東小金井 黄金やのヴァンドリュ フレンチ弁当

黄金や @東小金井駅南口商店街

ヴァンドリュのお弁当は少し早い時間帯に店頭に並ぶので、時間的に都合がいい。
ごはんはやや少なめで、おかずの味付けが穏やかでとても食べやすい。
フレンチビストロとはいえ、お米のごはんのお弁当にあうように塩麹や醤油を使って工夫してある。

ある日のメニュー。
鶏胸肉のソテー、豚足・豚耳・野菜のコラーゲン寄せ、じゃがいもタルト、人参マリネ。

ここのソテーは豚も鶏もたいへん柔らかくて食べやすい。工夫が凝らしてあるんだと思う。お肉の下にはペンネが忍ばせてある。
この日驚いたのは、豚足と豚耳のゼリー寄せだ。お弁当にこういうものは入ってないでしょう。・・というか、コラーゲンが少々苦手で豚足も豚耳もいただいたことがないのだ。だが、同時に供されたものは残さずいただきたいという思いもある。
ままよ、と小さくかじってみるとやんわりした味わいで、なんとか行けそうだ。お店で進んで注文する気持ちにはなれないが、ああ、こんな味わいなのかとちょっといい気分にもなる。

もう一つ驚いたのはじゃがいものタルト。メニューには「塩のみ」とわざわざ注記してあるのもなるほど、クリームの風味なのだ。やわらかいクリーム風味のじゃがいも、これはおいしいなあ。そしてこういうのが入ってるとフレンチスタイルに近づく。

手書きのメニューを眺めながら、お弁当時間の楽しみになる。
d0000059_11333917.jpg
ヴァンドリュのお弁当は750円。

以前の訪問の記録
ヴァンドリュのフレンチお弁当(さらに2017年秋から内容も変わって弁当に力が入った。+ヴァンドリュも登場。)
お弁当(2代目)(2013年ごろから店の2階で自社調理したお弁当になった)





[PR]
# by e3eiei | 2017-11-12 11:30 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

西早稲田 紅梅のマグロ漬丼

紅梅@西早稲田(早稲田通り)

お昼に浅ちゃんちをのぞいてみようかとも思うが、ちょいと通りの向かい側の紅梅をのぞいてみることにする。
表のメニュー表は和食のおいしそうな献立が並んでいる。「手動です」と書かれた引き戸を引くと、早い時間帯で仕込み中みたいな雰囲気が漂っているが、朗らかにいらっしゃいませを言っていただく。

あまりお腹もすいてないが、メニュー筆頭のマグロ漬丼をごはん少なめで注文する。
斜め後ろのテレビを見上げつつ、待っているとカウンターの中では丁寧に料理をされている空気が伝わってくる。

しばらく待ってトレイが運ばれる。美しい漬丼と、わかめのすまし汁、賽の目のお豆腐を煮たような小鉢、それに沢庵2切れ。汁は鰹節が強い。漬丼はおいしい。ここはごはんがおいしいのだ。鮪の下には刻みのりがしのばせてあり、真ん中には青紫蘇の千切り。わさびを乗っけながらいただく。お豆腐はだしで煮た、ありがちではあるが初めていただくおかず。

食べているとご常連風の高齢のお客さんがみえて煙草を吸いながらぽつりぽつりと話をされる。ああ、ここは喫煙可だったのだ。カウンターの向こう側で換気扇の関係か煙は来ない。とりとめのない言葉の端々に、お昼でにぎわう前のゆるい時間が流れる。

ささっとおいしいお昼をいただく。

漬丼は750円。ほかもだいたいそれくらい。




[PR]
# by e3eiei | 2017-11-10 22:13 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

西早稲田 浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)のオムレツ定食

浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)@西早稲田バス停前

オムレツやってるかしらと念のために足を運んでみると、この日は店前の黒板の3定食は筆頭が「オムレツ定食」になっている。これは入らねばなるまい。暖簾をくぐって引き戸を引くと、正午前の1番客だ。カウンターの中にはご亭主ともう一人店員の男性が並んで立っている。

ご亭主にオムレツをごはん少なめでお願いしますと注文し、席に着く。ほかの定食はチキンカツとフライ、それからカレイの煮つけだ。揚げものもやや心惹かれるがが、とりあえずはオムレツの定点観測をしておかねば。

テレビを眺めながら待つとご亭主がフライパンでオムレツをかき混ぜながらとんとんとやっておられる。楽しみ。

渡されたトレイの構成は、オムレツのプレートはトマトケチャップのかかった少し小さめのオムレツと千切りキャベツ、小鉢は茄子とピーマンの味噌炒め、それに白菜主体のお新香と豆腐の味噌汁それに少なめごはん。
いただく前にあちゃーと思ったのは、オムレツの付け合わせのポテサラが消えてたことだ。ひき肉オムレツはこの味の濃いポテサラと組み合わせて絶品だったんだと気づく。

気をとりなおしていただく。オムレツは悪くない。文字通り悪くない以上でも以下でもない。こうだったのかなあと、いちいち過去の味わいをりファーしてしまう。この日はごはんが炊きたてでよかった。茄子炒めの小鉢もいい。ごはんを減らしてもらったのでちょうどいい量でいただく。

オムレツ定食、半ライスは20円引き。

以前の訪問の記録


古い味噌蔵には長いこと住み着いて発酵を続ける酵母菌が独特な味を作りだしていると聞いたことがある。引き戸をガタガタいわせて暖簾をくぐる往時のワセダ菜館にも、長い年月をかけてすみついていい味を出す酵母菌みたいなナニカがあったんだなあ。



[PR]
# by e3eiei | 2017-10-28 12:10 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

江古田 ブーランジェリー・ジャンゴのパン・雑穀パンの店ひねのパン

ブーランジェリー・ジャンゴ・雑穀パンの店ひね@江古田駅 練馬税務署通り

昼ごはんにおいしいパンというのはうれしい。
税務署の向かいにあるジャンゴは調理パンや甘いパンの種類もたくさんあって目移りするくらいだけど、どれもおいしい。

この日に選んだのはビーツの入ったベーコンエピと、アマンドというマスカルポーネのクリームをはさんだ甘いパン。エピは目移りの最中に焼き立てで並べられて、あまりに香りがいいので買ってみたのだ。
前には野菜の乗ったフォカッチャや、薄くパリパリに伸ばした生地にクリーム味のおかずを乗っけたのや、甘いパンではキャラメルクリームをはさんだフレンチトーストをお気に入りにいただいた。無論サンドイッチもおいしい。

雨の冷たい日で、ほかほかするパンを抱えて戻る途中にみると、その時間にはいつも売り切れでしんとしているひねのパン屋さんに売り切れの札が出てない。のぞいてみると食パンと2~3種類だけだったが丸いパンも籠に残っている。すでにジャンゴできょうの分は調達済みだったが、珍しいので入ってみる。きっと冷たい雨でお客が少なかったのだろう、僥倖なり。

ひっそりという雰囲気のごく狭い店内はルネサンスのリュートの音楽が流れている。
マカダミアナッツと乾燥バナナの丸パンを買ってみる。ずしりと持ち重りがする。

  • ジャンゴのエピ
ビーツを練り込んであって生地が緋色に染まり、とても美しい。玉葱とビーツのほのかな野菜の香りとベーコンでおいしいおかずパンだ。焼き立てのパンてこんなにおいしいんだと思う。
アマンドとあわせて400円台。

  • ひねのマカダミアナッツのパン
ひと口目に酵母と小麦の香りに圧倒的なおいしさがある。ここのパンはこんなにおいしかったんだなあ。以前に食べたときはあまり感動がなかったのだ。酵母と小麦がおいしいうえに、ナッツやバナナもみっしり詰まっている。ジャンゴのパンのあとでは残念なことに半分が限界である。雨の日とか雪の日とか、希少価値の高いパンではある。
丸パンは170~180円くらい。


以前の訪問の記録

ジャンゴのパン

ひねのパン



[PR]
# by e3eiei | 2017-10-23 12:21 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

早稲田 麻の葉のカキフライ定食

麻の葉@早稲田通り穴八幡石垣横

浅ちゃんちにオムレツが出てたらそこでお昼にしようと足を向けるが、この日は「牛すじ丼」「豚バラ生姜焼」「フライとコロッケ」の定食なので進路変更する。

ひそかに麻の葉のカキフライを狙っていたので道路を渡って行ってみると、玄関前の黒板にはカキフライ810円と書いてある。
引き戸を引くと、そうそう、ここはこれが苦手だったとすぐに思い出す店内をそこはかとなく覆っている規範的な秩序。カキフライはできますかと尋ねてOKをいただいたのでカウンターの指定された席につき、指定された場所に荷物を置き直す。改めてカキフライ定食でいいですか確認されてごはん少なめで注文する。

お昼時も混雑していて、正午を過ぎると満席で引き返す方や店の前で待つ方が出る。
3組ほど待ってカキフライのお皿がやってくる。見た目が美しいワンプレートだ。これに出汁のかかったおぼろ豆腐と熱々のお吸い物とごはん。熱いものは熱く冷たいものは冷たく、作りたてのごまかしのないおいしさがいい。
牡蠣フライは中くらいの大きさのが5個、くし切りレモンと、卵味の勝ったタルタルソース、中濃ソースが添えられる。
早速レモンを絞って、熱い揚げたてをいただく。これがまたおいしいのだ。黒板には広島の牡蠣と書いてあった。牡蠣のおいしさもさることながら軽く揚がっていてどちらか言うと家庭料理に近い仕上がりで実にいい。ことしの牡蠣フライ初めは豪華に幕が切られた。
大きなプレートの野菜のおかずは、ほかにグリーンサラダや菜花の胡麻和え、蒟蒻の梅和えなど数種類で、こちらも手抜きがない。少なめのごはんはホントに少なかったけど、これまたおいしいごはんで、しかも食べ終わるとジャストサイズだ。

カウンターの中ではコンロの前でおかみさんが次々とフライを揚げたりハンバーグを焼きたり休む間もない。ご亭主は全体を差配しつつプレートを盛り付ける。
苦手だけどおいしい。たまに行くといいお店のひとつだ。

牡蠣フライ定食は870円。お値打ちだ。
黒板には810円と書いてあるが、そばに小さく税金8%と注記あり。

以前の訪問記録


[PR]
# by e3eiei | 2017-10-21 10:45 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

西早稲田 浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)のC定食

浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)@西早稲田バス停前

先日再開を確認した旧ワセダ菜館に足を運んでみる。
正午前の早い時間帯で一番客である。お店はカウンターだけ7~8席でランチは3種類の日替わり定食のみ。
先日リサーチに行った(→❏)のを覚えてくださってたのか「今日はオムレツはないですけど」とマスターに言われる。いえいえ、それは出会いを待ちます。

この日は「カレイの煮つけ」「豚バラ生姜焼」「アジフライとメンチカツ」の三種。
アジフライをごはん少なめで注文する。
カウンターの上のテレビをぼんやり眺めつつ、手持ちの本をぱらぱら読んでいるとトレイに一式のってカウンターの向こうから手渡される。
揚げもの2種と山もりのキャベツの千切りのメイン。それにおでんの小鉢はこんにゃくとがんもどきと厚揚げ。お新香は白菜の浅漬け、それにわかめのお味噌汁とごはんという構成だ。

さてさて、といただくが、お箸を進めるごとにわたしは何をそんなに入れ込んでいたのだろう、という思いが湧く。
フライの衣はこんなにバリバリだったっけ。メンチカツこんなに味が濃かったっけ。味噌汁の出汁が変わってる、やけに鰹節臭くなっている。極めつけはごはんだ、炊いてずいぶん時間たってる。
こんなだったっけ、こんなこともまるっと丸ごとまったりした時空間の中に溶け込んでたのかなあ。
すっかり新しくなった居酒屋カウンターでいちいち味の品評を出してる自分がおかしくもある。
オムレツとの再会を楽しみにすることにしよう。

昼の定食は750円だったか780円だったか。
ごはん小盛り割引はなくなった。

以前の訪問の記録
オムレツ定食(ワセダ菜館)




[PR]
# by e3eiei | 2017-10-17 13:24 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館は名前を改めての再開!!「呑み食い処 浅ちゃんち」

ワセダ菜館がどうなっているのか気がかりだった。
通りかかってみると理髪店の隣はカウンターの飲み屋さんになっている。お昼時だが暖簾は引っ込んでいる。開いてるガラスの引き戸からのぞくと、カウンターの中でご亭主が何か仕込みをなさっている。

ご亭主に声をかけて、ここにあったワセダ菜館はどこかに行っちゃったんですかと聞いてみる。すると、ここそうなんですが、名前を変えてやってますと仰るではないか!! ああ、引き継がれて?、と聞くと、いえ、わたしがそうなんです、奥で料理をやってた、と。白い帽子かぶって白い服着て、といわれて、しげしげ見ると、確かにその面影があるような。ちっとも気付かなくてごめんなさい、でもよかった、再開されるんですね!!と喜ぶ。

ランチはなさるんですか、と尋ねると、11時半から1時半まで、3種類の日替わりランチのみの営業になさるそうだ。あした5日から。ああ、ほんとうによかったよかったと、よかったついでに、あの個人的好みを言えばオムレツ希望です、と厚かましくもお願いをする。うまく当たるかどうかわかりませんが準備しましょうと言ってくださる。

お母さんもお元気だそうだがお店には時々いらっしゃるようだ。
d0000059_01322716.jpg

[PR]
# by e3eiei | 2017-10-05 01:35 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)

東小金井 黄金やのヴァンドリュ フレンチ弁当

黄金や @東小金井駅南口商店街

涼しくなってきたのでまたお弁当を再開されたようだ。
寄ってみると、レギュラーのお弁当はまだできていなかったが、「ヴァンドリュのフレンチ弁当」というお弁当が1ダースほど積んである。みるとなんだかおいしそう。

レジでどこのお店ですかと聞くと、武蔵小金井のちっちゃなビストロなんだそうだ。

お弁当はとてもおいしい。失礼ながら黄金やさんの薄味弁当は少々食べ飽きたのだ。
一つひとつのおかずが個別の味を持っていて、まともにおいしい。ごはんの量はそれほど多くないので、食べざかりの方は少々物足りないかもしれないと思う。

A4用紙にお料理とと材料を書いたメニュー表がはさんであって、いただきながら読むと、いろいろと想像が膨らんで楽しい。「佐那河内村産すだち」などと書かれていて、輪切りにしたスダチはうれしい。ごはんに押しつけてスダチごはんを楽しむ。

d0000059_22585760.jpg

ヴァンドリュ フレンチ弁当は750円。

コストパフォーマンス高し。




[PR]
# by e3eiei | 2017-09-30 00:18 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)

江古田 ブーランジェリー・ジャンゴのパテドカンパーニュのサンドイッチ

ブーランジェリー・ジャンゴ@練馬税務署前

それほどお腹が空いていないお昼時、おいしいパンでも食べようかと前にいただいておいしかったジャンゴに行く。

棚を見てるとこの前は焼鯖のサンドイッチがおいしかったと思いだした。またこれにしてもいいなと思いつつ、その下にあるパテのサンドイッチもおいしそうで、それにする。甘いパンは今回はなし。

分厚く切ったパテドカンパーニュが本格的においしくて、パンととても合っている。じょうずな取り合わせだなあと感心する。
これ一本でだいたいお腹が満たされた。

ジャンゴに向かう途中、パン屋の「ひね」のお隣角、前に鉄板焼きだのインドカレー屋さんだのになってたところの様子がまた変わっている。「Hello Old Timer」と看板がかかってた。女性客が仔細にランチメニューを検分されていたのでちょっと覗けなかったが、どうなんでしょう。


以前の訪問の記録




[PR]
# by e3eiei | 2017-09-28 21:47 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)

ワセダ菜館、再開ならずか?

2年前にリニューアルを目指してビルを再建中だった西早稲田のワセダ菜館だ。 
工事の看板にはことし2017年7月オープンと書かれていたので、心待ちに楽しみにしていた。

9月に入ってもなかなかオープンする気配がない。もう少しかなと待っているところに、心中穏やかならぬニュースだ。 →❏

どうされたのだろう。


[PR]
# by e3eiei | 2017-09-22 13:04 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)