<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

千年葡萄屋のランチ

千年葡萄屋@吉祥寺ガード下

ガード下のお店が居酒屋からスペイン料理屋になりさらにワインレストランになって評判がいいのはちらほら耳にしていたが、先日ようやく行く機会があった。

休暇中でお店は混んでいて、カウンターの席だった。天井が高いので、ゆっくりした空間がある。

席に着くとメニューの説明が口頭でされる。ランチは4種類、白身魚のムースをサーモンでくるんで蒸したもの、鶏肉のワイン煮、豚肉のコンフィ、牛もも肉のワイン煮から選ぶ。牛肉のみ1300円であとは1000円。わたしは豚肉、連れは牛肉にする。

まず根菜のオリーブオイルマリネが来る。器がおしゃれだ。人参、山芋、蓮根、オクラと彩りも美しく落ち着いた味わいだ。バゲットも来る。次にはトマトソースのパスタのお皿が来る。分量は控えめで、少し塩がきついが、いい感じだ。生バジルがおしるしに載っている。その間もバゲットのおかわりはいかが、と足繁く回ってみえる。
そして肉のお皿が来る。思ったよりもきちんとした量でいい意味ちょっと驚く。豚肉は塩味がきつく、お肉の味はちょっとアレで、旨みに欠けた。よくよく火をとおしてありやわらかくはなっている。マスタードソース。
牛肉を少しお相伴させてもらったが、こちらは塩味が弱く、これも少々旨みに欠けるかなあと思う。筋のゼラチン質が好きならこれはこれでおいしいだろうと思う。これもよく煮込んであってホロホロ。
さらに、illyのコーヒーが来る。デミタスではなく、普通のカップで。すごいなあ。連れはティラミスも注文して、これはごくささやかなものだった。

雰囲気がおしゃれで、広々感もあって落ち着いて食事ができた。
お値段のことを言って何だが、何よりこれだけの量で吉祥寺で1000円というのはえらいものだ。
[PR]
by e3eiei | 2013-01-09 00:02 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

インド料理レストラン アダルサの豆カレー

アダルサ Adarsha@武蔵境駅北口

ここにインド料理屋ができたのはもう何年か前になる。一度行ってみようと思いつつなかなか機会がなかった。ドーサやウッタパムなんかも出すようだった。

間口の狭い何となく過剰な感じのする入口の扉を開けると、奥行きがあって思ったよりは広く、何席もあるテーブルはほとんど埋まっている。案内されるままに奥に進む。

ランチメニューを検討すると、よくあるインドカレー屋のそれと同じような、カレーの種類とライスかナンの選択の組み合わせになっている。
豆カレー、辛さ4(5段階)、ライスで注文する。

ほどなく小さいサラダが来る。キャベツの千切りの上にコーンがのってちょっと甘めのドレッシング。それが済んだころにカレーが登場。ターメリックライスはたっぷり、それにこれもたっぷり目のオレンジ色の豆カレー。

カレーは塩味はかっちりしているが、ニンニクが勝った香りで思ったよりスパイシーではなく、思ったより豆の風味が乏しく、しゃぼしゃぼしている。辛さはほどほど。辛さ5(激辛)でもよかったかも。

学生さん、ビジネスマン風、子どもたちとお母さんたち、おばあちゃまと孫の小学生などのお客さんで、地元密着のくつろげるお店だ。

レジのお店の方の対応も「辛さはいかがでしたか」とか。夜に来るとウッタパムがいただけるのか尋ねてみると、もうやってないんだそうだ。ドーサやウッタパムはあまり食べる人がいないのでと。ああ、それは残念。
インド風お好み焼きとかなんかで売り出すといいのに。

豆カレーは680円。
[PR]
by e3eiei | 2013-01-08 00:54 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

明洞(ミョンドン)の純豆腐チゲ

明洞(ミョンドン)@東小金井駅南口

駅前にのびるひなびた商店街のなかほどに一軒だけコリアン食堂がある。地下に降りて行き扉を開けると、思ったよりも広い店内で、テーブルが5つと小上がりでは十数人の方が宴会をされている。

寒いので純豆腐チゲを注文する。

しばらくして小鉢のもやしナムルが運ばれてくる。シャキシャキしてゴマ油が効いてなかなかおいしい。
しばらくしばらく待つと、ぐつぐつ煮えたぎるチゲが運ばれてくる。これはこのように煮えたぎっているのがいいところなんだろう。そしてたっぷりの大根のカクテキと韓国海苔もついてくる。

純豆腐チゲはいい出汁が出ていて、おいしい。それほど辛くもなく、ふーふーしながら味わう。たっぷりの豆腐、たっぷりの刻みネギ、アサリ。ごはんを入れながらいただく。ごはんは残念ながら残してしまう。

連れの半サムゲタンはものすごいボリュームだ。ほんとうにとりが半羽入っているのではないかと思うほど。分けてもらうと、濃厚なスープがたいへんおいしい。松の実が浮かび、ボウルの底の方にはナツメやもち米も沈んでいる。存分にたっぷりの刻みネギ。

どちらもたいへん満足度の高いごちそうだ。きっとまた来ると思う。

ランチメニューで純豆腐チゲが700円くらい、半サムゲタンが1000円弱。
[PR]
by e3eiei | 2013-01-05 00:23 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

回転寿司

あけましておめでとうございます。今年もほそぼそ書き留めてまいりたいと思います。
どうぞよろしく!

さて、
郊外を歩いている途中でお昼時になり、道沿いの大きな回転寿司に入る。
少々恥ずかしいかもしれないが、回転寿司はあまり入ったことがないのだ。入ったとしても小規模の、真ん中に職人さんが何人か握り、その周りをレーンが回っているという昔ながらのスタイルのところだ。

このお店の印象は、「工場」だった。入った瞬間モーター音がぶーーんと聞こえてきそうな気がした。
レジの人に席番号のついたカードをもらい、席を探していくつものレーンを通り過ぎて自分の番号を探す。
ベルトコンベアに直角にテーブルがしつらえてあり、まあ、それはファミレスのようだけど、とりあえず掛ける。
テーブルに粉茶の容器、頭上の棚に積み上げられたコップ。コップを取り、粉茶を入れ、給湯器に押しつけてお茶を自分で作る。

さて、ベルトコンベアでけっこうなスピードで次々流れてくるお寿司をとる。とり方が極めて難しい。プラスティックのふたを開けるのにコツがあり、手間取っていると流れていってしまう。隣の席の小学生の技術にじっくりと学び、なんとか最初のまぐろをゲットする。ふう。小皿がないので、とりあえずとったお皿の寿司を平らげて小皿替わりにする。わさびも入っていないので自分でわさびをつける。

で、食べていると次々に流れてくるので、食べながらベルトコンベアのチェックも怠りなく、極めて忙しない。
あ、はまちが。あ、海老が。と食べてはとり食べてはとり。テーブルの上に皿が満たされてはじめて、そんなにあわててとらなくてもどんどんどんどんに流れてくることに気が付く。

いや、なんかそうこうしているうちに、すでにお腹が満たされていることにも気が付く。
え、、、何ということ。。。
われらは、フォーディズムのしもべとなった食事作業員よろしくあたふたしているうちに満腹になってしまう。
テーブルの隅っこに切られた穴に皿を落とし入れる。

お味は、、よくわかりませんでした(泣)。

お安かったかなあ。街場のお寿司屋のランチ寿司と同じくらい。
[PR]
by e3eiei | 2013-01-03 00:56 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)