<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

青柳の桜もちとおはぎ(再)

青柳@新江古田
また江古田に行く用があって青柳に寄ってみた。お彼岸でもあり、お客が次々と訪れる、人気のお店なのだ。店頭にはこれまた品のいいもの静かな年配のおじさんと二人体制。
とてもおいしいおはぎに、桜もち、鈴カステラやウエハス、といった駄菓子も一緒に買ってみる。黄な粉のおはぎは中が餡で周りをもち米でくるみ、そのうえから黄な粉をまぶしてある丁寧なつくりになっている。桜もちもたっぷりの漉し餡がおいしいが、周りのクレープがちょっともちもち歯ごたえがあって、これは好みが分かれると思う。
ボクは桜もちはやっぱり道明寺のが好きなのだ。
鈴カステラこれまで食べたもののうちでいちばんはおいしかった。

ネットで見ていたら、あちこちに和菓子青柳というのがあって「青柳のれん会」という連帯があるのだった。前に、和菓子の亀屋さんにも同じ名屋号でつながる「亀屋連盟」みたいなのがあるのをみたことがあった。同じ志の同じ屋号のつながりというのも頼もしいだろうなあ。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-24 01:17 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

青柳のおはぎ

青柳@新江古田
年度の締めくくりの作業も済み、ちょっと甘いものがほしい気分でいるところに「桜もち」の張り紙が目に飛び込んできた。前からずっと気になっていた和菓子屋さんだ。
あいにく桜もちは売り切れていたので、おはぎをいただくことにした。上品な甘さのあんで、とてもおいしかった。黄な粉のおはぎも香りがよくて、するりといただいてしまった。桜もちが売り切れ、というのはやっぱり人気のあるお店なんだなあ、と納得なのだった。
小さな店構えで、品のいい年配のおばさんがお店を切り盛りされていたが、店先にはお餅類のラインナップと上生菓子もあって、なかなかうれしい。
新江古田駅の周辺は和菓子屋が多くて、青柳の向い側には雪華堂、目白通りの道向こうには甘泉庵もあってうらやましい。ボク的には庶民的で上品な青柳が好みだ。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-20 09:56 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

COEDO・瑠璃

三浦屋さん@吉祥寺
三浦屋さんのワインコーナーをのぞいていたら、地ビールのCOEDOが置いてあった。「瑠璃 -Ruri」と「伽羅 -Kyara-」。どちらも2007年モンドセレクション金賞を受賞している。お店のおにいさんに尋ねたら、瑠璃のほうがフルーティーでさわやかな香りが楽しめます、ということだったので、こちらをいただいてみた。
酵母がたいへん香り高く、ボディのあるとても個性的な味わいだった。さわやかというよりはしっとりした味わいといってもいいくらい。
d0000059_284562.jpg

[PR]
by e3eiei | 2008-03-17 02:09 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

GOTOのウィンナーコーヒー

GOTO@早稲田
ちょっとお疲れ! というのでGOTOでお茶をいただく。ウィンナーコーヒーを最後にいただいたのはいったいいつのことだったか。冷たく甘いホイップクリームと熱い濃いコーヒーのハーモニーがたいへんうるわしい。こんなにもおいしいものだったんだなあ。母がこの飲み物が好きだったのを思い出した。
ウィンナーコーヒーは甘いホイップクリームを載せてあり、カプチーノはホイップミルクにシナモンパウダーを振ってある。そういえばホイップミルクの表面に木の葉のような模様を描く技もカプチーノだっけ。

疲れているときに甘いものはことのほかおいしいものだ。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-11 01:55 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

アバコのランチバイキング

アバコ@西早稲田
前にここを通り抜けたときに「ランチバイキング」という小さな看板が出ていて、いつか来てみたいと思っていた。
さすがにブライダルホールだけあって、豪華でとてもフレンドリーな雰囲気だった。クロスのかかったテーブルに黒い制服のウェイターがにこやかにきびきび動いていた。
メニューは前菜数種類、サラダ、ピメントのポタージュ、魚は金目鯛のチーズ焼き、肉は鶏肉のスパイス焼き、豚肉の味噌煮込み、スパゲティーとカレー。それにデザートはケーキや焼き菓子、プリン、フルーツ、飲み物。お味は可もなく不可もなくだが、遅いくいったせいか、乾き気味だった。何よりもゆったりとくつろいでいただけたのがよかった。お腹も気持ちも満ち足りたランチでした。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-10 01:15 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

戸塚市場

新聞に戸塚市場が3月末で閉鎖という記事が載っていたので、寄ってみた。
d0000059_111019.jpg

入り口ドアのそばには「10円」で動く機関車と象さんの乗り物。いまとなっては鉄の塊の大仰な代物だが、ここで子どもたちの歓声の響き渡った時代があったことを物語っている。
d0000059_1112863.jpg

ガラス扉を開けると石油ストーブの匂いが漂い、すでに退去したお店の跡に積みあがったダンボールが目に入る。
d0000059_112518.jpg

営業しているお店は雑貨屋さん、電球屋(?)さん、魚屋さん、八百屋さん、お菓子屋さんだけが残っていた。雑貨屋さんでは小さな洗濯板を勧められたが、使わない気がしたのでやめた。ダンボールの山のそばのスペースでは、車椅子の上で毛布にくるまれたおそらくは元店主の方が、かつての市場を一日見ておられるようだった。すでに閉店している空きスペースは学生さんが「ひなくばり~ものこそ、思い出」というリサイクルのイベントを開催していた。

寂寞とした空気が漂っていたが、それでもまだ日用の買い物をしているご近所の方がお店の人と世間話をしていたし、お別れに来ている人もいた。
d0000059_1124081.jpg

大正8年開設というから、ずいぶん長い歴史を持ったマーケットだったのだなあ。こういう個人商店の寄り合いのマーケットもこの20年くらいでものすごい勢いで消えていった。
d0000059_113722.jpg

[PR]
by e3eiei | 2008-03-09 22:14 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

えぞ菊の隣のシュークリーム

えぞ菊の隣@高田馬場
理工に行った帰りに芦屋の何とかというシュークリーム専門のかわいいお店を見つけた。いろいろ種類があって、仲間と分けていただいた。スタンダードのカスタードクリームをいただいてみた。軽くてさっぱりして甘みを極限まで抑えてあった。小ぶりですいっとお腹に収まってしまいました。もう少し甘くてたっぷりしていてもいいな、と思った。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-06 00:51 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

里山の梅

空港への高速バスの車窓から山の麓や集落のそこここに忘れられたように咲く梅の木をたくさん見た。夕暮れにひっそりと咲く梅は、辛夷や桜ともまた違って、香りが思われる分懐かしい気持ちを起こさせる。しんとした夕暮れに馥郁たる香りをたっぷり漂わせながら凛としたたたずまいで咲く古い梅。

 山は夕暮れ 夜の闇が忍び寄る

長谷川きよしの「灰色の瞳」を思い出した。唄は「なんてさびしいこの夕暮れ」とハモるが、梅の咲く里山の村はさびしくはない。

長谷川きよしのこの歌は加藤登紀子と歌っていたが、なんと30何年、40年近くも昔の歌なのだなあ。この間しいなりんごとのデュエットを動画で見つけた。こちらのほうが今風な分力があったかな。りんごのうたのデュエットもすてきだった。「第一回りんご班大会」。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-02 19:27 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

Cafe GOTOのいちごのクラフティ

Cafe GOTO@早稲田
カスタードクリームのタルトにイチゴをたくさんつめて焼いてあるいかにもゴトーに似合ったケーキ。タルトタタンにしようか、かなり激しく迷ってしまう。新しいケーキ、と思って頼んだのだが、前にも一度いただいたことがあるのを口に運んだ瞬間に思い出した。イチゴの甘酸っぱさとカスタードクリームがとてもよくあっていてお気に入りのケーキだ。
[PR]
by e3eiei | 2008-03-01 22:32 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)