<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ARARA-KARARAのカレー

ARARA-KARARA@大隈通り

アララカララにカレーを食べに行く。大隈どおりの喫茶店もだんだん少なくなってしまった。
表の扉を開け、座ってしばらくするとご主人が顔をのぞかせて「いらっしゃいませ」と言われる。しばし野菜を刻む音がし、それがやむとお水をもってきてくださる。
アラカラにしようかと思ったが、きょうのお勧めがナスだったので、茄子のカレー、辛口を頼む。
しばらくしてトレイに載せて運ばれてきたカレーは、上品でおいしそう。プレートに品よく持ったごはんに、レーズンが3粒と、なんというのだろう、緑のきれいな香草が載せてあって美しい。カレーは別のボールに、ナスがごろごろっと入っている。キャベツの荒切りのサラダに自家製ピクルス。
よくあるタイプのカレー、なのに、とてもスパイシーでこくがあって、とてもおいしい。

お店は重厚という形容がぴったりくるクラシックなたたずまい。表の扉の開く音が、昔FMでやってた「日曜喫茶室」のゲスト登場のドアの開く音にそっくりだ。そのたびにしばらくするとご主人がキッチンから出てきていらっしゃいませ、と。サッチモがかかり、ご主人の時間が流れていて、くつろぐ。

カレーはランチタイム15時まで780円。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-27 00:25 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

成城石井のヒューガルテン缶

成城石井でヒューガルテンの缶を見つけた。「成城石井限定」と書いてある。しかもどういうわけかとても安い。これはこれはと、1本試しに買ってみる。
グラスに注ぐと、独特の淡い黄みがかった濁りと、きれいな泡。期待が膨らむ。
ところが、一口、これはいったい、、、といぶかしいほどの酵母のきつい匂い。こんなんだっけ?さわやかでフルーティーだったはずだけど、酵母の匂いが先に立ってしまい、いただけなかったなあ。残念。
270円とか290円とかだった。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-26 23:40 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

デヴィインディアのウッタパム→DEVI DHABAのウッタパム

デヴィインディアDEVI DHABA@品川
(2010年5月10日追記:国道に沿ったほうのこのお店は「デヴィ・ダバ」といい南インドのお料理を出す。通路斜め向かいのもう一つのほうが「デヴィ・インディア」。09年8月31日開店とあるので、開店したばかりだったのだ。)

品川駅高輪口すぐのレトロなビルの2階にある。もう少し泉岳寺よりにあるデヴィコーナーの姉妹店らしい。

サグチーズカレーでも、と思って行ってみたのだ。少々怪しげな雰囲気の階段を上っていくと、日本語でない言葉が飛び交っている。「どぞどぞ」と誘われて入ってみると、夕方時間だがけっこう空いている。
メニューブックを検討していると、「それは北インド料理」と言い、「これは南インド料理」と、簡単にリングで留めただけのメニューを渡してくれる。どうやら、南インド料理を勧めたいらしい。初めて目にする名前の料理が並んでいる。「これは何ですか」と聞いても、「ウッタパム」と言って説明が要領を得ない。手で丸い形を示して、米の粉、とか言ってる。よく見ると、「お好み焼き」と言う文字が見えたので、それをたのんでみた。「ウッタパム・チーズ」。
出てきたのは見た目はチジミのような形に焼き上げてあり、トマトソースとココソースがついていて、これをつけて食べるように、とボディランゲージで教わる。さらに、オクラのカレースープ。これもつけて食べるのだ。
これはとってもおいしかった。小麦粉よりも軽く、メニューにはたまねぎやトマトほか、いろいろな野菜が入っていると書いてある。チーズも入っているのだが、多分バターを乗っけて運ばれてくる。そして、ココソース、ココナッツのピリッとしたとても味わい深いディップ。これが絶品だった。カレースープも、これまたさっぱりしているけれども深い味わいでうまみがあった。スープのおかわりはいかが?と勧められたが、お腹いっぱいいただいた。
ココソースは、ネットで調べてみるとココナッツチャトニー(チャツネか)というらしい。

お店はそれほど広くないが、「予約の方?」と聞かれて、はいと答えた人は向かい側のお店に案内されていた。どうやら、向かい側のキッチンが北インド料理を、第一京浜に向いたほうのお店のキッチンが南インド料理を調理しているようだった。シェフは、年配の哲学者の風貌のめがねをかけた恰幅のいい、サタジット・レイの映画にでも出てきそうな人だった。とてもおいしかったです、と言うと、にこっとしてた。
南インド料理は、はじめていただいた。また新しい扉が開いた感じ。

ウッタパムチーズは1400円。ウーロン茶をサービスしていただいた。プレーンが900円だったか。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-25 23:44 | 食べたもの | Trackback | Comments(0)

GAZZOのランチ

GAZZO@三崎町:海南鶏飯の手前を入って一つ目の路地を入ったところ。

・・そういうわけなので、当てもなく歩いていると、おしゃれなお店が、奇跡のように開いている。しかもランチの黒板は、おいしそうな豚肉のお料理だ。入り口のテラスには樽の上に、赤くなったかぼちゃやジャガイモなどを無造作に並べてあって、おお、これは! とお店に入る。さすがに空いていて、お客は数組だけ、でもお店のスタッフの挨拶は気持ちがいい。すぐにカウンターに案内される。ちょうどシェフのすべてがみてとれる位置になった。カウンターの椅子も柔らかい座面と背もたれで、これはくつろげる。

ランチは4種類で、豚ばら肉のソテーが2種類、丼、パスタ。どれも気持ちが惹かれたが、ジンジャーソースというのにした。程なくトレイに載ってとてもおしゃれなポークジンジャーが登場する。真っ白の磁器もすがすがしいが、前菜が4つくぼみのある横長のプレートに盛り付けてあるのだ。茄子の揚げびたしとかぼちゃ煮、里芋煮(これは硬かった)、ひじき煮と、なんということもないおかずなんだけどね。ごはんは五穀米ごはんでおいしかった。スープは野菜とベーコンの。ごはんとスープはおかわりをどうぞと書いてある。
豚肉は厚みのあるばら肉に塩をしてソテーし、ジンジャーソースを回しかけてあった。水菜や春菊、青ねぎと一緒に盛り付けてあって、ビジュアルがよい。肝心のお味は、悪くはなかったが、塩味が少々きつかった。豚肉も思ったほど甘みとこくがなかった。

夜はイタリアンなバーになるお店らしい。これは偶然にも素敵なお店を見つけたなあ。ふだんはきっと混んでるんだろうなあ。

定食850円。 丼が800円、きのことフレッシュバジルのパスタが900円。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-24 00:06 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

天ぷらもりの定食

天ぷら もり@神保町白山通り 2010年2月末閉店

そういうわけで。。
遅い時間だったせいか、お店はがらんとすいていた。テレビの音ばかりが大きく響いている。かなり広いお店に大きなコの字のカウンターがしつらえてあり、眼の前で、というか、中のほうで揚げてくれる。カウンターに着席すると食券を買ってくださいと言われる。天ぷらは揚げたてをもってきてくれる方式。

天ぷら定食は、野菜:長茄子の斜め切り、レンコン、かぼちゃ、それに魚:モンゴウいか、鯖。それにわかめのお味噌汁。カウンターにはイカの塩辛と高菜漬けのツボが置いてある。てんつゆは少々甘め。残念ながらご飯があまりおいしくなかった。天ぷらは、印象の薄い、でもさっぱりと揚がっていた。
メニューを見ていると鶏天とか、豚天とかあったし、鯖の天ぷらとか、高菜漬けとか、九州っぽい。
お店の人に勢いがなかった。

天ぷら定食 600円。


洋食ムッシュのお店が工事をやってると思ったら、ラーメン店になるようだ。この通りもずいぶんラーメン屋さんが多い。町の定食屋が減り、ラーメン店が増える。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-23 01:59 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

スープカレー屋 鴻(オオドリー)の野菜カレー

スープカレー屋 鴻@神保町(神田小川町)

連休でチェーン店か観光地風のお店しか開いてない。エチオピアの延び行く列を横目にオオドリーに行ってみる。静かでくつろいだ空気の漂う、カレー屋さんにしてはちょっと珍しいかな、という雰囲気。奥の壁にヘップバーンのポスターがかかっていて、ああ、やっぱりね。
カレーはポークベースの黒とチキンベースの赤を選び、具を選び、辛さを選ぶという。チキンベースの野菜カレー、辛さ2(注意)にする。辛さ1が標準、辛さ3が危険、辛さ4は責任を持たんよと書いてある。お店のおねえさんによると「辛さ1が普通の中辛より辛いくらい」だそうだ。
カレーは、あっさりしていた。ターメリックか?香辛料が単調で、辛さの方が主張していて(そんなに辛いわけでもない)ちょっと残念。野菜は彩りよく、油で火を通してあり、カレーをつけていただくとおいしい。ピーマンと茄子、ブロッコリー、それに蒸したか茹でたポテトとにんじんとゆで卵がごろんと入っている。たまねぎは小さく切ってさっと炒めてある。野菜カレーならカレーも野菜のうまみがするほうがおいしいかもなあ。ごはんはお客を見て加減してくれるのか、ちょうどいい塩梅だったのだけど、カレーが残ってしまったので少しおかわりをいただいた。
味の好みからいうとエチオピアのほうがおいしかった。こちらは5分で出てきた!

野菜カレー800円。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-22 00:44 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

シンガポール海南鶏飯の海南鶏飯(蒸し)

シンガポール海南鶏飯HAINAN CHI FAN@白山通りと三崎町の交差点

シルバーウィークで、お昼ごはんをやってるお店がどこも閉まっている。当てもなくてくてく歩いていると、シンガポールのかわいいマーライオンが。鶏飯、おいしそうだったので入ってみることにする。二階のお店で、通りに面して大きく窓をとってあり、明るく開放的で気分がいい。家族連れやカップルが多い。
多くの方が食べている海南鶏飯(蒸し)をいただく。蒸した鶏を、ねぎしょうが・チリソース・ブラックソヤソースという、エキゾチックな濃いお醤油でいただく。鶏飯は思ったよりもしっかり味のついたタイ米で、おいしかった。スープもついていたが、ちょっとパクチーが入っていてうれしかった。
850円。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-21 23:39 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

まほろば珈琲店のコーヒーNo.5

まほろば珈琲店@三鷹中央通り

気になっていたまほろば珈琲店のコーヒーを買ってみる。
おいしいコーヒーだ。いろいろ形容を考えていたが、雑味がないクリアーな味、かつ、強い。冷めてもいい香りが変わらない。

「リトルスターレストランのコーヒーがとてもおいしかったので」というと、「ああ、りとすたさんね」と笑われ、あそこはネルドリップで淹れているのであのようなこくのあるお味が出るのだ、といわれた。そして、ちょっとこれ飲んでみて、と、奥からデミタスカップにコーヒーを注いでもってきてくださった。少し冷めているのに酸っぱくない、おいしいコーヒーなのだ。確かに、うまく表現できないが、強さが違う。
それで、No.5というブレンドを勧めていただいた。おいしいコーヒーの入れ方も教わった。

お話を聞いてると、吉祥寺のボナペティもここのコーヒーを出していられるのだそうだ。一時「モカ」のコーヒーだったのを、今はまほろばのコーヒーなのだそう。ボナペティ、ソムリエの登場で食事よりもお酒に力の入るお客が増え、やかましくなって以来ずっと行ってなかった。そういうことになってたのか、と、いただいたお店のチラシには薀蓄がてんこ盛りだった。

帰りにりとすたさんでランチをいただく。ご飯がおいしかった。お味噌が変わったかなあ。食後のコーヒーのカップは、黒地に白い格子柄クレーのような雰囲気のレンガ色と浅黄色をまだらに塗ってあるが、どこのものかは見当もつかなかった。

コーヒーは、100g500円しなかったような気がする。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-19 00:42 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ヴェジタリアンⅡのワンコインランチ・再

ヴェジタリアンⅡ@神保町白山通り

このお店のランチの盛り合わせというものを食べてみたいなあと思っていってみたが、この日もまた「ワンコインランチ」だった。豚肉のみそ焼きかハヤシライスか。夏に来たときもおなじだった。普通においしい洋食屋さんの定食だが、期待してたものがいただけなかったのが残念。
ここは、お客を見てごはんの盛りを調節してくれるようだ。ご飯がおいしい。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-18 01:19 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

柏水堂の焼き菓子

柏水堂@神保町

靖国通りを歩いていると、由緒正しそうな洋菓子店。看板に「高級洋菓子」と書いてある! すごいなあ。
お店に入ると、マロングラッセの甘い洋酒のかおりが漂って豊かな気分になる。
ちょっとつまめる焼き菓子を、と思い、たくさん並んでいる中から、詰め合わせを買ってみた。多分、創業当時からの手法やお味を守っておられるのだろうなあ。昔お土産によくいただいていた泉屋のクッキーを思い出した。とても硬く焼き締めた独特の香り。これは苦手の部類だ。
ショーケースの中にはやや小ぶりの昭和風のケーキが並んでいた。400円前後だった。これを奥のイートインでコーヒーとともにいただくのがいいのかもしれない。あるいはマロングラッセ一粒。

お店は「高級」と銘打ってあり、やや敷居が高いなと感じさせる。それは伝統と誇り、多分女性のご主人(?)の応対によるところもあると感じた。ドアを入るとちろっと見られ、挨拶の言葉などもなく、少々戸惑ってしまうのだ。若い店員さんはそれなりに応対してくれるのだが。

ネットで見ていると、昭和4年の創業だそうだ。最近、ご不幸があったようだったが、がんばっていただきたい。

クッキーの詰め合わせ 一袋1050円。これは高いお買い物だった。
[PR]
by e3eiei | 2009-09-17 23:58 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)