<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

torch cafeの日替わりランチ

torch cafe@恵比寿駅西口 駒沢通り沿い

飲食店が並び歩道にちょっと年季の入ったしゃれた黒板が控えめに出ている。ビルの二階のようだ。

階段を上ると、黒っぽい竹のすだれをたてにしたような妙なカーテンがドア替わりになっている。中は広くて通りに面して大きな窓が開いて明るい。トロピカルな大きな観葉植物を配してあり、ちょっと三鷹のリトルスターレストランを思い出す。真ん中にソファ席が並び、周囲は食事用のテーブル席。音楽はクレモンティーヌ風のボサノバ。全席喫煙可だ。みなさんくつろいで食事をされている雰囲気がいい。

メニューは日替わりランチとパスタ2種類、それに月替わり丼(鯵の南蛮漬け丼)。日替わりのチキンソテーバジル風味を注文する。およそ鶏と豚が交代で出るようだ。

最初にカップスープ。野菜の旨みがよく出ている。しばらく待って料理が運ばれる。鶏はもも肉がでんとのっている。上手に焼いてあって、塩加減もいい。ナイフもすっと通って気持ちよくおいしくいただける。付け合わせはサニーレタスのドレッシングがけとペンネ。パン皿にごはんがのってくる。ごはんは悪くない。
欲を言えば、火の通った野菜があらまほし。

食後にコーヒーか紅茶がつく。ホットコーヒーを頼んだが、ちょっと焦げっぽく、ものすごく熱いコーヒーだった。



日替わりランチは800円。
パスタ1000円、丼900円。



トーチカフェという名前が珍しい。何となく年配のご夫婦でされているのか、と思っていたがそういうこともない、昭和の香りのする、おしゃれでくつろげるカフェでした。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-31 00:25 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

明治の人間と、二〇〇四年の日本人

中野孝次(2006=2008年)『ガン日記 二〇〇四年二月八日ヨリ三月十八日入院マデ』(文春文庫)

三月三日(水)
・さまざまの事思いて、昨夜よく眠れず。
・今までは一途に、入院・放射線治療・抗ガン剤投与は絶対に受け付けずとのみ思い来りしが、では我が家にあってどうするのかの具体についてこまかく想像せしことなかりしに思いつきたれば也。
・日々衰え、病気進行してゆく人間と共に暮す者、すなわち秀の心労はいかばかりや。現に昨夕も病院よりかえってのち、港南台の高島屋にゆきて余の口に合いそうな魚肉を買ってくるも、ほとんど食欲なくして食わざりし。こういう食事の配慮ひとつにしても、すでに老いたる人間をして日々苦労させるは必然也。
・その他自宅にありて自然死を迎えるとき次々と出現するさまざまの問題は、ざっと想像するも限りなし、それを強いるは我のわがまゝならずや、と思い至る。
・ならば、死までの手続きとして、皆人の選ぶ道を我も引き受け、入院せんか、と考える。放射線治療・抗ガン剤の医療的拷問も覚悟せんか。
(略)
・われ一人くらすに非ず、妻秀と、重人ほか心配してくれる人々との中に生きる人間の、それが務めか、という考えが初めて浮びし也。
・昨夜は秀に今日CT検査にゆくのはイヤと言いしが、以上のことを思いて行く決心をす。(略)決心の一大転換也、心とは変り易きものかな。
(略)
・中江兆民は、短期入院はせしもあとは自由にふだんの生活をし、その間ずっと妻が傍らにあって世話をせし也。
・正岡子規は、わが家で寝たきりにて、その間母と妹の献身的な看護に頼り、わがまゝの言い放題なり。明治の人間はかくふるまうことを得たり、しかし二〇〇四年の日本人は?
(略)

50歳代半ば『麦熟るる日に』『苦い夏』『季節の終わり』の所謂青春三部作で、主人公の凄まじいばかりの個人主義に自己を仮託した著者の、個人主義の帰結がこのような言葉に結ばれることに強い感慨を持つ。個人主義の責任の持ち方という意味で。


これを読んだ後に『東京焼盡』(内田百閒)を再読すると、内田も「明治の人間」であったことに思い至る。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-29 01:58 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

日高屋の野菜たっぷりたん麺セット

日高屋@恵比寿南 駒沢通り

この手のチェーン店って入ったことがなかった。
日高屋もあちこちで見かけはするが、これまで入ってみることもなかった。

野菜たっぷりたん麺と餃子のセット。もやしを中心にした野菜がたっぷり入っている。かなり塩辛いが、こういうものだろう。だしはそれほどこくがあるわけでもないが。たぶん、麺がもっとおいしいといいのだろう。ささっと食べられるところがいい。カウンターにひとりおきに座ってみんなささっと食べていく。
コショウはかなりたっぷり振ってやる。この日はお酢をくわえてみる。これも目先が変わっていい。


たん麺は490円で、餃子のセットで700円弱。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-28 00:48 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

New Schoolのタルタルハンバーグプレート

New School@文学部前

暑いので冷たいガスパッチョを思い出して行ってみる。 夏バテ予防に野菜の補給も考えて。

ガスパッチョはやっていなかった。和・洋・中の熱いスープだった。やや遅い時間帯だったせいだろうか、休暇中で縮小営業されているのか、ウォーマーのなかはほとんど液体ばかりになっていた。。。底のほうに個体のかけらが薄く堆積しているばかりで、レードルでかき混ぜてもはかばかしくなかった。残念。みんなで「補給」しちゃったんだろうな。

気を取り直して、きれいなグラスに注がれた冷たいウーロン茶をいただき、のんびりした気分でお昼をいただく。
ふわっとしたハンバーグに、キャベツを主体としたおいしいドレッシングのかかったサラダ、それに麦の混じったごはん。ちりちりしそうな通りの景色を眺めながら、いい昼ご飯だった。


ランチは680円。



以前の訪問の記録
タコライス
タルタルハンバーグ
タコライス・ガスパッチョ
[PR]
by e3eiei | 2010-08-26 01:13 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

恵比寿中島のさんま開き弁当

恵比寿なかじま@恵比寿西口 駒沢通り沿い

お昼時は店の外まで列ができている。人気なのだ。とはいえ、注文は次々できあがるので待つこともない。列に並ぶ間に品定めをするのにちょうどよい。

魚ものにしようかな、とガラスケースの中や上をみるとサンマが呼んでいる気がするのでこれにする。

小ぶりの塩サンマの開き。脂もさっぱりしていて、食べやすい。キャベツの千切りの上に乗っかっている。
野菜は、山菜の炒め煮、五目ひじき煮、切干大根のお煮付け。

おやつにたらこおむすびを調達する。ふつうにおいしいが、おむすびの塩がちょっときつい。この辺りは好みなので、難しい。

ガラスケースのなかには、副菜の小さなパックも並べてある。こんどはこれもいただいてみよう。


さんま開き弁当 600円
たらこおむすび 130円




これまでの訪問の記録
レンコンはさみ揚げ弁当
[PR]
by e3eiei | 2010-08-25 00:02 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

惣菜弁当 恵比寿中島のレンコンはさみ揚げ弁当

恵比寿中島@駒沢通り沿い

ごはんがおいしい。
おかずはレンコンはさみ揚げのフライ 1つ、鯖の塩焼きのしっぽのところ 1切れ、下にキャベツの千切りが敷いてある。フライはやさしい味付け。塩サバもぱさついておらず、さほど塩辛くもなくいただける。
薄切りレンコンの甘辛煮、里芋の炊いたの、切干大根のお煮付け。野菜はけっこう味付けがしっかり濃い。
お昼ごはんとしては、もう少しボリュームがあるといいと思う。

お弁当の種類はかなり豊富。とはいうものの、主菜は魚かフライものということのようだ。


お弁当はだいたい600円台が中心。

恵比寿はお昼ごはんが高くつくのだ。

More
[PR]
by e3eiei | 2010-08-24 00:20 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

吉柳のスープカレー

吉柳@恵比寿南(駒沢通り 恵比寿西口駅前通り商店街)

カレーがおいしかったので再び行ってみる。
少し遅い時間帯で、カウンターの席は適当に空いている。席に着くと、しばらく待つがよいか、と確認される。はい、と答え注文もとらないし壁のランチメニューも出ていないのでどうなのか、などと思いつつ文庫本など読んで待つ。あとから来るお客にきょうはスープカレーだけだと言っており、そうかと納得する。

しばらく待つとトレーに載ってやってくる。お皿には刻みパセリを散らした白米にくし型レモンが添えてある。丼になみなみと赤黒いスープが張ってあり、さいの目のトマトや生青のり、ゆで卵などの彩りも美しい。
スプーンでスープを味見すると、これだけでいただける、カレーというより味わい深いスープだ。豚大根カレーもそうだったが、油をたっぷりとうまく使ってある。中にはエリンギやシメジ、よく煮込まれた一口大の鶏肉、大きめのアサリ、モヤシ、茄子きゅうり、青野菜などなどたっぷり入っている。もやしが強烈に主張していて、懐かしい不思議な「カレー」になっている。
さて、お皿のごはんをどうすべきか。カレーライス風にスープをお皿にかけるべきか、コリアン流にライスをスープに浸していただくか。前者でいただいたのだが、これは後者のほうが食べやすかったかもしれない。

濃いだしが出ていて、きのこと野菜がたっぷりで、それでもカレーで、おいしくいただき満腹になる。


スープカレーは1000円。
土曜日なので一種類だけのメニューだったのか、その辺はよくわからない。



以前の訪問の記録
豚大根カレー
[PR]
by e3eiei | 2010-08-22 02:45 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのペスカトーレ

ぷらんたん@南門通り商店街

前を通りかかるとペスカトーレとでている。はじめてお目にかかるメニューなので入ってみる。

大学の休暇中はこのお店は学期中とは別のお店のように落ち着いて静かだ。この日も。

ペスカトーレはもののWikiによると漁師風ということだ。Google先生に画像を出してもらうとムール貝だの手長えびだのタコだのイカだのそれは豪華なものだ。
だが、ここは我らがぷらんたん風。アサリだのこえびだのイカだのささやかな帆立て貝だの豊かなシーフードミックスの幸をトマトソースで和えたものだ。でも、麺はタリアテッレというのかフェットチーネというのか、細めの平打ち麺でもちもちしておいしかった。粉チーズをたっぷりかけていただく。
なごみの滋味パスタである。

例によってコーヒーをおかわりしてゆっくりいただく。


ランチは680円。


以前の訪問の記録
アラビアータ
チキンクリーム
豚肉と野菜のパスタ(和風)
ペペロンチーノ・ナポリタン
サーモンときのこのクリームソース
アラビアータ
カルボナーラ
ペペロンチーノ


そういえば、隣の、以前オーダーメイドの靴屋さんだったところにしばらく前から工事が入っている何かになるのかしら。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-19 23:56 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

メーヤウのタイ風カントリーカレー

メーヤウ@馬場下交差点そば

前を通りかかると週替わりでカントリーカレーが出ている。先月食べそこなったなあ、と思っていたので入ってみる。大学は夏休みで少々すいているのか、すぐ来る。

☆三つは、実ははじめてなのだった。まあ、普通にびりっと辛い。そしてほのかにココナッツミルクの香りがする。カントリーカレーは野菜スープカレーという説明がある。具はグリーンカレーに入っている筍の細切りと大根、それにほうれん草とコーンの粒、揚げたジャガイモ。これにゆで卵が半分。メーヤウのカレーは千切りにしたバイマックルーの香りがごちそうだ。
はじめていただくカレーだが、ちょっと物足りない気がした。辛さが強すぎるのか、スパイスが苦みに感じられる。ブリックナンプラーのナンプラー部分だけを足して調整していただく。前の日に吉柳のカレーをいただいているが、こうしてみると吉柳のカレーはずいぶんとこくがあり、だしが利いていてうまいカレーだ。

暑い日に大汗をかきつついただく辛いカレーである。


週替わり(第3週) タイ風カントリーカレー 750円
第2週のパンプキンカレーもやってる。


以前の訪問の記録
インド風野菜カレー
キーマカレー
レッドカレー
レッドカレー
グリーンカレーが好きで食べることが多いのだが、記録は残していないようだ。
[PR]
by e3eiei | 2010-08-18 01:28 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

吉柳の豚大根カレー

吉柳@恵比寿西口駅前通り商店街

「きりゅう」と読む。恵比寿では行ってみたいと思っていた。
別の日に1時前ごろ行くと満席でかなり待つといわれて残念な思いをした。この日はままよ、とお昼時に行ってみるとちょうどカウンターが1席空いている。ぎゅうぎゅう詰めで席に着く。だが、20分もしないうちに空席がちになる。カウンターは女性のおひとりさまもけっこうおられる。

ランチはこの日は3種類。冷麺セット(1000円)と鶏カレーと豚大根カレー(850円)。
豚大根カレーを注文する。15分くらい待つとおいしそうなお皿が運ばれてき、追っておみそ汁も来る。七穀米で注文したが玄米でやってきた。噛みごたえがあってこちらのほうがカレーにはあう。
カレーはスパイシーでなかなかおいしい。豚肉はバラ肉を大きめの拍子木にしてソテーして炊いてあるようだ。大根はイチョウに切ってちょっと硬いくらいに炊いてある。お皿の向こう側にカレー、こちら側にごはん、ごはんの上にはパンプキンポテトサラダ、セロリときゅうりの塩づけ細切り、青味に生のほうれん草、カレーの側には固ゆで卵と、おかずがのっている。おみそ汁はえのき。これもおいしい。

お水の代わりに冷たいアールグレイ。食後にはマサラのきいたホットチャイ。

いいおひるごはん。


カレーは850円。

恵比寿でこの味でこの価格でチャイまでいただけるのはほかにはないだろう。




d0000059_141614.jpg

[PR]
by e3eiei | 2010-08-17 01:05 | 食べたもの 恵比寿界隈 | Trackback | Comments(0)