<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

萬年家さんのいちご大福(白餡)

萬年家@福岡空港第2ターミナル

空港ターミナルビルの工事で奥の方にあったお菓子屋さんが出発ゲートの正面に移動してきて、お買い物が楽チンになった。
一文字焼大福はお手軽なので毎度三個包みを購入していたが、今年になってバラ売りが始まり、ますます便利だ。

店舗の奥のほうでいちご大福をワゴンでばら売りしている。黒餡と白餡。ここは迷わず白餡にする。

これはこれは上等でとてもおいしいちご大福だった。
ほわほわの羽二重餅とクリームのような白餡、そしてきりっと甘酸っぱいイチゴ(多分あまおう)。
酸っぱいの嫌いな母も、これはおいしいと太鼓判を押した。
d0000059_10561992.jpg
いちご大福は1個250~300円くらい。



[PR]
by e3eiei | 2016-02-28 10:59 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館は閉店? 休業? するのか? ⇒休業

ワセダ菜館@早稲田通り 西早稲田バス停前

今朝起きがけに夢を見た。ぷらんたんがお店をやめられると言うのでパーティーか会食の準備をしているのだった。広い会議室のようなところで長テーブルをくっつけて真っ白いクロスをかけていった。

すると、今朝の朝日新聞デジタル版に、エルムの閉店が報じられている。わたしは正夢など見たことがないが、ああ、この暗示であったかなどと思ったりもする。
エルムは、その大盛りぶりの喧伝に恐れをなして、一度も入ってみたことはなかった。
気になるので「ぷらんたん」を検索してみるが、別条はないもようだ。何よりだ。

そうかそうかと思いつつ、そういえば長らく行っていないなあと思って「ワセダ菜館」を検索してみたら、ビルの建て替えで休業とか閉店とかという書き込みがいくつかヒットする。→たとえばこれ■など。第一報は昨夏で、9月30日をもって一旦お店を閉じられると書き込まれている。ビル建て替え後は再営業という情報もある。

あの、気配りしつつ黙ってほっといてくれる、弛緩しているが決してだらしなくなっていない、ひとりの昼ごはんにはもってこいの雰囲気は得難いものがあった。滋味哀愁の漂うお店の雰囲気も、家庭的定食屋さんの味わいも好きなのだ。
たぶん当サイトで一番たくさん書きこんだのはワセダ菜館だと思う。とりわけひき肉オムレツにトマトケチャップをかけてマヨネーズ味の濃いポテトサラダとキャベツの千切りをたっぷり添えたオムレツ定食。ああ、書いてるだけでもうれしくなる。

ぜひともあの雰囲気とお味で再び営業していただきたいと願っています。
春になったら行ってみる。ロゴ画像はしばらくこのままにしておく。


追記(2016年4月)
早稲田通りを行くと、ワセダ菜館のあった場所にビルが建ちつつあり、そこに大きめの看板に「ワセダ菜館は休業」と明記してある。2016年9月2017年7月に再開するそうだ。
ああ、よかった。

追記(2016年9月)
看板には平成29年7月とあるから、2017年、あと1年近くかかってしまうのだなあ。
d0000059_23192748.jpg


以前の訪問の記録


More
[PR]
by e3eiei | 2016-02-15 12:11 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

人力うどんのエビ天うどんと牛蒡天うどん

人力うどん @佐賀市高木瀬町長瀬

国道沿いの怪しげに目立つ看板のうどん屋さんに、母と所用の帰りにちょっとためらいつつ入ってみる。

引き戸を開けると、中は思ったよりも広々と明るく清潔な感じだ。
入ったところにカウンターで数席、広いところは4人がけのテーブルがたくさん並び、奥は小上がり、そして10人ほどかけられそうな大テーブル。
お昼ちょっと前で4人がけはほぼ埋まっている感じなので、大テーブルの角に席をとる。

チェーン店らしいメニューが置いてあり、検討する。佐賀だからかしら、ずいぶん安い。それに素うどん(かけうどん)(220円)もある。
テーブルに注文を取りに来てくれる。

ほどなくどんぶりが運ばれてくる。
いいサイズのさくさく揚げたての天ぷらに小ネギもたっぷり。
うどんは九州のふわふわうどんだけど、ややもちもちした食感だ。
つゆは煮干しではなく鰹節で、少々塩からい。熱々をおいしくいただく。
テーブルには一味唐辛子と柚子胡椒が置いてある。フロアの片側に天かすとお新香が置いてありセルフサービスでいただくことができる。お水もセルフサービス。お茶はない。
全部いただいたらかなりお腹がくちくなった。勤労男性向きの分量だ。
それでも男の人たちはうどん定食を召し上がっている。

お客さんは老若男女おひとりさまからグループまでバラエティに富んでいる。
お店の向かい側に工場団地があるので、そこの勤労者がみえる。ご近所の高齢男性も何人か。ご夫婦、子連れ、営業途中のサラリーマン。
みんなもりもりと食べてごちそうさまと出ていく。
気持ちのいいお昼ごはんになる。

エビ天うどんは430円、牛蒡天うどんは360円。



[PR]
by e3eiei | 2016-02-04 00:47 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)