込まれたなあと思い当たる。

店に入ってすぐに強烈なお香の香りに襲われ、撤退しようかと後悔する。飲食店でこんなに燻らせるものなんだろうか。
椅子はチープなプラスチック椅子で、屋台の雰囲気だ。

ランチは定食や麺類など15種類くらいある。筆頭1番のカオマンガイを注文する。

待つなあ、と思い始めるころにようやくトレイに乗って運ばれてくる。
トレイの上は盛りだくさんだ。たっぷり盛りつけられたカオマンガイと、おすましのスープ、スイートチリソースのかかった野菜の生春巻、それにいちごとタピオカココナツミルク!!

お香のにおいに悩まされながらまずはおすましをいただくと、これがおいしいのだ。小さい軟骨肉団子とレタスと白菜というシンプルながら、スープが旨い。
カオマンガイはよっぽどごはんを減らしてもらおうかと思ったが、来ちゃったものはいただくしかない。そして、これがまたおいしい。ごはんはよく見るようにカップで成形しないままお皿に盛ってあるだけ。でもチキンの出汁がよくきいて、しかももち米を混ぜてあるのだろうか、モチモチして食べごたえもあってこれはいい。チキンもピリ辛ソースをまぶしながらおいしくいただく。

小さなおかずの春巻きもサラダ替わりなんだろうけど、ソースがおいしくてなんだか嬉しくなる。

タピオカココナツミルクはなんだろう、コーンが浮いてる。最初そのコーンの塩味があってあれ、と思ったが、いいアクセントになる。いちごもおいしい。

最初食べきれるかしらと心配したが、すっかりおいしくいただいたのだった。
ごちそうさまをして、ふとお香がまだ香っていることに気づく。これを忘れて食べていたのだ。ふふ。

お店を出て看板をみると「ひょうたん 江古田店」と書いてある。チェーン店なんだろうか。それにしては個性的だ。
ここはまた来る。

カオマンガイ定食は800円。


あとで気になって検索してみると、立ち呑み屋さんなんだ。道理で壁面いっぱいにこまごまとアルコール飲料のメニュー表が張り巡らされていた。「福道」と確か看板に書いてあったがこれで「ひょうたん」と読むようだ。
この記事にくわしい。 




[PR]
by e3eiei | 2017-04-21 12:22 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

佐賀市 ビーフ食堂のロービー丼

ビーフ食堂@高木瀬公民館前交差点西に入る

ここはずいぶん人気のようで、彼の地にしては珍しくいつも行列ができている。
この日は悪天候で覗くと空席があったので、母と再訪してみる。入口にはウェイティングリストがある。

前回はハンバーグをいただいてとてもおいしかった。
今回私はロービー丼の小、母は再びハンバーグである。
コーヒーは、ごはんか定食セットを注文しなければ提供できないと言われるので、定食セットを一つ注文する。
どうやら前回のコーヒーは開店時の期間限定だったようだ。

サラダ(キャベツとサニーレタス+胡麻ドレッシング)とお味噌汁をセルフサービスでよそってくると、さして待つ間もなくロービー丼、そしてハンバーグが運ばれてくる。
ハンバーグはじゅーじゅーはじけていておいしそう。
ローストビーフ丼は薄切りのビーフがごはんの上に敷き重ねられ、真ん中に卵黄が鎮座する。酸味のないマヨネーズがたらりと掛けられ、ワサビが添えられている。ソースは甘辛い和風味。
ビーフは悪くはない。あっさりしているので卵黄やマヨネーズで補っていただく方がいい。
わたしは最初に真ん中の卵黄を垂直に潰して卵ごはんにしてしまったので、ビーフはごはんとともにいただく。
パンチがないのでわさびを添えていただくがわさびが少なすぎて全体がもさもさした印象になる。これは少々食べ飽きる。

母のハンバーグを一口いただいてみると、これは熱で牛脂のとけたハンバーグのほうがおいしい。

おいしかったのはソフトクリーム。
定食セットはサラダと味噌汁(とごはん)、それにソフトクリームで、いずれもセルフサービスでお代わり自由だ。
このセルフサービスのソフトクリームが本格的でおいしい。ペーパードリップで1杯ずつ入れたコーヒーは香りが少々弱いがまずまず食後にほっとする。コーヒーとソフトクリームで気持ちのいいお昼を締めくくる。

ここはみなさんささっとお食事をして出られるので回転が速い。どちらか言うとラーメン店みたいな雰囲気があって、お昼は気持ちがいい。
赤ちゃん連れ、ママたち、若者グループ、ビジネスマンたち、老若男女の集ういいお店だ。

ハンバーグ(小)とロービー丼(小)と定食セットとコーヒー二つで2400円。
ソフトドリンク無料券をいただく。

以前の訪問の記録


[PR]
by e3eiei | 2017-01-25 15:11 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

西荻窪 ちょもらんまの大餃子定食ランチ

ちょもらんま@西荻窪駅南口アーケードを出たところ

西荻でちょうどお昼時だったので、はつねのタンメンと思いついて行ってみると定休日に当たっていた。それではとそのあたりをうろうろしてると、ちょもらんまという吸引力のある店名の中華屋さんがある。覗くとカウンターはほぼいっぱいなふう。もうちょっと周辺を探索してけっきょく戻って来て引き戸を引いて入ってみる。

奥のテーブル席はいっぱいで、カウンター席を勧められる。隣席のお客の荷物を棚に移動してもらって席に着く。
ランチメニューはけっこう豊富で、定食、麺類、ごはんものなど。表の看板で頭の中は餃子になっていたので大餃子定食ごはん少なめで注文する。

隣のおにいさんは餃子が1ダースくらいとおかず、それにジョッキのランチビールを煙草の煙を吸い込みつつ召しあがっている。久しぶりにたばこの煙とそれを吸う人を見た。換気がいいので隣で吸われてもあまり気にはならなかったが、ごはん食べながら吸うのかと思った。

最初に蒸し鶏のお皿が来る。細切りきゅうりと細切り蒸し鶏、それに葱ダレとごま油がかかっている。おいしそうだが、これはいけなかった。冷蔵庫のにおいがした。

しばらく待って焼きたて熱々の餃子と、遅れてスープと小飯椀のごはんがきた。
餃子は大きいのが4つ。これは食べでがあった。テーブルには具だくさんのラー油、酢、醤油が置いてあるので酢とラー油の具でたれをつくってつけながら食べる。熱々でおいしい。ごはんもいい。餃子は白いごはんと相性ピッタリだと思う。卵スープははるかかなたに八角の気配がして少しエキゾチックでおいしかった。
ごはん少なめだったけど少しがんばって食べ終えた。さすがに晩ごはんになってもあまりお腹は減ってなかった。

お店の人の黒い法被に「際公司なんとか」と書かれていたので、際コーポレーションだったんだ。雰囲気作りがうまいな。サラリーマンの職場のグループとか、カウンターはおひとり様の男女、常連さんも少なくない様子だった。


大餃子定食ランチは750円だったか。


[PR]
by e3eiei | 2016-11-22 12:10 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

江古田 和興楼の蟹と豆腐の塩炒め定食

和興楼@江古田駅南口BeBe左側路地入る

江古田の海鮮どんぶりで失敗したので、魚がし鮨で気を取り直そうと向かっていると、このあたりには以前行ったイタリアンのジラソーレとか中華の和興楼が並んでいる。久しぶりに中華もいいなと思って、和興楼への階段を上る。

お昼少し前、扉を押すとご店主とお友達らしい方がごはんを食べながら中国語で歓談中だ。「いいですか」と挨拶して入る。
このお店は大抵こんな半分プライベートなゆるい空気が流れていて、そのエスニックな空気の中に入り込むとまったりと心地よい。

ランチは定食が6種類くらいと日替わりが4種類ほど。
蟹と豆腐の塩味炒め定食を注文する。

ご店主が厨房で手早く料理なさる。
定食は、メインのお皿とかきたまスープ、モヤシメインのサラダ、そしてごはんだ。
豆腐炒めはふわふわの絹ごし豆腐とささやかな蟹の足肉(カニカマではない)を片栗粉でとじた白いおかずだ。これがシンプルな塩味ながら出汁が効いていてうっとりとおいしい。汁気が多いので喉のとおりもよくご飯とも絡みやすい。
そして玉子スープがまたおいしい。オレンジ色のかけらが浮いているのは蟹の玉子だろうか。
残念ながらごはんは保温ジャーの中の滞在時間が長すぎた味になっている。豆腐のおかずをかけてなんとか丼風にしていただくとなかなかいい。
テレビを横目で見つつおいしくいただく。

けっきょくこの日は滞在中のお客は私だけだった。ご店主はまた歓談に戻られる。
また行こう。

定食は600円。

再訪(追記)
またも蟹と豆腐の塩炒め定食を今度はごはんを少なめにしてもらっていただく。おいしく完食しました。
おいしい卵スープのオレンジ色のかけらはどうやら人参だった(笑)。
今回はわたしの後に2組ほどお客さんがあった。耳に入る会話によると、ここは調理に時間がかかるのでランチのお客が少ないということだった。
たいてい私が1番客でほかのお客がいなかったので気付かなかったが、確かに一人で切り盛りされて丁寧な調理で、違うメニューの注文が立て込むとそれなりに時間がかかるようだった。

以前の訪問の記録


[PR]
by e3eiei | 2016-10-22 14:54 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

東小金井 じゅんのチキンカツ定食

じゅん@東小金井駅南口 インド富士のある路地

高齢のご夫婦が、長いブランクを経て2~3年前からまたお店を始められたという話を耳にする。しかも昼ごはんがおいしいというのだ。

あの異様に小ぢんまりしたビストロの隣だ。日よけの赤いテントが鮮やかできれい。
お店のガラスの引き戸は中が見えないのでちょっとだけためらう。
お昼をちょっと過ぎた時間で小さなお店は学生さんでにぎわっている。カウンターに4席、4人がけの小さなテーブルと、小上がりに座卓が二つだけ。カウンターの中には物静かな高齢のご夫婦。カウンターの上にはテレビ。
壁に張り出された10種類くらいのメニューはとんかつ、チキンカツ、かつ丼、カツカレーなど、かつ屋さんなんだ。それに混じって生ハムとかスモークサーモンとかいうメニューもあって若干不思議。

チキンカツ定食をご飯少なめで注文する。
しばらくすると肉をとんとん叩く音が聞こえてきたりする。肉を下準備して揚げる時間の分待つ。
とても静かに調理をされ、お二人のコミュニケーションもまるでテレパシーのようにやり取りされている。

カウンターの仕切りの上にできあがったお皿が並ぶ。テーブルにはドレッシング2種類とかとんかつソースとか醤油とか辛子とかの必要品が置いてある。
プレートには5つか6つに切られた大きくも小さくもないチキンカツに、柔らかい千切りキャベツとくし切りレモン。ミツバのお味噌汁に、大きめのご飯茶わんにたっぷりのごはん、それに野沢菜漬け。かなりのボリュームだ。
お味噌汁はミツバの香りでおいしい。
チキンカツにレモンをぎゅぎゅっと絞り一口いただいてみる。熱々の揚げたてが喜ばしい。珍しいことにもも肉のカツだ。とても柔らかく揚がっている。だが、少し鶏の生臭みを感じる。
辛子をつけたり、ソースをたらしたり、決して少なめではないごはんも頑張っていただく。

ときどきテレビをみあげつつ、奥さんとお天気の話などしながら、全部残さずいただく。

高齢の奥さんは学生さんたちに、忘れ物のないようにね、などとおっしゃり、なんだか田舎のおじいちゃんおばあちゃんちのお茶の間の雰囲気が漂う。きっとお二人のお人柄も人気の秘密なんだろう。

チキンカツ定食は750円。
とんかつ定食やカツどんなどは850円。



[PR]
by e3eiei | 2015-06-17 16:14 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)