タグ:コーヒー ( 23 ) タグの人気記事

東京ミッドタウンのukafe(ウカフェ)

ukafe(ウカフェ)@六本木 東京ミッドタウンガレリア

午後いっぱい久しぶりで会うyukariさんとしゃべり倒す予定で空けている。
陶磁器を見て、地下のイートインでお腹を満たしたあと、どこぞでお茶でもということになり、案内板をたよりに上に登ってみる。
少々見つけづらい場所にヘアサロンに併設したような形で白く明るいカフェがある。
のぞくとがらんとすいているので入ることにする。

手前にテーブル席がいくつかと正面の前面ガラスの窓際に向かってカウンター席がいくつか。先客はスーツを着た男性がおひとり。

メニューを見ると、オーガニックとか何とかを謳ったお店らしい。コーヒーを注文する。
コーヒーはマグカップで提供される。エスプレッソマシーンで入れたのだろう、うっすら泡が立っている。取り立てて特徴はない、悪くないコーヒーだ。

ここのごちそうはなんといっても全面ガラス張りのこの開放感だ。そして、たぶん偶然だったのだろうけれど、ひと気のなさ。わたしたちが2時間近くしゃべっている間、女性ふたり連れがひと組入られただけだと思う。お店のスタッフも放置しておいてくれるのも居心地がよい。存分に旧交を温め、木立にイルミネーションがともる頃にお店を出る。

コーヒーは600円ちょっとくらい。




[PR]
by e3eiei | 2017-02-18 09:56 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

五反田 珈琲茶館 集のコーヒー

珈琲茶館 集@五反田駅西口前

カフェオスロに寄っておしゃべりの続きを、と思ってドアを開けると満席だった。
しょうがないので二階にあるもう一つの喫茶店に行ってみる。上等そうなお店の雰囲気だ。
友人いわくおいしいですよ、ちょっと高いけど、と。

ブレンドが3種類ありウェイターのおにいさんに違いを訪ねると酸味やコクの話をしてくれ、リッチブレンドよりアロマブレンドがカフェインが少なく、この時間だとそちらがお勧めかと思うといわれるのに従う。

しばらく待って運ばれてきたのは、今時珍しいサイフォン点てのコーヒーだった。客席でジノリの白いカップに注いでくれる。

コーヒーは香りが豊かで酸味や苦みは抑え目で飲みやすくておいしい。

お店の最後の時間帯でゆったりと優雅な時間が流れている。たいへん居心地のいい空間でおいしいコーヒーをいただくぜいたくを味わう。


ブレンドコーヒーは750円。



[PR]
by e3eiei | 2015-05-17 02:28 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

スターフライヤーの機内サービスコーヒー

ANAの共同運航便のスターフライヤーに乗る。
機内サービスコーヒーがタリーズコーヒーと聞いていたのでいただいてみる。紙コップは歯医者さんのコップくらいの小さなサイズだった。タリーズコーヒーは焦げ苦いのでお湯をいただいて薄めて飲む。案外いける。コーヒーのお供に森永のビターチョコレートがついていて、これはおいしかった。

SKYの100円コーヒーのほうがおいしい気がする。

スターフライヤーは真っ黒のボディでスタイリッシュな感じがある。
ただ、機内の調度も黒を基調としてあって、これは威圧感があってくつろがない。各座席前に小さな液晶画面があり、これも落ち着かない。蓋カバーがあればいいのに。

シンプルで明るいSKYの方がくつろぐ。何より広いシートと足回りがのんびりできるのだ。CAのユニフォームも機能的で近しい雰囲気だし。安全面を考えるとスニーカーで勤務してほしいと思うくらいだ。話が横道にそれた。




[PR]
by e3eiei | 2014-12-28 01:44 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

Cafe Miyama カフェミヤマ高田馬場駅前店のウィンナーコーヒー

カフェミヤマ高田馬場駅前店@早稲田通り駅の近く

打ち合わせに都合のいい場所だ。静かだけど静かすぎずに落ち着いたニュートラルな雰囲気だ。ひとりでパソコンに向かっている方、本を読む方、二人で静かに英会話レッスンをしている方、大きな声で談笑している方がいないので穏やかな空気が流れている。

一応喫煙席と禁煙席は分煙となっているが入口を入って右側か左側かという程度だ。禁煙席は満席に近いので喫煙席に席をとる。喫煙席のほうが広いのだ。さいわいにこの時は喫煙者はほとんどいない。

メニューを眺めると珍しくウィンナーコーヒーがあるので注文する。そんなに期待はしない。
運ばれてきたウィンナーコーヒーを見ると、あらら、、な風貌だ。コーヒーの上にこんもりと屹立していてほしいホイップクリームだが、もう精も根も付き果てましたみたいな感じでのっぺりと溶けかかっている。これはスタバのウィンナーコーヒーもどきに近いなと内心落胆する。

まあ、このカフェはコーヒー専門店でもないし、わたしたちの主眼もコーヒーを楽しむことではないのだから、この居心地のいい空間に免じてよしとせざるをえまい。

結局溶けかかっていたクリームは最後まで溶け切ることもなかった。ここはカフェオレとかのほうが無難だろうなあ。
そういえば入口をはいったところに水出しコーヒーの器具を置いてあったので、アイスコーヒーはウリかもしれない。

ウィンナーコーヒーは450円ほど。





[PR]
by e3eiei | 2014-11-18 00:56 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

久しぶりにリトルスターレストランで鯖フライのランチ

リトルスターレストラン@三鷹南口中央通り

三鷹に用があり、昼過ぎに済んだので昼ごはんをとることにする。武蔵野警察署のところに評判のいいピザを食べさせるイタリアンのお店があったが、ちょっと距離があるのでリトスタで済ませる。遅い時間だったがまだぽつぽつお客さんがおられる。

日替わり定食では鶏肉は終わっていて、鯖のマスタードフライ定食か、いつもあるハンバーグ、カレーという選択肢。鯖フライを注文する。

ボート型のお皿に鯖フライが3切れ、生姜風味のポン酢をかけたキャベツの千切り、トマト、マカロニサラダが乗っている。中濃ソースも添えられている。小鉢はひじきの五目煮。胚芽ごはんとお味噌汁は豆腐と揚げ。それにキュウリの浅漬け。それらが長方形の木のトレイに乗せられてくる。

鯖はマスタードフライという名前だったが、マスタードの風味は熱のために飛んでしまったのか残念ながらまったく感じられない。中には青紫蘇をはさんであるが、その風味も感じない。鯖はとびきり新鮮というわけではない。残念だが少しにおいがする。気にならない人はわからない程度だが。ソースをつけながらいただくと、おいしいごはんのおかずになる。
千切りキャベツの生姜の風味が新鮮だ。お味噌汁は出汁よりもお味噌の味が勝っている。酸っぱい田舎味噌の朴訥な味わいだ。

食後にコーヒーを運んでもらったが、この日がたまたまそうだったのか、以前とすっかり変わったのか、熱くないコーヒーだった。飲みやすいのだが、さすがに、おや、と思う。確かまほろば珈琲店の豆だったっけと思いだす。


d0000059_00332204.jpg
レジには10周年と書いてある。えらいなあと思う。

ランチ定食は890円になっている。


以前の訪問の記録
それ以前も多数。









More
[PR]
by e3eiei | 2014-06-21 00:40 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

パスタ ブラーノ (Pasta Brano)のボロネーゼ

パスタ ブラーノ (Pasta Brano)@東中野西口

東中野で途中下車してitoでチキンカツ、と思って向かったら満員だったのでパスタにする。この前マスカルポーネとトマトのソースがおいしかった。

お店はまたも誰もいなくてしんとしている。
ボロネーゼか野菜トマトソースか迷ってボロネーゼにする。「挽きたて」と書いてあるコーヒーも食後にお願いしますと注文する。
すぐにトマトのサラダとお水とグラスが来る。

厨房ではラジオが流れている。
d0000059_22590215.jpg



たっぷりミートソースが絡まった上に惜しみなく削られたチーズがかかっているおいしそうなお皿が運ばれてくる。
丁寧に作られていて、やさしい味わいがいいなと思う。ガツンとメリハリの利いたここ一番の味付け!というのではなく、家庭料理のようにくつろいでいただけるお味がいい。塩味もきつすぎず麺もアルデンテというよりはもう少しやわらかい。のんびりいただいて食べ終えるころに厨房でコーヒーミルを使う音がする。

コーヒーは期待したほどには香り高くなかった。ゆっくりいただいてくつろぐ。

マスターに、このお店は以前リモーネといっていたのか尋ねてみた。一瞬間があり、そうですと簡素に答えられた。やっぱりずっとこのお店だったんだ。いまもお店の扉には「La Trattoria」という小さなプレートが埋められている。

この日も最初から最後までわたし一人だったのは気がかりだが、大事にしよう。
d0000059_22591684.jpg




ボロネーゼ 600円。
挽きたてコーヒー 200円。


以前の訪問の記録




[PR]
by e3eiei | 2014-06-05 23:00 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

酪王ハイカフェオレ

酪王牛乳の自販機@JR秋葉原駅ホーム

秋葉原の駅を利用することがあったらぜひとも酪王のハイカフェオレを買いたいと思っていた。 →記事
夜遅い時間帯でミルクスタンドは閉店していたが、自販機はやっていたので運よく購入できた!

小春日の暖かい日差しが気持ちよかったので、日向ぼっこでのんだ。
酪王カフェオレよりも牛乳が少ない分、あっさり仕上がっている。おいしかった。
d0000059_13402426.jpg
d0000059_13402808.jpg



[PR]
by e3eiei | 2013-11-17 13:41 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

郡山の酪王カフェオレ 追補 (ファンの会の発見)(亜種の発見)

酪王カフェオレが好きで、ときどきチューチュー飲んでいたら、やっぱりファンの方はいらっしゃるのだなあ、ファンのサイトがつくられている。
d0000059_045046.jpg
Twitter #福島酪王カフェオレ会
さらにファンの集いも開催されたりするのらしい。すばらすぃ。
d0000059_0213816.jpg
当日は行けないのが残念。。。。願わくは、ハイカフェオレがそこここで手に入るようにならんことを!!
その筋の情報によると、秋葉原駅ホームのミルクスタンド横の自販機でハイカフェオレが買えるらしい。More!!!


セブンイレブンで、酪王カフェオレ亜種を発見する。
d0000059_0452437.jpg

d0000059_0242197.jpg
ドトールとのコラボのようだ。甘みは全く加えられておらず、あっさりと飲みやすくておいしい。でもやっぱりこれは酪王カフェオレとは言い難いかなあ。
セブンにはこの酪王&ドトールの「挽きたてコーヒー」(青いふた)のほかにオハヨー乳業&上島珈琲の「挽きたてカフェラテ」(赤いふた)もあった。こちらはまだ飲んでいないが甘みがあるようだ。


以前の記録
生協売店
100円ローソン
[PR]
by e3eiei | 2013-09-10 00:51 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

スカイマークのカフェラテ

スカイマークの安全確保を優先第1位にしたシンプルな機内サービスが気に入っている。
機内でも飲み物の無料配布はない。新幹線のように機内販売のワゴンが回ってくる。この販売メニューに昨年あたりから温かいコーヒーというのが加わった。さらにカフェラテも。ソフトドリンクはすべて100円。

このホットカフェラテを買ってみた。ワゴンのCAさんに注文すると、奥で作って持ってきてくれる。そういえば、ワゴンサービスの直前にコーヒーの香りが漂ってくるのが、これだったのだな。
d0000059_0173829.jpg


このカフェラテ、熱いコーヒーに自分で牛乳を混ぜて作るという、変わったスタイルだけど、100円というお値段からするとかなりおいしい。他社の煎じ薬のようなコーヒーなどからすると、ほんとにコーヒーだもの。地上のあれこれのカフェのよりもいいかも。

難点は二つ。一つは飛んでる飛行機の客席で牛乳をコーヒーに混ぜるときこぼさないようにかなり神経を使うこと。これはけっこう危ないように思う。もう一つは、牛乳が熱くないのだ。冷たくもないが、これでコーヒーがぬるくなってしまう。猫舌にはちょうどいいかもしれないけど。

季節限定でアイスコーヒーとアイスカフェオレもやっていて、こちらは最初から牛乳が混ぜてある。


コーヒーもカフェラテも100円。(他にミニペットボトルの飲み物やスープなど)


時間帯と運賃でANAをほとんど利用しなくなったが、飲み物はどうなったのだろう。スタバのインスタントコーヒーが200円だったりしてたが。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-27 00:16 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

CAT'S CRADLE の胡桃タルト

キャッツ・クレイドル@早大通り大隈講堂横

久しぶりに会う友だちとおしゃべりを楽しむ。
このカフェは、ブックカフェとして本にも紹介されているのですって。テーブルの上にさりげなくその本が置いてあったりする(笑)。

胡桃のタルトとコーヒーはマグカップで注文する。コーヒーのマグカップというのはいいなあ。スタバのようなカフェではサイズ別の注文は当たり前にやってる。

胡桃タルトは、ホイップクリームが添えられたかわいらしさからは想像もつかないほど超ヘビー級だった。晩ごはんを食べようかどうか迷うくらいにずっしりと応えた。おいしいのは普通においしかったけど。コーヒーも普通においしくいただく。

積もる話はとめどなく、楽しかった。


胡桃タルトとマグカップコーヒーのセットで850円。


以前の訪問の記録
カレーランチ
[PR]
by e3eiei | 2013-04-06 00:01 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)