<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

DONDONDON(旧ホルモン商事)のビビンパ

DONDONDON(旧ホルモン商事)@大隈通り商店街

どうなったかなあと、久々に足を運んでみる。
すると、「営業中」の札がかかっているではないか。祝!!復活。やれやれ、心配したぞな。

扉をはいると、店内は小ざっぱりと改装されていて、前の雰囲気を残しつつも、壁はおしゃれな白漆喰風で上の方は黒く塗ってある。壁のポスターも写真メニューも外してある。家具もすっきりなった感じ。ご主人復活で、PCのモニターがすごく大きくなってる(笑)。

でも、お客さんがいない。。まあ遅い時間帯ではあったが。そしてあとからぼつぼつ入ってみえた。

ランチメニューは従来通り。
そうであればまずはビビンパよね。

おかずは韓国風冷奴と、すっぱみの勝った白菜キムチと、もやしのナムル。ほどなくステンレスの大椀に入ったビビンパと牛スープが来る。目玉焼きは蓋をせずに焼いてある。具は小松菜、もやし、ぜんまい、大根、そして韓国海苔。人参が海苔に変わっている。コチュジャンを入れて混ぜ混ぜしていただく。卵味のたいへんおいしいビビンパだ。海苔が加わったことでさらに風味が増していい。野菜は相変わらずやさしい風合いに料理してある。
久しぶりだったのでごはん少なめというのを忘れていたが、最後までおいしくいただく。

12日に再開されたのだそうだ。
キッチンには若い男性がおられるようで、ままの姿が見えなかった。


ビビンパは600円。



以前の訪問の記録
ビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
冷麺
豚カルビ定食
例のビビンパ
デンジャンチゲ
さらにビビンパ
純豆腐チゲ
またビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
三段バラ焼き
[PR]
by e3eiei | 2013-04-27 00:07 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

Khanaの豆カレー

Khana@馬場下交差点角

久しぶりにカレーを食べたくなって、Khanaに豆カレーを食べに行く。
お昼時はたいへんな賑わいようだが、1時を回ると潮が引くように静かになる。

豆カレーをサフランライスごはん少なめ、辛口で注文する。

最初に小さなサラダが来る。キャベツやレタスの千切りにドレッシングがかかっている簡単なもの。野菜が乾きがちなのは仕方があるまい。
サラダを食べ終えてしばらくすると、カレーのプレートが来る。ここはごはんの量がものすごく多いので少なめで注文する。カレーには生クリームが垂らしてあっておいしそう。

カレーをすくって黄色いサフランライスと混ぜていただく。ココナッツミルクとクミンシードの香りと思ったよりも辛いからさが食欲をそそる。レンズ豆のもっさりした味わいもいい。ごはんはややべたついていてそこが残念。アチャールは、細切り沢庵のゴマ炒めみたいなの。
またも最後にカレーが足りなくなりそうになってしまう。どういうわけか。

食後にはホットチャイをいただきながらしばしくつろぐ。


レジで振り返るとお客は2組になっていた。


カレーとアチャール、小さなサラダ、チャイが付いて、725円。


以前の訪問の記録
豆カレー
きのことチキンのカレー
豆とチキンのカレー
[PR]
by e3eiei | 2013-04-24 00:08 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

グリーンアップル・ホワイトチョコフレークス

コーンフレークスにホワイトチョコをコーティングしてあるんだけど、アップルの香りだけじゃなくて、ドライアップルが時々混じっていて甘酸っぱくておいちい。
カルディの店頭でセールをやっていた。80gで148円なり。原産国ドイツですって。

d0000059_22203914.jpg

[PR]
by e3eiei | 2013-04-22 22:25 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のA定食(アジフライとメンチカツ)

ワセダ菜館@早稲田通り(西早稲田)

久しぶりに天ぷらもいいなあ、やっぱりオムレツかなあ、などとらちもないことを思いつつ歩いていると、アジフライとメンチカツ、またはチキンカツ等々札が下がっている。硝子戸をのぞくと空席が見えたので吸い込まれる。

この頃プチマイブームのチキンカツだが、今週はすでにいただいているので、アジフライとメンチカツにする。

付け合わせは山盛りキャベツにスパサラダ、それにウィンナーソーセージである。辛子添え。アジフライはささやかなサイズ。もやしとわかめのお味噌汁。

メンチカツには卓上のソースを垂らして、辛子とともに熱々をふーふーしながらいただく。おいしい。
アジフライもサイズは控えめだが、ふつうにおいしくて、満ち足りた昼食である。

A定食は半ライスで610円。


以前の訪問の記録
ロースカツ定食
ハムエッグ定食
B定食(ピーマン肉詰めとコロッケ)
A定食(串カツ・アジフライ・ウィンナー)
B定食(チキンカツと帆立クリームコロッケ) ←それ以前のオムレツなどはここに。
[PR]
by e3eiei | 2013-04-19 22:58 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

舟形やの焼き鯖定食

舟形や馬場下店@馬場下町交差点近くの路地

少々遅めの時間、さっといただける定食はどこだろう。
いつもいつもこういうときはワセダ菜館になってしまうので、敢えて違うお店を考える。考えるが思いつかないので、駅の近くの舟形やに行く。てんやとドトールのあいだの路地を入ると、見過ごしてしまいそうな地味で事務的なドアがあり、そこが入口になっている。扉を開けるといきなり急階段が地下に向かっている。階段を下りると暗くてしんとしている。店員さんが見えたのでランチいいですか、と尋ねる。漠然と広いお店はおじさまが独り食事中である。

お好きな席に座り、焼き鯖定食ごはん半分で注文する。
お昼のラジオの音だけが響き、厨房のなかはご店主夫婦、フロアは若い店員が二人、一人は修業中。

魚は焼いてあるのだろう、わりとすぐに来る。
小ぶりの三枚おろしの鯖にたっぷりの大根おろしが添えてある。小鉢はもやしのナムル、お新香は生姜入りの白菜の浅漬け、わかめと青菜と揚げとねぎのお味噌汁がついている。鯖はそこそこ脂が乗っていてぱさつかず、おいしくいただく。ごはんはまずくもおいしくもない。お味噌汁は具がたっぷりだ。総じて栄養たっぷりという感じのお昼ご飯で気分よくいただく。

当初の目論見どおり、さっといただいて終わる。
私がいた間4人のお客が来たが全部おひとりさま。女子率50%ていうか、もう一人おひとりさま女子が来たのにちょっとびっくりした。何というか、女子を寄せ付けない風のインテリアと薄暗さなのである(笑)。



焼き鯖定食は650円。ごはんの量に関係ない。おかわりは一膳までできるようだ。

お昼のメニューはほかにつぼ鯛やブリの照り焼きなどのお魚と、豚肉生姜焼や鶏の照り焼きなど全部で7~8種類。夜は居酒屋さんのランチである。
[PR]
by e3eiei | 2013-04-15 21:35 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のロースとんかつ定食

ワセダ菜館@西早稲田早稲田通り

久しぶりにワセダ菜館に足を運ぶ。おばさん、少しやせられたかしら?ブルーのバンダナできりっと姉さんかぶりに結んでいらっしゃってかわい!!でも、息子さんの指示もかなり忙しくなってきておられる。。。

さて。一瞬大好きなオムレツが頭をよぎるが、壁のメニューにとんかつ定食がピックアップされているのをみると、なんだか久しぶりにトンカツを食べたくなった。ここでとんかつ定食をいただくのはひょっとしたら初めてかもしれない。
この日はカツ丼とかカツカレーとか注文するお客さんが多い。

とんかつ定食はポテトサラダの付け合わせだ。厚めのレモンの輪切りと辛子が添えられている。もちろん山盛りの千切りキャベツも。おみそ汁はもやしとわかめ。Qちゃんは辞退する。
トンカツは思ったよりも小さめ。でも、思った基準がかつてのはせがわのそれだったりするので、標準的なとんかつの大きさだ。厚みも標準的。お肉は柔らかく噛み切れるし、からっとしっとり揚がっていてふつうにおいしい。日よけ看板にとんかつ」と大書してあるだけのことはある。
おいしくいただき満足する。

とんかつ定食はきょうのランチにピックアップしてあるので、半ライスで800円。ふだんは850円。


以前の訪問の記録
ハムエッグ定食
B定食(ピーマン肉詰めとコロッケ)
A定食(串カツ・アジフライ・ウィンナー)
B定食(チキンカツと帆立クリームコロッケ) ←それ以前のオムレツなどはここに。
[PR]
by e3eiei | 2013-04-10 00:24 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

CAT'S CRADLE の胡桃タルト

キャッツ・クレイドル@早大通り大隈講堂横

久しぶりに会う友だちとおしゃべりを楽しむ。
このカフェは、ブックカフェとして本にも紹介されているのですって。テーブルの上にさりげなくその本が置いてあったりする(笑)。

胡桃のタルトとコーヒーはマグカップで注文する。コーヒーのマグカップというのはいいなあ。スタバのようなカフェではサイズ別の注文は当たり前にやってる。

胡桃タルトは、ホイップクリームが添えられたかわいらしさからは想像もつかないほど超ヘビー級だった。晩ごはんを食べようかどうか迷うくらいにずっしりと応えた。おいしいのは普通においしかったけど。コーヒーも普通においしくいただく。

積もる話はとめどなく、楽しかった。


胡桃タルトとマグカップコーヒーのセットで850円。


以前の訪問の記録
カレーランチ
[PR]
by e3eiei | 2013-04-06 00:01 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

アジア料理 実の里のカチン丼

アジア料理 実の里@早稲田通り西早稲田(ティーヌンとなり)

ティーヌンのお隣のアジア料理屋さん、表の立て看板に張り出された写真付きのメニューの「カチン丼」に「早稲飯コンテスト優勝」と書かれている。なんだかおいしそうなので入ってみる。

薄暗い店内は、サラリーマン風のお客さんが2人でランチ中だった。けっこうな場末た感だ。一瞬あららと思う。
お店は中年の女性が二人でされている。

ランチメニューは名前を聞いたことのないお料理が6種類。で、優勝のカチン丼を注文する。
サントリー角瓶の中ジョッキに懐かしい味の麦茶が出てくる。

しばらく待っていると黒塗りのトレイに、カチン丼とサラダ、スープが乗ってくる。
カチン丼はエスニック味の牛肉のそぼろをたっぷりと載せた丼で、別添えのちょっと辛みのあるエキゾチックな赤いたれをかけていただく。これはなかなか好みのごはんだ。お肉が丁寧に炒められていて、しかもごはんにもよく出汁が絡んでいるのでぽそぽそしないし脂っぽくもない。スパイシーな味わいが食欲をそそり食べ飽きない。

これはいいお店を見つけた。

カチン丼定食は580円。ほかのランチも580円か680円。
これはとてもお安くて驚く。

あとでネットでみていると、ミャンマー料理のお店のようだ。カチンというのはミャンマー北部山間部の少数民族の州で、民族問題として国外に難民が多いとお店のページに書いてある。
[PR]
by e3eiei | 2013-04-05 00:30 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)