へいじのてんぷら定食

へいじ@高田馬場
シックな黒塀。清楚な暖簾を入ろうとすると、ちょうどお財布を手にしたおねえさんが出てくるところだった。引き戸を入るとすぐに二階に案内された。一階はカウンターとテーブル席。階段を上がると広間と次の間には床の間と小さな庭までついている。広間には座卓がだーっと並んで、ちょうどいせや本店の二階を思わせた。こちらがうんときれいだが。床の間にお庭つきの豪勢な昼ごはんになった。
お昼の定食は刺身、てんぷら、串揚げ、焼き魚、えび天丼だったかな。てんぷらはさっくり揚がっていてとてもおいしかった。なす、ピーマン、えびが3本とお芋。小鉢の切干大根もたいへん上手に煮てあった。酢味噌がけのこんにゃくと芽ひじきのお味噌汁。どれもとてもおいしかった。残念だったのはごはん。ジャーの中でべっちゃりなった部分とごわっと硬くなったところがそのままの形でお丼によそわれていた。ごはんそのものは悪くなかったのだったが。定食は750円で、CPもよろし。夜の部もなかなか期待できそうなのだった。
馬場のこういう大きなお店にはさすがに子どもやおばあちゃまの姿はなくて、活気あふれる学生や仕事人たちが複数でお昼をとっていた。
[PR]
by e3eiei | 2008-01-16 23:06 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/6993793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< トマトのブルスケッタ・ソース 駄菓子 >>