江古田 ブーランジェリー・ジャンゴのパン・雑穀パンの店ひねのパン

ブーランジェリー・ジャンゴ・雑穀パンの店ひね@江古田駅 練馬税務署通り

昼ごはんにおいしいパンというのはうれしい。
税務署の向かいにあるジャンゴは調理パンや甘いパンの種類もたくさんあって目移りするくらいだけど、どれもおいしい。

この日に選んだのはビーツの入ったベーコンエピと、アマンドというマスカルポーネのクリームをはさんだ甘いパン。エピは目移りの最中に焼き立てで並べられて、あまりに香りがいいので買ってみたのだ。
前には野菜の乗ったフォカッチャや、薄くパリパリに伸ばした生地にクリーム味のおかずを乗っけたのや、甘いパンではキャラメルクリームをはさんだフレンチトーストをお気に入りにいただいた。無論サンドイッチもおいしい。

雨の冷たい日で、ほかほかするパンを抱えて戻る途中にみると、その時間にはいつも売り切れでしんとしているひねのパン屋さんに売り切れの札が出てない。のぞいてみると食パンと2~3種類だけだったが丸いパンも籠に残っている。すでにジャンゴできょうの分は調達済みだったが、珍しいので入ってみる。きっと冷たい雨でお客が少なかったのだろう、僥倖なり。

ひっそりという雰囲気のごく狭い店内はルネサンスのリュートの音楽が流れている。
マカダミアナッツと乾燥バナナの丸パンを買ってみる。ずしりと持ち重りがする。

  • ジャンゴのエピ
ビーツを練り込んであって生地が緋色に染まり、とても美しい。玉葱とビーツのほのかな野菜の香りとベーコンでおいしいおかずパンだ。焼き立てのパンてこんなにおいしいんだと思う。
アマンドとあわせて400円台。

  • ひねのマカダミアナッツのパン
ひと口目に酵母と小麦の香りに圧倒的なおいしさがある。ここのパンはこんなにおいしかったんだなあ。以前に食べたときはあまり感動がなかったのだ。酵母と小麦がおいしいうえに、ナッツやバナナもみっしり詰まっている。ジャンゴのパンのあとでは残念なことに半分が限界である。雨の日とか雪の日とか、希少価値の高いパンではある。
丸パンは170~180円くらい。


以前の訪問の記録

ジャンゴのパン

ひねのパン



[PR]
by e3eiei | 2017-10-23 12:21 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/25967993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西早稲田 浅ちゃんち(旧・ワ... 早稲田 麻の葉のカキフライ定食 >>