<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かわうちの天丼

かわうち@早稲田通り西早稲田

ワセダ菜館に向かうと「都合により本日お休み」になっている。
で、通りを渡り、紅梅の道向かいの店に入ってみる。

思いのほか広々したお店で、焼き肉屋なのだろう、各テーブルにコンロがしつらえてある。少し遅い時間帯で、店内には女性が2名と、ご近所のご老人が1名。

席につくとよく冷えた麦茶をたっぷりだしてくれるのがうれしい。
さて、何を食べようとメニューを見るが、これと言って食欲もない。ごはんものの最初にある天どんを注文する。
厨房で「天丼!?」という声が聞こえ、ややひるむ(笑)。

小松菜のわさび醤油和え、大根の浅漬けとQちゃんがのった小皿が先に来る。待ってようやくあとから来た天どんは、天ぷらがつゆでびっくりするくらい真っ黒になっている。うわあ、と思いながらいただくと、見かけほどには濃い味ではない。天ぷらは、ししとう、ナス、海老、鱚、鯵。とりたてて味の印象は残っていない。これにわかめの味噌汁がつく。

700円。

壁に貼ってある色紙に1998年の文字が見えたりするところを見ると、このお店は古いのだろうか。昔はラーメン屋さんだった気もするがあまり記憶にないのだ。

オトボケは早速リニューアルオープンし、女子客を集めていた。
[PR]
by e3eiei | 2012-08-31 01:10 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

中華トンの皿うどん

中華トン@佐賀市

八ちゃん食堂が閉店して以来、出前はお寿司しかなくて何となく出前過疎だったのだが、これまで店構えのビジュアルから何となく敬遠していた中華トンに出前を頼んでみる。
気さくなおじさんがバイクで配達してくださる。

皿うどんは大きなお皿にけっこうなボリュームで乗っている。具もたっぷり、ちゃんぽん麺の麺もたっぷり。味付けはそれほど塩辛くなくて食べやすい。ただ、麺が少々脂っぽい。これを一皿食べるのはがんばらなきゃならない(笑)。

これで500円(出前料なし)はたいへんお値打ちだ。母も気に入ってくれたもよう(←ここ重要・笑)。
[PR]
by e3eiei | 2012-08-30 22:18 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)

紅梅の鯖の塩焼き定食

紅梅@早稲田通り

紅梅に行くとランチメニューがずいぶん増えている。何にしようかなと迷っていると奥さんが、焼き魚もありますよって勧めてくださる。ちょうど入れ替わりに出ていったおじさまも焼き魚だったもようだ。ほっけと塩サバの選択と言われるので、塩サバを注文する。
ここはお料理に時間をかけられる。ちょっと待ったかなと思うころに焼き魚のいい香りが漂ってくる。

テレビを眺めて待っていると、お待たせしました、と運ばれてくる。お盆には、中くらいのノルウェー鯖が半身、いい色に焼き上がっている。お供は輪切りのレモン。それにごはんとおすまし(麩とわかめ)、小鉢は葉唐辛子味噌を乗っけた冷奴。これにお沢庵。

鯖はたいへん脂がのっていて、でもそのあたりをうまくかわしておいしくいただく。ごはんがおいしい。途中で奥さんが沢庵をきゅうりとキャベツの浅漬けの小皿と取り替えてくださる。いつだったか、沢庵をお断りしたことがあったのを覚えておられたのだそうだ。たいへん恐縮する。

ひとりでのどかにお昼をいただく至福。

焼き魚定食は700円。


それにしても暑いですな~。


以前の訪問の記録
かき揚げ丼
づけ丼
メンチカツ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-08-24 00:21 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館の豚冷しゃぶとか

ワセダ菜館@早稲田通り

暑くてかなわん。
豚肉の冷しゃぶ定食にする。
前にいただいたときはガラスのボウルにぎっちり詰まって食べにくかった記憶があるが、このたびはガラスの深皿に変わっていて盛り付けも普通でした。

豚肉、おいしかった~。サニーレタス、もやし、千切りのきゅうりとわかめ。ちり酢とささやかなもみじおろしでいただく。さっぱり美味しくいただくが、味付けが単調でちょっと食べ飽きるような気もすると贅沢なことを思う。

定食は、これにわかめともやしのおみそ汁とごはん。辞退するがきゅうりのQちゃん的なお新香もつく。

680円でしたっけ。


前にここのコロッケがおいしいとコメント欄でおすすめいただいていたので、先日のサービスランチでアジフライとコロッケ定食をいただく。
コロッケはすかっと揚がっていて、さっくりほっくりしてよかった。じゃがいもは少々甘め。アジフライはやや小ぶりながら、いつものおいしさで、これはいい。辛子を付けながらいただくとおいしい。大山盛りのキャベツの千切りとスパサラ付き。

アジコロは半ライスで580円だったかな。


以前の訪問
鮭フライなど
オムレツ定食(それ以前の度重なる訪問の記録は←このオムレツ定食のページに。)
[PR]
by e3eiei | 2012-08-23 00:39 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

バル DESSEのスペインオムレツ定食

バルでっせ@大隈通り商店街(まりも跡)

暑いので、酸味のものが食べたいと思い、キッチンぶんのオムライスを目指して大隈通りへ赴く。残念ながらお休み。ならば、と冷麺を目指してDONDONDONに足を運ぶ。残念ながら改装中でお休み。
うーん、と見回すと、旧まりも跡の新しいお店に入ったことがないので行ってみる。のぞくとがらんと空いてる。ランチできますが、と聞くといらっしゃいませ、と、パソコンに向かっていた奥さんが立ち上がる。

マリモのときとは内装が全く変わっている。4人掛けの分厚い木製のテーブルが3つと左の壁際はカウンターになっている。奥にはテレビがかかっている。テーブルの席につくと椅子もテーブルも脚が1本長さが違うのか、ガタガタしている。

ランチはスープカレーとかドミグラスカツ丼とか、なんとか風スペインオムレツとか。オムレツにラタトゥユのソースがかかっているとあるのでそれを注文する。しばらく待つと長方形のプレートの真ん中を仕切ったお皿に丸いオムレツと型抜きしたごはん、それに生のキュウリのぶつ切りにドレッシングがかかったのがのってくる。遅れてカップのコンソメスープも。

オムレツは、なんとか風がなんなのかよくわからなかったが、具はじゃがいものみだった。10センチくらいの丸いような形に一人分づつ焼いてある。表面はしっかり焼いてあるが中は半熟にも満たない柔らかさで卵液が流れてくる。ラタトゥユもトマトソースのような味わいのがささやかに載っている。お箸、フォーク、スプーン、あれこれ試して結局スプーンですくって食べる。味の印象はこれと言ってない。

お客をみてご飯の量を加減されているのか、男子諸氏には物足りないだろうなあ。


オムレツ定食、650円だったかな。


マリモの関係の方なのかどうかわからないが、マリモの雰囲気が漂っていたのはおもしろかった。


表に出ると、さらにあづぐなっていた。



そういえば、早稲田通りのキッチンオトボケが大改装中のようだ。看板まで外れているので休止かと思った。


580
[PR]
by e3eiei | 2012-08-22 00:50 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

サイのツノのレッドカレーと薬膳スープカレー

サイのツノ@東小金井南口商店街

夏はカレー。
で、久しぶりにサイのツノに行ってみる。

入った時はおじさまが独りカウンターでお食事中でがらんとした感じで、お盆かなあなどと思ったが、すぐにほぼ満席になる。さすがに硝子戸は閉めてあり、クーラーが効いている。

カレーは欧風カレー、インド風レッドカレー、グリーンカレー、薬膳スープカレーの4種類。と、2種類チョイス、3種類チョイスなどがある。インド風レッドカレーと薬膳スープカレーの2種類にしてみる。前にグリーンカレーを食べておいしかった記憶があるので、期待する。2種類チョイスはごはんが1.2倍とあるので、1.0のサイズでお願いする。

しばらく待つとお皿にごはんが形よく盛られて空いた所にレッドカレー、そして別のボウルにスープカレーが供される。どちらもたっぷりしている。プラスティックボトルに入ったピクルスも。このピクルスは酸っぱくなくておいしい。

薬膳カレーは大ぶりの夏野菜が入った澄んだ赤いスープで、辛さがじんわり効いてたいへんにおいしい。強く吸うとちょっとせき込むくらいの辛みだ。ちょうどクッパのようにごはんを浸しながらいただくというスタイルもたいへん好みに合っている(笑)。一方レッドカレーは、トマトの赤みでみじん切りの玉ねぎや鶏のひき肉などが入っていて、さわやかで食べやすい。最初はそう思っていたが、二口三口と食べるに連れて甘みが気になりだす。野菜の甘みだろうか、かなり強い甘みで、これは最後は頑張って食べることになってしまう。が、いずれもスパイシーでおいしいカレーだ。

さて、周囲のお客はみなさんサービスドリンクがもれなくついてくるのだ。あれはなんだろう、とあとでHPを見てみると、どうやら秘密の合言葉なる遊びが仕掛けられていたようだ。こんどは覚えておこう(笑)。


カレー2種類チョイスは720円。
単品カレーは600円前後~700円。


自分の部屋に戻ると服が猛烈にカレーのにおいを発していた。こんな経験は初めてだ。


以前の訪問の記録
グリーンカレー
[PR]
by e3eiei | 2012-08-15 23:18 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ヤミツキカリーの完熟トマトと茄子のチキンカリー

YAMITUKIカリー@西早稲田路地入る

暑さも一段落したもようなので、ちょっと足を延ばしてカレーを食べに行く。たまには違ったものをと思い、チキンの入ったカレーを注文する。トマト茄子チキンカレー、大辛、ごはん200g。この日はことさらに少食なり(笑)。

このカレーはビジュアルが端正だ。カレーのスープに大きめの拍子木にした茄子の濃い色が美しく並び、その上に細長い水煮のイタリアトマトが三つ並んでいる。鶏肉は大きめのがごろごろと中に潜んでいる。カレーそのものはいつもの3番と同じかなあ。ココナツミルクの効いた、独特の味わいだ。ごくごくささやかにパクチーがのっている。茄子は油で加熱してあるお約束の味。トマトは、季節なのでフレッシュトマトかなあ、とあわく期待したのだが、大胆に水煮がどどんと並んできた。

前にここのサラダドレッシングが生姜の効いた自家製(たぶん)でおいしくなっていたが、いまは市販のサウザンドレッシングがどっぷりかかっていて、これは苦手だ。


ちょっと遅い時間に行くと、何人かのおひとり様がそれぞれ静かに食事をしている。ラジオは何をやっていただろう。何か考え事をしながら食べただろうか、ラジオが鳴っていたことしか記憶にない。

久しぶりに食べたがおいしいカレーだった。


ランチカレーは700円。
ごはんは280gがスタンダード、140g(半ライス・減額)からランチタイムは500gまで増額なし。


以前の訪問の記録
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー
野菜カリー
きのことひき肉カレー
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー
野菜カリー
完熟トマトとほうれん草のチーズカリー
[PR]
by e3eiei | 2012-08-11 00:16 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ROYALの白熊くん

昨夏あるたで見つけて、一人の夜に食べていた。
今年は母と食べる。
d0000059_22322666.jpg

d0000059_22323054.jpg

不思議なことにお店の冷凍庫に入っているときからすでにゆるゆるなのだ。うす甘くてひんやりしておいしい。
[PR]
by e3eiei | 2012-08-10 22:37 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

ニューエコーのビビンパ

ニューエコー@大隈通り商店街

暑いのでへろへろ~と大隈通りを歩いてDONDONDONに行ったら、内側からカーテンが閉まっていてお休みらしい。何となく頭の中はビビンパになっていたので、向かいのニューエコーに久しぶりに行ってみる。

野菜ナムルビビンパが基本で、派生のメニューも多い。基本を注文する。
小松菜、豆もやし、ぜんまい、千切り大根の甘いキムチ、どんこ椎茸の甘煮の薄切りそれに目玉焼き。いちおうコチュジャンはかかってくるが、好みで足すこともできる。おかずはきゅうりのキムチ、玉ねぎと薄切り茄子の旨煮、もやしのナムル。それに浮き実のないチキンスープ。

混ぜ混ぜしていただくと、椎茸の香りが高い。それにしても野菜がかたい。硬いというか、小松菜とぜんまいが筋張っているのだ。いつもDONDONDONで食べ慣れているせいか、あの柔らかくてふくよかな味わいに慣れてみると、こちらは味わいが素っ気なく荒い気がする。前者がお母さんの味わいだとすれば後者はにいさんが勢いで作ってくれたという趣だ。

ここのお店はどういうわけかいつもお客さんの声がとても大きい。声の大きいお客さんのいないときはものすごい勢いでお皿を洗っている音が響いていて、落ち着いてごはんを味わう雰囲気になれないのが残念なところだ。

コーヒーはパスする。


基本のビビンパは800円。


以前の訪問
カルビクッパ
ランチクッパ
ランチクッパ
ランチクッパ
ランチクッパ
カルビビビンパ
カルビクッパ
スン豆腐チゲ
ランチクッパ
カルビビビンパ
ランチクッパ
ビビンパ


で、その間にも記していないがワセダ菜館のオムレツとか(このオムレツとポテトサラダの取り合わせは実にいいのです)、紅梅のかき揚げ丼とか、DONDONDONのビビンパとか。
[PR]
by e3eiei | 2012-08-03 01:04 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)