タグ:フレンチ ( 22 ) タグの人気記事

東小金井 黄金やのヴァンドリュ フレンチ弁当

黄金や @東小金井駅南口商店街

涼しくなってきたのでまたお弁当を再開されたようだ。
寄ってみると、レギュラーのお弁当はまだできていなかったが、「ヴァンドリュのフレンチ弁当」というお弁当が1ダースほど積んである。みるとなんだかおいしそう。

レジでどこのお店ですかと聞くと、武蔵小金井のちっちゃなビストロなんだそうだ。

お弁当はとてもおいしい。失礼ながら黄金やさんの薄味弁当は少々食べ飽きたのだ。
一つひとつのおかずが個別の味を持っていて、まともにおいしい。ごはんの量はそれほど多くないので、食べざかりの方は少々物足りないかもしれないと思う。

A4用紙にお料理とと材料を書いたメニュー表がはさんであって、いただきながら読むと、いろいろと想像が膨らんで楽しい。「佐那河内村産すだち」などと書かれていて、輪切りにしたスダチはうれしい。ごはんに押しつけてスダチごはんを楽しむ。

d0000059_22585760.jpg

ヴァンドリュ フレンチ弁当は750円。

コストパフォーマンス高し。




[PR]
by e3eiei | 2017-09-30 00:18 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

新江古田 ラ・リオンのワンプレートランチ

ラ・リオン la lionne@新江古田

お昼は江古田近辺でと歩いていると、懐かしいお店を通る。行きすぎようとしてちょっとのぞいてみると、ボードにワンプレートランチの文字も見える。チキングリル、カフェ付きと書いてある。ああ、そうだったここは食後のコーヒーまでおいしかったんだ、とガラス扉を開ける。

ちょっと早い時間だったが、数組のお客さんが入っている。

ワンプレートランチを注文する。きれいに磨かれたワイングラスにお水が注がれ、ナイフとフォークはチキン用だけ残され、テーブルが整えられる。ちょうど注文が立て込む時間帯だったのだろう、ちょっと待つなあ、というくらいの時間は待つ。無粋ではあったが読みかけの本を読む。

そして運ばれてきたプレートは、なんというか、少々ぎょっとするようでもあった。焼き色のついたおいしそうな鳥もも肉がでんと鎮座しているだけのお料理なのだ。2つ割の小ぶりのジャガイモが添えられてはいるが、ストレートに鶏肉だ。
さて、切り分けつついただいてみると、塩味が結構強い。食べ慣れるとおいしいが、最初は少々つらいくらいに感じる。
お肉の下にはソテーしたきのこが少々。思い出したのだが、ここはお肉の下に敷き詰めた野菜がおいしかったのになあ。このきのこはほんのささやかなものでこれは残念だった。
温めたパンは小さな丸パンとバゲット。これはおいしい。バターはないのでソースをすくってみたりする。

気がつくとお客さんも増えている。気の張らない庶民的なお昼ごはんとして利用されているようで、和やかな雰囲気だ。

食べ終えるころにたっぷり入ったコーヒーが運ばれる。マシーンで入れてあるが、おいしい。

さっさと食べ終えるが、気持ちはゆったりとしたいいお昼になる。
キッチンに立たれるマスターは頭がずいぶん白くなっておられた。

ワンプレートランチは税込み950円。(お料理とパンとコーヒー)
記録を見るとこの前来たのは2010年なのでずいぶん久しぶりだったわけだ。


以前の訪問の記録



[PR]
by e3eiei | 2017-01-21 01:02 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

四谷 オテル・ドゥ・ミクニのランチ

オテル・ドゥ・ミクニ@四谷駅赤坂口 学習院初等科裏

この三月は久しぶりの友人と会う機会が多い。Mさんとはdecades単位で久しぶりに会う。
ランチの場所は彼女がネットのお得格安ランチを予約してくれる。
オテル・ドゥ・ミクニでごはん食べよう、といわれると、女子はまず何を着ていこうかなどを考える。やれやれ。

静かな住宅街に溶け込むようなお店は、あと10日も遅かったら玄関先の大きな桜が美しかろうという落ち着いた佇まいだ。
少し早目につくと、ウェインティングバーで液体なしで待機した後に、厨房横の通路を抜けて10組ほどのテーブルをゆったりと配した新館に案内される。
通常のお店のランチ客とは分けてあるのだろう。

慇懃な嫌みのない接客はさすがだと思う。
お料理は、アミューズとして具のない温かく軟らかいキッシュ。わかめの冷たいスープ(さいのめのジャガイモやニンジン玉ねぎ入り・桜エビ乗せ)。二種類の白身魚のグリエ(サツマイモのソース、ムラサキイモのリゾット)。デザートはシャーベット、ムース、ピーナッツケーキの盛り合わせ。ダクワーズ、コーヒー。温めたパンとかわいい形のバター。メニューにはそれぞれの産地が記載されている。
お魚は上手に焼いてある。具のないキッシュがいちばんおいしかったかもしれない。

清潔で静かで和やかな雰囲気と、美しい食器と洗練された盛り付けと、程よい給仕がそつがない。
お料理はこのお値段では仕方がないのだろう、材料費を抑えたお料理の研究過程にある習作のようであった。
メニューには「シェフ三國の創意により、メニューは毎日刺激的に変わります」と書いてある。

席はほとんど満席。まだ~むでいっぱいである。


ネット限定のランチは2500円。+グラスワインとサービス料等々で3500円くらい。

贅沢な雰囲気を確認しつつおしゃべりを楽しむにはよかった。




More
[PR]
by e3eiei | 2016-03-19 11:53 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

広尾 ビストロシロの鮮魚のポワレのランチ

ビストロシロ@広尾・渋谷橋交差点北

久しぶりに友人と遊ぶ。
山種美術館の愉快で楽しい展覧会に向かいつつ、お昼をどうしましょうと歩いていると、こじゃれたパスタ屋さんの店頭でまだーむ4人連れがここもいいけどあっちのお店はお魚料理のおいしいのが出てくるなどとおっしゃるのが聞こえる。なるほどと、見に行ってみる。
これまたこじゃれた店構えでお昼時とあって席はほとんど埋まっている。ちょっと重い扉を引いて、予約してないけど席があるかどうか尋ねる。タブレットをあれこれ操作して、OKをいただく。
お店は2階もあり、案内された2階の方が窓が広く開放的ないい気分である。ほとんどが2人連れで、和やかな明るい雰囲気で食事をされている。

ランチは7~8種類あるメインを選ぶが、どのお皿にもサラダ、パン、スープ、食後のコーヒー・紅茶、デザートが付く。
白身魚(かじか? 聴きとれず)のポワレと春野菜のソテーにシャンパンビネガーのソースを選ぶ。連れはアサリと辛子菜とフレッシュトマトのパスタ。

サラダのドレッシングもいいオイルとビネガーを使ってあっておいしい。ポタージュはデミタスカップにささやかに供される。
お魚は2切れたっぷりで、美しく盛りつけられ、何よりおいしい。魚が新しくてプリッとしていておいしいのだ。いいあんばいにカリッと焼いてあり、ビネガーソースも上品でいい。野菜のソテーも彩りよく、気持ちがいい。
連れのパスタもソースがとてもおいしいそうだ。
デザートはリンゴのコンポートとジュレ、それに小さなアイスが添えられている。

お隣の席がお行儀悪くも目に入ってしまうが、ストウブのオーバルがテーブルの真ん中にある。ブイヤベースのようだ。最後のスープでリゾットを作ってテーブルでチーズをすりおろしているのもおいしそうだった。

ポワレのランチは1500円。そのほかも2000円以内くらい。

山種美術館 「ゆかいな若冲・めでたい大観 ――HAPPYな日本美術――」


[PR]
by e3eiei | 2016-03-05 15:16 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

ル・ジャルダン・ゴロワのキッシュ

ル・ジャルダン・ゴロワ@東中野銀座商店街

先日さわやに寄ったときに、お隣の庶民的なフランスデザートとキッシュのお店が気になっていた。とても雰囲気があるのだ。そこだけ空気がパリの下町っぽい。

キッシュは4種類、キッシュロレーヌが30%offになっているので、offに魅了されがちな私はそれにする。たった一つでごめんなさい、と言いはしたものの、まあ。

さて、キッシュロレーヌは、ころころに切ったベーコンとチーズだけの素朴なキッシュだったけど、これが、実になんの衒いもなく、普通にシンプルにおいしいのだ。たぶん食べ飽きないお味だ。

あとでネットで見ると、半熟玉子と生ハムのジュレとか、いろいろおしゃれな惣菜もあるみたい。また足を運んでみたい。

キッシュロレーヌは夕方割引で350円くらい。
[PR]
by e3eiei | 2013-06-27 22:41 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

千年葡萄屋のランチ

千年葡萄屋@吉祥寺ガード下

ガード下のお店が居酒屋からスペイン料理屋になりさらにワインレストランになって評判がいいのはちらほら耳にしていたが、先日ようやく行く機会があった。

休暇中でお店は混んでいて、カウンターの席だった。天井が高いので、ゆっくりした空間がある。

席に着くとメニューの説明が口頭でされる。ランチは4種類、白身魚のムースをサーモンでくるんで蒸したもの、鶏肉のワイン煮、豚肉のコンフィ、牛もも肉のワイン煮から選ぶ。牛肉のみ1300円であとは1000円。わたしは豚肉、連れは牛肉にする。

まず根菜のオリーブオイルマリネが来る。器がおしゃれだ。人参、山芋、蓮根、オクラと彩りも美しく落ち着いた味わいだ。バゲットも来る。次にはトマトソースのパスタのお皿が来る。分量は控えめで、少し塩がきついが、いい感じだ。生バジルがおしるしに載っている。その間もバゲットのおかわりはいかが、と足繁く回ってみえる。
そして肉のお皿が来る。思ったよりもきちんとした量でいい意味ちょっと驚く。豚肉は塩味がきつく、お肉の味はちょっとアレで、旨みに欠けた。よくよく火をとおしてありやわらかくはなっている。マスタードソース。
牛肉を少しお相伴させてもらったが、こちらは塩味が弱く、これも少々旨みに欠けるかなあと思う。筋のゼラチン質が好きならこれはこれでおいしいだろうと思う。これもよく煮込んであってホロホロ。
さらに、illyのコーヒーが来る。デミタスではなく、普通のカップで。すごいなあ。連れはティラミスも注文して、これはごくささやかなものだった。

雰囲気がおしゃれで、広々感もあって落ち着いて食事ができた。
お値段のことを言って何だが、何よりこれだけの量で吉祥寺で1000円というのはえらいものだ。
[PR]
by e3eiei | 2013-01-09 00:02 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

la lionneのワンプレートランチ

ラ・リオン@新江古田

久しぶりにラ・リオンに行ってみる。食べたものの記録を付けてみようと思い立ったのはここのリエットがとてもおいしかったから。
まだ、ワンプレートランチをやっていて、価格も変わっていなかった。カフェ・アプレミディのクレモンティーヌのBGMも変わっていない。

きょうのランチは豚肉のソテー香草ソースと聞いて、迷わずそれに決める。
ちょうどよい厚みのロース肉は、脂身に丁寧に切り込みが入っていて、焼き縮まず食べやすい。ハーブと粒マスタード、それに少しエキゾチックな香りもするオリーブオイルの甘酸っぱいソースがお肉とよく合ってとてもおいしい。肉の下には適当な厚みに輪切りにしてスープで炊いたジャガイモがみっしり敷き詰められていて、これが豚肉のうまみを吸っていておいしい。ここはソテーした肉の下に煮野菜を敷きこんであることが多く、これがことのほか美味しい。パンは2種類。食後にはマシーンで入れたコーヒー。

ワンプレートランチは、日替わりのほかに、キッシュのランチピザトーストのランチ、惣菜盛り合わせの4種類になっていた。

いつもホールで接客していた笑顔のすてきな金髪のおにいさんはいなかった。きょうはいないのか、もういないのかわからない。

ワンプレートランチは840円。惣菜盛り合わせのランチだけが950円。
[PR]
by e3eiei | 2010-03-31 00:18 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

ラ・リオンの自家製ロースハムとシュークルート、ジャガイモ添え

レストラン・ラ・リオン@新江古田
しばらく行けないかもしれないので、きょうこそはデザートの贅沢な悩みを、と思ったのだが、マスターは、こないだのと同じメニューです、もうすぐ新しいのになるから、とのたまう。そういえば、ブログにも新しいメニュウができた、と書かれていた。それでは、とハムを頼む。頼んだあとにハムをギブアップなさったおばあちゃまのことが脳裏をよぎる。あの時はボクもバゲットがもそもそして少々つらかった。
きょうのハムは見た目も麗しかった。山盛りのシュークルートの上に温かなハム、そして後ろにホクホクの茹でたジャガイモがどかんと1個分。銀色の湯気がたなびき、春が待ち遠しいような一皿の景色だった。歯ごたえのある冬キャベツもおいしかったし、ハムはほのかにハッカクの香り。ジャガイモはシンプルに加熱しただけでもっちりとして、食べ応えもあった。ここのジャガイモはいつもとてもおいしい。確かこないだのときはジャガイモはついていなかったような気がする。
香り高いコーヒーでゆっくりくつろいだ。ワンプレート定食840円。
[PR]
by e3eiei | 2008-01-17 22:47 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

ラ・リオンの冒険のフレンチ?

新江古田のレストラン ラ・リオン
松の内のランチはお正月メニューのみということだった。1890円のミニコース。前菜がローストしたささみのゴマ風味。テリーヌ型で寄せてあって、きゅうりとともにさわやかにいただいた。メインは豚のコンフィかホタテ貝柱。豚肉は以前いただいたのでホタテにしてみた。ソテーした貝柱、おこげ風にこんがり焼いた大麦入りリゾットに、なんととろみのついた和風ダシをかけてある、はなはだ冒険の一皿だった。きのこのスープはなんとも和む味わいだった。だがしかし、という思いもあった。デザートはキャラメルアイスと、バナナ風味のクリームブリュレ。キャラメルアイスは絶品だった。なんとも残念だったのは、いつもワンプレートランチをいただきながら、うらやましく眺めていたデザート2品チョイスがなかったこと!大きなホールのケーキを10点くらいテーブルに横付けしてあれこれ迷う贅沢をやってみたかったなあ。
お正月ですので、というのでコーヒーのおかわりをいただいた。
[PR]
by e3eiei | 2008-01-08 00:31 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

ラ・リオンのホワイトシチュー

新江古田のレストラン ラ・リオン
鶏の肉団子のクリームシチュー。たっぷり温かいシチューは寒い日にうれしい。冬らしく蕪かしら?と思ったのはじつはジャガイモ。あらら、、ほんとうにジャガ玉にんじんのクリームシチューでした。ほんとのことをいうと、ここのこの肉団子があまり得意ではないボクなのだった。
それでもゆったりとランチを楽しめるのはうれしい。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-19 01:08 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)