秋葉原 のものキッチンの豚丼

のものキッチン@秋葉原駅駅なか

秋葉原で総武線を下りてTXの発車まで40分。この少々微妙な時間にお昼を食べることにする。
駅を出てどこぞでファストフードという手もあるが、ふと「のもの」の2階にレストランがあったような記憶がよみがえる。

2階のレストランは思ったより広々している。レジにいたスタッフに電車の時間があるんだけどお料理すぐ出ますか?と尋ねてみると、5~6分ですと教えてくれる。それなら大丈夫とここでお昼にすることに決める。

席は窓側のカウンター席と壁側のソファにテーブル席があり、ソファ席に案内される。カウンター席は改札とコンコースを見下ろせる眺めのいい席、ソファ席はくつろげる。
ランチのメニューは丼物がいくつかと定食ものがある。早くできそうなのはどれか尋ねると、目玉焼きの乗ってるのは卵焼く時間がかかりますからそれ以外の方が、と親切に教えてくれるので、豚丼を単品で注文する。

隣の席では高齢の男性がけーたい電話で声高に話をしており、スタッフがさりげなく「お電話はお外でお願いします」と告げる。男性は電話を切り「怒られた」とか言ってるが、さほど気分を害したふうでもない。このさりげなくもきちんと伝えられるスキルはお店にとっては貴重だなあと感じる。理不尽なおじさんたちは注意されるとわーわー怒ったりすることがあって、周りのせっかくの食事が台無しになるのだ。

書類に目を通すなどしているとほどなく運ばれてくる。
野菜の乗った目にも美しい豚丼と、お手塩にはたぶん「だし」という刻み野菜の漬物、それにお茶漬けようにだし汁の入った容器が添えられている。
美しい豚丼は蒸したジャガイモ、カボチャ、ブロッコリ、それにミニトマトと、甘辛くタレ焼きにした豚肉が乗っている。豚肉はタレの味が濃すぎて豚の旨みが遠のく。
特筆すべきはごはんがおいしいことだ。たぶんどこかの「のもの」なんだろう。
タレが強いので野菜を片付けてだし汁をかける。これは大正解だ。スプーンが添えられているのでしゃぼしゃぼのごはんをするするといただく。お汁ごはん好きには願ってもないことだ。ごはんの量は女性向き軽めのお昼にちょうどいいくらいだ。

そういうわけでささっとお昼を済ませ、電車にも十分に間に合う。お店を探したり移動の時間がかからないのでこの場所はありがたい。

豚丼は単品で800円ちょっとくらい。



[PR]
by e3eiei | 2017-01-29 12:23 | 食べたもの 中央線沿線 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://e3eiei.exblog.jp/tb/23808645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京ミッドタウンのukafe(... 佐賀市 ビーフ食堂のロービー丼 >>