江古田 和興楼の豚肉と野菜の上海焼きそば

和興楼@江古田駅南口

ここのお店は普段のごはんとしておいしいと思う。お昼何にしようか、と思ったときにふっと心に浮かぶことが多いのだ。
ただ、お昼はご主人が「ワンオペ」でなさっているので、お客さんが立て込んでいると暇がいる。
そして喫煙可なので喫煙のお客さんがおられるとそういうことになる。
さらにテーブルのビニルクロスがぺとぺと気味。
・・というハンディはありながらも食べたくなる。

この日は麺ものの頭になっていて、パスタか中華かなあと歩いていた。そういえば江古田の立派な店構えのお蕎麦屋さんが焼き魚のあぶり屋に代わってしまってる。

ジラソーレか和興楼と選択肢を絞って階段を上ってのぞいてみると空いているので入る。暑くてラーメンの気分じゃないので、メニューを検討して塩味の焼きそばにする。
注文してからテーブルのビニルクロスの下に挟まれた「冷麺」のメニューを見つけたが、まあ今度にしよう。

焼きそばは優しい味付けで野菜と細切り豚肉の具もたっぷり乗って、とてもおいしい。野菜や肉の切り方なんか、とても丁寧に調理されてるなあと思う。けっこうたっぷりした分量なので、最後の方はテーブルに備えられた酢をかけて味の変化を楽しんだりする。おいしく完食する。

上海風塩味焼きそばは卵スープがついて700円。

ささっといただいていいお昼だった。






[PR]
by e3eiei | 2017-06-02 10:40 | 食べたもの 江古田界隈 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/24316902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 早稲田 オリエンタルテーブル ... 萬年家さんの一文字焼よもぎ搗き餅 >>