<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

すず金のうな重

すず金@早稲田通り
「すずきん」と読む。歴史の長い老舗中の老舗なのだ。冬が来て、長らくこの界隈にいて、ようやくその暖簾をくぐる日が来た。新しくなったお店は驚くほど奥行きのある、うなぎの寝床式。穏やかで静かな空気が店内に満ちていた。ガラスの向こう側ではご主人が丁寧にうなぎに向っておられた。老夫婦とそしてその子ども世代の夫婦で切り盛りしているようだった。
うなぎはやわらかでくどくなくてとても贅沢な味わいだった。たまの贅沢。うれしかった。
11時半から、うなぎが尽きるまで。
早稲田町か鶴巻町かと思っていたら、住所は馬場下なのだ。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-22 01:36 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ラ・リオンのホワイトシチュー

新江古田のレストラン ラ・リオン
鶏の肉団子のクリームシチュー。たっぷり温かいシチューは寒い日にうれしい。冬らしく蕪かしら?と思ったのはじつはジャガイモ。あらら、、ほんとうにジャガ玉にんじんのクリームシチューでした。ほんとのことをいうと、ここのこの肉団子があまり得意ではないボクなのだった。
それでもゆったりとランチを楽しめるのはうれしい。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-19 01:08 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

From Hand to Mouthのそば粉のクレープ

From Hand to Mouth@西早稲田
久しぶりに行ってみた。ランチは3種類あって、手作りのパンとシチューもの、変わりライスのカレーそれにクレープのどれか。そば粉のクレープは所謂ガレットのように平たいのではなく、巻いてある。隣の席の学生さんが「春巻の揚げてないのみたいなやつ」とおもしろい表現をしていた。プレートに2本、それぞれ違う具を巻いてある。行くたびに具が違うのもお楽しみだ。ツナのピザ風と肉入りきんぴらゴボウだった。そばの香りもよかったし素朴な味わいだ。ここのお店はそういう素朴さが売りなんだろうな。クレープ2本とレタスにスクランブルエッグ、生ハムに小さなオレンジなども乗ったプレートでけっこうお腹いっぱいになる。パンはおかわりができるようだった。やや焦げっぽいコーヒーつき。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-15 21:14 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

炒伽哩のポパイカレー3

炒伽哩@吉祥寺
「夢民」の支店がこの秋にいっせいに「炒伽哩」チェーンとして独立し、そのときに吉祥寺にもお店がやってきた。どんなものかと思いつつなかなか行ってみる機会もなかったが、きょうはテイクアウトでいただいてみた。大好きなポパイカレーを「3」で。
こざっぱりとした地下のお店は女性客が大半で、ひとりでくつろいで召し上がっている人が多かった。調理にけっこう手間がかかっている様子で思ったより待った。
うちでいただくポパイカレーはなかなかおいしかった。おいしかったが、やっぱり最初に夢民でいただいたときのあのインパクトはない。むしろほうれん草とトマトと卵のやさしいカレーだった。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-14 21:52 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ラ・リオンの豚肩ロースのコンフィ+キャベツ煮

新江古田のレストラン ラ・リオン
きょうは季節のキャベツをたっぷり敷いた、ほろほろの肩ロース。ほのかにハッカクが香る豚肉は、角煮のようでもあるが、マスタードでいただくとやっぱりフレンチだ。ボクはここの煮野菜がめっぽう気に入っている。肉の下に敷いたたっぷりの野菜がたいへんうれしい。バターを効かせてベーコンとともにくたくたになるまで炊いた冬キャベツはほんとうにご馳走だ。お行儀の悪いのは承知でこのスープをバゲットに吸わせていただく。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-10 23:28 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

いちゃりばえんのタコライスランチ

いちゃりばえん@吉祥寺
白い四角いプレートに上品に盛り付けられたタコライスだったが、お皿は意外なほど深くてボリューム満点だった。目玉焼きとたっぷりのレタスにワンタンの皮のチップスがかけられていて、食感もとてもよかった。たこミートがやや甘くて、好みからいえばもっとピリッとしていてもいいなと思ったがこれはこれでおいしかった。たっぷりのひじきの煮物と沖縄豆腐のお味噌汁、それにもろみ酢のドリンクが添えられている。10種類のドリンクバーまでついていて、900円。
タコライスってさわやかでおいしい。
ほかのテーブルでは沖縄そばランチやラフテーライスが人気だった。
食事の内容はたいへん満足だったが、内装でずいぶんそんをしているなあと思う。お食事が十分沖縄なので、威勢のよすぎる沖縄の音楽も落ち着かなかった。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-08 23:01 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

「水道タンク前」

いつもは地下鉄、JRと乗り継いで戻って来るが、バスが走っていることに気づき、気まぐれに乗ってみた。昼下がりの知らない街を走るバスはそれはそれで面白い。芳花園住宅という何か由緒のありそうなバス停を過ぎ、水道タンク前という面白そうなバス停に差し掛かったとき、突然目の前に現れたのは、銀青色の丸いドームを冠した象牙色の素朴で堂々たるロマネスク風のコンクリートの建造物だった。現代の住宅街の中に突如として現れたその異様な存在感のあるモノに唖然となった。これが野方の給水塔といわれているものなのだった。その一点だけ時間が別の次元にスライドしているような気さえした。
バスは何事もなかったかのように住宅地を走り、哲学堂バス停に至った。ずいぶん歴史的な通りなのだった。公園の森は晩秋の雨に打たれてすごく美しかった。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-05 00:28 | 見聞 | Trackback | Comments(0)

ラ・リオンのオニオングラタントースト+パンプキンポタージュ

新江古田のレストラン ラ・リオン
きょうは先週に引き続き冒険の味ポークだそうなので、前から気になっていた秋のメニュー、オニオングラタントーストにしてみた。冷たい時雨の日に熱々のグラタンは好ましいかな・・と。最初にパンプキンポタージュ。泡立てたミルクを載せてあって柔らかい味わいのカップスープ。ここで小さな「?」。グラタンに何ゆえのスープ?? 程なくメインのプレートが運ばれてきて軽く脱力してしまった。トーストなのだ! よーくいためたオニオンをはさんだチーズト-スト。それにグリーンサラダが添えられている。ナイフとフォークでいただく四角いトースト。。これもまたある意味冒険の味といえるかもしれない。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-04 00:44 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

おふくろ屋台1丁目1番地の鯵フライ

おふくろ屋台1丁目1番地@吉祥寺
ハモニカ横丁の中では新しいお店。狭い急な階段を上っていくと厨房と小さなカウンター。椅子は5つしかない。ランチメニューは鯵フライ、牛すじのおでん風、ボンゴレ、牛すじカレーですべて500円。鯵フライを注文してしばらくすると席の後ろの階段のあたりからごとごとと松花堂弁当の箱に入った小鉢を出してくれる。一皿はフジヤのホームパイ!それにポテトサラダと茶色い卯の花煮ときゅうり。そうこうするうちに常連のおじさんたちがやってきておでんを肴にビールだの焼酎だのを飲み始める。横丁の食堂のおかみさんも座って満席。どうやら後ろの階段の上にさらにフロアがあるらしく、人がどんどん上っていく。
鯵フライは大きくて立派だったしまずくはないのだが、魚自体の味がぼやけていた。
カウンターのおじさんおばさんも、3階にどんどん登っていくお兄さんたちもみな常連さんのようで、それぞれの知人の噂話や「こないだ」の話なんかをしていた。 。席にも荷物置きがないから横丁の常連さん向けのお商売をやっているのだろう。
[PR]
by e3eiei | 2007-12-01 23:28 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)