<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

キッチンおばさんのトマトリゾットランチ

KITCHEN OBASAN@江古田税務署前

冷たい日は何か体のあたたまるものがいいな、と思いOBASANに向かう。
ロールキャベツもいいが、トマトリゾットというのがあるので、それをいただくことにする。

やってきたのは、みたところお雑炊風。グラタン皿のような深みのある器にスープを張ってあり、その中にごはんがこんもり盛られている。卓上のクラフトパルメザンチーズをたっぷり振りかける。
ところがごはんをくずしながら混ぜてみると、中にはチーズがた~っぷり! 考えていたリゾットとは全く異なる、チーズトマト雑炊というのがふさわしいようなもので、熱々のスープがごちそうだ。食べ進めるとすぐにスプーンがチーズでもこもこなってしまうのが玉にキズ。
これに定食のサラダと具だくさんのおみそ汁がつく。

790円。


今シーズンのカキフライ定食(11月~)は1100円也!


以前の訪問の記録
ロールキャベツランチ
コムライス
カキフライ定食
[PR]
by e3eiei | 2010-10-29 01:06 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

THAI Curry MAR のスパイシーマアカレー

MAR(マア)@恵比寿公園近く

恵比寿公園から駅の方に明るい坂道を登っていく。おしゃれなショップやレストランが並ぶ一角にカレーのにおいを漂わせているお店がある。

ずいぶん前に見つけていたのだが、なかなかここまで登ってこない。
ガラス張りのおしゃれな構えをのぞくと、案外すいているので入ってみる。お店は男性二人で切り盛りしているふうだ。

メニューは3種類。スパーシーマアカレー、グリーンカレー、秋限定根菜のレッドカレー。どれもおいしそうで迷うが、お店の名前を冠したマアカレーにする。
しばらく待つと、カレーとライスが運ばれる。ごはんは黒米をほんの少し混ぜて薄紫に染めたタイ米。ごはんの上にタイ風なのだろうか、1センチ厚みのまるい卵焼きを8等分したものが乗っかっている。
カレーは文字通りスパイシーでびりっと辛い。具は骨付きもも肉をほろほろに炊きこんだのと、ジャガイモ。それに青味のしし唐。悪くはないが、あまり印象に残らないのはなぜだろう。
卓上のプリックナンプラーはかなり強烈。塩味も魚の香りも、カレーのこじゃれた淡白さに比べるとバランスとるのも難しいくらいに濃厚。

お隣の席の方がめしあがっているグリーンカレーとレッドカレーもおいしそうだったので、も一度楽しみに来てみよう。

おひとり様、カップル、職場の同僚、というお客層。テイクアウトもしているようだ。


カレーはすべて730円。


d0000059_12086.jpg

[PR]
by e3eiei | 2010-10-23 01:24 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

居酒屋かおるのカキフライとしらすオムレツランチ

居酒屋かおる@恵比寿神社近く

再び路地を通りかかり黒板をのぞくと、カキフライの文字。。え、カキフライ!それは寄らなくっちゃ。
暖簾の下からのぞくと、いつぞやの「おかあさん」が今日はテーブル席から常連さんと談笑していらっしゃる。お客さんは2人。で、入る。

常連さんたちがみなさん「おかあさんは元気?」と気にかけているその方だ。確かにこの方がいるとお店の家庭度は8倍上がり、笑い声は16倍くらい増す。かといってうるさいわけではなく和やかなのだ。

カキフライ。偶然の今シーズン初ものである。オムレツの向こう側に中くらいのカキフライが3つ。それにレタスを中心にしたグリーンサラダ。これはとてもいい取り合わせだ。カキフライはふっくらプリッとしてカキの旨みがほどよく、熱々がとてもおいしい。何もつけないでそのままでおいしい。しらすオムレツは薄い「皮」のなかはとろとろのふわふわで、しらすの上品なだしと塩けがよくあっていて、これもやみつきになる味わいだ。
縁起もののべったら漬けをごちそうになる。甘すぎずなかなかおいしい。



ランチは700円。



以前の訪問の記録
ハムオムレツと鶏の唐揚げのランチ
しらすオムレツと豚肉生姜炒め
明太子オムレツとおろし唐揚げ
ひき肉カレーと豚の角煮
[PR]
by e3eiei | 2010-10-21 00:36 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

居酒屋かおるのひき肉カレーと豚の角煮

焼き鳥居酒屋かおる@恵比寿神社近く

久しぶりに路地を通るとカレーの香りが漂う。黒板は豚の角煮、鶏もも肉ソテー、ひき肉カレーの二品ランチになっている。腰をかがめて暖簾の下からのぞいてみると二人の方がお食事中で空いているので入る。

鶏肉もおいしいだろうなあと思うが、ボリュームもすごそうなので、豚肉にする。
豚の角煮は食べやすい大きさに整えてあるのが三つ四つ。それにレタスを中心にしたグリーンサラダがたっぷり。カレーは小鉢に入れられて、ごはんはいつものお椀だ。おとうさんはいつも「これくらいでいい?」と聞いてくださる。さて、どちらで食べるかなあと迷い、小鉢にごはんを入れていただく。多分間違っていると思うが、茶碗がカレーでまみれるのも本意ではない。

カレーはごくごく家庭的な味わいで懐かしくもおいしい。ごはんがおいしいのだから。豚の角煮は難しいなあと思う。おいしいのだが、脂身が少なくて赤身がやや煮締まっている。サラダもおいしくいただく。これに揚げと豆腐のおみそ汁がつく。贅沢なランチだ。
からだがなごむ、頭もいっときほぐれる。いいお昼をいただく。

この日の「おしんこ」はいつものらっきょとたくわんのカツオまぶしとのりのつくだ煮。中鉢になみなみ盛られたのりのつくだ煮なんて初めて見た。あまり甘くなくていい味わいだ。自分で作られるんだろうか。



ランチは700円。



以前の訪問の記録
ハムオムレツと鶏の唐揚げのランチ
しらすオムレツと豚肉生姜炒め
明太子オムレツとおろし唐揚げ
[PR]
by e3eiei | 2010-10-20 00:36 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

たかはしのさんまの塩焼き

たかはし@南門通り

湿度の低い秋日和でトマト味のパスタが浮かび、ぷらんたんに向かうが、この日はペペロンチーノだったので、さて、と見渡してたかはしに入る。

読みかけの『遠い太鼓』に穴八幡の下にあった焼き魚専門の食堂が出ていて、インスパイアされてのこと。
もちろん焼き魚だ。筆頭の塩サバにとても惹かれるが、「塩サバ」は守備範囲が広い。ノルウェーで塩漬けされたのもいれば、壱岐の島で塩にされたのもいれば、きのうまで相模湾で泳いでたのもいる。あとのほうのだといいが、ノルウェーのは脂がのりすぎていて少々苦手だったりする。秋刀魚の塩焼きを注文する。

あれ、というほど早く出てくる。かわいらしいスダチの四半分と大根おろしが少々。さんまはもう脂が落ちている。さんまのお皿には小さなおかずが幾種類か載っている。小鉢はさつまいもとリンゴとさらし玉ねぎにレーズンのマヨネーズあえ。これにおいしいご飯とおみそ汁に大根と青菜の塩漬けだ。
隣の方の戻りガツオのお刺身もおいしそうだった。


秋刀魚の塩焼き定食は800円。



以前の訪問の記録
まぐろ丼
[PR]
by e3eiei | 2010-10-19 00:14 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

メーヤウのインド風チキンカリー

メーヤウ@馬場下町

そしてついに☆4つのチキンカリーを食すことにする。
念のためにダブルセットにしてグリーンカリーと組み合わせて注文する。

やってきたとろっとしたターメリック色のカレーは険呑な雰囲気を漂わせている。スプーンでちらっとなめてみると、まあいけそうだ。ごはんにかけていただくと、最初はうわっ辛い!とひるむが、ココナッツミルクの風味を感じる、いや、そういうはずはないのだが。何口かいただくとおいしくなってくる。具はチキンのウイング。ポテトが入っていたかどうか記憶が定かではない。チキンカリーをいただいてそのあとでグリーンカリーをいただくと、これは本当に甘くてうまい。バイマクルーがさわやかで、この取り合わせは吉なり。ただ、ごはん普通盛りだとカレーが少々余り気味になる。


ダブルセットは950円。


以前の訪問の記録
インド風ポークカリー
タイ風カントリーカリー
インド風野菜カレー
キーマカレー
レッドカレー
レッドカレー
[PR]
by e3eiei | 2010-10-17 01:15 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

KALIKAのランチカレー

カリカ@ゆうゆうロード商店街

この日もムンレに寄ってみるがしばらくお休みと書いてある。
それではと、もう少し歩を進めて奥の方のカレー屋に向かう。

奥のお座敷は込み合っていて、ご婦人がたの声がわんさか響き渡っている。カウンターを勧められる。
複雑な2種類のメニューを検討してBランチ(カレー2種類、なんとライス)にし、野菜カレーと日替わり(卵キーマ)でライスにしてもらう。小さいけれどもあんがいみっしり盛り付けてあるグリーンサラダ胡麻ドレッシングがまず来る。しばらくしてカレー登場。ごはんはターメリックライスで、かなりのボリュームだ。カレーは辛口(4段階上から2番目)にしたが、どちらもほとんど辛くない。野菜カレーはインゲンを主体にして、カリフラワー、グリンピース、ジャガイモにんじんなどたっぷり入っている。キーマエッグはゆで卵が半分。
食後にマサラティーをたっぷりいただく。

記録のために以前の記録を呼び出すと、2か月前にもBセットを食べ、ごはんの多いのに驚き、熱いティーをいただいている。そういえば、味の濃いゴーヤか何かをいただいたことをようやく思い出す。けっきょく同じようなものをいただいている。なぜか味の印象が薄いのだ。ただ、店の雰囲気は少年の存在も含めてかなり印象深いものがある。


Bセットランチは780円。


以前の訪問の記録
ランチカレー
[PR]
by e3eiei | 2010-10-15 00:50 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

Grassoの女子限定ランチ

Grasso@南門通り商店街

久々のグラッソである。
ここでは注文するものはこれに限られる。前にメンチカツを注文したら大きくて持て余してしまった経験がある。
で、この日もこれにする。

お皿がおしゃれになってるようだ。真っ白のやや大きめのプレート。ひょっとしたら以前からそうだったかもしれないが、いい気分だ。小ぶりのメンチカツとそれに見合う豚の生姜焼、それにぎっしり大山盛りのコールスロー。1/16のレモンがついている。おみそ汁は白菜のおろ引きか山東菜と大根、秋らしくておいしい。コールスローは甘いフレンチドレッシングになっている。これはこれでおいしくいただく。ごはんを軽めに盛ってくださっているので、もう二口三口いただきたくておかわりをしようとすると、おにいさんがよそってくださる。「半分くらい?」と聞かれるので、二~三口と言えばいいものを、はいと言う。最初よりも多くよそってある。でもおいしくいただきました。

ここのお店は明るい開放感がある。ただ、今はお隣の理髪店だったところの工事なので、開け放った窓から容赦なく工事音が飛び込んでくる。
それにテーブルの調味料周りが清潔だ。辛子のポットはいつも透明だし、ソースの口もきれいだし。いろんなボトルもべとべとしてない。
お店を切り盛りする兄弟と思しき二人のお兄さんのさわやかさと、おいしいご飯にたっぷりのコールスローでいいおひるになる。


女子限定ランチ 600円。


以前の訪問の記録
メンチカツ
女子ランチ
女子ランチ
女子ランチ
女子ランチ・こけし
女子ランチ



ぷらんたんとキッチン南海に挟まれたおうち(以前オーダーメイドの靴店だったところ)は民家の玄関ドアと引き戸の扉が並んでいるが、引き戸のなかにガラスのショーケースがある。ちょうど昔のパン屋さんのケースのような。なにになるのかしら。
[PR]
by e3eiei | 2010-10-14 01:13 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

いもやの天ぷら定食

いもや@早稲田通り裏通り(西早稲田)

久しぶりにてんぷらを食べたくなり、高七に行こうかと思ったが坂の上まで行くのが何となく億劫でもあり、いもやに足を運ぶ。

遅い時間帯だがそこそこお客さんが入っておられる。
天ぷら定食を注文する。
天ぷらはえび、キス、イカ、ナス、カボチャ、サツマイモ、それに春菊。揚げたてでさっくり揚がっている。衣のだまがくっついていたりするのもほほえましい。中どんぶりのたっぷりごはん、シジミのおいしいおつゆ。カウンターテーブルには紅ショウガと、みどり色の刻み漬物が置いてあり、紅ショウガをつまんでみると口中がさっぱりする。


天ぷら定食600円。 (天丼550円、えび定食800円也)



以前の訪問の記録
天ぷら定食
天ぷら定食
天ぷら定食
[PR]
by e3eiei | 2010-10-13 01:08 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

同心房の日替わり定食

同心房@江古田駅北口線路わき

ムンレによってみると、おかずは選べるほど残っておらず、おいなりさんも売り切れているのでまたにする。
何か定食をとることにして駅のほうに行ってみると、中華屋さんの店頭に日替わりが2種類貼り出されていて、一つが豚肉と野菜の卵炒めだったので、それをいただくことにする。
店内はほぼ満席。

定食を注文してしばらく待つことになりそうだったが、待っている人のほとんどがこの定食を頼んでいたらしくほどなく端から順番に配られる。そういえば、以前もまとめて調理されたようで、前にいた人よりも早くにでてきたことがあった。
卵炒めは、青梗菜ときくらげ、それに彩のにんじんの豚と卵の塩炒めで、中華中華していておいしくいただく。漬物はもやしのごま油あえ。それに卵スープと杏仁豆腐の小鉢がデザートについている。


定食は680円。



以前の訪問の記録
ブロッコリー海鮮炒め
エビと小松菜の卵炒め定食




隣のまつば食堂は閉じられたのだ。
[PR]
by e3eiei | 2010-10-09 01:18 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)