カテゴリ:食べたもの 江古田界隈( 98 )

BAR&KITCHEN add9 のワンコインパスタランチ

add9 @江古田銀座ぽかんと前

何を食べようとも決めずに駅近くを歩いていると、ここは入ったことがなかったが「シェフのいるバー」と看板に書いてあるので入ってみる。
あとでHPをみると、吉祥寺の西洋乞食で15年シェフを勤めたマスターのお店だと書いてある!

ランチは3種類。
本日のワンコインパスタランチ:パスタ(トマトソース、菜の花添え)、サラダ(千切りキャベツ、サニーレタスのたっぷりサラダ)、自家製パン、ハーブティー(または冷たいウーロン茶) 
ジェノベーゼのパスタ:同じくサラダ、ぱん、ドリンク付き
カレー:サラダとドリンク付き

トマトソースのパスタを注文する。
昼間はカウンターのみの営業で、先客は中年の女性がひとり。奥ではテレビがついている。

まずサラダが来る。自家製パンは2種類。一つはもっちりした塩味のパン、もう一つはドライバジルを練りこんだパン。塩味パンがとてもおいしい。オリーブオイルをいただいてつけつつ食べる。なんだかすでにしてワンコインランチの域を超えてしまっている。
そうこうするうちにパスタがやってくる。アルデンテに茹でられ、ソースも悪くない。菜の花の彩りも美しい。量は上品に抑えてあるが、パンが添えられているのでちょうどいい塩梅である。
ハーブティーはティーバッグのローズヒップティーだが、これはあまり香りがしなかった。

雰囲気はややあやしげながら、総じて大変満足度の高いお昼でした。


マスターはロックの方らしく、カウンターにはストーンズのCDがずらりと並んでいる。ライブなどもなさるらしい。


ワンコインランチ500円。
ジェノベーゼが750円? カレーが800円?くらい。
[PR]
by e3eiei | 2011-05-13 01:04 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

同心房の茄子と新竹の子の炒めもの

同心房@江古田駅南口

あてもなく歩いていて、ここに中華があるのを思い出す。店の外に本日のランチで張り出してある。「新竹の子」の文字に惹かれて入ってみる。

運ばれてきたのはおかずもごはんもボリュームたっぷりだ。山盛りごはんは半分にしてもらう。おかずはお皿いっぱいの茄子と筍!!テンメンジャンか何かでひき肉と一緒に炒めてある。そんなに味は濃くないが何かパンチが足りないなあ、などと思いつつ、まったりとおいしくいただく。山椒とかがあってもよかったかも。これにやさしい味の卵スープと漬物、それに杏仁豆腐がつく。

ランチ定食は680円。


お隣のまつば食堂だったところは早くも整地されて駐車場になっている。あぁ。。
[PR]
by e3eiei | 2011-05-06 00:50 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

KALIKAの野菜カレー

カリカ@江古田ゆうゆうロード商店街

気温が上がり、久しぶりにカレーを食べたくなる。Moonに行ってみると閉まっている。。「本日休業」の札もなくただ閉まっているのが少々気になる。
で、カリカに行く。お客は誰もいない。

何度か来ているが、味の記憶が定かではない。野菜を食べたくて野菜カレーを注文する。
胡麻ドレッシングのかかったサラダが来る。ほどなくカレーが来る。ライスはターメリックライスでけっこうな量が盛られている。お代わりも勧められる。

野菜はよく炊かれたのがたっぷり入っていてうれしい。ニンジンがごろごろ、ジャガイモ、インゲン、カリフラワーなど。カレーは辛さを4段階の2番目にしたのだがほとんど辛くない。一番辛いのでいい。多いなあ、と思ったごはんも案外食べられた。

食後にたっぷりのチャイをいただく。



以前の訪問の記録
ランチカレー
ランチカレー

以前の記述を読み返してみると、同じような選択をし同じような感想を記録している。それほどに記憶に残らないというのも不思議なものだ。


お台所ムンレは結局あのままなくなったのだ。貸店舗の看板が出ている。
[PR]
by e3eiei | 2011-04-28 23:02 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

横浜家系ラーメン五十三家の 汁なし香味麺

五十三家(いそみや)@税務署通り

またもやラーメン屋だ。ラーメンはもういいかなと思い、汁なし麺というのを注文する。
トッピングを間違いゆで卵が一つ半もつく。自動券売機は苦手なのだ。。。

汁なし麺は油麺とも似ているようでまた違う。麺の下には油とだしが入り、麺の上には刻んだチャーシュー、茹で卵と刻みのり、それにスライス玉ねぎがのる。かすかにピリ辛で、だしの獣臭さがやや鼻につく。味わいはとりとめのない印象だ。卓上の酢を回しかけていただく。この麺のどんぶりに餃子が2個つくのだ。餃子はニラの入った可もなく不可もない焼き餃子である。
このお店はごはんは無料でおかわりもどうぞ、であるがパス。

汁なし香味麺と餃子2個で600円。トッピングの卵50円。

お昼時はかなり席が埋まっているが、回転が速い。
[PR]
by e3eiei | 2011-03-05 00:44 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

横浜家系ラーメン五十三家の のり玉チャーシューらーめん

横浜家系ラーメン五十三家(いそみや)@江古田税務署通り

去年の秋ごろムンレの隣にラーメン屋がオープンした。まあ縁のないことと思っていたが、誘われて行ってみる。「家」系ラーメンというのだ、こってりした太麺のラーメン。

券売機である。選んだのり玉チャーシューラーメンはトッピング全部がのっている。麺の固さ・スープの味・油の量を3段階から選ぶことになっているのは前に行った早稲田の武道家と同じだ。よって「やわらかめ・うす味・油少なめ」で注文する。

しばらく待つとだしがかなり茶色のラーメンが来る。のり玉チャーシューのほかにほうれん草ものっていて彩りがよい。
だが、これは何というか、スープが好みではない。かなりぬるぬるしていてメリハリに欠ける気がする。コクが感じられる前に何かにおいがする気がして「うす味」にしたためかパンチもない。最後にお酢をくわえて味わおうとするが、それもお酢とスープがうまく融合しない。残念。厚めにスライスしたチャーシュー4枚がのったボリュームはかなりのものである。最初はごはんも注文しようと思っていたがこれだけで十分すぎるくらいである。

ラーメンはほとんど食べる機会もないが、少ない機会のなかで武道家と比較すると、あれは塩辛くてびっくりしたがあちらの方が好みだ。とくに最後に蓮華にお酢をくわえていただくスープは止まらなくなりそうだった。


味玉チャーシュー(小)900円。ふつうのラーメンは600円。ごはんは無料。
[PR]
by e3eiei | 2011-02-10 00:02 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

福水苑のオムライスランチ

福水苑@江古田駅南口

駅のあたりで何か、と見ていると駅前の混みあった路地にオムライス500円というワンコインランチ。中華屋さんのようだ。少々怪しげな雰囲気ではあるが、くすんだ階段を上る。
扉のなかは案外広くて、4人掛けのテーブルが3つに小上がりには4人用の座卓が4つ。

メニューをみると餃子専門と謳ってある。件のオムライスランチに、餃子を一皿(2個)注文する。
少々待ってオムライスのランチが来る。プレートにケチャップライスを盛り、その上に薄焼き卵をかぶせケチャップをかけたオムライス、これにおかずとしてピリ辛もやしとキャベツの千切り中華ドレッシングとザーサイの薄切り、ワンタンの入った卵スープ、それに杏仁豆腐がつく。すごい勢いである。

オムライスは全体にかなり油ギッシュでかつ味付けが強い。オムライスとはいえ、やはり中華料理だ。
餃子は忘れられているようなので確認するとやってくる。大きめの餃子で餡もたっぷり入っている。こちらはやや塩味が控えめで、酢醤油でいただく。皮は市販のもののように思う。

氷の浮いた冷たいお水はこの季節には少々辛いものがある。午後いっぱい喉が渇く。


オムライスランチは500円。餃子一皿100円。
[PR]
by e3eiei | 2011-01-13 23:39 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

めんめんのカキフライ

めんめん@新江古田駅近く

ネットで「めんめん」というお店のカキフライがおいしいという評判を見て、一度食べてみたいなあとおっていた。行動圏から少々外れているところにあり、気候のいいときに訪問してみる。
少し遅い時間帯で、周辺も閑散とした雰囲気。玄関脇には「カキフライ」と「白玉めん」の札が貼りだしてある。引き戸を開けるとお客さまも常連さんらしい方がおひとり。

カウンターとテーブル三つのこじんまりしたお店で、カウンターの上にメニュー札がたくさん下がっている。カキフライは普通のものと「(小皿)」というものがある。小皿のカキフライを定食にしてもらう。

カキフライは大ぶりとは言えないが中くらいよりは大きめのが4つぷくっころっとした感じで揚がっている。1/8のレモンとキャベツの千切りがちょっぴり、それに辛子がついてくる。おいしそうな色合いの揚げたてで食欲をそそる。定食はこれに野菜の塩漬けのお新香と小鉢によそわれた豆腐とねぎのおみそ汁、それにごはんは軽めにしてもらう。
カキフライは評判通り美味しい。衣が薄くて軽く、とても柔らかい印象で仕上がっている。4つともレモンをギュギュッと絞っていただく。カキのいい香りがきゅっと詰まっている。バターのような甘い風味を感じるのはカキの旨みか油のせいだろうか。

量もお昼にはちょうどよかった。ただ、あまり歓迎されない注文のようでもあった。


カキフライ小皿は400円。定食にしてもらうと680円。
ふつうのカキフライは980円。
[PR]
by e3eiei | 2010-12-10 23:40 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

キッチン太郎のオムレツとカキフライのランチ

キッチン太郎@江古田駅南口

キッチン太郎の窓のメニューのなかに「カキフライあります」の貼り紙が出ているので入ってみる。
少々遅い時間なのでお客は少ない。勤労者一組と学生さん一組である。
注文は何も迷うことなく「オムレツとカキフライ」である。ごはんは半分にできますが、と聞かれるのでそのようにしてもらう。
例によって新聞を勧められる。

やってきた盛り合わせ定食のお皿は、中くらいのカキフライ3つ。フライの揚げ色は薄く、真ん中のカキにマヨネーズがこんもりと盛られている。1/8レモンと辛子が添えられている。それに小ぶりのオムレツ。お皿の真ん中にキャベツの千切りを主体としたサラダとカレー味のスパゲティ。これにわかめとねぎのおみそ汁と、大根の塩漬け。
カキは熱々でぷっくりしているが、それほど濃厚にうま~いというほどではない。レモンを絞ったりマヨネーズをつけたりしていただく。オムレツは具入り。薄皮一枚の中がとろとろというわけにはいっていない。かなり中まで火が通っている。

オムレツとカキフライ盛り合わせ定食は半ライスで840円。
半ライスはいくらか値引きをしてくれているようだ。



以前の訪問の記録
オムレツとメンチカツのランチ

[PR]
by e3eiei | 2010-12-03 00:15 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

ランチハウスのハンバーグ定食

ランチハウス@江古田駅南口線路わき

ここにも昭和チックな定食屋さんがある。お店のなかは明るく清潔に保たれている。
少し遅い時間帯に入ると、おひとりさまのサラリーマンや男子大学生と思しき方がた。
メニューはセットメニューや定食メニューなど豊富で、あれこれ迷ってみるが、ハンバーグ定食を注文する。
お隣の方のセットのお皿をみるとものすごいボリュームである。

ハンバーグはたっぷりのソースのなかに浸るように盛り付けられている。やけに薄く、やわらかいというのかたよりなくお箸でちょっとつつくともろもろと崩れてきそうだ。ソースのなかにどっぷりとつかっていて、お肉の味がよくわからない。これにやまもりのグリーンサラダと生姜の載った冷ややっこが一切れ。お豆腐が箸休めになる。ごはんは軽めにお願いする。おみそ汁はわかめと豆腐とねぎの定番なり。

ハンバーグ定食は600円。
セットのメニューも700円台までに抑えてある。
[PR]
by e3eiei | 2010-11-25 23:12 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

ヌルンジの純豆腐チゲ定食

ヌルンジ@江古田駅北口線路わき

まつば食堂や同心房のとおりにヌルンジという韓国家庭料理のお店がある。何となく行きそびれていたのだが、入ってみる。
日替わり定食は焼き肉丼が680円。純豆腐チゲ定食ほか3種類くらいの定食がある。

ホール担当の男性と料理担当の女性でやっておられるようだ。お店は広くお客さんもけっこう次々とみえる。したがって料理が来るまでに少々待つ。
純豆腐チゲはあまり印象に残ることもないお味かな。ごはんを浸しながらいただく。寒い日に熱々の辛いお鍋は汗が出るくらいである。ここのおかずは変わっていて、小松菜の白あえと、さつま揚げと玉ねぎの煮つけ、それにキャベツの千切りを主にしたサラダ。

日替わり定食でいただく純豆腐チゲは750円。
[PR]
by e3eiei | 2010-11-19 00:04 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)