炒伽哩のポパイカレー 辛さ3

炒伽哩@吉祥寺
汗ばむくらいの暑さの昼に、久しぶりにポパイカレーを食べようと思いついた。以前大久保の天井の高い明るい夢民でこのポパイカレーをいただいたときは、ああ、こんなカレーがあるのか!とカルチャーショックだった。それからカレーに目覚めたような気もする。
ここのカレーは暑い日にいただくのがおいしい気がするのも、最初のその印象かもしれない。
久しぶりにいただいて、はじめの2~3匙は香辛料の苦味を感じて、あれ、こんなだったっけ、、とやや期待を裏切られたような気もしたが、食べ進めるうちにその違和感も消えてとてもおいしくいただいた。カレーをいただいているのにカレーを食べてる気がしない、不思議なカレーなのだ。
ランチタイムというので、たっぷりのチャイがついていた。
でも、お値段は吉祥寺価格だった。。
[PR]
by e3eiei | 2009-04-25 01:38 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/9646045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ママキムチの豆腐チゲ ロッシェ >>