源治の焼き鳥

源治@夏目坂
セキハラに行く途中に焼き鳥の香ばしい煙の匂い。ガラス窓にひびが入って少々不安だが、縄のれんをすかして覗いてみるとサラリーマンらしきワイシャツ姿のグループが何組か見えた。聞くところによると夜は列ができるほどらしい。
ランチは焼き鳥重と魚定食と親子重それに海鮮どんぶり。迷わず焼き鳥重にした。ねぎまにつくね、それに豚バラの味噌だれ。小さな冷奴とひじき、それにうどん。つくねはしそ味で軟骨入りでさっぱりおいしかった。ねぎまは正統派、炭火焼でこんがりといぶっていて柔らかくておいしい鶏だった。豚もおいしかったが、これは塩のほうがいいとおもった。ご飯もおいしかったのがまたうれしい。うどんはおつゆがあっさり薄味で九州風。うどん玉も柔らかくて九州風。これもまたあっさりと食べられてしまう。満足度が高かった。CPも。
[PR]
by e3eiei | 2007-09-11 00:52 | 食べたもの 早稲田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/6120353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キッチンオールドバザールのサグ... 金の鈴のうどん >>