不在者投票で警察の事情聴取?

『富士日記』 昭和43年6月13日 中公文庫(中)345

テレビで。勝山村は大量棄権の恐れがある。勝山村は三月三日の村長選挙のとき、六十八パーセントが不在者投票をしたので、警察に出頭を命ぜられ、事情を聴取された。それで、今度の参院選挙では絶対投票に行かないといいだす村民が多くなり、村役場では慌ててチラシを配って、選挙に行くように説得している。

不在者投票がかくも高い割合に上った要因は何だったのだろう。

付記
つまりは土地の有力者による戸別訪問と買収がらみの不在者投票ということであったらしい。
「なぜこういうことを申し上げるかと申しますと、実は三日に行なわれました山梨県の勝山の選挙の例ですが、この勝山村の選挙は三日の投票日ということでありましたけれども、告示から五日目にすでに六四・八%の不在投票をしてしまった、こういう事実があるわけです。これについては、もうすでに三十数名が取り調べを受けている、きのうの夕刊等でも逮捕された、こういう記事が出ておりましたが、このようにして一部の人が戸別訪問をやる。たまたまこういういなかのほうに行きますと、部落を押えている有力者、その人だけが戸別訪問をやるというような形になってまいりますと、これは当然その有力者の圧力のもとに、本来あるべき選挙の姿を曲げて公平な選挙ができなくなる。これは私見て驚いたのですが、すでに告示から五日目で六四・八%も投票が済んでしまった。しかも当日不在という理由です。」(第058回国会 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号 昭和四十三年三月六日(水曜日))
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/058/0530/05803060530003c.html
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/058/0530/05803130530004c.html
[PR]
# by e3eiei | 2006-04-13 23:41 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

産業構造が変化する

『富士日記』 昭和42年7月11日 中公文庫(中)148

○そんなこんなで、結局、一家のうち、サラリーマンとなって定収入を持ってくる人が一人はいて、あとは野良をして、それも自分のうちで喰う分と、余れば出すというくらい作っているのが安気だねえ。
○何ていっても、サラリーマンが一番!! 能がなければ能がないように安月給を貰ってくれば、それはそれなりで、やりくりして暮らせる。頭のいいもんは事務をやればいいし、わるいもんは、土方だって、男は千五百円、女は千円とれる。旅館のアルバイトなら女でも千二百円で、食事付き、昼寝付き、おやつ付き、風呂付きで、大切に雇ってくれる世の中である。田畑を人に貸して雇われに行ったほうがいい。一日千円の日当で畑仕事の人を雇って畑を作って、今年の野菜の安値ではなあ。雇われていった方がいい。
 お上さんは顔を高潮させてしゃべる。のんきそうな私に、あてつけてしゃべりたかったのだろうか。
 ずっと前、外川さんは、「田んぼぐれえ安気なものはねえ。田植に大騒ぎして人をよんで植えてもらえば、あとはとり入れのとき、もう一度人をよべばいい」というようなことをいっていたが、あれは自分でしないで、奥さんだけがしていて、その奥さんが無口で、一人黙ってやるから、気が付かないのだろうか。

第一次産業から第二次・第三次産業へ。俸給生活者は憧れというよりも「定収入が得られる」安定した生活をもたらしてくれるという認識。農業で暮しを立てていく貧しさと不安定さがあったのか。
さらにそのなかでもまたジェンダーによって二重化した階層。
[PR]
# by e3eiei | 2006-04-13 23:27 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

おぼえ

『富士日記』 昭和42年7月11日 中公文庫(中)149-50

ここに小屋を立てる前は、夏になると長野の角間で過した。主人は<部屋の中に座って仕事をしているらしい。字を書いているというからお習字の先生かな>などと村の人たちに噂されていたが、一日中ぶらぶらと、なんとなく子どもを連れて歩いたり、郵便局に行ったりしている私のことは「奥さんが気が変だから、頭に効くここの湯につかりに来ているらしい。その合間に字を書く仕事をしている――旦那も大変だなあ。奥さんも可哀そうだなあ」といっていたらしい)これはあとになってわかったこと)。村の女の人二、三人にとりかこまれて「東京にいるときは何をなさるのかね。東京の女の人の仕事はどんなんかね」と訊ねられ「ええと。ご飯を作って買出しに行って、また、ご飯を作って。それから洗濯もする。客がくればもてなすなどね」と答えると「はああ。おらたちは、そういうことは野良から帰って一休みするときにするなあ。いつも休んでると同じことだなあ」。羨望どころではなく、バカにされた。
もの書きというのは、虚業家だなあ、と主人はいうことがある。
私は実力なし。虚力の女だ。
[PR]
# by e3eiei | 2006-04-13 00:00 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

おぼえ:変わらないということは変わるということ

国会NOW:決めせりふは『山猫』 小沢氏が民主代表 2006/04/08

「 国会ウオッチ!」(浜田秀夫)  (JANJAN)
国会NOW:決めせりふは『山猫』 小沢氏が民主代表         2006/04/08

 「自分が変わらなければならない」。そんな変身を訴えた小沢一郎氏が民主党の代表となった。マスメディアでも取りあげているだろうけれど、小沢氏は自己改革のため映画『山猫』(1963年)に言及した。実は、このことは昔から小沢氏が何度も繰り返して得意の、いわば決めせりふだった。監督が巨匠ルキノ・ヴィスコンティ、俳優陣がバート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレという豪華な顔ぶれの映画について、小沢氏は早くからその政治性に着目していた。

 代表選びの投票前に、候補が行った政見表明が民主党ウェブサイトにある。それを聞くと、小沢氏は「青年時代に見た映画『山猫』のクライマックスのせりふを思い出している。バート・ランカスター演じるイタリアの老公爵が、なぜ革命軍を支援するのかと尋ねられ、『変わらず生き残るためには変わらなければならない』と答えた。英語で言うと"We must change to remain the same"という。歴史上、長く繁栄した国家は例外なく自己改革を成し遂げている」とした。そうして、日本社会や民主党も改革の必要があるし、まず「私自身が変わらなければならない」と述べた。

------------------------------------------------------

さとなお

We must change to remain the same2006年04月08日(土) 9:04:46

「変わらないために変わる」はボクの好きな言葉で、このさなメモでも何度も書いている。
もともとは映画「山猫」の中でのバート・ランカスターのセリフ「We must change to remain the same」。訳すなら「変わらずにいるためには変わらないといけない」かな。

   

     とりあえずおぼえのために
[PR]
# by e3eiei | 2006-04-08 23:06 | 見聞 | Trackback(1) | Comments(0)

4日目 はつ風呂

d0000059_10482065.jpg
d0000059_10521478.jpg
[PR]
# by e3eiei | 2005-03-29 10:52

3日目

組み立て完了。モデルルームのごとし。
d0000059_10393730.jpg
d0000059_10435313.jpg
ドア工事等は翌日。
[PR]
# by e3eiei | 2005-03-29 10:39

2日目 コンクリート打ち

給湯器も設置完了。
d0000059_1036551.jpg

[PR]
# by e3eiei | 2005-03-29 10:35

1日目 解体撤去

地面登場
d0000059_10323881.jpg

[PR]
# by e3eiei | 2005-03-29 10:32

以前

d0000059_10175893.jpg

[PR]
# by e3eiei | 2005-03-10 10:51