<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こがねやのサンドイッチ

黄金や@東小金井

こがねやが長らく休業していて、先週オープンした。そのころ通りかかったので行ってみると、えらく品数が減ってしまい、閑散としていた。

お昼前に通ることがあったので、サンドイッチでも、と思い立ち寄ってみる。
休業前に置いてあった、ラウンドジョブまどかというところの素朴でボリューム満点のサンドイッチやお弁当、それに、ファンタジスタやたなかていのパンも姿が見えない。その代わりにずいぶんこじんまりとお上品なサンドイッチなんかが置いてある。
それだけでは心もとないので、かめやさんのすあまも一緒に買う。

レジの中では3人もの人がなんだか慣れない風でおろおろされている。
前にあったパン屋さんのパンやお弁当はきょうはまだ来てないんですか、と尋ねてみると、あれは取り扱いをやめました、というおこたえ。うわー、それはたいへんに残念、、、、サンドイッチやお弁当は2階で作ったものを置いてます、ということだった。

サンドイッチは400円、すあまは100円。


けっきょく、案の定というか、4時ごろお腹が空いて、コンビニでおむすび1個とバナナ1本さらに買って食べましたとさ。


以前のサンドイッチの記録
ローストビーフサンドとポテサラサンドのコンビ
ハムキュウリ、ロースカツ、海老カツのコンビ



地元の商工会との関係とかという話もちらりと聞こえてみたり。以前の店長さんという人も去年の秋ごろからぱったり見えなくなっていたり。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-31 23:38 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

再び、子どもをそだてることなど考えてみる

クローズアップ現代「幼い命を守れ」をみる。

日本の医療技術の進歩は、これまで生きることのできなかった低体重児などを救っている。
NICUで治療を受けた子どもの中には障害を負って退院する子たちも少なくない。その子たちのお話。

NICUにいる間、親たちはとにかく退院できればと祈る。しかし、退院して、いざ自宅での暮らしが始まると、この子はいったいどこに行けばいいのか、どこにも行くところがないんじゃないかと途方に暮れる。地域に、障害のある子どもの居場所がないのだ。家族の中に家族ともども閉塞してしまうしかない。

番組では医療、看護、介護、そしてOT、PTなどの専門職がそれぞれの領域の垣根を越えてチームを組んで子どもたちのデイサービスを始めたケースを紹介していた。そこで昼間の5時間を子どもたちは専門家やほかの子どもたちと過ごす。親にはこうしてようやく子どもから目を離すゆとりができる。

こうしたデイサービスでは、思いもよらぬ効果があった。それは、子どもたちが子どもたちの中で過ごすということが刺激となって、自ら障害を克服していくケースがあるというのだった。デイサービスに通い始めたころは医師から、もうすることはない、寝たきりになるかもしれないと言われていた子どもが、今や走り回り、普通学級への入学を考えるところまで来ているというのだ。子どもの治癒力や能力というのは、かくもものすごい力を秘めているのだ。

病院は生活の場ではないから、早期の退院は望ましい。だが、現在の日本では、退院した後の居場所が家庭しかないというところが大きな問題だろう。子どもが育つのには社会が豊かな手を差し伸べる必要がある。どんな子どもにも。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-28 23:59 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

スカイマークのカフェラテ

スカイマークの安全確保を優先第1位にしたシンプルな機内サービスが気に入っている。
機内でも飲み物の無料配布はない。新幹線のように機内販売のワゴンが回ってくる。この販売メニューに昨年あたりから温かいコーヒーというのが加わった。さらにカフェラテも。ソフトドリンクはすべて100円。

このホットカフェラテを買ってみた。ワゴンのCAさんに注文すると、奥で作って持ってきてくれる。そういえば、ワゴンサービスの直前にコーヒーの香りが漂ってくるのが、これだったのだな。
d0000059_0173829.jpg


このカフェラテ、熱いコーヒーに自分で牛乳を混ぜて作るという、変わったスタイルだけど、100円というお値段からするとかなりおいしい。他社の煎じ薬のようなコーヒーなどからすると、ほんとにコーヒーだもの。地上のあれこれのカフェのよりもいいかも。

難点は二つ。一つは飛んでる飛行機の客席で牛乳をコーヒーに混ぜるときこぼさないようにかなり神経を使うこと。これはけっこう危ないように思う。もう一つは、牛乳が熱くないのだ。冷たくもないが、これでコーヒーがぬるくなってしまう。猫舌にはちょうどいいかもしれないけど。

季節限定でアイスコーヒーとアイスカフェオレもやっていて、こちらは最初から牛乳が混ぜてある。


コーヒーもカフェラテも100円。(他にミニペットボトルの飲み物やスープなど)


時間帯と運賃でANAをほとんど利用しなくなったが、飲み物はどうなったのだろう。スタバのインスタントコーヒーが200円だったりしてたが。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-27 00:16 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

子どもは誰のものかなどと考えてみる

ハートネットTV 「出生前診断2」をみる。

ダウン症は染色体が一本多いことでの障害者になるのではない。社会のあり方が障害を作りだし障害者を生んでしまう。
かりに出生前診断を受けて障害がわかったときに、自分のうちの近くの公園でダウン症の子どもがほかの子たちと一緒に遊んでいる、近くの小学校で専門家のサポートを受けながらダウン症の子どもがほかの子たちと同じ教室で学んでいる、お店に行けばダウン症の人が働いている、ということを日々当たり前の光景として見ていれば、子どもを産むことに背中を押されるでしょう。ということを伝えていた。

ダウン症の当事者の国際会議で、日本のダウン症の青年が英語でスピーチをしていて驚く。こういうときにいつも感じるのは、自分が本当に狭い考えにとらわれているなあと。驚く自分が情けない。

アメリカのケースを報告していたが、ボストンでは障害児を受け入れる学校に政府(自治体?)が補助金を支給するので、教室に専門家を入れたサポートが可能になっている。この学校では、児童の3分の1が障害をもつ子だと紹介していた。そしてそのことで子どもたちが多様なあり方を日常として過ごし、全員がよくわかる授業が工夫され、結果として全校の学力水準が地域のトップクラスだという。700人からの入学待機児童がいると言っていた気がする。

子どもたちが社会の子どもとして大切に育てられているなあ、とひしひしと思う。

障害を持って生まれてくるのある子どもを終生親がみなければならないというのは、厳しすぎる。でも、家族の面倒は家族でみなさいというのが日本社会なのだなあ。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-24 00:06 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

e'z martのお弁当

e'z mart(イーズマート)@東中野駅アトレ

ここのお弁当は前に一度買ってみたことがあったがとりたてて感心したものでもなかった記憶がある。

東中野には通りの向こうの横丁にさわやというおいしそうなお惣菜屋さんがあるが、開店時間が遅くて間に合わないのが残念だ。
で、駅ビルのここで買う。

「新発売 夏野菜と塩だれ鶏」とかいうお弁当を買ってみる。ごはんを少し少なめに作ってもらえるか尋ねてみると、陳列のお弁当のご飯を減らしてくださるという。こういう臨機応変の応対はなかなか珍しく、うれしい。

味はどれもしっかりメリハリのある(濃い)味付け。ソテーした鳥に茄子、南瓜、オクラ、空豆、ピーマンとかの野菜を彩りよく乗っけてある。ひじきと豆のサラダ、青菜と揚げのおひたし、ポテトサラダなんかがついている。お値段の割にあれこれとおかずも多く、野菜がたくさんとれるように工夫してあると思う。ごはんはおいしくない。そこがたいへん残念。

お弁当はいろいろあるがこれは550円くらいだったと思う。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-23 23:37 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのナポリタン

ぷらんたん@南門通り商店街

ずいぶん久しぶりにいった気がする。
グラッソで豚肉!という目論見で足を運んだら満席でお隣に入る。

席はほぼ埋まっているが、大音量の男子学生さんのグループがいないので静かでちょっとほっとする。

この日はナポリタン。

レタスのサラダがきて、しばらく待つ。ここのサラダはついてたりつかなかったり(笑)。
ボリュームのあるランチパスタ。ナポリタンは、こんなにもなんちゃってでしたっけ、ってちょっとあららな味わいだ。こう、麺が湯がいてからの時間経過を物語っているふうだったりね。好みから言うと、もっとトマトソースたっぷりで唇が赤くなるくらいのが好きなんだけどな。
ともあれ、ぽそぽそした感じのスパゲティも、ぷらんたんだから許す。

で、お約束のコーヒーをおかわりして、さっさとお昼を済ませる。

ランチパスタは680円。(ドリンク付き)


以前の訪問の記録
ミートソース
トマトとベーコンバジル風味
トマトとベーコン
ペペロンチーノ
ナポリタン
ペスカトーレ
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ
[PR]
by e3eiei | 2013-05-21 01:34 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のオムレツ定食

ワセダ菜館@早稲田通り(西早稲田)

久しぶりにオムレツ定食をいただいたので記録しておこう。

何の変哲もないオムレツだ。ひき肉と玉ねぎのみじん切りを炒めた具を卵3個の溶き卵に混ぜ、それを熱々のフライパンでぐるぐると焼いてとんとんとまるっとした形に成型し、トマトケチャップをたっぷりかけた、家庭料理風の懐かしい味わいのオムレツだ。バター風味が豊かなわけでもない、ソースに凝っているわけでもない、付け合わせはといえばキャベツの千切りとポテトサラダの、定食屋さんのオムレツの一皿だ。

この懐かし味のオムレツが私を魅了する。

オムレツ定食は700円。半ライスで680円。


以前の訪問の記録
A定食(アジフライとメンチカツ)
ロースカツ定食
ハムエッグ定食
B定食(ピーマン肉詰めとコロッケ)
A定食(串カツ・アジフライ・ウィンナー)
B定食(チキンカツと帆立クリームコロッケ) ←それ以前のオムレツなどはここに。
[PR]
by e3eiei | 2013-05-14 23:59 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

DonDonDon(旧ホルモン商事)のカルビクッパ

DonDonDon(旧ホルモン商事)@大隈通り商店街

空気が冷たくて、あたたかきものがほしいと思い、Koreanの聖地大隈通り商店街に向かう。DonDonDonが営業中なのでここにする。
う~~ん、静かな静かな昼下がり。。。

チゲにしようかクッパにしようか迷って、クッパにする。確かここはチゲは赤くて辛く、クッパはお肉のスープに胡椒の香りだったはず。

おかずは、韓国冷奴と、白菜キムチと、海苔のチップのような珍しいもの。板海苔にする前のぐしゃぐしゃしたのをちょっと味付けて揚げたスナックみたいなもの。白菜キムチはいまいちで、こういう日もあるのかと思う。

しばらく待つと大丼が運ばれてくる。スプーンをスープに浸した時点で、ああ、またごはんを軽めにというのを忘れていたのに気づく。
具のお野菜が大幅に減ってしまっている。というか、半月のスライスした人参だけ。あとはささやかに椎茸のスライスが浮いていはするが、大根もねぎも玉ねぎもない。これはさびしすぎる。ただ、それとは対照的に、お肉がとても充実している。前の細切りの煮込みに煮込んだお肉ではなくて、焼き肉の大きさのまさにカルビ肉がけっこうたっぷりと入っている。肉らしい味わいもあってこれは吉。それに韓国春雨とかきたま。ごはんに塩味が付いている気がする。
ああ、胡椒がきいてないではないか。

と、いろいろとありましたが身も心も暖かくなる。

連休中はお休みで6日の夜からと張り紙がしてある。


カルビクッパは700円。


以前の訪問の記録
ビビンパ
ビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
冷麺
豚カルビ定食
例のビビンパ
デンジャンチゲ
さらにビビンパ
純豆腐チゲ
またビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
三段バラ焼き
[PR]
by e3eiei | 2013-05-02 22:07 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)