<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

石村萬盛堂のお月さま伝説

お月さま伝説@SORA SHOP福岡空港第2ターミナル

いつもの昔懐かしいシュークリームの棚の隣に「お月さま伝説」というかわいい個包装のお菓子が置いてあるので購入してみる。
ふわっとしたカステラに固く練ったカスタードクリームがたっぷりとはさんである。シュークリームのやわらかいカスタードとはまた異なっているが、嫌みのない甘やかでやさしい味わいだ。これもまた昔懐かしい、郷愁をそそるような滋味のお菓子である。
小ぶりでちょっといただくのにもってこいの大きさなのも好ましい。

d0000059_1530103.jpg


「お月さま伝説」の棚の隣にはまた、ボン・サンクのヴィンテージアンジュのフロマージュとショコラが並んでいるので、試しにフロマージュを購入してみる。
d0000059_15322727.jpg



それぞれ120~130円という価格も庶民的。


追記
そうだそうだ、「萩の月」に似ている。


追記(2011.6.20)そして「萩の月」をいただく機会に恵まれる。好みとしては石村萬盛堂の方がいい。カスタードクリームのほわんとした素朴なおいしさがある。萩の月もおいしいが、いかにも正統のちょっとよそ行きのおすましした味わいだ。
萩の月は140円くらいだったか。少し大きめ。
[PR]
by e3eiei | 2011-05-22 23:22 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

BAR&KITCHEN add9 のワンコインパスタランチ

add9 @江古田銀座ぽかんと前

何を食べようとも決めずに駅近くを歩いていると、ここは入ったことがなかったが「シェフのいるバー」と看板に書いてあるので入ってみる。
あとでHPをみると、吉祥寺の西洋乞食で15年シェフを勤めたマスターのお店だと書いてある!

ランチは3種類。
本日のワンコインパスタランチ:パスタ(トマトソース、菜の花添え)、サラダ(千切りキャベツ、サニーレタスのたっぷりサラダ)、自家製パン、ハーブティー(または冷たいウーロン茶) 
ジェノベーゼのパスタ:同じくサラダ、ぱん、ドリンク付き
カレー:サラダとドリンク付き

トマトソースのパスタを注文する。
昼間はカウンターのみの営業で、先客は中年の女性がひとり。奥ではテレビがついている。

まずサラダが来る。自家製パンは2種類。一つはもっちりした塩味のパン、もう一つはドライバジルを練りこんだパン。塩味パンがとてもおいしい。オリーブオイルをいただいてつけつつ食べる。なんだかすでにしてワンコインランチの域を超えてしまっている。
そうこうするうちにパスタがやってくる。アルデンテに茹でられ、ソースも悪くない。菜の花の彩りも美しい。量は上品に抑えてあるが、パンが添えられているのでちょうどいい塩梅である。
ハーブティーはティーバッグのローズヒップティーだが、これはあまり香りがしなかった。

雰囲気はややあやしげながら、総じて大変満足度の高いお昼でした。


マスターはロックの方らしく、カウンターにはストーンズのCDがずらりと並んでいる。ライブなどもなさるらしい。


ワンコインランチ500円。
ジェノベーゼが750円? カレーが800円?くらい。
[PR]
by e3eiei | 2011-05-13 01:04 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

同心房の茄子と新竹の子の炒めもの

同心房@江古田駅南口

あてもなく歩いていて、ここに中華があるのを思い出す。店の外に本日のランチで張り出してある。「新竹の子」の文字に惹かれて入ってみる。

運ばれてきたのはおかずもごはんもボリュームたっぷりだ。山盛りごはんは半分にしてもらう。おかずはお皿いっぱいの茄子と筍!!テンメンジャンか何かでひき肉と一緒に炒めてある。そんなに味は濃くないが何かパンチが足りないなあ、などと思いつつ、まったりとおいしくいただく。山椒とかがあってもよかったかも。これにやさしい味の卵スープと漬物、それに杏仁豆腐がつく。

ランチ定食は680円。


お隣のまつば食堂だったところは早くも整地されて駐車場になっている。あぁ。。
[PR]
by e3eiei | 2011-05-06 00:50 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

サイのツノのグリーンカレー

サイのツノ@東小金井南口商店街

こんなひなびた商店街に(インド風)カレー屋が蝟集している。サイのツノはずいぶん前からやっている。インド富士、HIMALAYA、オーガニック スパイスハウス、それにココイチや定食屋なんかも入れると大したものである。
インド富士は連休でお休みなので、サイのツノに行ってみる。

カレーは4種類。欧風カレー、インド風レッドカレー(トマトとチキン)、グリーンカレー(ひき肉)、薬膳スープカレーと、それぞれに個性的である。お店はカウンターと4人掛けテーブルが3つ、表の引き戸を開けはなって開放的で気持ちがよい。グリーンカレーを注文する。連れはレッドカレー。瓶に入ったピクルスが登場する。大根、ニンジン、きゅうりを小さく切ったシンプルなものだが、酸っぱくなくてなかなかおいしい。

グリーンカレーは所謂サグカレーではなく、タイ風グリーンカレーでもなく、見た目はキーマカレーのようである。カイワレ大根がトッピングされている。ソースの中にほうれん草のペーストが入っているらしい。チーズの風味もする。どちらかいうとまったりした味わいでなかなかおいしい。辛口で注文するが、これは大辛でよさそうだ。
インド風レッドカレーはさらっとしたソースでトマトの酸味がさわやかなカレーである。

テイクアウトや通販もやっているようだ。おみやげにピクルスを購入する。


グリーンカレー640円、レッドカレー620円。
ピクルスは200gで210円。


ここのお向かいにあった洋菓子のサン・ローランは閉じてしまわれた。昭和昭和したケーキ屋さんで懐かしい味わいが気に入っていたのだが、ご高齢だったしなあ。
[PR]
by e3eiei | 2011-05-04 23:16 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

吉祥寺砂場の天もり

吉祥寺砂場@吉祥寺大正通り

気温が上がり、お蕎麦をさらっと食べたくなる。百貨店に入っている神田まつやに行列ができているので、砂場に行く。こちらは先客なしであり、やや心配になる。前に来た時の味の記憶があまりないし。

天もりを温かいおつゆで注文する。お茶は蕎麦茶でおいしい。
少々待つと運ばれてくる。蕎麦は更科の白く細く上品なの。てんぷらは小エビのかき揚げとししとうという、禁欲的なまでに大人の雰囲気である。まつやのどっさりもりの庶民的な天もりの対極を行く雰囲気だ。

蕎麦は香りがよくて、温かいおつゆもおいしくて、するするといただく。てんぷらは可もなく不可もなくというところかな。ししとうが香り高くてよい。一枚いただいてもう少し食べたいかなあ、腹七分目くらいかなあというところだが、あっさりいただきたいときはこれでいいかも。
蕎麦湯はさらっとしていて、だしつゆもおいしくいただける。

いただいている間に次々お客も訪れた。

天もり 1300~1400円くらい。


あちこちの蕎麦屋で武蔵野地粉うどんののぼりをみる。商工会がキャンペインを行っているらしい。どんなものか、うどん好きとしては一度いただいてみたいものだ。ただ、蕎麦にしてもうどんにしても、もっとゆるい雰囲気で食べさせてくれるところがないかしらと思う。


d0000059_1393.jpg
d0000059_132562.jpg

[PR]
by e3eiei | 2011-05-01 00:50 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)