<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ニューエコーのカルビビビンパ

ニューエコー@大隈通り商店街

日替わりランチがカルビビビンパだったのでそれをいただいてみる。
ビビンパにたれで焼いた牛肉が4~5枚載っている。軟らかいお肉だが、一部筋張っている。お肉の味よりもたれのほうが勝っていて、これがカルビなのかどうかわからない。たれはかなり甘口でおいしい。

混ぜ混ぜしていつものようにいただくが、お肉のボリュームなのだろう、最後のほうはかなりがんばることになった。おかずはいつものきゅうりと膾ふうの大根キムチとジャガイモの甘辛煮。それにスープがついてくる。

甘辛いビビンパはおいしいし、野菜がたくさん食べられるので健康にもいいような気がする。 ごはんがすきだし、混ぜ混ぜご飯はいいなあ。

日替わりランチだったのでカルビビビンパは780円。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-30 22:25 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

和菓子大吾の爾比久良

和菓子大吾@練馬区

いただいた「爾比久良」。「献上品 武蔵野銘菓」と銘打ってある。
ずしりとボリュームのある餡の和菓子。外側が卵のかおりの黄身餡で、その内側が漉し餡、真ん中に大きな栗の甘露煮が一粒入っている。
ずしりとしたボリュームだが甘さを抑えた上品な味わいになっている。餡がほくほくっと口の中でほぐれる。一人で一度にいただくには大きすぎるので、切り分けていただく。

ごちそうさまでした。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-29 00:42 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

Poor Houseのカレー

プアハウス@江古田音大通り路地入る

久しぶりに竹山に向かうと、準備中の札が。ランチは辞めてしまわれたんだろうか。
さて、どうしようかと、歩き回る。自分がどこを歩いているのかわからないが、とおりから路地を見やると、ちょっと雰囲気のある佇まい。行ってみると、左右隣りあわせで喫茶店が並んでいる。左側は「林檎」。ランチはトースト類が並んでいる。右側は「Poor House」。「Curry」「Coffee」「Wine」と木の札がかかっている。コーヒーがおいしい喫茶店のカレーはおいしい、という思い込みがあるので、入ってみることにする。

店内は細長く、それほど広くない。ピアノジャズが大きく流れている。一番大きなテーブルに案内される。カレーにしようと思っていたので、メニューブックを見ると、コーヒーがずらりと並んでいて、固体の名前がない。おねえさんに「ランチはできますか」と尋ねるとオッケーだった。ようやくランチのページに来ると、カレーはただ「カレー(極辛)」とあるのみ。しかも1000円と書いてある。ほかには「粗食Ochazuke with cheese何とか」とか、トマトのパスタとか。カレーを注文する。

しばらくすると、トッピングと称して細かくしたチーズと春菊の柔らかい葉先が運ばれる。ご飯にごまを振ってもいいですか、と聞くのではいと答える。

カレーはとても珍しい味で、でもとてもおいしい。さらさらタイプで鶏のモモ肉が2切れ入っていて、細かく刻んだゆで卵が浮いている。かなり辛いが心地よい辛さだ。唐辛子の辛味もあるのだが、そのずしんとくる辛味より、スパイシーなスープに煮込まれたホールブラックペッパーがたくさん浮かんでいて、ペッパーの香り高いひりりとした辛味なのだ。ごまの香ばしさがかすかに感じられて、とても珍しいがおいしくて好きなカレーだった。

食事をする間、とうとうだれも来なかった。一人でジャズを聴きながらおいしいカレーをいただいた。キッチンからはものを刻む音がし、ささやかなしあわせだった。

カレー 1000円。

後でネットで検索すると案外著名なお店だった。カレーはやっぱり人気が高いのだった。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-27 01:10 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

市場食堂の鯵フライ定食

市場食堂@金沢文庫駅前商店街

誘ってくださる人がいて市場食堂に行く。「食堂」と染め抜かれた暖簾をくぐって引き戸を開けるとそんなに広くない店内は市場の食堂の雰囲気。12時ちょうどに行ったら一卓だけ席が空いていて無事に座れる。次々とお客さんが来て外には列ができる。

メニューは魚が中心で、刺身、煮付け、フライ、天ぷら、寿司、丼ものなどいろいろあっておおいに迷う。壁にも所狭しとお勧めが貼ってある。そういえば、今思うと焼き魚がなかったっけ。周りの方たちに運ばれてくる料理を見ると、ものすごい大盛である。

鯵フライ定食を頼む。大きなトレイに、鯵フライのプレート(鯵フライと茄子のフライ、それにキャベツの千切り、レモン・タルタル・芥子)と、まぐろの切り落としがたっぷりの鉢、浅漬けと冷奴にわかめと豆腐のお味噌汁と中丼のご飯。鯵は身のふっくらしたのをからっと揚げてあり、普通においしい。まぐろはほんとうに切り落としだが、これも普通においしい。ご飯はそれほどでもなかった。

金沢町はもともと漁師町なのだということを思い起こさせる食堂だった。
この街を案内してもらうと、埋立地と複雑に入り組んだ旧海岸線がとても興味深い。ところどころに旧海岸際の侵食された崖跡が露出しているのも面白い。

鯵フライ定食は880円だったか。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-25 23:32 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

キッチンOBASANのカキフライ定食

キッチンOBASAN@江古田税務署通り

ここも久しぶりだ。いつもコムライスをいただいていたが、メニューにカキフライ(11月~3月限定)とあるので、それにする。お昼時後半だがほぼ満席状態が続く。キッチンは見ていて惚れ惚れするほど手際よく小柄な「OBASAN#1」の手から次々にご馳走が出来上がる。カキは奥の揚げ鍋でチャリチャリチャリと揚げ音がしている。手前のコンロで中華鍋を振るってチキンライスをいため、オムレツを焼く。

待つことしばし、大きなプレートに大振りのカキフライが5つこんもりと盛られている。それにたっぷりのレタスサラダとポテトサラダに卵1個で作ったミニオムレツ。具沢山のお味噌汁にお皿に盛られたライス。ご飯は減らしてもらう。

カキは身がぷっくりして味が濃くて揚がり具合もよくとてもおいしい。いうところの「なかはジューシィ」という塩梅。タルタルソースがたっぷり添えられている。ご飯もおいしいし、おつゆもおいしいし、至福のランチ。ご飯を少なめにしてもらって正解だった。大き目のカキフライをタルタルソースでいただくと相当お腹いっぱいになった。

カキフライを何でいただくか、という話をどこかで耳にしたことがある。レモン>>>>芥子>タルタルソース>>>ソースかなあ。レモンがなかったのが心残りではあった。

カキフライ定食 990円
[PR]
by e3eiei | 2009-11-21 00:00 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

Ultimate Englishのメープルファッジ

カルディコーヒーファームで、メープルファッジを見つけた。

英国の小説にファッジは出てきて、どんなものだろうと思っていた。
材料を見るとヌガーのようでもある。味はヌガーをさらに甘くしたようで、食感は軟らかいキャラメルを少しさくさくしたような、不思議な食べやすさ。カルディのおねえさんは「黒糖のような歯ざわり」といっていたが、黒糖ほどぼろぼろしていない。

d0000059_0595060.jpg
[PR]
by e3eiei | 2009-11-20 01:06 | 食べたもの お菓子 | Trackback | Comments(0)

リトルスターレストランのハンバーグ定食

リトルスターレストラン@三鷹中央通り

久しぶりにりとすたさんに行った。ちょうどお昼時となったが、それほど混んでもいずに入れた。この日の日替わり定食は以前いただいたことがあっておいしかったのでちょっと迷ったが、ハンバーグをいただいてみたいなと思っていたので、それにする。

ハンバーグはナイフを入れると肉汁じゅじゅっという肉肉したタイプではなく、あいびき肉に炒めたまねぎを混ぜてようく練り、両手のひらでぽんぽんぽんって空気を抜く、お母さんのハンバーグタイプ。ちょっと硬めに引き締まっている。それに酸味の利いたデミグラスソースをたっぷり絡めてある。サニーレタスのドレッシングかけとマカロニサラダのたっぷりしたお皿。それに大根と厚揚げのお煮しめの小鉢、浅漬け、豆腐とお揚げのお味噌汁とおいしいご飯。

お楽しみの食後のコーヒーはいつものとおり強いこく。きょうのカップは昭和50年代テイスト。オフホワイトのカップの下部とソーサーの周囲にに茶とオレンジの色をつけた、あの時代どこの食器棚にもあった感じのものだった。お隣の方は空色と紺色だった。

ここのお店はいつも何か音楽が流れてたかなあ、と思い出せなかった。いつか一度だけヤノアキコがなっていた気がするが。耳を澄ますと、ほんの小さく音楽が流れている。食事をするのに快適だ。ここの音はおもにお客さんの空気だ。それに青菜を刻んだり何かを混ぜたりという台所の音。こういうのもくつろいでご飯をいただける心地よさにつながるんだろうなあ。

ハンバーグ定食 850円
[PR]
by e3eiei | 2009-11-18 23:28 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

長谷川とんかつ店のロースカツ定食

とんかつのはせがわ@早稲田鶴巻町

とんかつでも食べてみたいという甘い気持ちで長谷川に行った。
前に行ったときは盛り合わせのS定食を食べたが、ここはやっぱりとんかつだろう、それもロースカツだろうと。

少し遅目の時間だったので表に並ぶ人もなく満席でもなかった。女子率低く、というか、男の世界だった。
ロースカツ定食を注文し、回りを見ると、みなさんメンチカツを召し上がっている。ふっくらといい香りがして、一瞬こちらにしようか、と思うほどだった。日替わりランチがメンチカツと野菜炒めなのだ。

揚げるのにずいぶん時間がかかっているところを見ると、かなり厚めのとんかつなんだろうと思い気長に待つ。ようやく路地を挟んだ長谷川精肉店から新聞紙に包まって届いた。さくさくと包丁を入れてお皿に盛られ、目の前に現れたソレは、なんと!大きい!!厚さも2センチを優に超えている。200gはありそうな存在感だ。しばし目が固まってしまう。山盛りの千切りキャベツとレタストマトはドレッシングがかかっており、それにスパサラダがついている。これにお大根と青菜と揚げの具沢山のお味噌汁、大根ときゅうりの浅漬け、中丼のご飯。ご飯は軽めにしてもらった。

肉はロースということだったが、脂の具合から肩ロースのようだった。とても軟らかくてこくがある。ロースの脂身が好きなのでちょっと残念だった。肉も飛び切りおいしい!というわけではないが普通においしい。下味をつけてあるので、芥子でいただく。
苦戦を強いられた。4切れくらいまではおいしくいただいていたが、あとはがんばって食べた。最後の一切れは勢いで食べた。ご飯を三口くらい残した。軽めといわず、半分に減らしてもらうとよかった。

おいしかったが当分とんかつはいい。女子率の低いのも納得だ。

ロースカツ定食は800円。日替わりランチは600円。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-17 00:04 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ARARA-KARARA(アララ・カララ)のチキンカレー

ARARA-KARARA@大隈通り

通りかかるとこの日は日曜日でも営業していたので、お昼を食べに入る。

日曜日に開いているお店が少ないせいか、けっこうお客さんが立て込んでいて、食後の食器が下げられていなかったりする。

この日はチキンカレー辛口を注文する。
よく煮込まれているが弾力のある鶏の手羽元が2本入っている。ごはんの上のハーブはきょうはミントの葉っぱ。
カレーはスパイシーでおいしかった。

ただ、この日はグループのお客さんと一緒になって、静かにくつろいで、というわけにもいかなかった。マスターも忙しそうに慌しかったし。デキシーランドジャズが流れていたが。。

カレーはランチタイム780円。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-16 02:20 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ぷらんたんのパスタ アラビアータ

ぷらんたん@南門通り

ぷらんたんのランチは10種類くらいのパスタが日替わりで供される。
ここのパスタがじつはすきなのだ。滋味あふれる昭和的な味わい。おばあちゃんがお台所で作ってくれるような、そういう味わいがある。(じっさいは、マスターがキッチンでチャチャッと調理しているのだが、それもある意味とても昭和的である)。麺もアルデンテよりも少し軟らかく湯がいてあって、具はたまねぎとベーコンときのことピーマンを炒めてあり。それにお約束の粉チーズとホットチリソース。
そして食後のコーヒーを2杯おかわりして少し本を読む。

ランチは680円。
[PR]
by e3eiei | 2009-11-15 01:43 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)