<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋葉原 のものキッチンの豚丼

のものキッチン@秋葉原駅駅なか

秋葉原で総武線を下りてTXの発車まで40分。この少々微妙な時間にお昼を食べることにする。
駅を出てどこぞでファストフードという手もあるが、ふと「のもの」の2階にレストランがあったような記憶がよみがえる。

2階のレストランは思ったより広々している。レジにいたスタッフに電車の時間があるんだけどお料理すぐ出ますか?と尋ねてみると、5~6分ですと教えてくれる。それなら大丈夫とここでお昼にすることに決める。

席は窓側のカウンター席と壁側のソファにテーブル席があり、ソファ席に案内される。カウンター席は改札とコンコースを見下ろせる眺めのいい席、ソファ席はくつろげる。
ランチのメニューは丼物がいくつかと定食ものがある。早くできそうなのはどれか尋ねると、目玉焼きの乗ってるのは卵焼く時間がかかりますからそれ以外の方が、と親切に教えてくれるので、豚丼を単品で注文する。

隣の席では高齢の男性がけーたい電話で声高に話をしており、スタッフがさりげなく「お電話はお外でお願いします」と告げる。男性は電話を切り「怒られた」とか言ってるが、さほど気分を害したふうでもない。このさりげなくもきちんと伝えられるスキルはお店にとっては貴重だなあと感じる。理不尽なおじさんたちは注意されるとわーわー怒ったりすることがあって、周りのせっかくの食事が台無しになるのだ。

書類に目を通すなどしているとほどなく運ばれてくる。
野菜の乗った目にも美しい豚丼と、お手塩にはたぶん「だし」という刻み野菜の漬物、それにお茶漬けようにだし汁の入った容器が添えられている。
美しい豚丼は蒸したジャガイモ、カボチャ、ブロッコリ、それにミニトマトと、甘辛くタレ焼きにした豚肉が乗っている。豚肉はタレの味が濃すぎて豚の旨みが遠のく。
特筆すべきはごはんがおいしいことだ。たぶんどこかの「のもの」なんだろう。
タレが強いので野菜を片付けてだし汁をかける。これは大正解だ。スプーンが添えられているのでしゃぼしゃぼのごはんをするするといただく。お汁ごはん好きには願ってもないことだ。ごはんの量は女性向き軽めのお昼にちょうどいいくらいだ。

そういうわけでささっとお昼を済ませ、電車にも十分に間に合う。お店を探したり移動の時間がかからないのでこの場所はありがたい。

豚丼は単品で800円ちょっとくらい。



[PR]
by e3eiei | 2017-01-29 12:23 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

佐賀市 ビーフ食堂のロービー丼

ビーフ食堂@高木瀬公民館前交差点西に入る

ここはずいぶん人気のようで、彼の地にしては珍しくいつも行列ができている。
この日は悪天候で覗くと空席があったので、母と再訪してみる。入口にはウェイティングリストがある。

前回はハンバーグをいただいてとてもおいしかった。
今回私はロービー丼の小、母は再びハンバーグである。
コーヒーは、ごはんか定食セットを注文しなければ提供できないと言われるので、定食セットを一つ注文する。
どうやら前回のコーヒーは開店時の期間限定だったようだ。

サラダ(キャベツとサニーレタス+胡麻ドレッシング)とお味噌汁をセルフサービスでよそってくると、さして待つ間もなくロービー丼、そしてハンバーグが運ばれてくる。
ハンバーグはじゅーじゅーはじけていておいしそう。
ローストビーフ丼は薄切りのビーフがごはんの上に敷き重ねられ、真ん中に卵黄が鎮座する。酸味のないマヨネーズがたらりと掛けられ、ワサビが添えられている。ソースは甘辛い和風味。
ビーフは悪くはない。あっさりしているので卵黄やマヨネーズで補っていただく方がいい。
わたしは最初に真ん中の卵黄を垂直に潰して卵ごはんにしてしまったので、ビーフはごはんとともにいただく。
パンチがないのでわさびを添えていただくがわさびが少なすぎて全体がもさもさした印象になる。これは少々食べ飽きる。

母のハンバーグを一口いただいてみると、これは熱で牛脂のとけたハンバーグのほうがおいしい。

おいしかったのはソフトクリーム。
定食セットはサラダと味噌汁(とごはん)、それにソフトクリームで、いずれもセルフサービスでお代わり自由だ。
このセルフサービスのソフトクリームが本格的でおいしい。ペーパードリップで1杯ずつ入れたコーヒーは香りが少々弱いがまずまず食後にほっとする。コーヒーとソフトクリームで気持ちのいいお昼を締めくくる。

ここはみなさんささっとお食事をして出られるので回転が速い。どちらか言うとラーメン店みたいな雰囲気があって、お昼は気持ちがいい。
赤ちゃん連れ、ママたち、若者グループ、ビジネスマンたち、老若男女の集ういいお店だ。

ハンバーグ(小)とロービー丼(小)と定食セットとコーヒー二つで2400円。
ソフトドリンク無料券をいただく。

以前の訪問の記録


[PR]
by e3eiei | 2017-01-25 15:11 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

新江古田 ラ・リオンのワンプレートランチ

ラ・リオン la lionne@新江古田

お昼は江古田近辺でと歩いていると、懐かしいお店を通る。行きすぎようとしてちょっとのぞいてみると、ボードにワンプレートランチの文字も見える。チキングリル、カフェ付きと書いてある。ああ、そうだったここは食後のコーヒーまでおいしかったんだ、とガラス扉を開ける。

ちょっと早い時間だったが、数組のお客さんが入っている。

ワンプレートランチを注文する。きれいに磨かれたワイングラスにお水が注がれ、ナイフとフォークはチキン用だけ残され、テーブルが整えられる。ちょうど注文が立て込む時間帯だったのだろう、ちょっと待つなあ、というくらいの時間は待つ。無粋ではあったが読みかけの本を読む。

そして運ばれてきたプレートは、なんというか、少々ぎょっとするようでもあった。焼き色のついたおいしそうな鳥もも肉がでんと鎮座しているだけのお料理なのだ。2つ割の小ぶりのジャガイモが添えられてはいるが、ストレートに鶏肉だ。
さて、切り分けつついただいてみると、塩味が結構強い。食べ慣れるとおいしいが、最初は少々つらいくらいに感じる。
お肉の下にはソテーしたきのこが少々。思い出したのだが、ここはお肉の下に敷き詰めた野菜がおいしかったのになあ。このきのこはほんのささやかなものでこれは残念だった。
温めたパンは小さな丸パンとバゲット。これはおいしい。バターはないのでソースをすくってみたりする。

気がつくとお客さんも増えている。気の張らない庶民的なお昼ごはんとして利用されているようで、和やかな雰囲気だ。

食べ終えるころにたっぷり入ったコーヒーが運ばれる。マシーンで入れてあるが、おいしい。

さっさと食べ終えるが、気持ちはゆったりとしたいいお昼になる。
キッチンに立たれるマスターは頭がずいぶん白くなっておられた。

ワンプレートランチは税込み950円。(お料理とパンとコーヒー)
記録を見るとこの前来たのは2010年なのでずいぶん久しぶりだったわけだ。


以前の訪問の記録



[PR]
by e3eiei | 2017-01-21 01:02 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

西荻窪 笠置そばのかき揚げうどん

笠置そば@西荻窪駅南口

ちょうどお昼時ではあったが、あまり食欲もなく、寒くもあり、やわやわと温まるものを求めてとりあえず南口の食べもの屋さんが密集しているあたりに足を向ける。
さしあたりの目当てとしては、はつねという名高い中華麺屋さんだ。行ってみるとやっぱり7~8人が列をなしておられる。ここはつねにそんなようだ。
それで、どうしようかとカレーでもないしなどとぶらぶらしていると、このお蕎麦屋さんがある。

ここは何度か来ている。カウンターに丸椅子だけの立ち食いそば+@なお店。
かき揚げうどんを注文する。
前に来たときにうどんはここで打つと仰ってた。天ぷらも揚げ立てをガラスケースに置いてある。
うどんを茹でる時間だけかかるが、比較的あっという間に来る。
食べながら、次のお客がセリの天ぷらとか牛蒡の天ぷらとか言っておられるのを聞いて思い出した。ここではケースの天ぷらを指定することができるんだった。惜しかったな。何年に1回という単位で来ているとそういうことも忘れてしまう。

ここのうどんもそうだけど、とりわけそば・うどん屋さんのつゆが濃い。
九州を出自とするものは、やわやわのうどんと丼の底が見通せるくらいの色合いのつゆでなければと思う。
東京のうどんはコシが強くつゆも濃く、いまだに慣れない。

かき揚げうどんは、400円だったかもうちょっとくらい。

以前の訪問の記録



[PR]
by e3eiei | 2017-01-08 11:09 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)