リトル・スター・レストランのさわらの酒塩焼き定食

リトル・スター・レストラン@三鷹
このお店は入り口の木のガラス戸をガラガラと開けるときの音が懐かしい。その音で「ただいま~」の気分なのだ。
きょうはそれほど混んでいなかった。基本的にひとりでお昼をとる方が多い気がする。二人、三人できている方もそんなに大きな声で喋る人たちではないので、心地よい空気だ。のんびり、とかいう形容がぴったり。
さわらの酒塩焼きを頼んでみた。さわらは好きな魚なのだが、外でいただいて外れることが多いのでちょっとかけてみたい気持ちもあって。大正解でした。酒塩でやわらかい塩味とこくが出て、何よりもしっとりふんわりと焼きあがっていた。上手だなあと思った。甘酢しょうがが添えてあった。小鉢1はカリフラワーのあちゃら漬け。これがまた酢はほんの隠し味程度で、おいしかった。2は五目ひじき。それに白菜付けが少々と、豆腐とお挙げとたまねぎのお味噌汁に胚芽米。
食後の珈琲。きょうのカップはウエッジウッドだった。赤いラインの入った、少しまえのデザインだろう。隣の方のティーカップはいかにも大倉陶器のぼかしの絵柄で、これまた昭和のかおりのするものだった。カップの楽しみというのも加わりました。珈琲もこれに慣れると、おいしい。
お昼の定食は850円。
[PR]
by e3eiei | 2009-07-02 00:17 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/9932298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< スターバックスのフィローネ シ... 「水菜」臨時店舗の中華弁当 >>