カテゴリ:食べたもの 中央線沿線( 135 )

吉祥寺 Sempre Pizzaのマリナーラ

sempre pizza センプレピザ@吉祥寺駅ビルアトレ西出入口

チーズを使わないピザ、マリナーラが気に入っている。
トマトソースとオリーブオイルとピザ生地のおいしさだけのシンプルなピザだ。これはピザ生地に自信がないと提供できないと思う。

吉祥寺にセンプレ・ピザがあるのでここで買ってみる。
注文してから作ってくれる。今回はニンニクをのぞいてもらう。
餅箱のような箱に発酵させた生地を並べてあり、一つ分をスケッパーで切り取り、台の上で伸したあと手の指先で上手に広げる。台皿に載せてトマトソースを広げ、オレガノを散らして焼き窯に移す。窯は電気オーブンだ。モノの1~2分できれいに焼きあがって魅力的な姿を現す。切り分けて箱詰めしてくれる。

持ち帰るので熱々とはいかないまでも、温かいのを食べられる。
生地がもちもちして小麦粉の香りもよく、おいしい。いうところのナポリピザだ。トマトソースが少し塩からく感じ、もう少しフレッシュな酸味があるといいななどと思う。オレガノの風味もいい。25センチのサイズなのでお腹もおおいに満足する。

イートインがあるといいなあ。


マリナーラは410円(380円+税金)





[PR]
by e3eiei | 2015-05-13 17:20 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

東中野 十番のタンメン

十番@東中野銀座通り

先日お休みだった十番に行ってみる。
正午にはまだ少しある時間帯で、お店はぽつぽつとお客さんがお食事中である。
4人がけのテーブルが4つにカウンターというシンプルなつくりだ。おひとりさまはカウンターへと案内されて奥の方に座る。

このお店のタンメンというのを聞いたことがあったのでタンメンを注文する。

カウンターのなかでは初老の男性が麺の担当、あとから登場した若い男性が餃子の担当。麺担当のご主人の奥さんと思しき女性がホールの担当である。正午近くなって餃子担当のおにいさんと同年輩の女性が登場された。
奥の席の目の前で餃子が焼かれる。3人前をフライパンで一気にひっくり返すパフォーマンスなんか見ていると、タンメンが運ばれてくる。

じつはタンメンというのはあまり食べたことがないのだ。食べたにしても印象が薄い。つねにちゃんぽんの記憶で上書きされてしまう。

運ばれてきたタンメンは、美しい。
澄んだスープに白菜やニラの緑、人参、きくらげそしてささやかな豚肉と、野菜たっぷりの彩りの美しさが新鮮だ。澄んだスープもまた、はっとする。
蓮華でスープを飲んでみる。見た目のとおり澄んだ味わいだ。熱々で澄んで淡く柔らかい。「中華料理」のガツンとしたイメージの対極にありそうな味わいである。なんのスープだろうか。淡いうまみは鶏ガラかと思ったが、鶏の風味はあまり感じない。豚肉かな?動物系の出汁より野菜出汁の旨みがおいしい。塩味も控えめで好みの味。

彩りのいい野菜もおいしい。下の方にちょっとまとまっちゃってる太めの麺をほぐしつついただく。ああ、これはまたしっかりした中華麺だ。こんな淡いスープに、と思うが、程よく調和していていい。

食べている間にお店も満席になる。男性が多いが、高齢のグループの方、小さな子どもと一緒の方もいて町の中華屋さんなのだ。子どものために奥さんがプラスティックの小さなお椀とスプーンを配っている。
なんだかタンメンのお味そのもののように、あったかくて柔らかくて包容力のあるお店だ。

タンメンの量は女性向きだ。あとでおむすびを一つ食べた(笑)。
お店では餃子も人気で、今度は餃子も食べてみようかと思う。勤労者のおじさま方はタンメンと餃子を注文されている。
もうタンメンの記憶がちゃんぽんで上書きされることはないと思う。


タンメンは630円。



[PR]
by e3eiei | 2015-05-08 00:22 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

魚人(うおんちゅう)のまぐろづけ丼

魚人(うぉんちゅう)@東小金井駅南口商店街

東小金井駅の南口商店街はずいぶんお店が入れ替わっている。このお店も去年の暮れに開店した。
一度入ってみたいと思っていたのでちょうどお昼前に通りかかったいい機会と思い引き戸をひいた。
ところが、お店は暗く、しんとしている。「何時からですか」と尋ねると「どうぞ」とご主人らしき男性がいわれる。
それで暗い店内に入る。お店はカウンターが10席に満たない小ぢんまりしたたたずまいだ。(と思っていたら、あとから奥にテーブル席があることが判明)。
席についてしばらくご主人が何か作業をされているのを薄暗い中でじっと待つ。ピアノトリオのジャズが流れている。新しいせいもあるのだろうが、お店は清潔感が漂っている。夜の部の地酒の一升瓶などを眺める。
ようやく明かりがともり、メニューをもってこられる。

メニューの筆頭は「まぐろの漬け丼」だ。以下、値段の順に炙り丼、海鮮丼、海鮮ちらし、海鮮ばらちらし、握りなどが並ぶ。まぐろの漬け丼はワンコインだ。これにする。ご飯は結構しっかり目ですかと尋ねると、そうだといわれるので少なめにお願いする。

出来上がるのを待つ間にサラリーマン風のおにいさんが来店し、そのあと自転車でやってきた大学生と思しき常連風の男女数人、さらにお年を召した常連風の男性、さらに学生さんたちと、あっという間に満席になる。お値段が安いので学生さんに人気なのだろう。大盛り無料サービスもある。

調理はお寿司屋さんにしては少し時間がかかる印象だった。
運ばれてきたのは漬け丼とあとからお味噌汁。メニューにはすべてお味噌汁がつくのだ。
お味噌汁はあら汁でこれが滅法おいしい。葱の薬味もないんだけど、ストレートにあらの出汁で魅了する。
漬け丼はごはんを適量に減らしてくれてありがたい。そしてごはんがいい。ほの温かい寿司飯とひんやりした漬けのバランスが絶妙だ。
マグロはあっさりといわゆる「普通においしい」ほどで多くも少なくもないが、寿司飯との相性がいい。ご飯がいいんだけど、好みから言うともう少し甘みと塩味を抑えたのが好きだ。
ワンコインでこれは満足なランチだ。

お隣のおにいさんの「大盛り」にした海鮮ちらしもちらと覗いた限りではいくらがぴかりと光っていてなかなか豪華だ。

12時前くらいに女性のスタッフが入り、お店も愛想良くなる。

お店を出るときにはご主人も愛想よく「ありがとうございました、いってらっしゃいませ」と言われる。
普通においしい漬け丼で満足してお出かけである。


まぐろ漬け丼は500円。
そのほかのチラシや丼は600円。
握りは700円と900円。


[PR]
by e3eiei | 2015-04-25 00:40 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

ピッツェリアチーロのマリナーラ

ピッツェリア チーロCIRO@東中野銀座

十番を目指して行ってみると閉まっている。硝子戸をのぞいてみるとどうやら月に2回連休になっているようだ。

お向かいのいつか行ったことのあるピザ屋に入ってみる。お昼になるかならないかという時間帯だが店内は混んでいる。テラス席を勧められる。ビニールのカーテンが張り巡らされているが、いい季節で暑くも寒くもなくてよい。

ランチはドリンクセット、サラダセット、アンティパストセット(前菜盛り合わせ)、本日のピザセットなどが用意されている。
ここはしかしシンプルにマリナーラを単品で注文する。だってピッツェリアなんだもん。お昼なんだもん。

焼く時間待つ。
大きなピザが運ばれてくる。以前ここで食べた時に28センチと聞いた。
自分でナイフとフォークで切って食べるのだ。
マリナーラはトマトソースにオレガノとニンニクとオリーブオイルという、極めてシンプルなピザだ。
鋭角の二等辺三角形に切り分けて食べる。生地がもちっとしてトマトソースが軽いハーブの風味とかすかなニンニクの香りでいい。
午後のことを考えてトッピングのスライスニンニクはよけて食べる。切り分けては口に運ぶ。

これは軽くてなかなかいい。

テラス席はマダ~ムの3人連れのグループが、前菜つきのピザにワインボトルで盛り上がっておられる。
お客さんが次々と来ては満席で帰って行かれる。人気のお店だなあ。

かくして無事に食べ終え、マダ~ムのピザが運ばれたころに席を立つ。

マリナーラ(単品)は500円。
これでワンコインはいいね。

以前の訪問の記録



[PR]
by e3eiei | 2015-04-24 00:45 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

カレーの市民アルバのビーフカレー

カレーの市民アルバ@秋葉原(外神田)

秋葉原でお昼の時間なので、エスニックなものを食べようと思って歩いてみる。
下調べもせず、タブレットも持たずにあてもなく歩く。

いい感じに混んでるカレー屋がある。表の看板でみると黒いカレーでおいしそうだ。加賀カレーと書いてあって面白そうなので入ってみる。メニューの一番はオムカレーで、二番がビーフカレーだ。ビーフカレーを注文する。
L字のカウンターが10席ほど、テーブルがいくつか。にぎわっている。

ビーフカレーは案外すぐ来た。看板のように黒くはない普通のカレーのビジュアルだ。ステンレスのボート型のボウルに盛られ、千切りキャベツが一つかみ添えられてる。それを先割れスプーンで食べるのだ。一口食べると塩味がわかるほど塩からい。これはしんどいカレーだ。辛みと風味が乏しいのも残念だ。テーブルにはチリパウダーの小瓶が置いてあるのでこれを振りかけて補う。ふと、たーリー屋のカレーを思い出す。

しばらくして両隣りのおにいさん達の注文もやってくる。それぞれカツだのコロッケだのが乗っている。そこで正解がすとんときた。たぶん加賀カレーというのはカツやコロッケを盛るのが流儀なのだ。

千切りキャベツはしお味を中和するのにちょうどよかった。

テーブルに置いてあるピッチャーから水は自由に飲むようになっている。2杯飲みほし、帰りに駅のホームの自販機で酪農ハイ・カフェオレを買って飲み、それでもまだのどが渇いていた。
d0000059_11454335.jpg
ビーフカレーは570円。


あとでネットをみるとここは一大チェーン店だった。なんだつまらん、とひとりごちてみる。


秋葉原の猥雑な雰囲気はすごいなあと思った。その通りの真ん中あたりにキリスト教会があってちょうどどなたかのご葬儀があり入口に霊柩車が止まっている。その「○○儀告別式」と書いた立て看板の脇に牛かつのお店に並ぶ人の列があり、先頭の人は「牛かつはここから並んでください」みたいな札を持っている。その手前には、まだあるんだなあ、メイドカフェの案内の女子たち。こういう日常の食欲物欲性欲の渦の中でこの世に別れを告げていくのも悪くないかなあと思ったりする。



[PR]
by e3eiei | 2015-02-25 00:13 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

西荻窪 キクのデリランチと、ヒュゲでお茶

KIKU@西荻窪南口平和通り

久しぶりの友人たちとお昼を西荻で。
キクはデリカテッセンをチョイスする方式だ。
ガラスケースのなかと平台の上と、2ダースほどの洋風お惣菜が並んで壮観である。3種類あるいは4種類を選び、ごはんかパン、スープ、ドリンクがつく。

わたしが選んだのは鶏肉と野菜やオリーブの洋風煮込み、グリーングリーン(ブロッコリやチーズなどをバジルペーストで和えたサラダ)、キッシュの3種類。
お料理はほどなく運ばれる。おかずは大きなプレートにカフェ風に盛り付けてあり、ごはんはお茶碗(笑)。カップのコンソメスープ。お味は可もなく不可もなくだ。

お客は多分ご近所の老若男女、女性が多めだが二人連れの方が多いのは週末だからだろう。

気取らないおしゃれな雰囲気が食事と会話を楽しむのにふさわしい。

3種類デリランチは1000円ちょっとだったかしら。880円と書いてあった気もするが、、


キクでランチした後、お隣のヒュゲでさらにお茶する(笑)。
あんパンやビスコッティやラスクを注文してイートインで。コーヒーはキクよりもヒュゲの方がうんとおいしかった。
この日のヒュゲは前回の時の男性ではなく中年の落ち着いた女性だった。
ここはとても居心地がいい。

ヒュゲ 前回の訪問



[PR]
by e3eiei | 2015-01-11 00:46 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

喫茶一芯二葉のスコーンセット

喫茶一芯二葉@西荻窪駅北口少し歩く

こういうお茶のカフェがあることを知り合いから勧められて、機会があったので行ってみる。
バス通りからレンガ敷きの路地を入った奥まったところに、古いマンションの一階を古民家風のカフェにしつらえてある。

お茶のカフェで、紅茶、台湾茶、日本のほうじ茶が楽しめる。
お昼時だったので何か一緒に食べようと思いスコーンセットにする。

最初にお盃ほど小さなお茶碗で熊本の矢部ほうじ茶を入れてくださる。雑身のないとてもいい香りのほうじ茶でほっとする。

スコーンは4種類のうちから2種類、プレーンのスコーンと塩キャラメルのスコーンを注文する。果物系のスコーンもあったが今焼いているところとおっしゃる。
紅茶は淡いものから濃いものまで6種類のうちから1種類、ミルクティーにしたいので濃いキャンディ(セイロン茶)にする。
カップを店内にディスプレイしてあるものから選んでくださいと言われる。見渡すとたくさんのカップが飾ってある。イギリスのものが多いが、なんだか懐かしいようなデザインのカップがあるのでそれにする。三郷陶器だ!
d0000059_00165305.jpg
紅茶はポットでカップに三杯分、出し殻の茶葉で香りを楽しめるように少しとりわけてある。ミルクは温めてはない。
紅茶は香りも良くとてもおいしい。
スコーンは、おもちゃのようにかわいらしい。こんなにちっちゃいスコーンがあるのかと思う。
ホイップしたクロテッドクリームと好きなジャムを1種類、リンゴジャムが添えられる。
スコーンは小さいながらもバターがた~~っぷり使ってあって結構おなかにズシリとくる。

お店は静かすぎない静けさで、「家具のような音楽」が流れている。とりわけわたしがいた間にどなたもお客さんがなかったのでとてもくつろぐ。

三郷陶器と言い、手作り風のしつらえと言い、三鷹のリトスタを思わせる。

スコーンセットは1200円。



[PR]
by e3eiei | 2014-12-23 00:36 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

黄金やのお弁当

黄金や@東小金井駅南口

昨年2013年5月にたぶん経営が代わって再スタートした黄金やさんは、そのご順当に繁盛していて喜ばしい。

2階で調理しているお弁当も定番が数種類と日替わりお弁当があり、そのほかにお惣菜やサンドイッチも充実している。パンはほかにも多奈可亭のパンを置いてある。

お弁当は地元小金井市の地産地消で小金井野菜をたっぷり使っている様子だ。味付けがくどくなく、どちらかいうと家庭的な味わいだ。
例えば、メインのおかずが鶏肉ハンバーグにトマトソース、スペインオムレツひときれ、レタスなどのサラダ、小鉢の煮物(切干大根とかひじき煮とかポテトサラダとか)、野菜の浅漬け、ごはんには梅干しとか佃煮とか、鶏そぼろとかおかかとかがのっかっている。
メインのおかずは、メンチカツだったり、鶏の唐揚げだったり、豚の三枚肉のソテーだったり、野菜と鶏の旨煮だったりする。

ご飯の量も標準的におむすび2つ分くらいで食べやすいと思う。


お弁当は600円台がメイン。
サンドイッチはかなりのボリュームで300円くらい。

以前の記録



[PR]
by e3eiei | 2014-12-13 01:20 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

西荻窪 ヒュゲhyggeの、ボスドックとバジルチーズ

ヒュゲ@西荻窪駅南口高架脇

お昼を食べそびれて、短時間でさくっといただけるところを探してみるが、曜日の関係かあちこち閉まっている。
高架の脇のおしゃれな道を歩いてみると、いつか見つけたおとぎの国のお菓子屋さんのようなモイスフェンの先にこじゃれたパン屋さんがある。好都合なことにイートインもある。
ランチタイムは終わっていたけど、好きなパンをいただけるそうなので二つ選んでコーヒーも注文する。
店先にはおしゃれかわいい雑貨も並べてあり、FMラジオからオールディーズが流れていたりしてくつろいだ雰囲気がある。
静かで身軽な感じの中年の男性が一人で切り盛りされている。

パンは調理場で温めて切ってくださる。少々時間がかかる。
天然酵母のパンとうたってある。調理パンだったのでパンそのもののお味はあまりアピールしなかったが、おいしいパンだった。
バジルチーズはバジルペーストの風味がよくてパンとよく合うおかずパンだ。
ボスドックは甘いパンでこれはとてもおいしい。ふわふわのレーズンパンにカスタードクリームやアーモンドペーストのフィリングを詰めて、スライスアーモンドをたっぷり乗せて焼き、粉砂糖をふってある。甘くてコーヒーよりも紅茶に合う、お菓子みたいにいただけるパンだった。

二ついただくとおなかがいっぱいになるほどのボリュームもあった。

パンは200円前後、コーヒーは380360円。

西荻は北口にも「藤の木」というおいしいパン屋さんがある。西荻はおいしい街だ。




[PR]
by e3eiei | 2014-11-17 01:17 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

GINAのサルシッチャのトマトソースパスタ(Aセット)

GINA@西荻窪北口バス通り沿い

西荻で用を済ませるとお昼も遅い時間になっていて、ピザのおいしいお店がバス通りの先の方にあると聞いていたので足を運んでみる。
驚いたことにランチのLO近い時間なのに満席なのだ。マダームたちの喧騒がすさまじい。二階があるらしく、二階に席を用意してくださる。そこもまたマダムが2組。

ランチはピッツァかパスタを選び、ABCのセットのどれかにする仕組みになっている。Aセットはサラダとアイスピーチティーがつく最もシンプルなセット。あとはデザートが付いたりする。
ピッツァのおいしいお店と聞いていたし、お店の奥には薪の燃えて入る窯が見えていたが、トマトソースのパスタに急に惹かれる。サルシッチャとは何ぞやとお尋ねすると、腸づめでちょっとひき肉っぽいものと教えてくださる。

しばらく待つとピーチティーとサラダがまず運ばれる。サラダはけっこうたっぷりとしたサニーレタスや水菜なんかのグリーンサラダだけど、悪くない。

食べ終えてピーチティーを飲むと、これはいただけない。着香がきつく甘すぎる。お水を持ってきてもらう。

パスタは少々細めで、トマトソースはかなりお肉っぽい。ちょっと思ってたのとは違ったが、パルミジャーノチーズがよく絡んでいて、これも空きっ腹には悪くないなあとおいしくいただく。
d0000059_20035505.jpg
テーブルは分厚い板を接いだものでかわいい。でも天版を一度石鹸水でよく洗ったほうがさっぱりするんじゃないかと思う。
d0000059_20052680.jpg
マダム達は旧交を温めたり、とても盛り上がってデザートまでゆっくりと楽しんでおられたが、お昼をささっといただくのにもいいなあと思う。

Aセットは950円。
少々高いが、サラダも悪くなかったのでCPもまあまあかな。マダム率極めて高し。




[PR]
by e3eiei | 2014-07-18 00:16 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)