タグ:パン ( 27 ) タグの人気記事

江古田 ブーランジェリー・ジャンゴのパン

ブーランジェリー・ジャンゴ Boulangerie Django @江古田駅西側 練馬税務署前

そろそろカキフライのシーズンだし、久しぶりにキッチンおばさんに向かってみる。
「おばさん」の手前隣に自転車が何台か停まっている。
覗いてみるとかわいい、でも確かな手ごたえのありそうなパン屋さんだ。ちょうど境の踏切パン屋の雰囲気がある。

あっさり進路変更してパンを食べてみることにする。
ショウケースにハードパン系のサンドイッチが何種類も並べてあり、レジ側のケースには調理パンと甘いパンがこれまたずらりと並んでいる。わきには焼き菓子も少し置いてある。

サンドイッチの棚を見ていると焼きサバサンドというのがあり、トルコとかヨーロッパの北の方の昼ごはんを思い、それを一つレジに持っていく。
もう一つ甘い系のパンを見ると、アマンドというのが人気らしいのでそれを一つ。
イートインはないので持ち帰る。

焼きサバサンドはレタストマトとレモンの皮を散らしてある。焼きサバの塩味と脂とレモンがよく効いてとてもおいしい。パンはハードではなく、食べやすい。これは大ヒットでした。
アマンドはマスカルポーネが入った甘いパンで上品においしかったが、サバサンドの後には甘みが足りなかった。もっとがつーんとした甘いのがよかった。

いいパン屋さんを見つけた。再来決定。


焼きサバサンド430円。アマンド180円。


HPを見ると開店してから5年がたったと書いてあり、そんなに長くおばさんに来ていなかったのかと訝しむ。たぶん、気がつかなかったんだろうなあ。もったいないことをしてた。

[PR]
by e3eiei | 2016-12-14 22:36 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

武蔵境 後藤商店のサンドイッチ

後藤商店@武蔵境 亜細亜大学そば

このお店はずーっと昔からあるらしい。見た目は「角のたばこ屋さん」とか昔ながらの日用品・食品屋さんみたいだけど、中に入ってみるとガラスケースの中に三角サンドとコッペパンサンドが並んでいる(→❏)。そしてこれらが手作りらしい。

このお店の一番の特徴は値段の安さだろう。三角サンド2つ入り、コッペパンサンドどれも180円なのだ。

冬に通りかかったときにコンビーフポテトを食べてみたらまっとうだったので、今回また通りがかりに寄ってみる。

コンビーフポテトはおいてなかったが、10種類近くが並んでいる。
卵サンドとハムサンド(レタスと薄いハム)、それに卵サンドとメンチカツサンドの2つを買う。

卵サンドはマヨネーズ味のしっかりした味付けで、卵があふれんばかりに入っていてびっくりする。
ハムサンドはハムの存在感の薄いさっぱりしたサンドイッチになっている。もりもりレタスサンドの味付けにハムが添えられてる感じだがそれもなかなかいい。
メンチカツサンドはジャンクな味わいだ。

このお値段でどれも悲惨ドイッチになっていないところが偉いなあと思う。だからこそずーっと長く続き、たぶん亜細亜大学の学生さんに愛され続けてきたんだろう。

武蔵境はおいしいパン屋さんがいくつかあって、筆頭は旧五宿踏切のそばのパサージュ・ア・ニヴォ(踏切パン屋)、そしてひっそりはやっているポリーヌ、どこか移転しちゃったけどしげくにや55とかいうのもあった。そのなかでわが道を行くサンドイッチ店は立派だろう。

駅からわざわざ行くのはたいへんだけど、学生さんには人気なのがわかる。

サンドイッチは三角サンドもコッペパンサンドもおかずパン系で180円。


[PR]
by e3eiei | 2016-08-10 11:38 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

吉祥寺 メルヘンのサンドイッチ

メルヘン@アトレ吉祥寺店

メルヘンはずーっとここにあった。ロンロン時代から、私が気がつく前から。
でも、勝手に悲惨ドイッチなのかしらなどとと思いこんでするーしてきた。
ああ、もったいない年月だった、もっと早くに立ち寄るべきだったのだ。

このほど、このお店が長いことここにあり、そしていつもお客さんがいることに気がつき、ひょっとしたらおいしいのかしらと買う気になったのだった。

ショーケースの前に立ってみると、サンドイッチは全部食パンの三角サンドが何十種類も並んでいる。
具は定番のサラダ系から揚げもの、甘い系、フルーツとものすごい充実ぶりだ。
これは迷う。しかも、二つ一パックで、1パックでは明らかに足りないが2パック食べられるかどうかというところだ。

お店の人に私くらいの女性で2パックいけちゃいますか、とお尋ねすると、
揚げもの2つは厳しいかもしれないけど、軽いのだったら大丈夫ですよ、「トリプルサンドもお勧めですよ~。吉祥寺限定です」と教えてくださる。
トリプルサンドは、卵サンド、メンチカツサンド、フルーツサンドの組み合わせだ。
メルヘンデビューは吉祥寺限定トリプルサンドにする。

ああ、ここのサンドイッチはおいしい。味がとてつもなく優しいのだ。
卵サンドは調味料の味じゃなくて卵の味がする!
フルーツサンドはクリームの甘みじゃなくてフルーツ(酸っぱいキウイ、いちご、うす甘い桜桃)の味がする! それがクリームに包まれるしあわせ。
いいぞ、これは。
そして、トリプルサンドだけではほんの少し物足りない気もする。

いち早くリピーターとなり、次の機会は軽いの2パック作戦となる。
よく観察すると人参サンドというのがある。人参ラペのサンドイッチだ。人参ラペのサンドイッチはかつてのマルハルさんやパッサージュ・ア・ニヴォさんでもおいしくいただく大好きなサンドイッチ。それにデビューでいただいた3色フルーツサンドと組み合わせる。
人参サンドは思った以上においしい。やわやわとした安心感のある味付けなのだ。
そして、おいしいサンドイッチ屋さんは、パンがおいしいのだ。ここもパンがいい。

軽いの2パックだと、夕方にはお腹がすく。
今度はおかずを少し充実させてみよう。

トリプルサンドは550円くらい、
ほかは、具が軽いのが300円前後から、揚げものおかずや中身が高級なのは500円くらい。



[PR]
by e3eiei | 2016-06-04 02:06 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

NEZUCAFEのBLTサンドイッチ

NEDUCAFE@表参道(根津美術館内)渋谷から2㎞

久しぶりの友人と松竹梅展を見て、庭園の中にあるカフェでサンドイッチをかじりつつ旧交を温める。

ここのカフェは美術館併設なので、最初に展覧会の入場料を支払う必要がある。そして展覧会の内容はしぶい。そのせいかどうか、お客の年齢層も高めで穏やかな時間がゆったりと流れる。
三方をガラスで囲まれて、明るい森の中にいるように静かで落ち着いた雰囲気がいい。ひとりで食事の後に本を読んでおられる方もいて、ああ、こういう時間の過ごし方もあるのだと思う。

BLTサンドイッチは厚めのイギリスパンのトーストで作ってあり、軽いパンがたいへんおいしい。
付け合わせのサニーレタスのサラダもみずみずしくておいしい。このドレッシングの味は記憶があった。

ドリンクセットのポットで供される紅茶は3種類(ブレンド、ダージリン、アッサム)から選べるようになっている。ダージリンはきつそうなのでブレンドを注文する。ストレートで飲んでおいしい紅茶だ。
お水もレモン水で、上等、上品な雰囲気にあふれる。

展覧会は松竹梅もよかったが、常設展の百椿図が素晴らしかった。江戸時代は椿が珍重されたようで、狩野山楽の筆による百種類の椿の絵に文人、貴族などいろいろな人が賛を書いている。何年もかけて持ち回りで賛を書いていったのらしい。すごいプロジェクトだし、絵も字も調和がとれていて見応えがあった。

庭は数日前に降った雪が解け残っている。シーズンオフを狙ってバリアフリーの工事が進められていた。
d0000059_15263124.jpg
d0000059_15271690.jpg
BLTサンドは1000円。+400円でドリンクがつく。

以前の訪問の記録



[PR]
by e3eiei | 2016-01-23 15:34 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

西荻窪 ヒュゲhyggeの、ボスドックとバジルチーズ

ヒュゲ@西荻窪駅南口高架脇

お昼を食べそびれて、短時間でさくっといただけるところを探してみるが、曜日の関係かあちこち閉まっている。
高架の脇のおしゃれな道を歩いてみると、いつか見つけたおとぎの国のお菓子屋さんのようなモイスフェンの先にこじゃれたパン屋さんがある。好都合なことにイートインもある。
ランチタイムは終わっていたけど、好きなパンをいただけるそうなので二つ選んでコーヒーも注文する。
店先にはおしゃれかわいい雑貨も並べてあり、FMラジオからオールディーズが流れていたりしてくつろいだ雰囲気がある。
静かで身軽な感じの中年の男性が一人で切り盛りされている。

パンは調理場で温めて切ってくださる。少々時間がかかる。
天然酵母のパンとうたってある。調理パンだったのでパンそのもののお味はあまりアピールしなかったが、おいしいパンだった。
バジルチーズはバジルペーストの風味がよくてパンとよく合うおかずパンだ。
ボスドックは甘いパンでこれはとてもおいしい。ふわふわのレーズンパンにカスタードクリームやアーモンドペーストのフィリングを詰めて、スライスアーモンドをたっぷり乗せて焼き、粉砂糖をふってある。甘くてコーヒーよりも紅茶に合う、お菓子みたいにいただけるパンだった。

二ついただくとおなかがいっぱいになるほどのボリュームもあった。

パンは200円前後、コーヒーは380360円。

西荻は北口にも「藤の木」というおいしいパン屋さんがある。西荻はおいしい街だ。




[PR]
by e3eiei | 2014-11-17 01:17 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

maruharuが閉店してしまったようだ

maruharu@早稲田通り 穴八幡の石垣の下

早稲田通りを久しぶりに歩いてみる。
maruharuにシャッターが下りている。初めてのことだ。本日休業の張り紙もないのは少々変だし、なんかこうしんとして気配が感じられないような気もする。おまけに隣の居酒屋さんもお休み。変だなあ、と思い思いしながら歩く。

うちに帰って気になるので検索してみると、食べログに「閉店」とある。お店のページも削除されているのか見つけられない。
えええ。閉店されそうにはちっとも思えなかったのに。体調でも崩されたのかしらと検索してみると、オーナーさんによる建物の建て替えを機に故郷に帰って続けられるのらしいことが書かれている。
まずはご無事の閉店のようでほっとするが、それでもおしいお店が早稲田からなくなってしまうなあ。残念。

彼の地での御活躍を心からお祈りします。


以前の訪問の記録



[PR]
by e3eiei | 2014-05-31 00:02 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

こがねやのサンドイッチ

黄金や@東小金井

こがねやが長らく休業していて、先週オープンした。そのころ通りかかったので行ってみると、えらく品数が減ってしまい、閑散としていた。

お昼前に通ることがあったので、サンドイッチでも、と思い立ち寄ってみる。
休業前に置いてあった、ラウンドジョブまどかというところの素朴でボリューム満点のサンドイッチやお弁当、それに、ファンタジスタやたなかていのパンも姿が見えない。その代わりにずいぶんこじんまりとお上品なサンドイッチなんかが置いてある。
それだけでは心もとないので、かめやさんのすあまも一緒に買う。

レジの中では3人もの人がなんだか慣れない風でおろおろされている。
前にあったパン屋さんのパンやお弁当はきょうはまだ来てないんですか、と尋ねてみると、あれは取り扱いをやめました、というおこたえ。うわー、それはたいへんに残念、、、、サンドイッチやお弁当は2階で作ったものを置いてます、ということだった。

サンドイッチは400円、すあまは100円。


けっきょく、案の定というか、4時ごろお腹が空いて、コンビニでおむすび1個とバナナ1本さらに買って食べましたとさ。


以前のサンドイッチの記録
ローストビーフサンドとポテサラサンドのコンビ
ハムキュウリ、ロースカツ、海老カツのコンビ



地元の商工会との関係とかという話もちらりと聞こえてみたり。以前の店長さんという人も去年の秋ごろからぱったり見えなくなっていたり。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-31 23:38 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ワールドワインバー by ピーロートのモーニング

ワールドワインバー by ピーロート@羽田空港第2ターミナル 3F

朝7時すぎ、フォートナム・アンド・メイソンに足を運ぶと、なんと!!扉が固く閉ざされている。閉店とか廃業とかいう雰囲気ではないので、朝の営業をやめたのだ。確かに、閑散としていたものなあ。
ネットで調べてみると朝9時からに変更だ。使えなくなった。
いろいろ文句は言ってみたものの、おいしい紅茶はありがたかったし、残念。


3階を歩いてみるとピーロートはやっている。ここでモーニングセットのフォカッチャのサンドイッチを注文する。
陳列ケースに並んでいたのを、ラップで包んだままで供される。具はさっぱりしたマヨネーズ味のチキンと生野菜で食べやすく、それほどボリュームもないので朝にちょうどいい。コーヒーをブレンドで注文したが、これは大間違いだった。焦げっぽくて難渋する。ここでコーヒーを飲むならカフェラテがいいと思う。

例によってワインやビールの試飲を勧められる。夏のバカンスの始まりの日だったらいいだろうなあ。

お店の脇にもカウンター席があるが、吹き抜けを囲む回廊のテーブルが空いていたのでそこでいただく。


サンドイッチとドリンクのセットは700円くらい。


福岡空港のどこかの売店でウィルキンソンの炭酸水を買った記憶があったが、どこにも置いてなかった。どこで購入したのか失念してしまった。残念。
[PR]
by e3eiei | 2012-10-24 00:30 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

さがレトロ館カフェの米っこサンド

さがレトロ館@佐賀市城内

母と展覧会をみた後の昼ごはんに、うどん屋さんは列ができていたのでレトロ館に行ってみる。こちらも2階のレストランも1階のカフェも満席だったのでカフェで少々待つ。

カウンターと丸テーブルが3つくらいで、小さな子どもづれのお客さんでなんだかごった返した雰囲気だ。レジ前の大きな木のベンチでゆっくり待たせていただくとそのうちカウンターが空く。混んでいてもお客に移動してもらって席を作るということはせず、至ってのんびりしている。

食事ものは米子(こめっこ)サンドという、米粉パンのハンバーガーだけのようで、単品かセット、それぞれに飲み物をつけるか否かの4択。セットは野菜チップスと小さなソフトクリームが付くという。単品で注文して、後でセットに変えられるというので、さしあたり単品+コーヒーで注文する。
お店の方のこういう説明や臨機応変な感じが佐賀ではあまり経験したことがないのでいいなあと思う。
ハンバーグとパンは注文のあとで鉄板で焼くのでその時間はかかる。紙袋のままかみつくのは、母には難しそうなので、食べやすい大きさに切ってもらえますか、と頼むと快く切ってくれるのでまたうれしくなる。

なかなかおいしいハンバーガーだ。佐賀県産牛と佐賀の野菜を使ってあるそうだ。けっこうのボリュームでもある。コーヒーも普通においしくて、きれいなカップに入れてくれる。
母がソフトクリームも食べてみようというので、セットに変更してもらう。野菜チップはお土産に袋に入れてくださる。2巻きくらいの小さなソフトクリームは、ミルク味と黒米が選べて、ミルク味にしてもらう。これはさっぱりしておいしかった。野菜チップスも厚切りでおいしくいただいた。

米っこサンドはセット(飲み物付き)で900円か950円くらい。


カフェの奥は佐賀物産のお土産コーナーになっていて、あまり流通していない特産品が並んでいる。
[PR]
by e3eiei | 2012-10-23 00:53 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

こがねやのサンドイッチ

黄金や@東小金井

お昼前のちょうどいい時間帯だったので寄ってみるとお弁当が並んでいる。
ここはお弁当もあるがごはんがとても多いのでサンドイッチにする。おかずのお惣菜も並ぶがこれも何人分?というほど多い。

この日のサンドイッチはハムときゅうりのサンドイッチ3切れ、それにロースカツサンドと海老カツサンドが1切れずつ。なかなか豪勢でボリュームもまあまあ。海老カツの海老がかわいらしくささやかだったのは目をつぶろう。ハムもとんかつも悪くない。

缶コーヒーが一緒につくが、好みではないのでお断りする。

サンドイッチは380円。


以前の訪問の記録
サンドイッチ
おいしい焼き菓子
[PR]
by e3eiei | 2012-10-04 23:52 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)