タグ:喫茶店 ( 32 ) タグの人気記事

西荻窪 甘いっ子のいちごミルク金時

甘いっ子@西荻窪駅南口アーケードを抜けて3分。

「中央線が好きだ」今月の特集は「涼」で表紙を飾るのは甘いっ子のいちごミルク金時だ。毎年夏が来るたびに今年はとりわけおいしいかき氷を食べようと思いながら、いつの間にか夏が過ぎる。今年はきっと食べに行こうと決めていた。
d0000059_16551240.png

西荻窪に行く用があっったので帰りに住所をたよりに歩く。日差しは強いが湿度が高くないので日陰はさわやかだ。西荻らしい落ち着いた商店街をたらたら歩いてくと、日差しの中に人が何人か立っている。ああ、ここだなと思うと同時にこの日差しの中で行列はいかがなものかと逡巡する。逡巡しつつ人の後ろに立つとすぐにわたしの後ろに人が立つ。
ことはかき氷だ、それほど待つまいと並ぶことにする。が、列はなかなかさばけない。10分ほども立っていただろうか。ようやくわたしの番になり案内される。

扉の中は昭和の甘味処屋さんの世界で、4人がけの机がいくつか、高いところにテレビ。外では列ができているが、4人がけのテーブルにひとりで席を取り、相席なしなのだ。

注文してからまたひとしきり待つと、やっと運ばれてくる。ああ、写真よりうんとおいしそうでお皿が大きい。早速イチゴと練乳と氷をスプーンに載せて口に運ぶ。うわ、というほど甘い。いちごジャムに練乳をかけたような印象だ。金時を口に運んでみると、これが何ともいえず素朴で自然なおいしさだ。わたしは小豆の粒あんがあまり得意ではないのだが、これはするりするりといける。もう一度いちごに戻ると、さっきのうわ、という甘さはなくなってさわやかな甘みでおいしい。それから、するするとなんだか夢中で食べる。

カウンターの下には北海道の「豊祝」と書かれた30キロの小豆の袋がいくつも並んでいる。これがこの金時になるのだなあなどと観察しつつも、氷いちごはするりするりと口中に消えていく。

最初のあの強烈な甘さはなんだったのだろう。いちごの甘酸っぱさと練乳と餡子、いちご大福の世界がかき氷になって眼福口福をもたらしてくれる。
さいわいなり。


いちごミルク金時は930円。

1000円のかき氷かあ、とためらいもあったが、とてもおいしくいただき満足する。



[PR]
by e3eiei | 2016-08-13 17:00 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

五反田 珈琲茶館 集のコーヒー

珈琲茶館 集@五反田駅西口前

カフェオスロに寄っておしゃべりの続きを、と思ってドアを開けると満席だった。
しょうがないので二階にあるもう一つの喫茶店に行ってみる。上等そうなお店の雰囲気だ。
友人いわくおいしいですよ、ちょっと高いけど、と。

ブレンドが3種類ありウェイターのおにいさんに違いを訪ねると酸味やコクの話をしてくれ、リッチブレンドよりアロマブレンドがカフェインが少なく、この時間だとそちらがお勧めかと思うといわれるのに従う。

しばらく待って運ばれてきたのは、今時珍しいサイフォン点てのコーヒーだった。客席でジノリの白いカップに注いでくれる。

コーヒーは香りが豊かで酸味や苦みは抑え目で飲みやすくておいしい。

お店の最後の時間帯でゆったりと優雅な時間が流れている。たいへん居心地のいい空間でおいしいコーヒーをいただくぜいたくを味わう。


ブレンドコーヒーは750円。



[PR]
by e3eiei | 2015-05-17 02:28 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

アンリ・シャルパンティエ(銀座)のレモンタルト

久しぶりに会う友達と久しぶりの銀座を歩く。
彼女お勧めのアンリ・シャルパンティエに行ってみることにする。駅ビルの売店でフィナンシェだのマドレーヌだのがおいしいと思っているので楽しみ。

それにしても銀座のお店って「御」がつく雰囲気を正面切って打ち出してお客選別メッセージを伝えてるなあと思う。

アンリ・シャルパンティエの喫茶室は危なっかしい螺旋状の階段を降りたところにあって、照明を落として黒とマゼンダを基調にしたおしゃれな空間だった。そこここでスマホで記念撮影をしてるおねえさんたちがいて、観光地なのだなあと思う。喫茶店内を歩き回って記念撮影する人たちを初めて見たので驚く。

さて、ケーキは例によっていちごショートにしようと思うがふと見るとレモンタルト(銀座店限定)というのがあり、暑い日にさわやかなレモンもいいなと注文してみる。じつはこれまでレモンタルトやレモンパイは軽んじてきたんだけど。
このレモンタルトはとてもおいしかった。バターのきいたさっくりしたタルト生地とレモンと酸味のきいたレモンカードがとてもよく合っていて、うっとりするようだった。珈琲をいただいたが、これは断然紅茶の方が合う。おのぼりさん気分で写真を撮ってみたりする。
d0000059_13521407.jpg
仰天したのはここのお手洗いだった。螺旋階段の下の書棚風の壁が忍者屋敷よろしく隠し扉のようになっていて、そこが入り口なのだ。それだけでもえ、、と思うんだけど、個室が全面ガラス張りなのだ。これはいったい。。。奇を衒っているにしては少々やり過ぎの感あり。目のやり場に困り過ぎてまったく落ち着かなかった。


レモンタルトは500円弱。ほかのケーキは600-800円くらい。
コーヒーは800円弱。




[PR]
by e3eiei | 2014-09-05 23:59 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

さぼうる2のナポリタン

さぼうる2@神保町交差点すぐ

久しぶりの神保町だ。さてお昼はどうしようと、友人と二人、さぼうるのナポリタン食べてみようかということになってみーはーで行ってみる。並んだりするのかしらと思っていたら、少し遅い時間帯でさっと入ることができて席につく。ちょうど後ろのテーブルにスパゲティが運ばれてきてるところで、まずは目測でちょっとどうだろうと思う。

メニューを検討するが、スパゲティ以外はホットドックかハンバーグor生姜焼定食しかない。注文を取りに来たお兄さんに量を少なめにしてもらえるかどうか聞いたらできますということだったので少なめで注文する。

しばらくおしゃべりしてるとサラダと一緒に運ばれてくる。お皿が小さいので山盛りになっている。少なめのはずだったが友人の普通盛りとさして変わらない。おにいさんはあんまり変わらないですねえ、減らしてきましょうかと言ってくださるが、食べられそうなのでいただきますと言う。

これは、文字通りの喫茶店のナポリタンだ。やわらかいスパゲティに玉ねぎとハムとマッシュルーム炒めのケチャップたっぷりの甘酸っぱいソース。懐かしいようなお味でおいしくいただく。いただくのだが、なかなか減らない。途中でパルメザンチーズとタバスコを振ってちょっと味わいを変えつつ、最後は少々頑張って完食する。おいしかったというよりも満足でした。
食後にコーヒーもいただく。ああ、これまた昔懐かしい焦げっぽいコーヒー。ステンレスのちっちゃいピッチャーからクリームを注ぐ。


ナポリタンは650円、プラス200円でコーヒーやスープなどがつく。




[PR]
by e3eiei | 2013-11-12 00:21 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのパスタランチ

ぷらんたん@南門通り商店街

久しぶりにぷらんたんだ。
この日はトマトとベーコンバジル風味。

あらら、こんなふうでしたっけ、のなんちゃって感がさらに濃厚になってきた気がする。添えられた粉チーズと今回はタバスコも振ってみる。

この日は女子率低くわたしだけ。喫煙率が高くて難儀する。
焦げっぽいコーヒーを食後にいただき、さっさと食事を終える。
下に降りてみると、一階もテーブル二つとも満席になっていた。お客さん大入りでよかったよかった。


パスタランチは飲み物付きで680円。


以前の訪問の記録
ナポリタン
ミートソース
トマトとベーコンバジル風味
トマトとベーコン
ペペロンチーノ
ナポリタン
ペスカトーレ
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ
[PR]
by e3eiei | 2013-10-12 00:57 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのナポリタン

ぷらんたん@南門通り商店街

ずいぶん久しぶりにいった気がする。
グラッソで豚肉!という目論見で足を運んだら満席でお隣に入る。

席はほぼ埋まっているが、大音量の男子学生さんのグループがいないので静かでちょっとほっとする。

この日はナポリタン。

レタスのサラダがきて、しばらく待つ。ここのサラダはついてたりつかなかったり(笑)。
ボリュームのあるランチパスタ。ナポリタンは、こんなにもなんちゃってでしたっけ、ってちょっとあららな味わいだ。こう、麺が湯がいてからの時間経過を物語っているふうだったりね。好みから言うと、もっとトマトソースたっぷりで唇が赤くなるくらいのが好きなんだけどな。
ともあれ、ぽそぽそした感じのスパゲティも、ぷらんたんだから許す。

で、お約束のコーヒーをおかわりして、さっさとお昼を済ませる。

ランチパスタは680円。(ドリンク付き)


以前の訪問の記録
ミートソース
トマトとベーコンバジル風味
トマトとベーコン
ペペロンチーノ
ナポリタン
ペスカトーレ
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ
[PR]
by e3eiei | 2013-05-21 01:34 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

くすの樹のウィンナ珈琲

中央線の武蔵境駅と東小金井駅を底辺とする正三角形の頂点のあたりに、大きな楠とおとぎの国のお城のようなとんがり屋根の乗ったレンガ造りの丸い建物があり、それが喫茶店なのだ。店内も外観にふさわしく、高い梁の重厚な造りになっている。

コーヒーに力を入れている喫茶店で、そこでお昼までやっているモーニングセットをいただく。

モーニングセットは2種類あって、一つはふわふわの大きなバンズと卵サラダにポテトサラダとコールスローとオレンジが一切れのったプレイト、もう一つはほっとサンドイッチのプレイト(日曜日はお休み)で、どちらもお好みの飲み物をつけることができる。ホットサンドはお休みなのでバンズのプレイトにする。そして、ウィンナーコーヒーがあるのでそれをいただく。むしろこれをいただきたかったのだ。

パンのプレートはかなりボリュームがある。バンズにはハムが挟まっていて、そこにサラダなんかをはさんでいただく。かなりのボリュームだった。

コーヒーはプレートと一緒にやってくる。
ウィンナーコーヒーは、上に乗っかったクリームがきれいにエッジが際立っていて、見た目はとてもきれい。一口いただいてみると、クリームが甘くてかたい。コーヒーも甘い。コーヒーが甘いのでクリームは甘くない方がよかったかなあと思う。ショートケーキに使うホイップクリームみたいな感じなのだ。最後まで溶けなかった。
これはもう好みなのだと思うが、熱くてほんのり甘いコーヒーと唇にひんやりしたクリームのコントラストがごちそうと思う。熱いコーヒーにクリームが徐々に溶けていくのもまた味わいだと思う。
そういうわけで、期待が大きい分いまひとつだったかなあ。

お客さんの平均年齢は高めで、昭和の喫茶店のような落ち着いた地元の人の雰囲気でまったりする。
二階が喫煙席一回は禁煙席と分煙してあるのがありがたい。

モーニングセットは620円かな。
[PR]
by e3eiei | 2013-02-24 15:54 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのミートソース

ぷらんたん@南門通り商店街

たぶん、ようやく、ついに、ぷらんたんのミートソースを食べる日が来る。
食べてみるとどうということもない、いたって標準的なミートソースパスタである、思った通り、思った以上に。
それが、どういうわけかこのミートソースにあたる日がなかった。ボロネーゼはあった。そして、さて、ボロネーゼとの違いを簡潔に述べなさいなどと言われたとしても、違いはよくわからない。ボロネーゼの記録もない。
思ったよりトマトの酸味がなかい、思ったよりひき肉の量が多くてボリュームがあるパスタに、チーズをたっぷり振りかけ、タバスコをふっていただく。サービスのサラダがパリッとしておいしかった。

さて、喫茶店のパスタとしては、たんにトマトソースが好みだから、ミートソースよりナポリタンの方に軍配を上げる。そういう意味では、ぷらんたんのよく出てくるトマトとベーコンバジル風味はしっくりくる。

コーヒー(などドリンク)付きで、ランチは680円。

以前の訪問の記録
トマトとベーコンバジル風味
トマトとベーコン
ペペロンチーノ
ナポリタン
ペスカトーレ
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ
[PR]
by e3eiei | 2012-11-26 23:16 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのトマトとベーコン(バジル風味)パスタランチ

ぷらんたん@南門通り商店街

久しぶりにぷらんたんである。
大学が夏休みなので、静かな時間が流れている。

久しぶりに足を向けてみるとまたもやトマトとベーコンが当たった。拍子木に切ったベーコンがごろごろ入っている。粉チーズとタバスコを振りかけていただく。

お客さんが少ないからだろう、おかわり自由のコーヒーウォーマーのポットサービスはなかった。その代わりにマスターが持ってきてくださる。
あれ、少々焦げっぽい。。。

さっといただいて済ませる。

パスタランチは飲み物付きで680円。


以前の訪問の記録
トマトとベーコン
ペペロンチーノ
ナポリタン
ペスカトーレ
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ


そういえばこないだワセダ菜館B定食(アジフライと鶏から揚げ)ではじめて鶏の唐揚げをいただく。大ぶりのがごろんと2つ。これは少々苦手かも。
[PR]
by e3eiei | 2012-09-04 23:42 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

フォートナム・アンド・メイソン ティーショップのテイクアウト

フォートナム・アンド・メイソン@羽田空港第2旅客ターミナル2F

搭乗口が奥の方だったので久しぶりに行ってみた。
サンドイッチが朝ごはんにしてはかなりのボリュームだったので、スコーンか何かにしてゆっくりしようと思っていた。

ショップのなかの喫茶室ではメニュー看板にあるサンドイッチだのモーニングセットだのがお召し上がりいただけます、と言われる。ショップのスコーンやドーナツは食べられますか、と尋ねると、テイクアウトでお召し上がりいただけます、と言われる。
それでスコーンとドーナツを購入して、温めますか、と聞かれるので温めてもらい、喫茶室に持って行こうとすると、喫茶室の中ではテイクアウトのものは食べてはいけないと言われる。ではどこで食べることができるのか尋ねると、外のテラス席でお召し上がりいただけますと言われる。広い窓に沿って鉄製のイスとテーブルが並んでいる。
紅茶はどうするんでしょう、と尋ねると、紙コップの紅茶だそうだ。ああ、、
しかも紅茶の選択肢がとても少ない。

アフタヌーンティーのMサイズを購入する。紅茶はティーバッグだ。ミルクだけはスタバのようにポットに本物の牛乳を用意してある。
紅茶はおいしかった。ドーナツは普通。でもスコーンはねっちりして変な食感で、これはまったく好みではなかった。

椅子がかたいことをのぞけば、静かで広々していてゆっくりできたが、なんだかお正月の「格付け」お笑い番組のように、いきなりボーンチャイナから紙コップの「二流」に格下げされた感じだった(笑)。お片づけも自分でやるし。
追記
この鉄製のイスとテーブルはNOSIGNERというデザイン事務所のArborismという作品なのだそうで、椅子がかたいとか格下げとか言ってると罰が当たるカモでした(笑)。


さらに追記
2012年10月に再訪すると、朝9時からの営業になったようで、朝の利用はできなくなっている。


d0000059_24469.jpg



紅茶は450円くらいか(Mサイズ)、ドーナツやスコーンは合わせて250円くらいかな。


で、帰りは空席があってアップグレードできたのでラウンジでくつろぐ。機内食が朝昼晩同じ二段弁当になったので朝はとても無理なのだ(笑)。
d0000059_2223882.jpg


レインボーブリッジと月(リムジンバスから)
d0000059_293043.jpg

[PR]
by e3eiei | 2012-07-08 23:59 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)