<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

笠置そばの天玉うどん

笠置そば@西荻窪駅南口

西荻で用を済ませたあと駅南口の評判の高い中華ラーメンに行ってみる。2時を回っているのに6~7人の行列ができている。
この辺はやきとりだのエスニックだのお店が軒を連ねていて、ウィークデーのお昼にもう店先でジョッキを傾けておられる。何か麺類の気分になっているのでそのあたりを見回してみると手打ちうどんののぼりが見える。のぞいてみるとカウンターだけのお店で2~3人の男性が食事中だ。

店先の看板にメニューがいろいろある。カウンターに腰かけて天玉うどんを注文する。すると、うどんがねえ、いま切れちゃってて、あと15分くらいでできるんだけど、細ーいうどんならあるけど。とおっしゃる。せっかくならなんかそのあと15分でできるのを食べてみたくなり、じゃあその辺ぐるっとして来ますと出直すことにする。ぐるっとしてる間にいいところが見つかるかもしれないし。

で、このぐるっとは西荻の魅力を十二分に発見できて楽しい街歩きになった。
モイスェン(Maeuschen)というとてもかわいいケーキ工房でおいしいタルトをお土産にしたり、インドカレーの香りをあたりにまき散らしている料理スタジオの入った古いビルの1階がおもしろかったり。とてもおしゃれな住宅街のそこここに雑貨店やこじゃれた食堂やカフェがあってすてき。少し前まで吉祥寺もこんなふうに立ち寄ってみたくなるわくわく感や親しくおしゃべりしたくなる雰囲気が横溢していたなあ、と西荻の虜になる。
小一時間も歩いてけっきょく最初の笠置そばに戻る。

再びカウンターに座るとおじさんが、ああ、うどんね、と言われる。奥の席では店のおばさんと客の男性がどこかの花火大会の話で盛り上がっている。
カウンターのガラスケースに何種類も天ぷらが置いてある。切れてるのもある。で、天玉うどんというのは、熱いおうどんに野菜かき揚げと生卵、それにたっぷりの刻みネギが乗る。おじさんが実に手際よく調理される。
うどんはいかにも手打ち手切りの平べったい麺。おつゆは少し甘くて、最初うわと思う。でもこれがすぐに慣れてきて生卵にも合うのが不思議。
おじさんにお店で打ってるんですかと聞くと、ええ、と。きしめん?と聞くと、少し暑くなってきたでしょ、それでちょっと平べったくしたんです、寒い時は煮込みなんかで太い麺にしてたんだけどと言われる。細いのもあるそうだ。稲庭みたいなの?と尋ねると、まあそう、ここで打って切るのはこっちは機械だけどと言われる。おもしろいものだと思う。平麺はそれほど強いコシを感じるのではなく、かといってつるつるでもなくふにゃふにゃでもない。でもおいしい。

後で来た人の注文の仕方を見ていると、「海鮮、そば」という。つまりあったかいおつゆのうどんか蕎麦を決めて好みの天ぷらを入れるのだ。これいいなあ。天ぷらは揚げたて、持ち帰りもできると書いてある。

天玉うどんは440円。(460円だったかな?)

うちに帰ってネットで検索してみると、笠置そばというのはチェーン店らしい。ずいぶん自由度の高そうなお店にみえる。
(天ぷらケースにはタラの芽など山菜の天ぷらまであった)


[PR]
by e3eiei | 2014-04-26 22:20 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのメーヤウのグリーンカリー

メーヤウ@馬場下交差点そば

とても久しぶりにメーヤウに行く。
どれだけ久しぶりか、このブログの記録では前回は2012年3月となっている。おそらくその後何度か行ってはいるはずだが、、、

1時過ぎでほどよい空き具合だ。訪ねてみても満席で入れないということが少なからずあった。カウンターに席をとる。
久しぶりに来たので原点のグリーンカリーをいただくことにする。さて、ここでごはんをどうするか、という問題だ。これまで何の躊躇もなく普通(270g)をいただいていたが、このところの「ごはん少なめ」傾向からすると少なめ(200g)にしたほうがいいか、と路線変更を試みる。

待つほどもなくごはんと、そしてカリーが運ばれる。
ブリックナンプラーのブリックを、とボトルの蓋を開けると、何とブリックが数片しか浮いていない。あらら、前客は余ほど辛いのがお好きだったのかしら。浮いてるブリックをいくつかごはんに散らしてカレーをかけていただく。ああ、この味この味!!ごはんに少し芯の残る炊き方になっているのはこのように変わったのかたまたまなのか。カレーにはよく合っている。カリーの具は千六本にした筍と大根、赤ピーマンといんげん、それにずいぶん遠慮がちになった豚肉と茹で卵が半分。バイマックルーは髪の毛のように細く芸術の域で千切りにされている。もっとバイマックルーを!としばしば思う。
懐かしくもおいしくて夢中のようにいただく。

最後の一口を平らげて、とても満足する。
ああ、普通盛りをもりもりと平らげていたわたしの健啖の季節は終わってしまったのか。。かなしい哉。

グリーンカリーは750円。

以前の訪問の記録
カントリーカリー
グリーンカリー
インド風チキンカリー
インド風ポークカリー
タイ風カントリーカリー
インド風野菜カレー
キーマカレー
レッドカレー
レッドカレー




[PR]
by e3eiei | 2014-04-24 17:09 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

パオ・キャラヴァンサライ - PAOのカーブリ・パラウランチ

パオ・キャラヴァンサライ@東中野駅西側山手通り沿い

東中野で途中下車してお昼ごはんをとることにする。あそこにはさわやさんというおいしいお惣菜屋さんがあり、確かイートインもあったはず。
駅出口を間違えて西口というところに出ると、飲食店がたくさんある。山手通りを渡って銀座商店街にいく。さわやさんはお店の前に台を出してお弁当をたくさん売っている。中でいただけますか、と尋ねると、ええ、、でも椅子がないので立って、とおねえさんは少々困った顔で教えてくださる。のぞいてみると、夜の立ち飲みのためのスペースでお昼間ここで弁当を使うのはいただけない風情。しょうがない。
お向かいにキッチンドナルドという、地元の人に使い込まれた様子のおいしそうな定食屋さんもある。でも、西口から山手通りを渡ったところに異彩を放つ外観のエスニックのお店があって、そこが気になっていた。戻ることにする。

お店の入り口の上に横長の富士山の絵がかかり日本一と書いてある。お隣は屋台風のエスニックサンドイッチも売っている。

中はがらんとしていて小上がりというには広い絨毯敷きのお座敷風、さらに奥には大テーブルとカウンターがある。靴を脱いで膝を折るのが面倒なので奥のテーブル席にする。

アフガニスタンレストランらしい。
ランチメニューは包ランチとして3種類、おねえさんは麺、ごはん、パンと紹介してくださる。

ごはんもののカーブリ・パラウをセットで注文する。お水はレモン水。
さほど待つ間もなくキッチンで鍋をふるっていた男性がトレイに乗せて持ってきてくださる。半白の長い髪をポニーテールにした人。
量がすごい。大皿の上に長粒米のピラフがドーンと山盛り。食べ飽きたらこれをつけてどうぞ、と言われる。豆板醤みたいな見た目で、辛いですかと聞くと、辛くはない、チャツネみたいなものだと言われる。ごはんはバスマティ米でパスタかと見まがうほど細長くて美しくておいしいが、かなり油を使ってある。干しブドウがアクセントになっている甘みの感じられるピラフ。食べ進んでいくと山の下から15センチくらいの羊のスペアリブが現れる。やわらかくて身離れもいい。それほど羊羊したにおいはない。チャツネはほの苦い風味。
おかずのバンジャンがおいしい。皮をむいた茄子とトマトがくたくたになって甘く、ちょろっとかかったクリームと和えていただく。こちらもかなり油を使ってある。

パラウもバンジャンも余さずおいしくいただく。アフガニスタン料理はほとんどスパイシーではない。やんわりやさしい味わいだが、油と羊の風味が利いている。ここのお店は量がすさまじいので、お腹の調子のいいときに行くのが吉。

包ランチ:
麺は「包めん(丸とりスープ)」600円。
ごはんは「カーブリ・パラウ(羊肉・にんじん・干しぶどうの炊きこみごはん)」、それにおかずの「バンジャン(茄子とトマトの煮込み)」「サラダ」1000円。単品で850円。
パンは「グビデサンド」とバンジャン。700円。グビデサンドはアフガニスタン風ハンバーガー。隣の屋台風でも売っている。

お店ではTシャツ+サンダルのおねんさんとポニーテールのおじさん、それにアフガニスタンの男性と女性が働いている。4月7日からランチ始めました、と書いてあった。それでお客さんが誰も来ていないのかもしれない。おもしろいお店だった。また行こう。

お店の名前はなんだかカタカナで書いてあったように思い、あとでネットで検索するが、「パオ・キャラヴァンサライ」としか出てこなかった。孤独のグルメでも紹介されたようなメジャーなお店だったのだ。



[PR]
by e3eiei | 2014-04-18 13:46 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

お志ど里のお刺身定食

先週、久しぶりの江古田で、事前に調べてみるとイスラエル料理のシャマイムが5月いっぱいまでランチ営業をやると書いてあるではないか。この機を逃してはならないと、ファラフェルファラフェル、フムスフムスと唱えつつほとんどるんるんしつつ向かう。
お店の階段に通じる扉が何か暗い感じで閉まってる。。。ドアを押してみると鍵はかかってないが、階段の上の方は明らかに暗くて淀んでる。
え、、お昼、ランチやってないのか。。

しょうがない。

なかなか頭がフムスから切り替わらないので、隣のお志ど里にもぐり込む。何か食べたい? 選べそうにもないので考えずに済むお刺身定食にする。ごはん少なめで。
マグロ、中落ち、はまち、甘エビ、たこだったかな。盛りだくさん。マグロの色がちょっと黒ずんでて残念だったけど、白いごはんとおいしく機嫌よくいただきました。
ひじきの小鉢と、麩とわかめのお味噌汁。


以前の訪問の記録
生姜焼丼
刺身定食
刺身定食
うな丼

シャマイム 以前の訪問の記録
シャクシューカランチ
ファラフェルランチ
チキンカレーランチ



[PR]
by e3eiei | 2014-04-13 16:55 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)