寅ちゃんうどんのごぼう天うどん

寅ちゃんうどん@佐賀駅ビル
やわらかいけどこしのあるうどん。透明の琥珀色のそのまま飲めるだしの利いた薄味のつゆ。あさつきの小口切りをどっさり散らしてある。あっさり揚げた牛蒡のてんぷら。久々に佐賀のおうどんをいただいた。おいしかった。
ああいう街には珍しく、回転が速いのに行列ができていた。

佐賀のラーメンを評して「滋味系」と呼ぶ方たちがいて、なるほど的を射た評価だなあと思っていた。うどんに関しても、滋味系の評価はあてはまると思った。華やかさや強さはない。だからメディアには載りにくいけれども、いつもくつろいでいただける、そういう普段の食べ物になっている。

素材がいい分、味わいはいいのだが、普段着すぎてウリがない、佐賀ってそういうところだなあと思う。

<追記>
ごぼてんうどんが430円?てんぷら蒸篭が700円台。中型の海老天2本、野菜天が5種類くらい。てんぷらも普通においしかった。
[PR]
by e3eiei | 2009-06-16 23:49 | 食べたもの 九州 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/9870542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 天草大王弁当 コペのゴーヤの定食 >>