2017年 10月 17日 ( 1 )

西早稲田 浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)のC定食

浅ちゃんち(旧・ワセダ菜館)@西早稲田バス停前

先日再開を確認した旧ワセダ菜館に足を運んでみる。
正午前の早い時間帯で一番客である。お店はカウンターだけ7~8席でランチは3種類の日替わり定食のみ。
先日リサーチに行った(→❏)のを覚えてくださってたのか「今日はオムレツはないですけど」とマスターに言われる。いえいえ、それは出会いを待ちます。

この日は「カレイの煮つけ」「豚バラ生姜焼」「アジフライとメンチカツ」の三種。
アジフライをごはん少なめで注文する。
カウンターの上のテレビをぼんやり眺めつつ、手持ちの本をぱらぱら読んでいるとトレイに一式のってカウンターの向こうから手渡される。
揚げもの2種と山もりのキャベツの千切りのメイン。それにおでんの小鉢はこんにゃくとがんもどきと厚揚げ。お新香は白菜の浅漬け、それにわかめのお味噌汁とごはんという構成だ。

さてさて、といただくが、お箸を進めるごとにわたしは何をそんなに入れ込んでいたのだろう、という思いが湧く。
フライの衣はこんなにバリバリだったっけ。メンチカツこんなに味が濃かったっけ。味噌汁の出汁が変わってる、やけに鰹節臭くなっている。極めつけはごはんだ、炊いてずいぶん時間たってる。
こんなだったっけ、こんなこともまるっと丸ごとまったりした時空間の中に溶け込んでたのかなあ。
すっかり新しくなった居酒屋カウンターでいちいち味の品評を出してる自分がおかしくもある。
オムレツとの再会を楽しみにすることにしよう。

昼の定食は750円だったか780円だったか。
ごはん小盛り割引はなくなった。

以前の訪問の記録
オムレツ定食(ワセダ菜館)




[PR]
by e3eiei | 2017-10-17 13:24 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)