<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

インド富士のカレー再び

インド富士@東小金井

東小金井のあたりにいくつかあるおいしそうなカレーを目指して行ってみると、日曜日はどこも閉まっている。インド富士はおいしいのでまた行ってみる。

前回とはメニューが少し変わっている。ポークが消えてスープになり、魚はブリがワラサに変わっている。「初夏野菜のサンバル」と「ラッサムスープ」を注文する。ラッサムスープは何ですか、とご主人に尋ねると、ごはんに合う辛いスープだと言われるので、我が意を得たりと注文する。

しばらく待って大皿に乗ったのがやってくる。
初夏野菜のサンバルは野菜の甘みととろみが穏やかでおいしいカレーだ。ラッサムスープはけっこう本気で辛くてさらっとして、でも味わい深い。確かに長粒米のライスによく合っている。連れのダルカレーとチキンカレーを少し味見させてもらう。ダルカレーは豆がペースト状になってまろやかで穏やかな味わい、チキンカレーは一番標準的に「カレー」をイメージしやすい味だ。


インド富士セットは900円。


以前の訪問
春野菜のサンバルとブリカレー


サイのツノの隣に新しくケーキショップができていた。今年の3月に開店されたそうだ。サイのツノの向かいにあった老夫婦でされていたまちのケーキ屋さんが閉じられたあとに、また若いご夫婦のケーキショップが生まれて応援してみたい気持ちになる。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-30 00:42 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

お志ど里の生姜焼き丼

お志ど里@江古田銀座商店街

駅のあたりを歩いてみると、お志ど里の看板に生姜焼き丼と貼ってある。ああ、これ食べてみよう、と入ってみる。

例によってゆる~い空気が漂い、お昼から瓶ビールなんか傾けてるおじさまとかいらして、いいねえ。だだっ広くて、表の照り返しが差すくらいの仄暗さで、観光地の場末た空気にも似通ったものが感じられる。お昼時だけどむちゃくちゃ混んでるわけでもないところがまたいい。

所期の目的を果たすべく生姜焼き丼ごはん控えめを注文する。少し待たされて、やってきたのは私の気持ちとしてはたっぷりの丼だ。お肉が重なり合ってのっている。丼と、例によってまだ乾いてるお麩が二つ浮いたわかめのおみそ汁と、キュウリのQチャン的な漬物の小皿。いいあんばいのおいしいひじきがつかないのは仕方がない。

生姜焼は濃い味付けだが、肉がおいしい。ごはんもおいしい。肩ロースの薄切りをたっぷり使ってある。丼のマナーに従ってもりもりといただく。

周囲をそれとなく観察しているとこの丼を頼む方がけっこう多い。みると山盛りになっていて、ああ、これはすごいな、と感心する。やっぱり刺身定食を注文する方も少なくなくて、こちらは注文から30秒で到着する(笑)。

豚肉生姜焼き丼は2時半まで。価値ある490円。


以前の訪問の記録
刺身定食
刺身定食
うな丼
[PR]
by e3eiei | 2012-05-24 23:51 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

大隈通り商店街「静」(承前)


大隈通り商店街を歩いていたら、町内の掲示板に訃報の張り紙がある。

「静」のご主人だった。ご本名の傍らに「「静」さん」と書いてある。先週亡くなられたこと、お通夜・ご葬儀の日取りと場所が示されている。81歳だったそうだ。
キッチンぶんのおかあさんにうかがってみると、とても急なことだったらしい。残念なことになりましたね、と悼む。

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-22 00:19 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

キッチンぶんのオムライス

キッチンぶん@大隈通り

久しぶりにオムライスを食べたくなってキッチンぶんに足を運ぶ。

注文して壁に貼ってあるメニューを眺めると、ここはハンバーグやフライ類、ライスものパスタとオムライス以外のメニューもいろいろ充実しているのであった。こんどはメンチカツなんかもいただいてみたい。

男子っぽいお店のイメージとは裏腹にここのオムライスはふんわりやわらかい姿をしている。

しばらく待ってきちんとした印象のサラダと塩っ辛いカップチキンスープが来る。それを食べ終える頃合いにオムライスが来る。濃いめの味付けの正統のチキンライスにふわふわの半熟卵がきれいにかかり、ドミグラスソースが裾に広がる。
チキンライスはケチャップのとんがった味が際立ってアクセントになっていて、たっぷりのふわふわ卵と一緒にいただくとおいしい。


オムライスは750円。



以前の訪問の記録
オムライス
オムライス
オムライス


まりもは改装中でした。アリカのあとは別のお店になっていた。よく見てこなかったが大勝何とか?和食のお店?
[PR]
by e3eiei | 2012-05-21 23:26 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

中華料理北京のランチ弁当

中華料理北京@鶴巻町

何となく鶴巻町のほうに歩いてみる。そうだ、この辺に中華料理があったと思いだす。秀永がなくなってから中華料理をとんといただいていない。

北京は割と大きなお店で、割と本格風のお料理が出てくる。店頭にランチの案内が出ている。日替わりランチ、麺と半炒飯のセット、お弁当の3種類。この日の日替わりは鶏から揚げの中華丼、お弁当はピーマンの肉炒め、回鍋肉、茄子味噌から選ぶ。

ピークの時間を過ぎているけれどもお客さんの足は絶えない。勤労男性がほとんどだが、学生さんや近所のおばあさんなんかもいて活気のあるお店で、雰囲気がしっかりと鶴巻町なのがおもしろいと思う。

回鍋肉のお弁当を注文する。しばらく待つと、お盆に塗り風のプラスティックの長方形のお弁当とスープがのってくる。お弁当のふたをとると、回鍋肉のほかにねぎの入った中華風スクランブルエッグ、鶏の唐揚げ、そしてごはんだ。ごはんは少なめに盛ってある。きっとお客をみて量を塩梅されるのだろう。

最初はスープもおかずもえらく塩からく感じる。でも、それが中華料理のおいしさでもあるのだろうなあ。少しピリ辛の油ギッシュなキャベツと豚肉もおいしく、卵もほんわりとやさしい味だ。鶏からは揚げさましで少し硬くなっていたが、ご愛敬だろう。ザーサイは舌がしびれるほど塩辛くてこれは断念する。卓上にも漬けもの2種類をポットに入れておいてある。

量もちょうどよくてさっといただく。


ランチはどれも680円。


ついでに鶴巻町をちょっと通り抜けてみる。キッチン・オールド・バザールは、店構えはそのままに「HIMALAYA」という名前に変わっていた。たぶんメニューもそのままらしい。オールド・バザールは大隈通りに一瞬出てきたときもすぐに名前が変わった。何かコミュニティでもあるのだろうか。

とんかつ長谷川は、立派な看板はそのままだが、長谷川精肉店もぴたりとシャッターが下りてしまっていて、とても再開しそうな雰囲気はない。残念だ。大通りを渡ったところに赤い暖簾のコーヒーの焙煎店ができている。さかいちだったかな。お店でもいただけるようだ。

鶴巻町は路地に印刷機の音が響く町で、ちょうど神保町の裏通りと同じように出版社と印刷工場が並んでいる。働く人びとの町の活気がある。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-18 23:32 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のアジフライとハンバーグ定食

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

先日の串カツがおいしかったのでもう一度いただいてみたくなり足を運ぶ。注文しようと思って壁のメニュー札を探すのだが、「串カツ」の字が見えない。おばさんは注文を待っていられるので次善の策としてこれまで食べたことのないハンバーグをいただくことにする。

待ち時間にもう一度メニュー札を検討するが、やっぱりない。あれは日替わり定食用のまぼろしの特別メニューだったかもしれない。

そうこうするうちにアジフライ&ハンバーグが登場する。付け合わせは大盛りキャベツとポテトサラダだ。辛子が添えられている。そういえば、付け合わせのポテトサラダとスパゲティサラダの規則性もまだ見出していない。

さて、アジフライはいつも通り美味しい。大きめのハンバーグはたっぷりソースがかかっている。残念なことにこのソースがアジフライの領分を侵し、半分がハンバーグソース味のアジフライになってしまっている。
ハンバーグは、練りもの指数が高く肉のにおいがして好みではなかった。


お隣の方が日替わりの「豚肉ベーコンとメンチカツ」を注文されたのでどんなものかちらりとうかがってみると、薄切りベーコンを3枚ほどソテーしたものとメンチカツだった。豚肉のベーコンということなのかしら、おもしろい料理名だ(笑)。もう一人は「鶏肉焼き肉定食」で、これは鶏肉を1センチくらいにそぎ切りしたものを焼き肉のたれで焼いてあると思われる。



以前の訪問の記録
A定食(オムレツ、メンチカツ、ソーセージ付き)
B定食(串カツ&アジフライ)
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-05-15 00:12 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(2)

ワールドワインバー by ピーロートのカフェラテ

ワールドワインバー by ピーロート@羽田空港第2ターミナル3F

第1を利用するときはスタバを便利に使っているが、久しぶりに第2で、しかもけっこう時間がある。ラウンジ利用もちらと頭をかすめるが、あちこち探索してみる。屋上には展望台もあるが、カフェコーナーは早朝とあって開いてない。

3階は真ん中の吹き抜けの両翼にカフェがあり、ワールドワインバーbyピーロートというところでカフェラテを買う。
吹き抜けの回廊に設置されたテーブルと椅子はフリースペースだと教えられる。
カフェラテはごく普通のカフェラテで、開放感のあふれるテーブルについて手持ちのケーキをかじりつつコーヒーをいただいて待ち時間を過ごす。人もまばらで、静かに仕事の下調べをする方や、出発前の朝食をとる方が見える。

何より吹き抜けと大きな窓のある開放的な空気が心地いい。第1に比べて第2の方が明るくて開放的に感じる。

このお店はワインバーが主体なのでワインがたいへん充実している。しかも朝の7時だというのにワインの試飲などをなさっているが、これはさすがに回避する。


カフェラテは300円か350円くらい。
モーニングセットとしてパニーニと組み合わせて700円くらいのメニューもある。パニーニはおいしいかしら。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-14 21:28 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館のA定食:魅惑のメニューの穽

ワセダ菜館@早稲田通り西早稲田

で、この日のA定食は「オムレツ、メンチカツ、ソーセージ付き」いうことなしの魅惑のメニューだ。来る途中の頭の中では串カツに矢印が向いていたが、さっさと方針転換。

さて、やってきたお皿を見て、「ぁ、、」と心の中で呟き、すぐにこれはデジャヴだと思い当たる。他のおかずと組み合わせになると、オムレツは卵1個の小さな型のものになる。そうするとふんわりとはいかなくなるのだ。よく火が通ってしまい、お弁当のおかずのようになってしまうのだ。残念。オムレツはオムレツだけで注文すべきであったのだ。
メンチカツはラードで揚げてあるのだろう、揚げ油が重いが香ばしい。
スパサラダと山盛りの千切りキャベツを混ぜながらおいしくいただく。

テレビを見ながら、マイペースで食べられるのがうれしい。

A定食(半ライス)610円。


以前の訪問の記録
B定食(串カツ&アジフライ)
ひれカツ、コロッケ、オムレツ・・・
カキフライ定食
鯖の塩焼き定食
カキフライ定食
オムレツ定食
カツカレー
豚肉冷しゃぶ定食
オムレツ定食 三たび
オムレツ定食 再び
オムレツ定食
A定食(日替わり)
アジフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2012-05-09 00:06 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

MUSUIのランチ

MUSUI@吉祥寺 公園通り

友達に教えられて足を運んでみる。
公園通りの、ケヤキの若葉が影を落とし始めた、さわやかで華やいだ雰囲気に似合いのこ洒落た構えのお店。カウンターとテーブルが三つの小さなカフェレストランだ。自分のところでハードパンやライ麦パンなどを焼いていて、朝の7時からカフェでおいしいパンとコーヒーを食べさせてくれるらしい。嗚呼、なんておされな暮らし!

ランチはパンとおかず3種と飲み物のデリセット、またはおいしいパンのサンドイッチ2種と飲み物。

カウンターに案内され、おかず(デリ)は20種類近くもありそうなリストから選択する。大いに迷って、ジャガイモとセロリのスープ(これはビシソワースだった)、カポナータ、鴨とキャベツを選ぶ。

4つに区切られた四角いプレートにおかずが3つとささやかなパン2種類がのってる。おかずはそれぞれ味つけも軟らかくておいしくて、いいなと思う。食後のコーヒーもおいしかった。

ただ、何というのか、いただいた食事はおいしかったのだが、ちっとも落ち着けずゆっくりくつろいでいいお昼をいただいた気分には程遠かった。カウンターの中と厨房では都合7人くらいの人が働いているようだが、みんなひどく忙しそうでこわばった表情で慌ただしく動き回っている。注文してからかなり待つが、こちらもなんだかのんびりしない。週日のお昼に来るとまた違っていたのかもしれないが。吉祥寺は観光地になってしまったのだなあと思う。

ランチは800円。テイクアウトにすることもできて、ドリンクなしで500円!
デリセットはパンが小さい。サンドイッチの方がパンはそれなりに大きいのでボリュームがある。


帰りに近くの俵屋さんで和菓子を買う。
柏餅は今年の柏餅の私的には金賞!お餅が柔らかくてとてもおいしい。こしあんも上品。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-07 22:57 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

インド富士のカレー

インド富士@東小金井

東小金井のほんの小さな商店街に、おいしいカレー屋がいくつかある。

で、いよいよインド富士である。黄色い壁とかわいい看板がおしゃれな雰囲気なので、てっきりおねえさんがやってるお店かと思ってた。小さなテーブルが一つとカウンターだけのお店で、カウンターの中には帽子をかぶったおにいさんが二人。

カレーはチキン、ダルカレー、春野菜のサンバル、ブリカレー、ポークビンダルカレー。セットにすると2種類のカレーを選ぶことになる。春野菜のサンバルとブリカレーを注文する。

しばらく待つと大きなプレートに2種類のカレーとサラダ、それに長粒米のライスが盛られて持ってきてくださる。
ブリカレーは文字通りブリを具にしたカレーで、魚のカレーは珍しい。お刺身くらいの大きさのブリが2切れ入っている。ちょっと塩味が強いかな、と最初は思うが、パクチーの香りとともにおいしくいただく。野菜のサンバルはキャベツなどの野菜の香りがとても濃くて、これも珍しい。
どちらもそれほど辛くはないがスパイスがよく効いていて、コクがある。パラパラのごはんともよく合っている。
サラダは普通の日本のサラダ。

期待を膨らませに膨らませていったので、ちょっと当たり前すぎたかな、という感想。


記録をみるとちょうど1年前にサイのツノを訪れている。5月の連休でインド富士はお休みだったのだ。


インド富士セットは900円。単品だと800~850円。
[PR]
by e3eiei | 2012-05-05 01:04 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)