カテゴリ:食べたもの 神保町界隈( 31 )

神保町くま咲が移転しちゃったらしい。

くま咲@神保町(まんてんの隣)

ニフティポータルZの小堺さんの記事(「行列のできる店の隣の店に行く in 神保町」)で神保町を取り上げていた。「まんてんの隣」という写真をみて、胸がどきんとする。神保町に足しげく通っていたあのころけっこうお気に入りにしていた「くま咲」さんの看板が外れて見るからに抜け殻になっているのだ。そこそこお客さんも入っていたのに、どうしたのだろうと、あれこれ検索してみる。すると、記事のなかにも登場しているAvocafe+さんにこんなつぶやきがあった。
「隣のくま咲さん、あと1週間で小岩に移転されるそうです。さみしいな。」(2015年3月21日)。

閉じてしまわれたわけではなさそうだ。
新しい土地で、また地元の勤労者に愛されるあたたかいお店を展開していかれるに違いない。

以前の訪問

あの通りも、かの矢が閉じてしまわれ、そもそも角の定食屋さんもあのころすでにラーメン屋になっており、入れ替わりが激しい。

追記
コメントを書き込んでくださったかすかわ様の情報によると
「小岩駅南口を降りてフラワーロードをまっすぐ歩いて千葉街道を渡った先のみぎ」に新しいお店を構えられたそうです。



[PR]
by e3eiei | 2015-05-01 00:13 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(2)

さぼうる2のナポリタン

さぼうる2@神保町交差点すぐ

久しぶりの神保町だ。さてお昼はどうしようと、友人と二人、さぼうるのナポリタン食べてみようかということになってみーはーで行ってみる。並んだりするのかしらと思っていたら、少し遅い時間帯でさっと入ることができて席につく。ちょうど後ろのテーブルにスパゲティが運ばれてきてるところで、まずは目測でちょっとどうだろうと思う。

メニューを検討するが、スパゲティ以外はホットドックかハンバーグor生姜焼定食しかない。注文を取りに来たお兄さんに量を少なめにしてもらえるかどうか聞いたらできますということだったので少なめで注文する。

しばらくおしゃべりしてるとサラダと一緒に運ばれてくる。お皿が小さいので山盛りになっている。少なめのはずだったが友人の普通盛りとさして変わらない。おにいさんはあんまり変わらないですねえ、減らしてきましょうかと言ってくださるが、食べられそうなのでいただきますと言う。

これは、文字通りの喫茶店のナポリタンだ。やわらかいスパゲティに玉ねぎとハムとマッシュルーム炒めのケチャップたっぷりの甘酸っぱいソース。懐かしいようなお味でおいしくいただく。いただくのだが、なかなか減らない。途中でパルメザンチーズとタバスコを振ってちょっと味わいを変えつつ、最後は少々頑張って完食する。おいしかったというよりも満足でした。
食後にコーヒーもいただく。ああ、これまた昔懐かしい焦げっぽいコーヒー。ステンレスのちっちゃいピッチャーからクリームを注ぐ。


ナポリタンは650円、プラス200円でコーヒーやスープなどがつく。




[PR]
by e3eiei | 2013-11-12 00:21 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

そして、かの矢が閉店

かの矢@神保町白山通り路地入る

とんかつのかの矢が閉じるかもしれないことをご近所の方から聞いたのは11月初めごろ。まさか、と思ったのだが、ほんとうになってしまう。明日いっぱい。

無駄を排した振る舞いと清潔さ、それに何より和やかな空気がよかった。
ごはんがおいしく、カツもほどよくいいお昼がいただけた。


訪問の記録
ステーキ定食
ロースカツ定食



今年は後半になって好きで足を運んでいたお店がパタパタと閉じられることが続いた。どのお店も家族で経営されているかけがえのないお店だった。特別のことはないけど、「ふつうに」おいしい、気の張らないいいお昼を提供してくださるお店だった。
ごちそうさまでした。
[PR]
by e3eiei | 2010-12-28 23:24 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

SHANTI CLUB INDIAのえびカレーのランチ

クラブインディア シャンティ@神保町(西神田)

ダール豆のカレーがおいしくて気持ちがよかった。あとでネットを見てるとえびカレーを勧めている方が多い。もう一度行ってみる。

ここはカップル率が高いけど、男性一人、女性一人というお客さんもグループという方もいる。

さて、えびカレーは辛くせずに標準で、またもバターライスでいただく。
カレーはマイルドというわけでもないがさほど辛くない。えびが10尾ちかく豪勢に入っている。このエビが、衣をつけて一度揚げたものをカレーに入れて炊いてある。口に運んだ瞬間、香ばしく、えびのぷりぷり感が強い。珍しい調理法だなあと思う。
ただ、これは好みが分かれるかもしれない。そのまま炊いてあるほうがいいかも。最初は香ばしくて意外性があるが、たくさん食べているうちに少々くどく感じてしまうのだ。

お鍋で淹れたマサラティーをいただく。下に沈んでいるのは紅茶の粉か?

2度目のシャンティはちょっと期待が勝ちすぎていたかもしれない。


サラダとドリンクがついて880円。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-06 00:15 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

インドカレー カーマのチキンカレー

カーマ@錦華通り 猿楽町

連休中だが、カーマは開いている気がして行ってみる。やっぱり!看板が出てる。
入口のガラス扉にはA4用紙に手書きで「本日は野菜カレーはできません」と貼り出されている。

この日は入れ替わり立ち替わりのお客さんで、カウンターも一人客のおにいさんが並んで座っている。
こないだ食べたいなあと思ったチキンカレーにする。

で、まずアチャールが来る。カウンターのなかは小鍋でひとり分ずつ調理されているので大忙しであるが、淡々とできあがっていく。しばらく待つと写真の通りの、メークイーンの縦割りと食べやすく切ったもも肉が3個ごろんと載り、丁寧にカレーがまわしかけられたお皿が来る。きゅうりとレーズンは同じように載っている。
いい香り。キーマカレーほど塩味は強くなく、とんがらないスパイスがとてもいい感じにおいしい。辛みもいい塩梅で、食べているうちに汗がにじむ。メークイーンの香りがまたこのカレーとよく合っているのだ。途中で粉チーズを振って味の変化を楽しんだりして、とてもおいしくいただく。さらさらカレーライスは、ほんとうに好物だ。今回はアチャールも我慢しないようにゆっくりいただく。前の時ほど塩辛くなく、前は気付かなかったが大根も入っている。

おいしいカレー、つい夢中でいただく。また来れたらいいな。


チキンカレーもほかと同じく850円。


白山通りの天ぷらのもりは閉じていた。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-05 00:11 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

SHANTI CLUB INDIAのダール豆カレーのランチ

クラブインディア シャンティ@西神田

神保町は三崎神社の例大祭でお神輿がたくさん出て町中がにぎわっている。

日曜日のランチを下調べして西神田のシャンティというお店にインドカレーを食べに行く。
西神田のデニーズの向かい側のわかりやすいところにある。ちょうどお客さんが何組か出てくるところで、入る。道路に面して大きなガラス窓が開けて開放的。赤いギンガムチェックのクロスをかけたテラス席もあって、気分がくつろぐ。

店内は3人のインドの男性が働いている。真黒い上下の服、真黒い髪と髭でかなり濃厚だがちょっとわくわくするような雰囲気がある。お店のページを見ているとスタッフ紹介でそれぞれ写真まで載っていた。これは。。。

5種類から選ぶカレーは、ダール豆のカレーをミディアムホット(ミディアムホット以上が有料)でバターライスにしてもらう。バターライスか白いごはんのほかにナンとロティも選べる。黄色いバターライスはクローブなどのハーブが散らしてあっておいしそう。カレーはステンレスの平たいボールにたっぷり入っている。お皿の3分の1くらいにグリーンサラダが載っているがオリーブグリーンのドレッシングで、グリーンとライスの黄色とアチャールの赤の取り合わせも美しい。ドレッシングの味は普通なんだけど、初めて見た。

カレーはミディアムホットにしたら最初の一口はかなり辛く感じる。食べ進めると最初の辛さに慣れてくるのか、ふつうにいただける。豆の感じもよくてなかなかおいしい。それほど複雑な味わいではない。ごはんもスパイスが効いていて、バターの風味はほとんど感じられないけどカレーとよく合う。もっとぱらっとしてるかと思った。

食後の飲み物が付くのでマサラティーにした。とてもスパイシーなお茶はミルクパンで作っていた。おいしい紅茶がたっぷりしたカップに入ってくるので食後もゆっくりくつろぐ。スプーンで混ぜなかったので、最後に香辛料が沈んでた。


たっぷりでおいしくてゆたかな気持ちになる。雰囲気も開放的でゆったりしてまた来ようと思う。


ランチはカレー一種類の場合は880円。ミディアムホットにすると910円だった。満足度からすると高くない。
[PR]
by e3eiei | 2010-05-04 00:51 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

インドカレー カーマのキーマカレー

カーマ@錦華通り 猿楽町

祝日だが、パンチマハルもメーヤウも開いてる。パンチマハルもお店の雰囲気が少々癖があり、ためらってしまう。メーヤウは早稲田でいつもいただいているしなあ、もうちょっと神保町寄りのところにもう一軒あったのを思い出し、目指してみると、ここも開いている。

こじんまりしたお店で、入ったところのテーブル席は先客ありで、カウンターを勧められる。メニューカードには3種類のっている。野菜カレーもおいしそうだなあ、と思って見ていると「今日はキーマカレーとチキンカレーしかできません」といわれる。入口の席で女性客が食べていたキーマカレーがとてもおいしそうだったのでこれを注文する。「中辛」と書いてあったが辛口にできるとあるので、辛口にしてもらう。注文してからカードをよおくみるとチキンカレーがしゃぼしゃぼカレーでメイクイーンがゴロンと載っていて、ものすごくおいしそう。「当店一番人気」とか書いてあるし。

最初に玉ねぎのピクルス、アチャールて言うんだっけ、小鉢にみっしりと山盛りに出てくる。キーマカレーはお皿に広げたライスに半月形にカレーを載せ、カレーにはひよこ豆と青味を散らしてある。白いご飯の真ん中に真っ赤の鷹の爪を飾ってある。さらにきゅうりのピクルスと白いレーズンのマリネが添えてある。見た目もとても美しい。別にガラスポットに入った粉チーズも供される。

カレーは辛口にしたがそれほど辛くない。食べ終える頃にじんわり汗が出るくらい。むしろ塩味がかなり勝っている。それほどスパイシーというわけでもないが、もりもりいただけるおいしいカレーだ。粉チーズを混ぜたりしていただく。時折塩味が気になる。困ったのはアチャールだ。生の玉ねぎはどちらかいうと苦手の部類。しかも辛い。しかも塩辛い。しかも玉ねぎは大きく切ってある。しかもものすごい量だ。その上、供された食べものは残すことができない性格なのだ。がんばった。

中年の男女が切り盛りされている。落ち着いた大人の雰囲気が心地よかった。常連さんの若い女性と時折おしゃべりされるのが耳に入る。テレビにも出たお店なのだそうだ。そんなに有名だったんですね~、というお客さんに、有名なんだよ、とシェフ。しかもこのあたりは猿楽町に区分されているらしい。
あとでネットで検索してみると、確かに有名らしい。錦華通りから向こうが猿楽町になるようだ。

日祝は定休日と書いてあるので、この日は幸いだった。次に機会があればぜひともチキンカレーをいただきたい。

カレーはすべて850円。


錦華通りのキッチンジローは閉じてラーメン屋になっていた。
[PR]
by e3eiei | 2010-04-30 00:35 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

わがんの豚豆腐なべ定食

わがん@神保町 靖国通り錦華通り交差点近く

2階にあるお店は靖国通りに面しているが、階段への入口が路地側にあってちと分かりづらい。
定食チェーン店だ。「しゃべる」券売機にわーわー言われながらボタンをいくつも押さなければならないので、まずは階段上下のポスターで十分に予習しておく。この日は豚豆腐なべ定食にする。

一人用のアルミのお鍋で出てくるが、チゲのようにぐつぐつ煮え立っているということはない。甘辛いだしつゆで、奴に切ったと豆腐としゃぶしゃぶの豚、それによく炊いた玉ねぎとシメジ、うどんなどが入っている。いろどりは水菜。そのほかにおかずはミニがんもの含め煮、小さな野菜サラダ、白菜づけと根菜のおみそ汁。ごはんは雑穀ごはん。

いつも曜日と時間帯によるのだろうか、込み合っておらずに静かに食事ができる。

680円。
[PR]
by e3eiei | 2010-03-28 23:45 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

神田 白十字のカレーライス

神田 白十字@神保町白山通り

白山通りに面して、明るい空間のある喫茶店があったことに気がついていなかった。ランチにカレーやサンドイッチをやっているレトロな雰囲気の喫茶店だ。入るかどうか大いに迷ったが、喫茶店のカレーもいいかなと思い入る。

中は静かで、広々としている。休日のせいか、お客さんもほとんどいない。
メニューを見て、カレーを注文する。メニューの表紙に「classic music/coffee park」と書いてあるので、コーヒーつきのセットにする。ほかにサンドイッチ各種、ハヤシライス、おでんとご飯、ハンバーグなどもあるようだ。

テーブルの天板は銅板で、中央に白の十字の模様が埋め込んである。壁は砂色のレンガを模したタイル張り、洒落た室内灯、風景画が何点か掛けられておりレトロな雰囲気が横溢している。

カレーはご飯をメロン型に抜いてあり、いわゆるいわゆる喫茶店の業務用のような味わいのカレー。赤い福神漬けが添えられている。食後に頼んだコーヒーは、おいしくなかった。薄めのコーヒーが焦げっぽくなって香りも飛んでしまっている。コーヒーカップは分厚い乳白色の円筒形のもの。こげ茶の分厚いソーサーに添えられた砂糖は、スティックシュガーではなく、長方形のプラスティックの袋に入ったカップ印の「ペットシュガー 8g」!。こういうものがまだあったことに感嘆する。徹底している。

「名曲と珈琲」と銘打ってある割には「名曲」は室内楽のオムニバスだし、珈琲は残念な味だ。それでも、静かで広々としていて、くつろいで読書をするのにはいいかもしれない。

カレーライスは単品で600円、飲み物とセットで850円。ブレンドコーヒーは400円。
[PR]
by e3eiei | 2010-03-01 00:25 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)

アボカフェのグリーンカレー

avocafe@神保町 靖国通りと錦華通りに挟まれた路地

MoGuMoGuでアボカドカレーをいただいてから、なんとなくアボカドが認識の片隅にあった。
前にこの辺を探検しているときにこの珍しいカフェを見つけ、ネットのあれこれの評判もなかなかいいようで、行ってみる。
少々場末た雰囲気の狭いエントランスから狭いエレベーターで3階まで行く。行ってみると小じゃれたカフェなのだ。矢野顕子らしいBGM。先客は3人組のおにいさん。そのあと次々にお客が来て満席になる。ランチはスパム丼とタイカレー、それに日替わりのバンバンジー丼。迷ってカレーにする。

カレーはかぼちゃやサツマイモ、きのこが彩りよく、レンコンが美しい。一口いただいて、おや、と思うほど甘い。ピリッとメリハリのある辛味なのだが、塩味が弱く、ココナツミルクが強く甘みが利いている。ブリック・ナンプラーが欲しいところだとおもう。
これはアボカドにマヨネーズのかかったスパム丼のほうがよかったかなあ。

サラダはベビーリーフの混じる美しい色合いで、ビネガーが効いてさわやか。これにソフトドリンクがつく。マシーンで入れた、可もなく不可もないコーヒー。

800円。
[PR]
by e3eiei | 2010-02-15 01:25 | 食べたもの 神保町界隈 | Trackback | Comments(0)