<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

江古田 girasole (ジラソーレ)のパスタランチ

girasole (ジラソーレ)@江古田駅南口

寒い日に中華の熱々麺を食べたくなって、和興楼に向かう。ドアを開けると大盛り上がりの女性ばかり6人グループが叫びあうようにしゃべっている。ありゃりゃ、引き返すかな、とも思ったが、しょうがないとあきらめて席に着く。ところがしばらく待ってもご亭主はうんともすんともない。カウンターの奥をのぞくと料理に専念されている模様。グループのテーブルを見ると半分の人はビールグラスだけなのだった。こうなればもう引き返すしかない。

内心これ幸いとコートを着直して店を出る。
で、出たところで落ち着いたたたずまいのジラソーレが待っているという筋書きだ。

とてもとても久しぶりに来た気がする。が、奥さんの面差しは覚えているのだった。
ここもわたしで満席になる。2人組のお母さんたちや若い男性グループや、おひとり様や。和やかだ。

Aランチはトマトソースかオイルのパスタとドリンク。これにする。
トマトソースはアンチョビとオリーブなど、アンチョビは控えめにお願いする。
しばらく待つ間にやり残しの雑用を片付け、いいタイミングで運ばれる。

おいしいパスタを食べたのも久しぶりかもしれない。少なくとも、ああ、アルデンテ、と脳のどこかがつぶやく。熱々でやわらかい味わいのトマトソースで好みだ。もう少しオリーブオイルの香りがあるとさらに好みだ。
きれいに食べ終える頃に熱いコーヒーが運ばれる。

おいしいものをカジュアルにささっといただいて、いいお昼である。

Aランチは700円。
(これにスープと前菜がつくBランチは1000円。さらにCランチもある)

ランチタイムは全席禁煙になってる。


以前の訪問の記録


[PR]
by e3eiei | 2016-12-17 16:51 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

江古田 ブーランジェリー・ジャンゴのパン

ブーランジェリー・ジャンゴ Boulangerie Django @江古田駅西側 練馬税務署前

そろそろカキフライのシーズンだし、久しぶりにキッチンおばさんに向かってみる。
「おばさん」の手前隣に自転車が何台か停まっている。
覗いてみるとかわいい、でも確かな手ごたえのありそうなパン屋さんだ。ちょうど境の踏切パン屋の雰囲気がある。

あっさり進路変更してパンを食べてみることにする。
ショウケースにハードパン系のサンドイッチが何種類も並べてあり、レジ側のケースには調理パンと甘いパンがこれまたずらりと並んでいる。わきには焼き菓子も少し置いてある。

サンドイッチの棚を見ていると焼きサバサンドというのがあり、トルコとかヨーロッパの北の方の昼ごはんを思い、それを一つレジに持っていく。
もう一つ甘い系のパンを見ると、アマンドというのが人気らしいのでそれを一つ。
イートインはないので持ち帰る。

焼きサバサンドはレタストマトとレモンの皮を散らしてある。焼きサバの塩味と脂とレモンがよく効いてとてもおいしい。パンはハードではなく、食べやすい。これは大ヒットでした。
アマンドはマスカルポーネが入った甘いパンで上品においしかったが、サバサンドの後には甘みが足りなかった。もっとがつーんとした甘いのがよかった。

いいパン屋さんを見つけた。再来決定。


焼きサバサンド430円。アマンド180円。


HPを見ると開店してから5年がたったと書いてあり、そんなに長くおばさんに来ていなかったのかと訝しむ。たぶん、気がつかなかったんだろうなあ。もったいないことをしてた。

[PR]
by e3eiei | 2016-12-14 22:36 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

東小金井 明洞(ミョンドン)のビビンパ

明洞(ミョンドン)@東小金井南口商店街

ここのランチはいつからか金土日だけになってた。ちょうど週末のお昼時だったので行ってみる。

階段を下りていくが、この階段が少々暗くて不穏な感じなのがひるむ。お店はいたって普通でおかみさんも家庭的な雰囲気の方なのだが。

食べるのはビビンパと決めていたのですぐに注文する。ちょうど直前に別の注文が入ったらしく、少々待つことになる。
モヤシナムルのおかずがほどなくやってくる。
それを食べ終えて壁のあれこれのメニューなどを眺めていると、大根カクテキと、丼のビビンパ、それにスープ椀の豆腐とわかめのお味噌汁が運ばれる。そしてコチュジャンと、味噌という調味料も。今回味噌というのは使わなかった。

ビビンパのビジュアルは素敵だ。真ん中に半熟目玉焼き。周りには小松菜、モヤシ、ゼンマイ、ささがき大根、そしてもみ海苔。
だいたいお昼の定食になるようなビビンパは牛肉がのっかっていないが、わたしはそのほうがいい。
コチュジャンを少々入れて箸とスプーンで玉子を裂いた後に全体を丁寧にふわふわと混ぜ合わせる。
コチュジャンが甘めでうるわしくおいしい。おいしいので黙々といただく。カクテキも妙に甘酸っぱくなくておいしい。

食べ終えたころにおかみさんがランチにはオレンジジュースか砂糖とミルクの入ったインスタントコーヒーがつきますと注文を取りに見える。
甘くないコーヒーはありますかと尋ねると、最初から一緒になってますと。この会話は何度かやったのに学習しないわたしだ。

あまいコーヒー風を半分ほどいただき、温くない麦茶を飲んでおしまいにする。
満足。

週末とあって、ランチビールを楽しみ、たばこを片手に話し込んでいるグループもあり、少し遅めの時間帯だったがそれなりに繁盛している。


ビビンパのランチは750円。


以前の訪問の記録
何度も来ている筈だが、記録は残していなかった。


[PR]
by e3eiei | 2016-12-04 23:35 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)