<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

豚豚豚(DONDONDON)のカルビクッパ

豚豚豚(DONDONDON)@大隈通り商店街

梅雨寒で心もとないほど冷えているので、熱々のクッパをいただく。

おかずが少し変わっている。細切り大根のキムチと、初登場のマイタケと人参のナムル。このナムルは穏やかで好きな味だ。冷奴のたれもコクがあるものに変わっていておいしい。

クッパもいつもどおり胡椒の香りが効いていて、白いスープもコクがあってフーフー吹きながら熱いところをいただく。具は野菜は大根、人参、玉ねぎとねぎ、それに春雨とかき玉、牛肉の細切りが入っている。

いつもの教訓を生かしてごはんは軽めにしてもらう。
からだが温まる。


カルビクッパは700円。

以前の訪問の記録
ビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
冷麺
豚カルビ定食
例のビビンパ
デンジャンチゲ
さらにビビンパ
純豆腐チゲ
またビビンパ
カルビクッパ
ビビンパ
三段バラ焼き
[PR]
by e3eiei | 2012-06-26 01:00 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

進士の野菜天せいろ

進士@田無駅南口

ずっと前にお蕎麦をいただいておいしかった記憶があり、行ってみる。玄関の横はガラス張りで蕎麦を引いて打つ仕事場になっている。「十割蕎麦」と墨書してある。

蕎麦は冷たいのと温かいのが数種類ずつ。夜の部のつまみなどが充実している。

天ぷらは海老天の有無で2種類なので野菜天せいろの方を注文する。

ほうじ茶などをすすりつつしばらく待っているとかなり盛りのいいお蕎麦と天ぷらが運ばれる。
蕎麦つゆとピンクの岩塩と天つゆと。それに薬味は本わさびと大根おろしと白ネギ。

天ぷらの胡麻油の香ばしい香りが食欲をそそる。
お蕎麦は色白で細め。蕎麦つゆをちょろっとつけて啜ってみると十割らしいぽそぽそとした歯ごたえとのどごしがあるが、あまりお蕎麦の香りがない。これは少々残念かも。
天ぷらはサクッと揚がっていておいしい。グリーンアスパラガス、マイタケ、エリンギ、ししとう、サツマイモとカボチャ。
だが、いかんせん、かなりのボリュームで、お蕎麦も途中からがんばることになる。

野菜天せいろは1550円。
せいろは750円。お客さんは一定の年代以上のカップルが多い。
[PR]
by e3eiei | 2012-06-24 23:49 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のオムレツ定食

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

梅雨寒のような、何となく気持ちも体も不活発のような気がする日に、大隈通りで熱々のチゲにするか、ワセダ菜館でほっこり和みのオムレツにするかちょっと迷ってみる(笑)。
こういうときにおいしい天ぷらうどんという選択肢でもあればなあ、などと思いつつ。

で、このときはオムレツに足を向ける。

ワセダ菜館の入り口の引き戸が右開きに変わっている。前に来た時に左が開きづらく、人がぶつかって開かなくなって、とおばさんがこぼされ厨房から息子さんまで出てきてガタガタする扉をなだめておられたことがあったが、その影響かしら。

ともあれ、オムレツ定食半ライスを注文し、何となくテレビを眺めつつ待つ。

オムレツはいつもどおりとてもほっこり和んでおいしい。まるっといい形に仕上がっていて、中はふんわり半熟で、玉ねぎとひき肉炒めは卵液に最初から混ぜて焼きあげられている。赤いトマトケチャップもいうまでもなくいい。
ここのオムレツ定食は、ポテトサラダもまたおいしい。マヨネーズ味がかなり強いが、山盛りのキャベツの千切りと一緒にいただくとこれまたなごみ系の滋味のサラダだ。・・・とお決まりの記述だけど、ほのぼのおいしくていいお昼をいただく。

おみそ汁はもやしと豆腐。


午後に向けて体も気持ちも充実する。


オムレツ定食(半ライス)は680円。


以前の訪問の記録
アジフライとハンバーグ定食
A定食(オムレツ、メンチカツ、ソーセージ付き)
B定食(串カツ&アジフライ)
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-06-23 00:55 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

金の鈴の茄子とトマトのチキンカレーと小うどんセット

金の鈴@早稲田通り西早稲田(グランド坂上交差点)

通りかかるとカレーのセットが大きな写真とともに一押しのおすすめになっている。小うどんというのがいいなあと思って入ってみる。
少し遅い時間で、お客もまばらである。例によってご主人一人でなさっている。

カレーを注文してしばらく待つ。写真のとおりに大きなプレートにカレーライス、お椀大の小さな丼に素うどん、そしてレタスとポテトのサラダ。カレーには揚げた茄子がいくつかのっている。

まずうどんをいただく。素うどんで小葱と煎りゴマが振ってある。麺は細麺で少し波打っている。すすると、あっと思うほど麺の塩味が強い。これはどこの系統のうどんだろう、コシはそれほど強いわけではなく、するするとのどごしはいいのだが、めっぽう塩からいのに面食らう。
うどんを片付けてからカレーに取り掛かる。こちらは辛さのない、甘いカレーだ。チキンはほとんど繊維と化しており、トマトも姿は消えている。まあ、言ってみれば普通の食堂のカレー的な味だ。ごはんは、レジの横に「国産米使用」というポスターが貼ってあるが、印象に残る味はない。

居酒屋風のつくりのお店は、J-WAVEを流しているのだが、ちょうどラップとへヴィメタの時間だったのは残念だった。少なくともうどんのお昼をいただきながら聞きたい音ではなかった。
このお店はどういうわけか行くたびに印象が異なる。


カレーと小うどんのセットは720円。
丼物はもれなく小うどんが付き、うどんには+200~300円で各種小丼が付く。


カレーの標準量と小うどんとサラダで、いただいているときはするすると入ってしまったが後でどんときた。


以前の訪問の記録
温玉揚げ玉うどん
夜の部
[PR]
by e3eiei | 2012-06-20 01:09 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

紅梅のかき揚げ丼

紅梅@早稲田通り西早稲田

づけ丼がおいしかったのでまた紅梅に足を運んでみる。
何にしようか、とボードを見て、この日の筆頭のかき揚げ丼にする。

待つな、と思うころに運ばれてくる。
このかき揚げ丼は、まずビジュアルがすごい。こんなに自由闊達なかき揚げも珍しいというほど元気いっぱい暴れていてしかも大きい。メニューには「何の」かき揚げかは書いてない。大暴れしているのは人参、玉ねぎ、三つ葉と彩りも美しい。

お味の方は、案外さっぱりしている。天つゆもくどくなくて、控えめにかかっているのは好みなのでありがたい。野菜かき揚げかと思っていると、人参に交じって干しエビがだし替わりに忍ばせてある。例によってごはんがおいしい。
小鉢は茄子の素揚げ。これにわかめと麩のおすましと厚みが1.5センチもありそうな沢庵。

いただいているときはおいしかったのだが、食べ終えるとかなりどんときた。


かき揚げ丼は600円。


以前の訪問の記録
づけ丼
メンチカツ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-06-18 00:29 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

NEZUCAFEのBLTサンドイッチとコーヒー

NEZUCAFE@根津美術館

美しいカフェだ。
全面ガラス張りの向こうは木立の深い庭だ。京都のお寺の庭のように計算された秩序の中にあるのではなく、傾斜の底にある池をめぐって大木が枝を張っている。折からの雨にぬれて鮮やかな緑が深い。
この美術館全体のガラスの磨き方は尋常ではないほどすばらしい。背景の映り込みがなければそこにガラスがあることを感じさせないのだ。カフェの大きなガラスも例外ではなく、木立の中にいるように感じさせられる。

雨のせいか人も少ない。ゆっくりくつろいでおいしいお昼ごはんをいただく。

BLTサンドイッチは、おいしいトーストにベーコンレタストマトをたっぷりはさんであって素朴においしい。イギリスパン6枚切りの厚みを2枚使ってあってけっこうなボリュームだ。グリーンサラダのドレッシングはチーズ味でおしゃれにおいしい。オリーブとミニトマトを楊枝にさしてあるのもこじゃれている。

コーヒーカップはボーンチャイナの生地にかきつばたを浮き上がらせてある。コーヒーも悪くない。

隅々までおしゃれで気配りがいき届いていて、たいへん居心地がいい。


サンドイッチのプレートは950円。+300円でコーヒーか紅茶を付けられる。

More
[PR]
by e3eiei | 2012-06-16 23:57 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのトマトとベーコン(バジル風味)パスタランチ

ぷらんたん@南門通り商店街

このところ立て続けにトマトとベーコン(バジル風味)に当たる。
そして、何というか、チキンブイヨンのもとの香りがする。パスタはまとめて茹でられていてくせがついている。でも、こういうところもひっくるめてイイのである。
たまに市販のサウザンドレッシングがかかったグリーンサラダが付いたりもする。

大学の新学期が一段落するころからは、男子の学生が大挙して押し寄せ、叫ぶように喋り咆哮するかのように高笑いをしている傍らで、本を読む中年の男性とか、書き物をする学生とかがいて、ときどきはPTA帰りの奥様3人組なんかが3人だけの世界に入り込んでおられたり、カオスのような世界が繰り広げられているのも、何かおもしろいと思う。いや、静かにごはんを食べるのが好みなんですけど。そういうのをおもしろいとか思いつつ癖のついたスパゲティを食べるのもあまりほかでは経験できないかも。

そして少々焦げっぽいコーヒーをいただく。たまにはおかわりして。


パスタランチはドリンクが付いて680円。


以前の訪問の記録
ペペロンチーノ
ナポリタン
ペスカトーレ
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ
[PR]
by e3eiei | 2012-06-12 01:53 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

紅梅のづけ丼

紅梅@西早稲田(早稲田通り 早稲田奉仕園入口角)

いつもいつもワセダ菜館というのもアレなので、お向かいの紅梅に行ってみる。
ちょっと遅めの時間で、お店はもうがらんとしていて、開け放った入口から暖簾を吹き分けて涼しい風が吹いてくる。

ランチメニューは丼物が中心のようだ。かき揚げ丼とかいくつか並んでいて、ホタケ(?)生姜焼定食なんかもあるが、筆頭のづけ丼にする。
ちょっと待つなあ、と思うころに四角いお盆に乗ってやってくる。

丼の蓋をとると厚めのたっぷりしたマグロの漬けがみっしり並んでいて立派だ。それにおすましと、えのきのおひたしにマグロの唐揚げという奇妙な小鉢、沢庵という面々。づけ丼は炒りごまを振ってあって、真ん中にしその刻んだのと練りワサビが盛ってある。わさびをちょこっと盛りつついただく。マグロとごはんのあいだに刻みのりが敷いてある。ごまの香りとつんとくるわさびとねっとりとうまいマグロがほどよく合っていい。温かいごはんとマグロがとても合う。ごはんがおいしい!これは当たりだ。

おすましはちゃんと戻った麩(笑)とねぎとわかめ。これは残した。

前に来た時にみかんかバナナか勧めてくださったおばあさまは時間が遅いせいかきょうは見えなかった。あの時はトレイにヤクルトがのっていたり、とにかく盛りだくさんでうどんまでついて、おばあちゃんちのお茶の間であれもこれも食べて行きなさい!みたいな雰囲気だった記憶がある。今回は夜の居酒屋さんがランチもやってます、という雰囲気になっていた。ヤクルトもミカンもバナナももちろんないし。気さくな奥さんもどちらかいうと居酒屋の女将さん風だ。


づけ丼はじめランチは大体700円。+150円でうどんを付けることができるようだ。



以前の訪問の記録
メンチカツ定食







それにしても、このところの「豆八伊兵衛」でたくさんおいでくださるのは謎。テレビか何かで出たのだろうか。
[PR]
by e3eiei | 2012-06-05 00:37 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)